「性教育をすると抗議が来る」知識が乏しすぎる日本のコワい話――ヒトは何歳までセックスできるのか?

「性教育をすると抗議が来る」知識が乏しすぎる日本のコワい話――ヒトは何歳までセックスできるのか?

©iStock.com

「精力剤」が恥ずかしがり屋の日本人に浸透するまで――ヒトは何歳までセックスできるのか? から続く

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。

 今回のテーマは性教育。性問題を隠したがる"恥ずかしがり屋"の日本で密かに起こるコワすぎる現状を取材した。( 前編 より続く)

※「週刊文春」2012年9月20日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

■お店で山積みのイギリスと、通販の日本で違う「性文化」

 新聞広告をうち、通販を開始すると、瞬く間に反響を呼んだ。また、コールセンターには「女性のオペレーターと代わってくれ」という中高年の電話が増えた。延々と自分の勃起自慢をするセクハラ調の電話が増えたのである。

 現在、エディケアに限らず、様々な企業が“活力サプリ”の製造に乗り出している。勃起力の王道である鹿茸(ろくじょう=鹿の幼角)を筆頭に、ニンジンの一種であるトンカットアリ、豚の睾丸エキス、マカなどの他、女性用には女性ホルモンの分泌を活性化させ、潤いを与えるソウヒョウショウというカマキリの卵鞘を配合した商品がある。

 一方、失敗も多い。医療ジャーナリストが言う。

「女性用バイアグラをある製薬メーカーが開発しようとしましたが、失敗しています。また、日本の大手製薬会社は、犬が間違ったものを飲みこんだ時に、吐かせるペット用の薬が犬を勃起させていることに着目しました。同じ成分を使って、人間用に開発したのですが、勃起はするもののセックスをする時に吐いてしまうので大失敗でした」

 脳に作用して、性欲を起こさせて勃起を促す薬も開発されたが、性犯罪を起こすという理由で認可されていない。

 こうした開発が盛んなのも、高齢化社会をビジネスチャンスと捉えているからだろう。ただ、海外と違うのは、前述のピクノジェノール商品をイギリスの高級デパート「ハロッズ」では、山積みにして販売しているのに対して、日本では通販でしか売れない点だ。日本ではまだまだ性を隠したがる文化があるからだろう。

■EDのうち3割は「精力剤」が効かないという問題

 次に、日本政府が封印しようとする勃起治療薬がある。G8を始め、世界80カ国と2自治領で認められながら、日本で認可されない、プロスタンディンという陰茎海綿体注射だ。

「厚労省に掛けあい続けて12年目の昨年、ようやくテスト薬としてのみ認められましたが、まだ治療薬として認められていません」

 そう言うのは、 「定期的にバイアグラ」性のアンチエイジングが寿命を延ばす理由 で「アンチエイジングのための射精のすすめ」を提唱した川崎医科大学の永井敦教授である。

 陰茎海綿体注射とは、その名の通り、陰茎に直接注射をうって勃起させるもので、2時間ほど持続する。

 永井教授に聞こう。

「EDのうち2割から3割の人は、バイアグラやレビトラが効きません。一番多い理由は、勃起神経の損傷です。例えば、前立腺ガンの手術によって勃起神経が損傷したり、直腸ガン、膀胱ガン、骨盤内の手術で勃起神経に影響が出る場合があります。神経から一酸化窒素が出て勃起するのですが、神経や神経周辺の血流障害で一酸化窒素の量が減って勃起しないのです」

■深刻な心因性ED患者への注射治療「すぐに行って下さい!」

 糖尿病の進行も神経障害を起こすため、バイアグラは効かなくなる。こうした症例や若者に多い心因性のEDに有効なのが、プロスタンディンという薬を使った海綿体注射である。

「日本性機能学会として、患者による自己注射を認可してほしいと、厚労省や大臣に要望してきましたが、認めてもらえませんでした。方針転換をして、テスト薬としての認可を要求しましたが、小泉政権下では適用されませんでした」(同前)

 永井教授らの日本性機能学会とは別に、人工肛門や人工膀胱保有者のための日本オストミー協会、全国脊髄損傷者連合会も請願書を提出。厚労省との面談を重ねた結果、2011年、テスト薬としてようやく承認されたのだ。

 世界中で利用されながら、政府が頑なに拒み続けるのは、自己注射で万が一事故が起きた場合の責任を怖れるためと思われる。

「糖尿病などのインターフェロン注射は皮下注射だが、海綿体は皮下ではなく血管のかたまり」という理屈が政府の見解である。少子化を問題視しながら、子作りには非協力的な政府の矛盾した姿勢である。

「医者によるテスト薬の注射は、患者さんにとって非常に気の毒なんですよ」と、永井教授は言う。

「30代後半のある患者さんは、真面目な性格で、心因性のEDでした。性交の際に極度の緊張状態になるため、勃起に必要な一酸化窒素が十分に出ないのです。この夫婦はどうしても子供が欲しいということで注射を行いました」

 注射をすると、10分くらいで勃起をする。本来は医師が手で触り、「硬くなりましたね」と確認をするのだが、そんな余裕はない。勃起の持続時間は約2時間。病院の会計も注射の前に済ませておき、永井教授は注射をした瞬間、「すぐに行って下さい!」とダッシュさせた。男性は倉敷市郊外にある川崎医科大から車を走らせた。運転中に勃起が始まり、ラブホテルに到着すると、すぐに妻を抱き、慌ただしい性交の結果、子宝に恵まれたという。

■性教育が進まない 「教えない」日本の実情

 政府が性の問題に対して消極的なのは、勃起治療だけではない。深刻な事態を招いているのが、性教育の問題だ。

 女子栄養大学の橋本紀子教授がこんな話をする。

「先日、NHKスペシャル(『産みたいのに産めない〜卵子老化の衝撃』)を250人の学生に見せたところ、卵子が老化するという事実を知っていたのは、わずか10人でした。35歳頃から急速に卵子が老化するのに、不妊治療に行く日本人は37歳くらいからです。EU圏では生物の授業で教えている(仏では教科書に掲載)のに、日本では教えていません。

 フィンランドには『人間生物学』という教科書があり、人体の構造から、受精、避妊、生命誕生、自慰や卵子の老化なども含めて取り扱っています。彼らはサイエンスとして学んでいるのです。日本では、なぜ一番大切な自分自身のことを教えないのか不思議でなりません」

■間違った知識が生む「恐ろしい日本の性問題」

 日本の不妊治療の現場でよく聞くのは、夫婦そろって「生理がある間は、妊娠できるのかと思っていた」という誤解である。不妊カウンセラーの河野康文氏は、日本人の知識不足に危機感を募らせてこう言う。

「不妊の原因のひとつは、子宮の内膜が薄いため、着床しにくくなっている点です。内膜が薄くなる原因には、掻爬とクラミジア感染症があります。日本は不特定多数の性交渉率が高いため、クラミジア感染症が多く、100万人を突破している。妊娠に悪影響があると社会が教えるべきです」

 男性のクラミジア感染も多いが、男は自覚症状に乏しいため、知らずに感染を拡大させている。また、女性のHIV感染の割合は10代が最も多く、加齢とともに減っていく。ところが、日本では50代の女性から再び割合が増している。

「閉経後にコンドームをつけなくなったためで、これらは不特定多数の男性と性交したからではなく、特定のパートナーからの感染です」(川崎医科大病院血液内科の和田秀穂教授)

 夫が外から持ち込んでいると思われる。EUで減少傾向にあるHIV感染が、日本では増加している点も注目すべきだろう。

■「自分の身を守る」性教育に抗議の声が上がる日本

 オランダでは93年から性教育を義務化したことで、10代女性の望まない妊娠と中絶率が日本よりも低くなっている。また、性暴力が多い韓国では、今世紀から性教育を普及させて対策を打とうとしている。

 かたや日本では、泌尿器科の医師が「EDは動脈硬化の兆候だから勃起は大切だ」と講演すると、時々、PTAから抗議が来るという。教えないことの方が不幸なのに、性を隠したがる風潮は根強い。

 橋本教授が言う。

「性教育とは、要は人間関係の話なんです。セックスは単純な快楽のためではなく、2人の愛情や信頼、優しさがなければ行動してはいけないよということをきちんと教えているんです」

 男が硬い勃起を取り戻すことだけがED治療ではない。ED治療のガイドラインは、「満足のいく夫婦生活を回復し、保つことによる幸せの追求」を目的としている。

 サプリや薬の技術は進歩した。あと必要なのは、自分の体を守る知識である。

次回は異性を惹きつけるための「フェロモン体操」に迫る

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年9月20日号)

関連記事(外部サイト)