「稲田失言」「下村疑惑」 真摯に説明責任を果たしていない「問題発言」総チェック

「稲田失言」「下村疑惑」 真摯に説明責任を果たしていない「問題発言」総チェック

(c)共同通信社

稲田朋美 防衛相
「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたいと、このように思っているところだ」
毎日新聞 6月27日

 名言、珍言、問題発言で1週間を振り返る。日本中が驚いた問題発言が飛び出した。稲田朋美防衛相は、27日に都内で行われた都議選の自民党候補を応援する集会で「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても(自民党候補への投票を)お願いしたいと、このように思っているところだ」と訴えた。あー、もうめちゃくちゃだよ。

 自衛隊には厳密な政治的中立性が求められる。政治活動と自衛隊の分離は「シビリアンコントロール」(文民統制)の基本でもあり、自衛隊法第61条は隊員の政治的行為を制限している。また、公職選挙法は第136条の2で公務員の地位を利用した選挙活動を禁止している。閣僚が選挙応援に行く場合は、地位を離れた形で行わなければならない。

 早稲田大学の水島朝穂教授(憲法学)は、「稲田氏は『防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党』と立場を並べて話しており、自衛隊をまるで政党の手段のように語った。中国や北朝鮮と同様、党の軍隊のような扱いと言っても過言ではない」(毎日新聞 6月30日)と批判した。自衛隊は自民党の軍隊なのか? そんなわけがない。しかし、稲田氏の発言はそう読み取ることもできる。まさに「自衛隊組織の根幹を揺るがしかねない」(毎日新聞 6月30日)ものだ。

 27日夜、稲田防衛相は「誤解を招きかねない発言があった」と即刻発言を撤回。「これからも職務を全うしたい」と述べて辞任は否定した(FNN 6月27日)。

■「安定のガースー」的に言えば「辞任にはあたらない」

 菅義偉官房長官は28日午前の記者会見で「大臣は自身の発言に関し、昨夜の会見でしっかりと説明した」と強調し、安倍首相からも稲田氏を続投させるよう指示があったと認めた上で辞任の必要はないとの認識を示している(朝日新聞 6月28日)。「安定のガースー」的に言えば「辞任にはあたらない」だろうか。安倍首相は野党4党からの罷免要求をあっさり拒否し、野党が求める臨時国会の早期招集にも応じない方針を決めている。国会で野党に追及の場を与えないということだろう。「真摯に説明責任を果たしていく」と安倍首相が記者会見で発言してから、まだ10日しか経っていない。

 まもなく投開票日が迫った都議選を戦う自民党への影響は必至だ。産経新聞は、稲田氏の問題発言、加計学園問題、豊田真由子衆院議員の暴行問題の3つを自民党の“三重苦”と表現した(6月28日)。稲田発言によって自民党が都議選で負けるのはまぁ別にどうでもいいのだが、自衛隊員の士気が落ちてしまわないだろうか。そっちのほうが心配だ。とある自衛隊幹部は「全自衛官が自民党支持と誤解されてしまうのではないか」と落胆していたという(東京新聞 6月28日)。そもそも稲田氏は問題が多い。南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)の日報問題や「教育勅語」発言、森友学園への関与の問題への批判もくすぶっている。

 下村博文自民都連会長は28日、稲田氏の問題発言を受けて世田谷区での演説でこのように語ったという。

「自民は5年間、政権を得たことで傲慢になっているのではないか。謙虚さが必要だ」(朝日新聞 6月29日)

 マジか。

■そんな下村博文幹事長代行の加計学園スキャンダル発覚

下村博文 自民党幹事長代行
「文科省の大臣として、教育業界から寄付をもらっていいものかね」
『週刊文春』7月6日号

『週刊文春』のスクープ。安倍首相の「腹心の友」のために必要性の疑わしい獣医学部が新設されるプロセスにおいて、さまざまな便宜が図られたのではないかという疑惑が続く学校法人「加計学園」問題。安倍首相の最側近で、加計学園とも極めて近いとされている下村博文元文科相が、その加計学園から「闇献金200万円」を受け取っていたというのだ。また、ほかにも政治資金規正法違反の疑いがある献金は1000万円に及ぶとされており、その中には教育業界関係者からのものが少なくなかったという。冒頭の発言は、下村氏が下村事務所の関係者に漏らしていたというもの。

 報道によると、下村氏の後援会「博友会」の資金集めパーティーの券を、文部科学大臣だった2013年、2014年の2年にわたって100万円ずつ計200万円を加計学園が購入したとされている。そしてこの献金は博友会の政治資金収支報告書には記載されていない。政治資金規正法では20万円を超えるパーティー券購入を受けた場合、収支報告書に記載しなくてはいけない。政治資金規正法に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授は「このリスト(『週刊文春』編集部が入手した下村事務所の内部文書)が事実であれば、政治資金規制法違反の不記載にあたり、五年以下の禁固または百万円以下の罰金を受ける可能性があります」と指摘している。

 下村氏は妻・今日子氏とともに加計学園の加計孝太郎氏と家族ぐるみの付き合いを続けている。第一次安倍政権で初めて行われた日米首脳会談には、安倍首相夫妻、下村官房副長官(当時)夫妻、そして加計氏も一緒に渡米していた。今日子氏は広島加計学園の教育審議委員にも就任していた。

■「疑義があれば質問してください。誠実に答えます」

 報道を受けて下村氏は29日、自民党本部で記者会見を行い、「全く事実に反する」「加計学園から寄付もパーティー券の購入もしてもらったことはない」と強い調子で否定した(産経新聞 6月29日)。下村氏は会見で、「加計学園の秘書室長が事務所を来訪され、個人及び企業であわせて11名から預かってきた合計100万円の現金を持参したので、11名の領収書を作成し、渡したことが確認できた」「加計学園からのものではない」と説明している(朝日新聞 6月29日)。加計学園の秘書室長が持ってきた100万円は、加計学園が購入したものではないというのだ。

 会見では「疑義があれば質問してください。誠実に答えます」と述べた下村氏だが、「11名の個人及び企業」について問われると「詳しくは聞いていない」と明らかにせず、「20万円以下のパーティー券については、政治資金規正法で名前を出さなくていいことになっている」と突っぱねた(朝日新聞 6月29日)。政治資金制度に詳しい日大法学部の岩井奉信教授(政治学)は「購入者を分散させ、名前を伏せることを狙ったものでは」とストレートに指摘している(毎日新聞 6月30日)。誰だってそう思う。

■「頭に来た」首相のすごい発言

安倍晋三 首相
「速やかに全国展開を目指したい。意欲があれば獣医学部新設を認める」
産経新聞 6月24日

 24日、神戸市内で開かれた神戸「正論」懇話会で講演を行い、加計学園の獣医学部新設計画をめぐる対応について「プロセスに一点の曇りもない」と述べた。

 驚きの発言はその後だった。国家戦略特区制度を活用した獣医学部新設について安倍首相が「全国展開を目指したい」と発言し、全国の他大学にも新設を認めることに意欲を示したのだ。

 政府は2015年に獣医学部新設について「新たな具体的な需要がある」「既存の大学・学部では対応が困難な場合」などの4条件を閣議決定しているため、今回の首相が語った内容の実現可能性は限りなく低い。また、昨年11月に国家戦略特区諮問会議が決定した「広域的に獣医学部がない地域に限る」という新設の要件に関して、「加計ありき」という批判が強まったため「全国展開」を持ち出したという見方もある。安倍首相は「獣医師会の強い要望でまず1校に限って認めたが、中途半端な妥協が疑念を招く一因になった」と釈明したが、日本獣医師会の幹部は「そうしたお願いをしたことはない」と反論している(毎日新聞 6月24日)。

 国内16大学の獣医学関係者で組織する全国大学獣医学関係代表者協議会と日本獣医学会は、首相の発言を受けて「日本の獣医学教育の根幹、ひいては広く大学教育・研究を崩壊に導きかねない驚がくすべき発言」とする声明を出した(時事ドットコムニュース 6月28日)。声明では国家戦略特区を利用した獣医学部新設について「妥当性を欠いたまま進められ、結果として獣医師養成教育の深刻な質低下が生じる可能性が危惧される」としている。

 毎日新聞は「『首相の友人が理事長を務める加計学園だけが優遇された』という批判をかわす狙い」「内閣支持率が急落する中、国民の目先を変えたいという思惑」を指摘している(6月24日)。はたして首相の発言の本当の意図とは……?

安倍晋三 首相
「あまりにも批判が続くから頭に来て言ったんだ」
『真相報道バンキシャ!』 6月25日

 国家戦略特区に関し、獣医学部新設を全国展開する考えを示した安倍首相。その理由に日本中が仰天した。「頭に来て言ったんだ」って何それ!? 

 冒頭の言葉を紹介したのは、25日に放送された『真相報道バンキシャ!』(日本テレビ系)。安倍首相は周囲の側近に対して、「あまりにも批判が続くから頭に来て言ったんだ。そもそも加計学園のためにやったんじゃなかったんだから」と述べたのだという。絶句する日本国民。そりゃそうだ。「ついカッとなってやった」みたいな発言で納得するわけがない。

 なお、菅義偉官房長官は27日の記者会見で「頭に来て」発言について東京新聞の望月衣塑子記者から質問を受けて、「憶測に基づいての発言について答えることは控えたい」とかわしている。どうでもいいが、『バンキシャ!』の豊田真由子議員のイメージ映像は女優さんの再現度が高くてびっくりした(声はそれほどでもなかった)。

■「首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」

竹下亘 自民党 国対委員長
「安倍晋三首相は加計問題について追及されることを嫌がっている」
共同通信 6月27日

 27日、民進党の山井和則国対委員長が、加計学園問題を解明するため、臨時国会と衆院予算委員会などの閉会中審査を早急に開催するよう要求した。しかし、自民党の竹下亘国対委員長はそれを拒否。その理由に再び日本中が仰天した。加計学園について野党から追及されるから臨時国会を開くのを安倍首相が嫌がっているというのだ。

 首相は小学生か! 小学生だって嫌でも学校に行くぞ! と嵐のようなツッコミが巻き起こったのは言うまでもない。

 なお、臨時国会は衆参いずれかの議院の総議員4分の1以上の要求があれば、内閣は召集を決定しなければならないと憲法53条で定められているが、召集期限の定めがないため、こうした「拒否」が可能になる。菅官房長官も29日の記者会見で「政府は召集義務を負うが、憲法上期日の規定はない」と語っている(時事通信 6月29日)。繰り返すが、「真摯に説明責任を果たしていく」と安倍首相自身が記者会見で発言してから、まだ10日ほどしか経っていない。

麻生太郎 副総理兼財務相
「学歴だけ見たら一点の非もつけようのないほど立派だったけど。あれ女性ですよ女性」
共同通信 6月25日

 シンプルかつストレートな麻生氏らしい暴言。24日、新潟県新発田市で開かれた自民党麻生派議員の会合で、秘書への暴言・暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員について、このように述べた。女だから何だというのだろう?

 東北学院大学の小宮友根准教授(ジェンダー論)はツイッターで「一点の曇りもないほど立派な性差別」と批判(6月25日)。国際政治学者の三浦瑠麗氏は「自民党が変な候補者を選んでおいて、やっぱり変だったことが明らかになったときに、女性一般の問題にするのは勘弁してほしい」「自民党にそろそろカウンセリング室が必要なのではないか」と大変もっともな感想とともに辛辣な批判を加えている(ツイッターより 6月25日)。

 また、麻生氏は豊田氏を含めて不祥事が続出する自民党の衆院当選2回生、通称“魔の2回生”について「119人もの新人が通りましたから、こりゃいろいろいるんです」と開き直りにも見える発言を行った。たしかにいろいろいるかもしれないが、秘書に暴行を加えたり、問題を起こして途中で職務を投げ出す人物ばかりでいいわけないだろう。『週刊新潮』(7月6日号)は「家で1匹『虫』を見つけたら、100匹はいると思ったほうがいい」と“魔の2回生”議員たちを「ゴキブリ」に例えていた。それはちょっと言いすぎだと思うが……。

 それにしても、わずか1週間前の副総理のド失言が、稲田防衛相の超ド級の失言にかき消されていっている気がしてならない。愛媛新聞ONLINEのコラム「地軸」(6月30日)では「どれも問題なのに多すぎてかすみ、うやむやにされていくという不条理」と嘆かれている。まさに爆弾を破裂させて爆風で火を消す爆風消火政権だ。

安倍昭恵 首相夫人
「森友もほぼほぼ終わりね。それより加計さん、かわいそうねー」
『FRIDAY』 7月7日号

 6月18日、港区の超高級フレンチレストランで開かれた安倍晋三首相の母・洋子さんの誕生会での安倍昭恵首相夫人の能天気すぎる発言。まだ何にも終わってないですよ、とお伝えしておきたい。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)