校則が厳しいのに「生徒の自主性を重んじる校風」と書いてしまう素敵な状況について

校則が厳しいのに「生徒の自主性を重んじる校風」と書いてしまう素敵な状況について

©iStock.com

 ブラック企業の求人で「当社はアットホームな職場です」と書かれているというジョークがありますが、ブラック思考に染まった組織というのは、トップも社員も「俺たちはブラックなんだ」ってことにすら気づかないものなんですよ。世の中には信じられないほどの理不尽ってのが横行するのは何故なんですかね。

■ブラック企業より酷いことになっている

 最近いじめや不登校の生徒を出してしまっている学校が、いじめを減らそうとさらに校則を厳しくして生徒を締め付けた結果、かえっていじめが陰湿化して収拾がつかなくなったそうで、ICT教育の話の裏側で相当話題になっていました。ソサエティ5.0とか偉そうなことを教育行政で語る割に、足元ではとんでもない教育の現場が存在しているのは、ブラック企業より酷いことになっている証左じゃないかと思うのです。

 個人的に、学校に合わない子どもが不登校になることは、その子ども本人にとって恥でも何でもないと思うんですよ。もしも、私の子どもが学校で友達と合わない、先生と距離があると言い始めたら、まずは休んで様子を見ようかという声がけをすると思います。

 でも、学校は毎日きちんと通うもの、嫌でも給食は全部食べるもの、楽しく遊べる友達は量産するものという「常識」は、子どもによっては大変な負担になるし、むしろ追い詰める原因になると思うんですよね。子どもの歌で「友達100人できるかな」とか歌うのって、物凄く残酷なことだと感じます。いま大人になって働いている読者の皆さんで、呼べば集まれる友達100人いる方、どれだけいらっしゃいます? おられたらその場で奇声を上げてください。

■先生は尊敬しなければならないという不思議な強迫観念

 私自身はいじめられることも、いじめることも経験して、いまでは立派な嫌なやつとして世間でおおいに羽ばたいておりますが、学校のクラスで好きなやつもいれば嫌いなやつもいる、好きな先生もいて嫌いな先生もいると受け入れられるようになったのは高校生になってからでした。それまでは、クラス全体で調和を取らなければならない、先生は尊敬しなければならないという不思議な強迫観念が強かったように思います。

 中学時代、私が暴力事件を起こしてしまい学校で問題にされたときに、詰問する先生に理由を聞かれて「学校が楽しくない」と申し上げて非常に驚いた表情をされたのを思い出します。いまでこそ、クラスメートを殴って良いとは露ほども思いませんが、不愉快なことをしてきた級友に鉄拳制裁をして何が悪いと当時中坊であった私は固く信じておりました。

■実際には声の大きい人が勝つという不条理

 そんな私の恥ずかしい経験も含めて中学に「講師」として舞い戻った甘酸っぱい話は別のところで書いたわけなんですが、頂戴した反響の中に「学校は、学校内での苦しさを生徒が『自主的に』救済しようとすると邪魔ばかりされる環境だ」というメッセージがあり、膝打ちをしました。学校と言わず、一般的な職場でも、あるいは町内会やマンションの管理組合でも、必ず誰かに「伺い立て」をし「根回し」してから「承認された」風の空気感を得てはじめて前に進めるという、実に風通しの悪い閉塞感の原因になっておるよなあ、と。

 そこには、誰もが「公平」に扱われるべきだという建前と、実際には声の大きい人が勝つという不条理とが混在し、社会ではそういう理不尽を受け入れるのが大人として当たり前であるというブラック企業なみの刷り込みがあるように感じます。

「おまえ、noteぐらいやっとけよ」と若者に煽られる選ばれし者の記憶|山本一郎(やまもといちろう)|note(ノート)
https://note.mu/kirik/n/n8c8f00c47ce5

 それもこれも、大部屋で机並べて先生が前で講義し、それを生徒が揃って聞き、板書をノートに書き記して出された宿題を粛々と提出することが「勉強である」という、子どもにとって「平等な」日本の教育の情景の伝統が送させている部分もあるのではないかと思うわけです。

■真の平等なんてどこにもないんじゃないか

 学校も社会も平等であるべきなのに、実際には違います。人間関係がより流動的であった中学受験の学習塾ではいじめなんてものは起きようがなかったし、草野球でも部活でも固まった人間関係ができるたびに必ず誰かが攻撃の対象になったり陰口を言われたりして、最後は「あいつはああいうやつだから」と突き放された結果、その場にいられなくなって辞めていくという経験則を持っています。

 固まった人間関係があまり持てない大学文系の教養課程はノートの貸し借り程度の付き合いでも充分勉強することはできたし、より高度な勉強をするはずのゼミではやはり「あいつはおかしい」と外される奴が出て、留学先の寮では異国文化に慣れ親しめない留学生はやはりルームメイトから邪魔者扱いされて週末に街中に出るための車にすら乗せてもらえないとかいう事態が起きる。それが人間の性だとするならば、異質なものを異質と認識した途端にハネたり外したりするのもまた避けられない宿命なんだろうと思うわけですよ。人間の織り成す社会において、真の平等なんてどこにもないんじゃないかとすら思います。

 中学受験をする教育熱心な家庭が公立で子どものいじめに遭い、同じく受験を志す家庭の多い私学に編入しようとしたり、どうせ学校の授業は受験の役に立たないからと不登校上等で塾通いをメインに据えて学校に呼び出される保護者みたいな話を聞くにつけ、家庭環境と子どもの自主性・自律性とが学校と合わなかったときの選択肢をもっと自然に増やせないものかと思うわけです。その子どもの資質や、家庭の環境、目指すべきものが違えば、当然環境もそれに合わせてあげないと、可哀想なのはその子どもの精神です。

■画一的な教育を続けてきたことへの総括は?

 翻って、文部科学省もようやくそういう我が国の初等中等教育が抱える諸問題に気づいて、いまさらになって文科大臣である柴山昌彦さんの名前を冠した「柴山・学びの革新プラン」なるものを発表するようになりました。

「新時代の学びを支える先端技術活用推進方策(最終まとめ)」について
http://www.mext.go.jp/a_menu/other/1411332.htm

 でも、ここのお題目に掲げている「多様な子供たちを『誰一人取り残すことのない、公正に個別最適化された学び』の実現」という内容は、まさに大部屋での教育を明治維新以降脈々と続けてきた日本の文部科学行政が光を当ててこなかった部分ではないかと思うんですよね。それも、大部屋の教室で、一斉に全員が同じことを学ぶ、画一的な教育を続けてきたことへの総括も反省も評価も弁明もない。

「子どもの個性が大事だ」と言いながら、決まった制服、同じような授業内容、厳しい校則で縛り上げて、できる子どもほど学校の外に良い教育を求めて塾に通ったりネットを駆使したりする。子どもが抱える悩みや求められた助けに気づいた家庭が学校から子どもを引き剥がしてあげることでようやく家庭と子どもが自主性を発揮したはずが、不登校は悪だという単純な図式をもとに登校を促し、また、学校の現場だけでなく教育委員会も平然と「いじめはなかった」と認定してしまうような体たらくを繰り返すことで、いままでどれだけ多くの子どもたちが輝ける幼少時代を辛い記憶に塗り染めていまを生きてきたかについて、もう少し思いを致す必要があるんじゃないのかなあと思うのです。

■実に悲しいことです

 また、時を同じくして経済産業省も「未来の教室 EdTech研究会」と題して、最先端の教育技術と生徒参加型のSTEAM教育のような手法、さらにプログラミング教育や人工知能を活用した個人の学び方の話まで突っ込んでいろいろと議論が深まっています。ここだけ見ると、文科行政のシマを荒らされたくない文科省が、先行した経産省のプロジェクトでの検討内容を表面だけパクって中教審に諮問ぶん投げて、無理矢理「柴山プラン」として仕立て上げただけなんじゃないかという微妙な疑念すら持ちます。

 文科省だけがおかしいわけではないけれど、長らく日教組との闘いもあって教育の現場を日干しにした結果が、むしろ多様な生徒をマネジメントする機能を失った教育組織が事なかれ主義をこじらせて生徒に厳しい校則を守らせることでしか規律を維持できなくなっている姿を思い浮かべさせてくれます。実に悲しいことです。

令和の教育改革に向けた、「未来の教室ビジョン」をとりまとめました
「未来の教室」とEdTech研究会 第2次提言
https://www.meti.go.jp/press/2019/06/20190625002/20190625002.html

 この辺の話を見ていると、いまの日本の教育は義務教育だけでなく、高校、大学入試、大学、さらには科研費の分配や論文数の低迷のところまで、相当な制度疲労を起こしていて、どこから手を付けたらよいのか分からないぐらいの状況になっているのではないでしょうか。仮に世界的な学力比較のPISAが高かったからと言って、日本の科学技術や国民全体の学識のレベルが上がっているとはいえないとも思えます。

■なりたい人は誰でも教員になれてしまうぐらいの倍率

 そして、日本の先生、教員はブラック企業もかくやというほどストレスフルな勤務状況を強いられる一方で、かつての難関であった教員採用試験はすっかりと色褪せ、いまではなりたい人は誰でもなれてしまうぐらいの倍率になってしまい、優秀な教員に支えられた日本の教育の現場という比喩自体が崩壊してしまっています。

 一番忸怩たる思いをしているのは日本全国で子どもたちの教育の前線に立っている先生がたでしょう。英語を喋れない英語教師が量産されたと酷評された時期もありましたが、いまではそれよりも酷く、教員の定員が維持できないので体育教師が社会を教えたり、課外活動や学校行事を行える人員が確保できず働いている保護者たちの協力も得られないので活動そのものを縮小したり取りやめる学校さえも出てきています。

 こうなると、先端技術を学校の現場で活かせといっても、それに対応できる先生の数も質も足りず、高齢化した教員にプログラミングを子どもに教えさせることで「子どものほうがプログラミングに詳しい状況」となってしまえば、子どもにどうやって「先生を尊敬しろ」と言えるのかという哲学的な状況にまで達してしまうことになります。

 結果として、学校の、先生の、システムの尊厳を維持するために、どうしても校則を厳しくして、生徒がそれを守っているという状況にしない限り、日本の公教育の現場を成り立たせることができないのではないか、と危惧するのです。「お前ら、先生だぞ。言うことを聞け」という、古き昭和のプロトコル。

■一層の抑圧を生徒に求める規律の取れた学校像の美化へ

 だって、プールカードはハンコによる捺印でなければ入れない学校とか平然とある状況なんですよ。理由もなく「学校が決めたことだから守ってください」というのは、もはや世間で通用する組織の言うことじゃありませんよ。

 もちろん、これは一例であって、もっと柔軟な大多数の学校はそうではないかもしれませんが、茶髪やパーマ、制服の問題でも「何が学校教育に求められているのか」が不在のまま校則だけが厳しくなり、また、保護者や地域の目を過剰に気にした結果が一層の抑圧を生徒に求める規律の取れた学校像の美化へと繋がっていくわけですよね。

小学校のプールカードに保護者がサインで出したら入れてもらえなかったので学校に聞いてみた - Togetter
https://togetter.com/li/1370711

「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKBS6D22KBSPTIL024.html

 そういう意味不明な強制と矯正が平然と行われている日本の教育で、自律性や自発性を重んじるべきSTEAM教育やらプログラミング教育、あるいはアクティブラーニングが日本の社会を開きますと文部科学省に言われても困ります。「文科省、お前はそれをどの口で言うのだ」と現場や保護者や生徒から一揆でも起こされるんじゃないかと思いますし、学習ログを吸い上げるために生徒1人1台PCを配ったとしても特定の企業が潤うだけだという議論になりはしないか心配でなりません。

 みんな、口では「子どもの教育は大事だよ」と言うのです。でも、そこで起きていることが世間一般のブラック企業も真っ青になるような、ツヤツヤの漆黒も同然の状況だとしたら、子どもをいったいどこで教育すればいいのでしょうか。教育には100点満点などないけれど、せめて胸を張って「この学校に来てよかった」と言えるような教育システムになっていってほしいと願っています。

(山本 一郎)

関連記事(外部サイト)