“ギリシャ化”が鍵 性欲減退を「年代数×9」の方程式で乗り越える――ヒトは何歳までセックスできるのか?

“ギリシャ化”が鍵 性欲減退を「年代数×9」の方程式で乗り越える――ヒトは何歳までセックスできるのか?

©iStock.com

性欲のスイッチはこう入る! 解明された「脳の性的メカニズム」――ヒトは何歳までセックスできるのか? から続く

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。( 前編 より続く)

※「週刊文春」2012年8月30日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

■妻を女性として見られない

 心因性EDの典型が、「妻だけED」である。

 竹越院長が言う。

「妻を女性として見られなくなっているケースです。結婚から年月がたつと、女性も身だしなみに気を遣わなくなり、夫は妻に性的興味をもたなくなる。さらに、子づくりのプレッシャーも心理的に影響します。

 晩婚化で、高齢出産のタイムリミットから妻が焦り、夫にセックスを求め、いっそう夫は拒絶するのです」

 社会的内向性をはじめ、様々な性欲減退の現象を見てきたが、最も切実な問題が、この「妻だけED」だろう。不妊は社会的問題になっており、「男がセックスをイヤになる時」がなぜ訪れるのかをもう少し詳しく見てみよう。

 不妊カウンセラーの河野康文氏は、北京中医学院を卒業し、現在は全国の漢方薬局に中成薬(中国の漢方製剤)を販売するイスクラ産業で中医学講師を務めている。

「不妊の相談が多いのは、30代後半から40代の夫婦です。不妊には卵子と精子の機能低下という加齢による原因もありますが、もう一つ、妊娠にブレーキをかけているものがあります。そのブレーキを解除するのがポイントです」と、河野氏は言う。

■「今日は排卵日だから」がセックスを遠ざける

 妊娠にストップをかけているのが、心理状態だという。

「女性は頭の中では妊娠したいと焦って、必死になります。この不安定な心理状態が、体を妊娠にふさわしくない時期と判断させてしまうのです。プレッシャーによって、女性はプロラクチン(乳汁分泌ホルモン)の血中濃度が高まる。これは排卵を抑制し、妊娠にブレーキをかけるのです」

 焦ると、心と体にズレが生じ、ホルモンバランスが崩れていく。さらに、男性をセックスから遠ざける。

「そもそも性行為は、妊娠を前提にして行うものではありません。もちろん繁殖の本能はありますが、生理の1周期に、子づくりのために1回だけセックスをする夫婦が多い。これは自然な性行為ではありません。携帯メールで『今日は排卵日だから』と知らせると、夫は家に帰りたくないと思う。プレッシャーによるセックスを、夫は強制的で機械的だと判断するためです。妻は夫を見ているわけではなく、子づくりを目的にしているため、夫には面白くないと思えるのです」

 河野氏が不妊カップルに強調しているのは、自然体がブレーキ解除の最初のステップだという点である。夫に子づくりを求めれば求めるほど、課題を与えられた夫は性欲が削がれ、男女とも悪循環に陥っていく。

■理想の回数を「方程式」で知る

 不妊カップルに多いのは、まず30代後半以上という年齢、次に結婚からの不妊期間が長いこと、そしてセックスの回数が少ない点だ。

 河野氏が見せてくれたのは、アメリカの学者が算出した「年代別のセックス回数の方程式」という目安である。これは年齢の「年代数」に9をかけるものだ。

・20代 2×9=18(10日間で8回)

・30代 3×9=27(20日間で7回)

・40代 4×9=36(30日間で6回)

 どう考えても多すぎてさらにブレーキがかかりそうだが、河野氏は「全然多くないですよ。20代は毎日でもおかしくないし、1日に何回もできる」と言う。ただ、

「これは欧米の基準です。個人差もあり、日本人はここに示された回数の半分以上と考えても大丈夫です」

 実は、回数の多さには生物学的に意味があるという。河野氏は「ルーティンセックス」という言葉を使う。

「本来、男性はセックスの回数を多く求めます。一つは広く自分の遺伝子を広げたいという本能的な理由です。次に、パートナーの体の中に、常に自分の精子があることを求めている。これは他人の精子が入ることを許さないという本能からきています」

 女性の本能にも、男性とは違う思惑がある。

「それは排卵日がいつ来るかは、本人にもわからないというものです。もっと良い精子が欲しいという女性の生物学的な本能が、排卵日を男に教えず、男たちの“精子戦争”を促している」

■日本の不景気と少子化の関係

 男女ともにルーティンセックスを求めるのは、こうした種の保存という意味があるためだ。よって、回数が少ないのは、人間の本能に反していることになる。子づくりのために排卵日を計算して、その日だけセックスをしようという行為は、自然ではないのだ。

「人間の本能は二つあります。生存と繁殖です。日本の少子化の背景には、不景気など社会的な事情から、男性の本能が繁殖よりも生存することに力が入れられていることも関係しているでしょう」(河野氏)

 有名な統計に、イギリスのコンドームメーカーのデュレックスが26カ国、2万6000人を対象にしたセックスの回数調査がある。日本の夫婦はダントツの最下位で、年間48回。回数の少なさを論(あげつら)われるのは、余計なお世話だという気もするが、興味深いのは世界一セックス回数の多い国である。

■セックス大国ギリシャに学ぶ

 年間平均164回、つまり2日に1回の割合でセックスをしているのは、ギリシャである。国家が破綻しかかっているギリシャには、日本のような社会的閉塞感から来る性欲減退はないのだろうか。

 ギリシャ政府の関係者に聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

「もともと性にはおおらかな民族ではあるのですが、実は見栄っ張りな国民性があります。セックスの回数調査をされると、多めに言っていると考えられます。例えば、年輩の人は老人と呼ばれることを嫌がり、『わしゃ、まだ現役の男だ!』と怒り、“男”であることを強調しがちなんです」

 セックスの回数を聞かれると、控えめに答えがちな“隠す”文化の日本人とは正反対のようだ。また、ギリシャは11月から春までは嵐と雨が多く、家にこもりがちな季節となる。

「他に楽しみもないし、セックスをする機会は確かに増えますね」と、地元の旅行業者は言っていた。

■性欲は社会のバロメーター

 要は、価値観の転換が必要なのではないだろうか。ルーティンセックスを自然に楽しむ“ギリシャ化”も、不況下の一つの生き方だろう。前出の竹越院長は「日本人はカネを稼いで、夫婦でハワイに遊びに行くことだけがクオリティ・オブ・ライフではない」と言う。

「セックスで男女の距離が狭まり、親密さや信頼が増すというのは、通俗的な話ではありません。温かい肌の触れあいにより、オキシトシンというホルモンの濃度が高まることが科学的に実証されています。

 オキシトシンは、愛情ホルモンとか安らぎホルモンと呼ばれ、愛情や信頼といった感情を呼び起こします。私の臨床経験からも、EDの克服で夫婦関係が修復したケースは少なくないのです」

 社会的内向性がさらに高まるのか、あるいは愛情に溢れた社会になるのか。性欲が一つのバロメーターのようだ。

次回は「本当に効く精力剤」に迫る

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年8月30日号)

関連記事(外部サイト)