磯野貴理子問題と空前の皇室ブームにみる、「親近感」と「権威」が大好きな人たち

磯野貴理子問題と空前の皇室ブームにみる、「親近感」と「権威」が大好きな人たち

おぐらりゅうじ(左)=1980年生まれ。編集者。速水健朗(右)=1973年生まれ。ライター。

おぐら 磯野貴理子さんのニュース、速水さんはどう思いました?

速水 え、磯野貴理子ってなんかニュースあったっけ?

おぐら 24歳年下の夫との離婚を発表したんですよ。離婚を切り出した夫に理由を聞いたところ、言われたのが「俺ね…自分の子供がほしい」と。

速水 そうなんだ。それ話題になってた?

おぐら なってましたよ。レギュラー出演しているフジテレビの番組で発表したんですが、ネットではその理由に対して批判が殺到しました。

■『はやく起きた朝は…』に変わっても、変わらなかった3人の絆

速水 そりゃ誰でも途中で気が変わることもあるけど、それを馬鹿正直に相手に伝える必要はなかったよね。それ言っても許されるのって戦国武将がギリギリ。でもさ、おぐら君はこのニュース、なんでそんなに気になったの? 年の差離婚問題として? ネット炎上案件として?

おぐら いや、その離婚を発表したのが『はやく起きた朝は…』という番組で。

速水 ちょっと待って、その番組ってまさか森尾由美と松居一代が出てるやつ?

おぐら 松居一代は出てません。松居直美です。

速水 日曜の朝の? あれまだやってたんだ、それがびっくりだよ。でも番組名『おそく起きた朝は…』じゃなかった?

おぐら 年を重ねて早く起きるようになったんです。今は朝の6時30分から放送されていて、4月には番組開始25周年を迎えたんですから。

速水 25年もやってるんだ。よく同じ3人で話が尽きないよね。あと、その間に磯野貴理子のキャラがほぼ変わってないように見えるのもすごい。

おぐら 3人の関係性と絆の強さが番組の魅力なんです。で、その離婚を発表した時も、松居直美が磯野貴理子をハグして泣きながら「私たちが一生面倒見るから」って。森尾由美も「うんうん」って。つらい告白をしたあの場に、25年間一緒に過ごしてきた仲間がいたことは大きな救いでした。

■なぜテレビはオールドメディアで現役なのか

速水 なるほど、継続性がテレビの強みなのか。そこはオールドメディアも馬鹿にできないというか。

おぐら テレビはオールドではなく、ちゃんと現役ですけどね。長寿番組になると、レギュラー出演者たちの成長や関係性の変化を視聴者と共有できるんです。ネットで批判をした人たちのほとんどは継続的に番組を見てはいないと思いますが、それでも出演者3人の友情には共感した。だからこそ、まるで自分の仲間が傷ついたように感じて、批判が膨れ上がったんじゃないでしょうか。

速水 長くテレビに出続けていると、なんとなく知り合いみたいな感覚になることはあるんだろうな。

おぐら ことタレントに関しては、今は近寄りがたいスター性のある人よりも、たとえ錯覚でも親近感のある人のほうが好感度も上がるし、世間を味方にしやすいです。

■「カルチャー顔」問題はどこがダメだったのか?

速水 一方で、4月には新興メディアの『ドンクライ(DON’CRY)』が配信した「『カルチャー顔』が好きで好きで好きで。モトーラ世理奈を見ると胸が痛くなる」という記事が、何人かの若手モデルやミュージシャンを「カルチャー顔」だと分類して炎上した。

おぐら コンセプトのページには「他者に『分かってもらえない』『上手くやれない』『必要とされない』と感じ、苦しんだことはありませんか?」「そんな貴方のためのメディアがDON'CRY(ドンクライ)です」と書かれていましたが、まさに自分たちのためのメディアだったんだと痛感したでしょうね。泣くなと言われても、あれだけ炎上したら泣きますよ。

速水 ただ、あそこまで批難されたのは、取り上げられた当事者の1人である小袋成彬が、Twitterで「他の人は知らんけど、俺はムカついた。名指しでからかったんだから、お前一回ロンドンまで謝りにこい。」ってキレたのもあるけど、世間に何かしら響いた部分があったからだよね。これが「バブル顔」とかだったらそこまで燃えなくない?

おぐら 記事にあった「標準的なハーフ顔ではない」「弱そう」「順風満風な人生を歩むような顔にはどうしても見えない」というような表現にルッキズムを感じられたことが批判の根幹でした。

速水 ルッキズムだ、人種差別的だ、外見をけなして失礼、という批判もあるけれど、そもそも、まったく違う系統の顔を強引にジャンルとして分類してるだけなんだよね。あとは、「カルチャー」って言葉の使われ方も気になる。

おぐら 「カルチャー」という言葉自体に差別的な意味合いはないですからね。

速水 顔を批評することについて言えば、南伸坊が顔真似をする 『本人術』 とか、山藤章二の似顔絵とか、顔と性格を結びつける芸当は、昔から日本の文化としてある。

おぐら そういった顔真似の後継者とも言えるのが、くっきーがやっている白塗りの顔まねとか、ガリットチュウ福島がインスタグラムで発表しているものまね芸ですね。

速水 なるほど、顔から真似るものまねはあるよね。海外のものまねだと、衣装とか髪型は真似ても、そんなに顔まで真似ない気がする。

■新旧競争し続けるのが”理想のメディア”

おぐら 「カルチャー顔」の記事はすでに削除されて、記事の執筆者が謝罪、さらに「ロンドンで小袋さんに謝りました。DON’CRY、今後のガイドライン」という記事で、実際にロンドンまで行って小袋さん本人に謝罪したこと、反省したうえで今後どうしていくのかを書いています。

速水 その謝罪を最後に、いまのところ新しい記事は配信されていない。25年も続く『旅サラダ』的なオールドメディアもあれば、出来たばかりで更新が止まる新興メディアもあるってことだね。

おぐら さっき話した番組は『旅サラダ』ではなく『はやく起きた朝は…』です。ちなみに、正式名称『朝だ!生です旅サラダ』は、今年で26年目。

速水 まあどちらにせよ、新旧のメディアが拮抗するのはいいんだよ。競争したり、足りない部分を補い合ったり。それよりも不思議なのは、4月末からGWにかけて、テレビが本当に天皇一家一色に染まったこと。

■GWのTV番組で見えた「空前の天皇ブーム」

おぐら 不思議なんですか? 元号が変わったんですよ、当然テレビでは特番が組まれ、ニュースでも取り上げるでしょう。

速水 いや、最初のうちは平成を振り返る企画の特番が多かったんだけど、途中からは完全に皇室の話をやってた。これって、空前の天皇ブームが来たってことでしょう。

おぐら 昭和から平成になった時とは違いますか?

速水 当時、俺は中学生だったからよく覚えてる。あまりのテレビのつまらなさに、みんなが当時まだ新しかったレンタルビデオ屋に押しかけた。それを機にレンタルビデオが普及したの。で、今回はそれがNetflixになる可能性があった。実際Netflixは、平成最後の朝日新聞に裏表4面刷りの大全面広告を出したんだから。でもあまり話題になってない。

おぐら 業界人とか一部の人たちはNetflixの話をよくしてますけど、今でもテレビだけを見ている人たちのほうが多数派ですよ。

速水 そこの乖離は激しい。新しいものを受け入れる人とそうでない人と。そういった状況の中で、継続性とコンテンツの話になるわけだけど、天皇家ってもう百何十代も続いていて、本当に継続性の塊というか。

おぐら 価値観の多様化を受け入れることが推進されてはいますけど、一方で多くの人が興味を持つものって、結局は集中するんですよね。

■セレブこそが究極のエンターテインメントである

速水 皇室ファミリーがちょうどいいセレブだからっていうのはわかる。それなりの話題性や内部での対立があったりして、さらにゲス不倫とかそういうところまではやりすぎないお上品な安心感がある。

おぐら 歌舞伎の一家とか、相撲の花田家とか、継続性があって、小さい頃から子供たちがメディアに出ているような国民的なファミリーも、常に注目を集めます。

速水 そうね。長嶋一茂と石原良純を見ていてもそう思う。テレビ局からしてみれば、彼らを出すと数字が取れるので本当に露出が多い。

おぐら それこそさっき話した、タレントの親近感とも通じますよね。子供の頃から見続けているからこその安心感。

速水 いわばセカンドロイヤルファミリーみたいな。でも生まれながらに知名度のある二世・三世たちが、結局は視聴率のとれるタレントになっている構図って、すっごく希望から遠い話じゃない? これは日本に限らず海外でもそうだけど、セレブって最も単純化されたエンターテイメントの究極だよ。

■剛力彩芽のインスタ投稿でわかる「日常」を魅せる時代

おぐら 誰と付き合った、何を買った、どこに出かけた、インスタにどんな写真をアップした、それこそがコンテンツ。LINEニュースで流れてくるのはそういうのばっかりです。

速水 そうそう。何か芸をするでもなく、ショーをやるでもなく、日常が一番のエンターテイメントで、ローコンテクストの極み。Jay-Zがプロデュースしたアパレルブランドを欲しがる人のほとんどは、彼の音楽性には興味ないでしょう。

おぐら 神田うのの本業はよくわかってなくても、プロデュースしたストッキングは買うっていう。

速水 剛力彩芽が私生活を全部インスタに上げて透明化しようとしてたのは、明らかにそういうセレブがお手本だよね。彼女は生粋のセレブではないので、うまくいかなかっただけで。

おぐら そう考えると、今は権威主義が復活しているのかもしれないですね。

■皇室、二世タレント人気は「権威主義の復権」である

速水 皇室ブームにしても、セカンドロイヤルファミリーにしても、セレブにしても、結局みんな権威が好きなんだよ。ついでに言っておくと、学歴もみんな大好き。

おぐら 芸能界でも高学歴がもてはやされたり、アグネス・チャンの『スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法』がベストセラーになったり。

速水 ちょっと前まで学歴なんて関係ない、高学歴に価値なんかないって言われていたのに、反転してやっぱり学歴大事だよねっていうのが今の風潮。

おぐら いろんな生き方や価値観が情報として大量に入ってくる中で、もはや何が正解かもわからなくなり、少しでも揺るぎなさそうなもの、確かそうなものがほしいんでしょうね。

速水 長く続いてるコンテンツに人が収束していくっていうのも理屈としては同じ。でも2019年は、いろんな人が指摘していることだけど、12年続いた「アベンジャーズ」が終わり、40年続いた「スター・ウォーズ」が終わる年でもある。 シリーズものが一旦幕を閉じるタイミング。

おぐら ちなみに、ものまねフリークの知り合いが言うには、石原良純と長嶋一茂がテレビに出続けているのは、ものまね芸人の神奈月がものまねするからだという説があります。さらに、ものまね好き界隈において2019年は、それまでずっと「ブームきたか?」「いや、まだか…」と半信半疑だったのが、ついに「これはものまねブームきたね」と確信に変わった年です。

速水 そんな説も、ものまねがブームだっていうのも聞いたことないけど。

■モノマネ「和田アキ子の公認」で和田アキ子の好感度が上がる現象

おぐら とりあえず話を続けますね。ものまねがおもしろいと、されたほうの評価も上がるのは定説。美川憲一しかり、ローラしかり。最近だと、Mr.シャチホコが和田アキ子のものまねをしていて、本人も公認しています。

速水 和田アキ子なんて芸能界における権威の象徴だし、本人からの「お墨付き」が必要っていうのも、まさに権威が好きな証拠じゃん。

おぐら いや、それは違います。たしかにものまね芸人にとって本人のお墨付きは重要なんですが、芸としては権威に噛みついてる。Mr.シャチホコによる和田アキ子ものまねの決めフレーズ、「君は何をされている方なの?」っていうのは、権威を振りかざす芸能界のドンへの痛烈な批判で、その批評的なものまねを認めるかどうかで、和田アキ子の器が試されている。

速水 たしかに、和田アキ子ならゲストにそういうこと言いそう。大昔に日曜のお昼にやってた『アッコにおまかせ!』って、そんな感じの番組だった。

おぐら え、なに言ってるんですか? 『アッコにおまかせ!』今も毎週やってますよ。

速水 まじか。それは信じがたい。ものまね番組もまだあるの?

おぐら 全然ありますよ! 毎日ちゃんとテレビ見てますか!?

速水 見てないけど。

おぐら メルヘン須長の『科捜研の女』の沢口靖子とか、知らないんですか?

速水 知らない。ていうか、沢口靖子のものまねって誰が楽しいの? そもそも『新選組!』の沖田総司の姉役以来まったく見てないし。

おぐら いやいやいや。『科捜研の女』は今年20周年で、4月から新シリーズがはじまったばかり。夕方の再放送も合わせると週に3回くらいやってますよ。

速水 『科捜研の女』を見るなら、普通にNetflixのミステリー見たほうがよくない? 100倍くらいレベルが違うよ。

おぐら あぁ…そういうハイコンテクストな“映像作品”は疲れるんで…。

速水 念のため聞くけど、さすがに『噂の!東京マガジン』はもうやってないよね?

おぐら 毎週やってます。今年で30周年です。最近のトピックスとしては、街角で一般の人がレシピを見ないで料理に挑戦するコーナー「やってTRY!」で、これまで女性しか料理にトライしていなかったのが、男性も料理するようになるという革命が起きました。

速水 そんなことが起きているのか。『新婚さんいらっしゃい!』とか『NHKのど自慢』がまだやってるのは知ってたけど、まさかほかにもこんなに続いてる番組があったなんて、ちょっと想像を超えてたよ。

おぐら 谷原章介の司会がお見事な『パネルクイズ アタック25』もおすすめです。

写真=山元茂樹/文藝春秋

(速水 健朗,おぐらりゅうじ)

関連記事(外部サイト)