気鋭の哲学者・千葉雅也の東大講義録 #3「勉強のテクニックをお教えします」

気鋭の哲学者・千葉雅也の東大講義録 #3「勉強のテクニックをお教えします」

©末永裕樹/文藝春秋

『勉強の哲学 来たるべきバカのために』の発売から3か月あまり。現在5刷4万5000部と版を重ね、「東大・京大で一番読まれている本」にもなった。5月25日には、東大の駒場キャンパスにて、著者の千葉雅也さんによる「勉強の哲学」講演会が開催。かつての学びの地である駒場にて、『勉強の哲学』のポイントを紹介しつつ、教養教育の意義が語られた。その一部を掲載する。

※気鋭の哲学者・千葉雅也の東大講義録 #2「勉強は変身である」より続く

■勉強のテクニック(1) 自分なりのメタゲームをつくる

 勉強にあたって二つほど、ぜひ押さえてほしいテクニック的な話をしましょう。まずは、「自分なりのメタゲームをつくる」ということについて。

 教養的に物事に関わるとは、社会学も勉強する、物理学も哲学も勉強する、とジャンル横断的につまみ食いをすること、いわば複数のゲームを同時にプレーすることです。皆さんにはぜひ、こういった教養的な複数性の意識を持ち続けて欲しいと思います。その際、複数性を貫く総合的な視点を持つことが必要でしょう。僕はそれを“メタゲーム”と名づけたいと思います。つまり、数学にも社会学にも哲学にも共通するような、「自分なりのメタゲーム」を想定してもらいたいのです。平たく言えば、それは共通の取り組み方を見出す、ということです。

 たとえば哲学と数学を勉強するときに、どういう共通の取り組み方ができるかを考えてみます。数学では、一定の公理から出発して、その体系の中で定理の証明をします。公理とは、それ自体は疑いの対象にしない、推論の出発点となるものです。こうした論理里の捉え方をベースに、たとえばカントの『純粋理性批判』を読んでみるならば、カントの哲学に公理と呼べるような命題はどんなものがあるか、と考える視点が生まれるでしょう。公理系を見つけるというメタゲームによって数学と哲学を横断するわけです。

 自分に独自のメタゲームは、自分の享楽的こだわりによって形成できるでしょう。たとえば僕の勉強の根本には、コレクションしたいという欲望があります。僕は幼少期から、36色のサインペンが並んだセットや、水槽の中の熱帯魚のように、多種類のものが存在するということが好きでした。とくにマイナーなものに興味がありました。奇妙な深海の生物とか、熱帯の植物とか。どうしてそうなったのかわからない、合理的に見えないような形の固有性、「無意味」に思える形態のおもしろさに惹かれていた。それがおそらく、ある合理的な体系の中で、一見無意味なものを重視するという僕の今の仕事のやり方につながっているのだと思います。僕は、ある分野において“無意味”がどのように扱われているか、というメタゲームをやっている。皆さんもぜひ、享楽的こだわりをもとに、そうした複数の分野を貫く「自分なりのメタゲーム」を見つけて欲しいですね。

 というのも、誰かが作ったゲームの上で競争するのは疲れる人生だからです。それは常に誰かと勝負をすることになる。しかし、「自分なりのメタゲーム」を作ることができれば、あなたに勝てる者はいなくなります(笑)。そこで構築された言説は、誰にも負けないものになる……。そのひとつの例が、蓮實重彦のケースだと思います。彼は、まさに自分の語りの土俵を作ってしまった。その土俵上では誰も彼に勝つことができない。彼の有名な言葉に、「私はよく偉そうだといわれるが、偉そうなのではなく偉いんです」というものがありますが、「偉い」とはつまり、彼独自のメタゲームをしている、ということでしょう。あらゆるものを自分独自の見方で見る、そうすれば、あなたは常に勝っている状況になる。ぜひこの視点を、皆さんの研究設計の参考にしてみてください。

■勉強のテクニック(2) 語学をやろう

 2つ目は、語学をきちんとやってください、ということです。

 英語だけではなく、複数の外国語をやってください。今後、実用的なレベルでは、かなり高度な翻訳もAIが担う時代になるでしょう。ちょっとしたメールの下書きなどは、すでにGoogle翻訳でもできるようになりましたが、向こう5、6年の間に現代語の自動翻訳レベルは相当程度上がるはずです。しかし、語学において重要なのは、言葉の歴史性です。言葉=概念には、現代語の用法からは見えないような、ねじれた地層があります。最近、國分功一郎さんが『中動態の哲学』(医学書院)という本を出されました。今われわれの言語を支配しているのは能動態と受動態ですが、そこからはアプローチできない「中動態」というあり方について考えている本です。今は失われてしまった中動態の歴史をたどることで、古代ギリシャ人の考え方を復元しているのです。

 自分が慣れ親しんだ言語とまったく異なる言語に入っていくことは、自己破壊的な経験です。変身なのです。失われた言語を学ぶことは重要です。現代の我々は、現代語のシステムの範囲内でしか思考できていない。もっと別様にものを見る可能性が、言語の歴史を遡ることでわかってくる。國分さんの本はひじょうに説得的に、語学を学ぶことが思考の拡張であるということを示しています。私たちは今、近現代の科学主義の上に生きていますが、それも一つのイズムなのです。では、なぜこの科学主義が現代に成立することになったのかを、考古学的に問い続ける必要があるのです。そのためには複数の古い言語にまたがった研究が必要です。現在のシステムを当然視するのではなく、それを成立させている知の前提条件、エピステーメーを問い直す。我々が何を忘却した結果として現代を生きているのかを深く考えなけれなばならない。

 以前の世代においては対立していた分野の垣根を、今の若い人たちはどんどん越えています。哲学の領域で言えば、分析哲学と大陸哲学の分断を越える研究も、新世代がどんどん進めています。若い人たちは、かつて分野同士にあったコンプレックス絡みの対立から自由になったように見えます。だから、僕はできる限り若い人たちと関わって、僕に残存している昔の垣根をぶっ壊していきたいと思っています。無難な勉強ではなく、もっと深くヤバい勉強へ。そして、終わりなき変身の過程へ。ぜひ恐れることなく、身を投じてみてほしいと願っています。

文責:文藝春秋第一文藝部

ちば・まさや/1978年栃木県生まれ。東京大学教養学部卒業。パリ第10大学および高等師範学校を経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。哲学/表象文化論を専攻。フランス現代思想の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。著書に『動きすぎてはいけない――ジル・ドゥルーズと生変化の哲学』、『別のしかたで――ツイッター哲学』、訳書にカンタン・メイヤスー『有限性の後で――偶然性の必然性についての試論』(共訳)がある。今年5月には『勉強の哲学 来たるべきバカのために』を出版し、「東大京大で一番読まれている本」になった。

(千葉 雅也)

関連記事(外部サイト)