「老後2000万円不足」問題 100歳の国民に贈られる銀杯が「銀メッキ」になるほど日本人は長生きになった

「老後2000万円不足」問題 100歳の国民に贈られる銀杯が「銀メッキ」になるほど日本人は長生きになった

©iStock,com

「人生100年時代を生きるためには年金だけでは足らず、夫婦で2000万円必要」とした金融庁の報告書が物議を醸しています。発注元であるはずの麻生太郎大臣が理不尽にも受け取りを拒否したことで火に油を注ぐ格好となり、7月の参院選挙で争点になるのは避けられそうにない情勢となってきました。

 2000万円といっても厚生年金加入を前提とした話で、フリーの物書き(自営業)である私のような国民年金加入者は、その3倍の6000万円!も不足するという識者の試算も出ています。「年金だけではどうしようもない」とわかってはいましたが、あらためてほぼ実現不可能な数字をつきつけられたことで、「老後なんて、もうどうでもいいや」という投げやりな気持ちで、毎日安酒をあおっています。

■今年49歳の人は5人に1人が100歳まで生きる?

 そもそもどれくらいの人が「人生100年」を生きることになりそうか、調べてみました。すると昨年10月10日に厚生労働省が社会保障審議会の年金部会に、こんなデータを示していたことがわかりました。

 厚労省や国立社会保障・人口問題研究所のデータを基に推計したところ、昭和45年生まれ(今年49歳)以降の人が65歳まで生きると、女性の3人に2人が90歳まで、そして5人に1人が100歳まで生きることになるというのです(産経新聞「女性の3人に2人が90歳到達 厚労省推計、65歳迎えれば」2018年10月11日)。
https://www.sankei.com/life/news/181011/lif1810110003-n1.html

 男性は女性より短命で、同じ条件で90歳まで生きる人は約4割、100歳まで生きる人は6%と推計されています。男性が100歳に到達するのはまだハードルが高いようですが、この推計を見る限り、女性は「人生100年時代」を「他人事」ではなく、「自分事」としてとらえておいたほうがよさそうです。

 実は、日本の100歳以上の人口は、どんどん増加しています。厚労省の「高齢者調査」が始まった56年前の1963年には、100歳以上の人口は全国でわずか153人でした。それが1998年にはじめて1万人を突破。わずか14年後の2012年には、その5倍の5万人に。そして昨年9月15日時点で、前年より2014人増加し、6万9785人にもなっています。もしかすると、今はすでに7万人以上になっているかもしれません。

■7600円の純銀製から3800円の銀メッキ製に

 ちなみに、100歳を迎えると敬老の日(9月の第3月曜日)に内閣総理大臣からお祝いの銀杯が贈られるのですが、1杯7600円の純銀製だったのが、2016年度から1杯3800円の銀メッキ製に変更されたそうです。せっかくの長寿のお祝いなのになんともセコイ話ですが、それくらい100歳以上の人が増えたということなのです。

 そもそも第二次大戦後、日本人の平均寿命(0歳の人が生きる平均の期間)は驚異的な伸びを示してきました。戦後まもなくの1947年の平均寿命は、男性が50.06歳、女性が53.96歳でした。もちろん新生児や幼児の死亡率が高く、戦争で若くして死んでしまった人も多かった時代のこと。60代、70代まで生きる人も少なくなかったとは思いますが、それでも昔言われた「人生50年」という言葉は、世の人びとに実感を持って受け入れられていたことでしょう。

■なぜ日本は世界に冠たる長寿国になれたのか

 それが、高度経済成長(1954〜1973年)と軌を一にするように日本人の平均寿命は延びていき、女性は1950年、男性は51年に60歳を突破。それから、女性は10年後の1960年、男性は20年後の71年に70歳を突破。さらに女性は1984年、男性は2013年に80歳の大台を超えました。最新の2017年のデータでは、女性の平均寿命は87.26歳、男性は81.09歳と、世界に冠たる長寿国となっています。

 なぜ、これほど日本人は長生きするようになったのでしょうか。それは第一に、感染症で若くして命を落とす人が減ったからです。戦後まもなくまで、日本人の死因の1位は「結核」でした。また、戦前はインフルエンザ(スペイン風邪等)などによる「肺炎」や、腸チフス、赤痢などを原因とする「胃腸炎」なども死因の上位を占めていました。

 つまり、衛生状態や栄養状態が改善されるとともに、抗生物質などの登場によって感染症で死ぬ人が大幅に減ったので、日本人は短命でなくなったのです。また、国内では戦後70年以上にわたって戦争のない平和な時代が続いていることも、平均寿命の延長に大きく寄与していることを忘れてはならないでしょう(たとえば内戦によって、シリア人の平均寿命は20年も短くなったそうです)。
https://www.sankei.com/affairs/news/160622/afr1606220006-n1.html

■いまの日本人の死因ベスト5は?

 現在、日本人の死因の第1位は「悪性新生物(がん)」、第2位は「心疾患」、第3位は「脳血管疾患」、第4位は「老衰」、第5位は「肺炎」で、いずれも高齢者に多い病気が上位に並んでいます。

 とくに強調しておきたいのですが、日本人にがんが増えたのは「日本人が長生きするようになった」ことが主な要因です。戦前は感染症や戦争などで命を落としたために、がんになる年齢まで生きられなかった人が多かったのです。だから私は、長生きすれば誰もが「がん」にかかりうるのだから、この病気だけをいたずらに恐れるのはおかしいと思っています。

 いずれにせよ、今後もますます日本人は長生きするようになり、100歳を超えるような長寿者がさらに増えるのは目に見えています。減っていく若者だけに頼って、増え続ける長寿者を支えてもらうのには無理があります。高度経済成長期に設計された年金や国民皆保険(ともに1961年から開始)といった社会制度を、その前提となるあり方から見直さざるを得ないのは当然ではないでしょうか。

■長生きという「慶事」が「不安事」になっていいのか

 政府は「報告書を受け取らない」などという姑息な手でうやむやに終わらようとするのではなく、年金や国民皆保険の問題をありのまま選挙の争点として引き受けるべきです。また野党にも揚げ足取りのような批判ではなく、人生100年時代に安心して暮らせる年金や国民皆保険の制度がどうあるべきか、真っ向から政策論争を挑んで選挙を戦っていただきたいと願います。

 本来、「人生100年時代」と謳えるような国になったのは素晴らしいことで、個々人にとっても幸せなことであるはずです。それなのに、「老後資金が何千万円も足りない」と不安事としてしか語られないのは、なんと悲しいことか。長寿を心から祝えるような社会を子どもたちの世代にバトンタッチしていくことが、私たち大人世代の責務なのではないでしょうか。

(鳥集 徹)

関連記事(外部サイト)