あなたの精力を下げてしまう「避けるべき食材」ちゃんと知っていますか?――ヒトは何歳までセックスできるのか?

あなたの精力を下げてしまう「避けるべき食材」ちゃんと知っていますか?――ヒトは何歳までセックスできるのか?

©iStock.com

秘伝!「性欲は強弱ではない」今すぐできる体質別の改善術――ヒトは何歳までセックスできるのか? から続く

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。( 前編 より続く)

※「週刊文春」2012年8月9日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

■精力復活に無難なのは「ショウガ」

 人間の精子は約35度で形成される。2度違うと、精子をつくる能力が落ちてしまう。37度の体温から2度冷やす目的のため、精子をつくる睾丸は体の外にぶら下がっている。

 80年代には、精巣の温度上昇から病気になるのを防ぐために、精巣を冷やす器械が考案されたこともあったほどだ。

 ちなみに、健康に目覚めたサンプラザ中野くんは、越中ふんどしを愛用していると言う。

「下半身を締め付けるボクサーパンツは、体の水分の流れを悪くする。僕が使うのは工業用大麻でできたふんどしです。綿よりも吸湿性が良く、免疫性がアップするというし、勃起の妨げにもなりません。麻だけに朝勃ちにいい(笑)」

 一方、正常な体温を保てない陽虚体質は、下半身が冷えやすい。そのため、精力をつけるには、唐辛子など刺激のあるものがいいと、山岡氏は言う。

「カレーも刺激があるからいい。無難なのは、生姜です。生姜は汗をかかせるのではなく、腹を温める。風邪薬で知られる葛根湯は、内臓を温めるのではなく体表を温める。どこの何を補うかという組み合わせを考えるのが漢方なのです」

■興奮過多による「精巣オーバーヒート」は病気を引き起こす

 山岡氏は中国で10年以上漢方の修行をして、40年間この漢方に携わっているが、男性不妊症やEDなど「性」の相談に来る男性は、圧倒的に陰虚の人で、陽虚は皆無に等しいと言う。

「精力が強いと思っていた人が、できなくなって来る。それは陰虚の人たちで、興奮過多だからリラックスさせる薬を出します。精を溜めさせて、きちんと必要な時に出させるのです」

 実は、オーバーヒートになりがちな陰虚体質は、世界的に問題化している。インターネットのポルノサイトを見続ける中毒者だ。

 イギリスでは依存症を克服するためのカウンセリングが始まり、アメリカでは自慰中毒が脳に悪影響を及ぼすのではないかと指摘され始めた。これを漢方医に言わせると、もっと怖い。

「精巣がオーバーヒートして熱を帯びると、前立腺肥大など前立腺の病気になる。これは女性も同じで、膣の温度が上がると、バイ菌が増えて膣炎になりやすくなります」(山岡氏)

■8つの体質別でみる「合う・合わない」食材

 女性の場合は、閉経が体質の違いをハッキリさせる。陽虚の女性はそれまで冷え性や生理不順に悩み、血虚の女性も生理不順のほか、動悸、立ちくらみになりがちだった。だが、閉経で血が出なくなり、貧血が解消されて元気になる。

「陽虚や血虚の女性は更年期で元気になります。陽虚なので50代から元気になる女性は、ぽっちゃり型の体型が多い。

 逆に、痩せて元気だった陰虚の女性が、更年期で女性ホルモンが急に落ちて、汗っかきになったり、イライラする。また、水が不足して潤いがないから、陰虚の人は性交痛をともなうことがある。陰虚の女性に潤滑ゼリーを渡すより、陽虚に変えてあげる治療の方が大事なのです」

 レンコンやトマト、梨、豚肉、豆乳、ゴマなどが、体を潤すものとして知られている。次の表に、各体質の症状と避けた方がいい食材を記したので、参考にしてほしい。

■秘伝!中国で10年修業した漢方医が最もすすめるのは……

 山岡氏が言う。

「日本食が弱精食といわれるのは、生ものが多いからです。内臓を冷やすと、脾を温めようと血液が集まるため、陰茎に血が集まらなくなる。

 また、ご飯を食べる時に汁物以外に水を飲まないほうがいい。最近、水を飲みながらご飯を食べる人が増えましたが、洗濯機に通常の3倍の水を入れて洗濯するようなもので、消化にエネルギーがかかるだけです」

 脂っこいものを食べた時に、冷たい烏龍茶を飲むことも逆効果だという。

「中国では必ず温かい烏龍茶を飲む。冷たいものを胃に流し込んだら、脂分が固まってしまうからです」

 山岡氏が勧めるのは、温野菜だが、糖尿病学会でも食事は最初に野菜から口にすることを提唱している。温野菜でも生野菜でも、最初に食べることで、胃腸に膜ができて、余分な脂肪を吸収しなくなるからだ。

 実はここに挙げた話は、日本にも昔からあった食事の知恵や食養生だ。それがすっかり忘れ去られて「秘伝」になってしまったのは、企業によって提供される食品が、食事の中心になったからだろう。

■「即効性」「大丈夫?」に騙されない適切な改善方法こそ大切

 さらに、体質別の未病先防という概念を消したのは国策である。遣唐使の時代から、日本では独自に漢方が研究され、普及してきた。しかし、明治政府は「富国強兵」という国策を打ち出し、傷兵の治療に即効性のある西洋医学のみを医師の国家試験に指定した。

 20年ほど前から欧米で漢方の研究が進むと、2004年、日本政府はようやくすべての医大のカリキュラムに取り入れた。ところが09年、鳩山政権は、行政刷新会議の事業仕分けで、漢方薬を医療保険の適用対象から外そうとしたのだ。

 その一方で、日本人は「性」について、体質以上に気にするものがある。 前章(「褒められるセックス」を叶える4つのプロセス) で紹介した女医の宋美玄氏のもとに、NHKの『セカンドバージン』の影響か、中高年の女性の相談が増えたと言う。

「どうしても夫としたくないが、しないと病気になるのかという相談です。中高年もセックスをしているということを知って、急に慌てる人が多いんです」

 結局、他人を気にするというのが、日本人の体質なのかもしれない。サンプラザ中野くんはこう言うのだ。

「僕が痩せると周囲は『大丈夫か?』と言う。それまでは『痩せた方がいい』と言っていたのにね。みんな、型にはめ込もうとするんです。そこに流されちゃうのがいけないんですよ」

次回「性欲減退・ED」のメカニズムに迫る

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年8月9日号)

関連記事(外部サイト)