ロシアで流行る“インスタ映え”な「おひとりさまデモ」 成果はあったか

ロシアで流行る“インスタ映え”な「おひとりさまデモ」 成果はあったか

3紙が一斉に抗議を表明。Я(私)とМы(私たち)が組み合わさり、Мыの文字には各紙のテーマカラーが配されている

 事の起こりは6月6日、独立系ニュースサイト「メドゥーザ」のイワン・ゴルノフ記者が麻薬密売の疑いで逮捕されたことだった。

 モスクワ中心部の路上で警察の職務質問を受けた際、リュックの中から違法薬物の入った袋が発見され、その後の家宅捜索でも薬物が押収されたのだという。ゴルノフ記者は身に覚えのないものだとして容疑を否認。連邦保安局(FSB)の葬儀ビジネス利権に関する汚職追及記事を発表していること、取材対象者から数か月にわたり脅迫を受けていたことに触れ、警察によって仕組まれた不当逮捕であると訴えた。

 これまで名のある新聞、雑誌、ニュースサイトを渡り歩き、数々の調査報道に定評がある記者だ。身の潔白を信じる仲間たちによる解放を求める呼びかけは、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで一気に拡散し、ゴルノフ記者が勾留された警察本部前では連日にわたって抗議デモが行なわれた。

 今回の事件をめぐる一連の動きは、じつは異例ずくめの展開だった。

■大手新聞3紙が一斉に政府に抗議

 ひとつは6月10日、コメルサント、ベドモスチ、RBKの主要3紙が一斉に抗議記事を掲載したことだ。一面に大きく書かれた「Я/МЫ ИВАН ГОЛУНОВ(私/私たちはイワン・ゴルノフ)」の文字。2015年にパリで起きたシャルリー・エブド襲撃事件を受けての連帯運動「Je suis Charlie(私はシャルリー)」から取ったものだ。

 ロシアの大手新聞がここまで公然と政府に反意を示すのはかなり異例のこと。新聞はモスクワ市内の売り場で軒並み完売となり、普段は新聞などめったに手にしないネット世代の若者たちもこぞって買い求め、それを手に抗議デモに出かけた。

 背景にあるのは、政府が進める情報統制への反発だ。今年3月の法改正でフェイクニュースや国家や政府を侮辱する書き込みなどが取り締まりの対象となった。真偽や不敬かどうかの判断は検察に委ねられるが、その基準は曖昧なものとなっている。さらには5月にインターネットの海外からの遮断を可能にする法律が成立した。

 今年4月に発表された最新の世界報道自由度ランキングでロシアは180か国中149位。中国や北朝鮮といった国に比べればまだましとは言えるものの、政府に都合の悪い情報はすべて封殺するといった言論統制の締めつけが今後さらに強まっていくのではないかとの危機感が、記者や市民たちの間で広がっている。

■“おひとりさまデモ”をインスタにアップする新しい抗議の形

 もうひとつ異例だったことは、抗議デモの新しい形だ。

 ロシアでは、集会を行なうには10日前までの申請が必要で、無許可で集会をすれば拘束されてしまう。ロシア関連のニュースで一般市民が警備隊に連行されていく場面がしばしば目にされるが、これは警告に反して無許可のデモに参加したためだ。

 しかし今回は、機転を利かせ、通行人が個々に警察本部の建物の前を通り、ほんの少し立ち止まっているだけだと主張してデモ活動を行なった。「私/私たちはイワン・ゴルノフ」の新聞を掲げる者、思い思いにメッセージを書いたプラカードを掲げる者、ひとりずつが順番に警察本部の前に立ち、無言で抗議の意志を示した。文字通り、Я(私)であると同時にМы(私たち)でもあるわけだ。

 この“おひとりさま”の抗議デモはインスタグラム上でも話題となり、日を追うごとに拡大していった。記者の解放を求めて、同時に”インスタ映え”も求めて、聖地となった警察本部のあるペトロフカ通り38番地には順番待ちの行列ができあがった。

  何も場所は警察本部前に限らなくてもよく、ゲリラ的にひとりひとりがそれぞれの場所でメッセージを掲げ、インスタグラムに写真をアップする。「#свободуголунову(ゴルノフに自由を)」のハッシュタグでつながることで、Я(私)がМы(私たち)になる。ネット時代らしい新たな形態の抗議活動が出来上がった。

 その勢いのままに、今度は6月12日に記者の解放を求めるデモ行進が計画された。最寄りの地下鉄駅を起点として、連邦保安局の前を通り、警察本部を目指すルート。当日は「ロシアの日」という国民の祝日で、参加者は数千人規模になると予想された。もちろん無許可であるが、主催者はあくまで自然発生的なものだと主張した。

■ロシアでは前代未聞、逮捕を取り下げ

 事態を重く見たウラジーミル・コロコリツェフ内相は、デモ行進前日となる11日、証拠不十分による捜査打ち切りと記者の自宅軟禁解除を突如発表。警察幹部2名を更迭処分とすると述べた。世論を前に逮捕を取り下げるという、これまたロシアでは前代未聞のことであった。政府は異例の対応で早期収束を図ろうとした。

 この結果を民主主義の勝利だと喜ぶ向きも多い。たしかに、過去例を見ないメディアの連帯や抗議デモなしに、ここまでの成果は得られなかったはず。声を上げなければ、おそらくは政府高官の汚職の真相も何もかも、濡れ衣を着せられた記者ごと闇に葬られていただろう。

■薬物検査の結果は完全にシロだった

 一方で、じつは逮捕時から警察側の旗色はかなり悪いものだった。薬物検査の結果は完全にシロで、薬物の入った袋からも記者の指紋は検出されず、警察が証拠として提出した家宅捜索時の写真も9枚中8枚が無関係のものであることがわかるなど、捜査の杜撰さが目立った。誰がここまで雑なシナリオを書いたのかはわからないが、これで押し切れると思ったのだろうか。あるいは、ロシアのお家芸である毒殺、爆殺、銃殺といった暗殺方法に飽きて、趣向を凝らしてみたのだろうか。

 この問題に関してウラジーミル・プーチン大統領は一切コメントせず、ドミトリー・ペスコフ大統領報道官が「これはクレムリンではなく捜査当局が判断すべき問題。人間である以上、間違いが起きる可能性はある」と解放前に述べ、責任回避の手を打った。外務省のマリア・ザハロワ報道官は解放発表後、すぐさま「最高の日。涙が出るほど。幸せ」と自身のフェイスブックに書き綴った。こうしたポジション取りの巧さや速さは参考にしたいものだ。

 ゴルノフ記者は解放後、ひとまずは安堵の表情を浮かべながら、「みなさんの支援に感謝しています。その恩返しのためにも、このような事件が二度と起こらないようにしたい」と話し、今後も取材の手を緩めることはないと意欲を見せた。警察幹部の更迭といったトカゲの尻尾切りのような幕引きで納得できるべくもない。今回の逮捕はなぜ起きたのか、誰が何のために命じたのか、汚職との関連性についても明らかにしていくという──。

 ……と、ここで原稿を終えることができればよかったのだが、残念ながら実際はそうならなかった。

■デモ行進が強行され、500人以上が拘束

 記者の解放で中止になるかと思われた翌12日のデモ行進がそのまま強行され、当局に500人以上が拘束される事態になったのだ。

 基本的にロシアのデモはごく平和的なものだ。フランスのように店を破壊したり、車を燃やしたり、投石したりといった過激な暴動に発展することはめったにない。そこの部分は非常に好感が持てるのだが、今回の無許可集会には少しばかり残念な部分もあった。

 ひとつは、祝日の午後に人出の多い混雑した場所で行なわれたこと。先の「おひとりさまデモ」があった警察本部前は普段から人通りがまばらなこともあって大きな問題にはならなかったのだが、12日のデモ行進はすぐ近くの並木通りでイベントが開催されていたこともあり、家族連れの姿もある中での集会だった。そうした普通の一般市民なのかデモ参加者なのかの見極めが難しい中で警備隊による拘束が行なわれたため、間違えられて拘束された者や、その場の流れでデモに加わり拘束された者もいた。

■「どうして力を合わせようとしないのだろう」

 また、市当局が再三にわたって主催者に話し合いを申し入れたにもかかわらず、あくまで自然発生的なデモ行進であるからとの理由で話し合いを拒否したこと。週末の16日には別のジャーナリスト団体が企画した集会に対し許可は下りていて、市当局は合流を促したのだが、あちらはゴルノフ記者の解放にのっかっただけの「フェイク集会」だとして、デモ行進の主催者は16日の許可集会には参加しないようにSNSで呼びかけた。

 その結果、当初2万人の参加が見込まれていた16日の集会は、ふたを開けてみれば1600人足らずという非常に閑散としたものになった。2時間の予定であったのが30分切り上げての終了。帰り道、参加者のひとりは「どうして力を合わせようとしないのだろう。目的は同じだというのに」と嘆いていた。

 許可された集会では、警備隊とフェンスで囲まれた、通りを封鎖して作った場所があてがわれる。入り口では入念なセキュリティチェックがある。2時間という制約もあり、時間になれば解散しなければならない。そうした何もかも政府に管理された集会に価値などないという者もいる。警備隊に手荒く連行される映像が世界に発信されれば政権にダメージを与えることができると、無許可集会を好んで煽り立てる者もいる。

■“おひとりさまデモ”に成果はあったのか

 今回拘束された中で多かったのは学生など20代を中心とした若者たちだ。彼らに科された罰金は15万ルーブル(約25万円)。ロシアの平均的な給料の数か月分にあたる。学生にはまず払えない金額だ。自由の代価としてはあまりにも高い。

 SNSを通して拡散する情報に触発され、言論の自由を求めて集まった善意の若者たち。“おひとりさま”の新たな抗議デモの形が今後どれだけ力を発揮できるかは、彼ら次第だ。そのためにも、本当の自由とは何なのか、Я(私)とは誰でМы(私たち)とは誰なのか、ひとりひとりが問題に向き合って、考えて、その上で行動を起こさなければならない。

写真=栗田智

(栗田 智)

関連記事(外部サイト)