3分で実践! 「とんび座り寝」ポーズであなたの“真のモテ度”がわかる!――ヒトは何歳までセックスできるのか?

3分で実践! 「とんび座り寝」ポーズであなたの“真のモテ度”がわかる!――ヒトは何歳までセックスできるのか?

©iStock.com

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。

 今回のテーマは体の若返り。自分の体を有効に使って若返る「フェロモン体操」を取材した。



※「週刊文春」2012年9月27日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

■肛門と生殖器の密接な関係

「自分でやれる体の若返り法には、どんなことがありますか?」

 講義の参加者からそんな質問が出た時、「野口整体」で知られる野口晴哉(はるちか/昭和51年没)は何と答えたか。日本に整体を広め、多くの指導者を育てた第一人者の教えは、意外にもこんな答えだった。

「肛門をギュッと締めて、それを保つ」

 女も男も「ケツの穴を締めろ!」というのだ。この時のやり取りを野口は、著書『女である時期』(全生社)にこう書いている。

〈肛門を締めるということは生殖器のはたらきに非常に効果があるのです。ヨガでも中国の房中術などでも一番の秘伝になると、肛門を締めることになってくる〉

 なぜ肛門を締めることが、生殖器のはたらき、つまりセックスと関係があるのだろうか。

■自分の力で若返る

  前章 では活力サプリ「エディケア」をはじめ、勃起をめぐる最先端の技術を紹介した。

 しかし、科学が進歩する反面、日本人は男女ともに自分の体についてあまりにも無知であることが、不妊カウンセラーなどから指摘された。

 ここでは、科学の力を借りずに、自分の体を有効に使って“回春”できることを紹介したい。

「最近の日本人の特徴を一言で言えば、“ケツの穴が締まっていない”です」

 はからずも、やはり肛門に言及したのは、Z-MON治療院を主宰する整体師、寺門琢己氏だ。「骨盤体操」で知られる寺門氏は、幅広い世代の女性たちから支持されている。

「いいセックスは、いいウンコが鍵」という寺門氏はこう話す。

「例えば、『耳を動かせますか』と同じように、『お尻の穴を開けたり、締めたりできますか』と聞かれて、できなかったらもうアウトです。亀が産卵する時に、産道から卵を勢いよくポコポコと出しますよね。あれは括約筋の動きです。括約筋の収縮力が落ちると、便を出す力が弱くなる」

■内視鏡が簡単に入るお尻は赤信号

 尿道、肛門、膣の括約筋を支配するのが、尾骨から繋がる陰部神経である。陰部神経は、便意をもよおしたり、排便や射精などの運動を行うと同時に、男女ともに性感覚をつかさどる。

「お尻の穴も動かせないのに、快感など得られないということです。つまり、男性は射精しても全身を貫くような本当の快感を得られていないことが多いし、女性もイクという状態にはなりにくい。セックスをしたつもりでいて、実はやっていないに等しいのです」

 排便時に腰が軽くなるような爽快感がなければ、陰部神経と括約筋がきちんと機能していないと思われる。

 括約筋が衰えれば、排便する力が弱まり、老廃物が大腸にたまったままとなって病気のもとになる。

 また、尾骨から陰部神経まで血が通っていないと、EDになりやすい。大腸検査で内視鏡が簡単にズボッと入ってしまうような肛門は、赤信号というわけだ。

「生物にとって重要なのは、“要求の自己完結”なんです」と、寺門氏は話す。

「例えば、朝すっきり目覚めて、立派なウンコをして、お腹が空いたらご飯を食べる。あわよくば、素敵な人がいたら、仲良くデートをする。これだけ充実できれば、生物として完璧です。

 しかし、自分の要求通りに動けなくなると、更年期の人に見られるように、イライラが募り、嫁いびりや孫をいじめたりと、何かにつけて人のせいにする。でも、恨みつらみの対象となる相手を切り離したところで、不満は残ります。

 1日を楽しく闊達に動いて、疲れ切ったら熟睡するという、エネルギーの流れの収支がきちんとついていないからです」

■あなたの骨盤はどういう状態?

 そのエネルギーの要となるのが、骨盤である。骨盤の中には、排泄や生殖に関わる器官がある。この骨盤がゆがんでいると、イライラしたり、顔や足のむくみとなったり、また色っぽさにも大きく関係する。

 寺門氏によると、骨盤には2つのリズムがある。

 まず、1日周期だ。朝になると骨盤は蝶の羽根が閉じるように閉まっていき、仙骨と尾骨が後ろに反り上がり、寝られなくなって目が覚める。

 午後になると、骨盤は少しずつ開き、夜に向かって仙骨と尾骨が下がっていく。骨盤の開閉運動がスムーズにできれば、しっかり睡眠がとれて心も体もすっきりした気分になる。

「朝はお尻がキュッとすっきりしているので、ジーンズもはきやすい。これは骨盤が閉まっているからです」(寺門氏)

■骨盤の開閉が異性を惹きつける

 もう一つが28日周期のリズム、女性の生理だ。

 排卵を迎えると、2週間かけて骨盤は徐々に緩む。これを低潮期といい、体がだるい感じになる。次に生理が始まると、今度は2週間かけて骨盤が閉まり始める。これを高潮期といい、2週間後のピークに向かって、体が溌剌としてくる。

 面白いことに、この骨盤の開閉が異性を惹きつけるという。決して美人やイケメンでもなく、年を重ねているのに、モテる人が周囲にいないだろうか。「もてモード」のメカニズムを、寺門氏は「頭蓋仙骨系」なる言葉で説明する。

「人間の魅力を支えているのが、脊髄系の機能です。頭蓋骨から脊髄、仙骨、尾骨と続く部分を“頭蓋仙骨系”といい、この中を勢いよく対流しているのが脳脊髄液。セクシーエネルギーと言われるものです。

 脳脊髄液の濃度と圧力が高まると、バッテリーが充満した状態になり高潮期となる。逆に低潮期になると、濃度と圧力が下がり、テンションが下がります」

 男性の猛烈な朝勃ちや、女性のセクシーさは、頭蓋仙骨系を循環する脳脊髄液によるもので、これが異性を惹きつけるフェロモンを出す機能と言われる。

 女性は排卵時に種を残すために、オスを惹きつけなければならない。高潮期のオーラがそうであり、一方の男性もムラムラと性的アピールを発する。この脳脊髄液が、骨盤の開閉運動を支配しているのだ。

 骨盤の開閉が乱れていると、異性にアピールする高潮期が短い。また、骨盤の可動性が悪くなると、排泄や生理、生殖活動に支障を来し、すっきりしなくなる。

■実践!骨盤体操

 例えば、骨盤の中にある大腸の蠕動(ぜんどう)運動によって、内容物は肛門に向かっていく。しかし、

「腸だけが蠕動運動をしているわけではなく、骨盤が中を誘導して動かしています。仙腸関節が動き、排泄は支えられているのです。

 便秘で大腸の中に何キロも溜まっている状態でセックスをしても、気持ちよくはならないのです」

 脳で性欲が高まっても、体がすっきりしなければ、脳内の性欲ばかりが過熱してしまうのだ。

 では、あなたの骨盤はどういう状態にあるのか、寺門氏に監修してもらおう。

◎「開き傾向骨盤」(図1)

 仰向けになって膝を曲げ、足の裏を合わせる「開き座り」が楽な人。椅子に座った時に膝が開くタイプで、排泄に勢いがない。腹がポッコリ出やすい。

◎「閉まり傾向骨盤」(図2)

 仰向けになり、太股の内側をつけて、膝下を外に向けた方が楽な人。お尻がキュッと上がってスマートだが、寝つけなかったり、イライラすることも。

 この両タイプの座り寝がどちらもスムーズであれば、骨盤はしなやかである。だが、両方ともつらい人は固まった「フリーズ骨盤」の可能性が高い。

( 後編 へ続く)

必読! “セクシーエネルギー”を身体に満たす「腰フリフリ体操」――ヒトは何歳までセックスできるのか? へ続く

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年9月27日号)

関連記事(外部サイト)