必読! “セクシーエネルギー”を身体に満たす「腰フリフリ体操」――ヒトは何歳までセックスできるのか?

必読! “セクシーエネルギー”を身体に満たす「腰フリフリ体操」――ヒトは何歳までセックスできるのか?

©iStock.com

3分で実践! 「とんび座り寝」ポーズであなたの“真のモテ度”がわかる!――ヒトは何歳までセックスできるのか? から続く

 厚生労働省が2017年に発表した統計によると、日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「89.26歳」と、過去最高を更新し続けている。「人生100年時代」と言われるなか、「QOL(生活の質)」の向上は、現代人にとってますます重要な課題となっている。中でも性生活は、人間らしい暮らしを送る上で避けて通れないテーマだろう。人は何歳までセックスできるのか――かつて「週刊文春」で話題を呼んだ本企画は、これからを生きる現代人にとっても示唆に富む。あらためてここに公開する。

 今回のテーマは骨盤体操。今すぐできる簡単な2つの体操を紹介する。( 前編 より続く)

※「週刊文春」2012年9月27日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

■フリーズした骨盤をほぐす

 寺門氏の骨盤体操の中から、簡単なものを紹介してみよう。

◎腰フリフリ体操(図3)

 下半身の緊張を解き、フリーズした骨盤をほぐす。これは仰向けに寝て、足を少し開き、腰から下を左右にフリフリと動かす。

 そして腰を左右に振る時に、「右、左」と声に出しながら、腰を床に押しつけるようにする。

◎からだモード体操(図4)

 前述したセクシーエネルギーこと脳脊髄液を、頭蓋仙骨系に循環させるには、全身をリラックスさせるのが大切。40センチから50センチの高さの椅子や台を用意して、部屋の照明を落としてから、図4の@のように横になる。そして、A〜Cの体操を2分間ずつ行って緊張を解いていく。

  冒頭 で紹介した野口晴哉は自著でこんな話を紹介している。胆石がある女性に治る方法を教えたら、本当に治ってしまった。驚く主治医に、野口はこう言う。

「私はべつだん胆石は治さない。子宮の内側の血行をよくするような姿勢をとる方法を教え、太れるように腰を調節した」

 医師が「胆石と子宮は違う」と反論すると、野口は「あなたは人間の体を知っていない」と言い、胆石でも子宮の血行や脈管運動の調節でよくなると説くのだ。つまり、体は繋がっているのである。

 寺門氏はこう言う。

「多くの人はパソコンで目と指先だけを動かす生活で1日を終えている。与えられた体の仕組みを使っていないんです。生まれたからには、自分自身を使い切るのが幸せだと思います」

■「体は繋がっている」

 こうした体の仕組みを使って、自らのEDや持病を治していった医師がいる。大阪の芦原紀昭氏(64)だ。芦原氏の病歴は悲惨の一言に尽きるが、本人に会うと、元気溌剌でそういうふうには見えない。

 芦原氏が話す。

「1歳の時からケガが多く、8歳の時に大原麗子と同じギラン・バレー症候群になり、左膝を切開して下半身に少し後遺症が残りました。また、目眩で倒れて風呂場のガラス戸を割って、腕と足を大きく切ったこともあります。そのせいか体が冷えて集中力がなくなり、学校の成績が下がりました。

 性格は鬱っぽくなり、大学時代は自殺したいと思ったこともあります。50代でアトピーになるし、安倍晋三と同じ大腸炎で、電車の中で突然便意をもよおすことも頻繁でした。交通事故で鞭打ちになり、一時は物忘れが激しくなったこともあります」

 40代で妻を癌で亡くすなど、心身ともにボロボロの日々が続いたという。

 しかし、芦原氏が「体は繋がっている」と実感したのは、10年以上前、踵の真ん中にある“失眠のツボ”を押すことで、3時間しか眠れなかったのが、6時間熟睡できるようになってからだ。

■内転筋トレでEDが治った

「足は人間のエネルギーのもとで、筋肉は大きな臓器であると気づき、研究を始めたんです」

 子供の頃のケガの後遺症から太股の筋肉が弱く、そのせいか他の筋肉がつくれないでいた芦原氏は、膝や足首を治すと、不思議と筋肉がつき始め、頭がさえるようになったという。

 これは「ふくらはぎは第2の心臓」であることを世に広め、107歳で亡くなったきんさん(成田きん)が実証している。90代で認知症になったきんさんは、毎日、下半身やふくらはぎを鍛え、ふくらはぎに低周波電流を流して血流を改善したことで、ボケから見事に復活したのである。

 芦原氏が続ける。

「足裏の筋を伸ばしてやり、またハムストリングと呼ばれる大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋といった太股の裏側の筋肉を鍛えるようにしました。すると、血流が良くなり、若返るんです。

 一番いいのは歩くことで、それまで慢性的に疲れやすかったのが良くなったんです」

 もともと彼は足の小指が浮いていて使っていなかったが、足の指をすべて使うよう意識し、足裏には磁気シール、足首にはスポーツ選手のようにテーピングをして生活。そしてハムストリングを鍛えたことで、「人間が変わった」と思うほど性格まで変身した。

「52歳の時に女性と同棲していたのですが、EDで半年間もセックスレスでした。EDが治ったのは、やはり内側の筋肉である内転筋群を鍛えたことです。朝夕、2回歩くだけで、勃ち方も変わりました」

■慶應野球部快進撃の裏側

 こうした話を聞いて、はたと思い出したのが、1995年に突然快進撃を遂げた慶應義塾高校野球部を取材した時のことだ。

 神奈川県大会で春夏続けて準優勝した慶應の練習を初めて見た当時、一瞬、「オカマか」と思わされた。スクワットをする選手たちが、両太股の内側をくっつけたまま、内股で屈伸していたからだ。

 これは前述の内転筋を鍛えるトレーニングだった。

 両腕を前につきだし、手のひらを開閉する握力トレーニングも、腕を内側にひねり、手の甲と甲を向き合わせて行う。

 また、グラウンドを動物のように四つん這いで走る。こうして普段使わない内側の筋肉を鍛えて、短時間の練習でチームは快進撃を始めたのだ。

■73歳が2時間に3回射精するには……?

 インナーマッスルを鍛えるトレーニングを、前出の寺門氏は「体の重心を中心に揃える、体幹を支える訓練」と言う。フィギュアスケートの浅田真央に隆々とした筋肉がついていないのに、力強くしなやかにリンクを滑るのは、体の軸が強いからである。

 また、空手家と話すと、「駒を回す」という表現を使うことがある。これは髪の毛の先から爪先まで、すべて体の軸を大切にして闘えというものだ。

 そして、「ケツの穴をギュッと締めろ」というのである。

 現在、芦原氏は寝たきり老人の足首を動かすよう訓練して、歩行を可能にするなど、老人たちの治療にいそしむ。

「足を鍛えて寝たきりにならない体づくりをすれば、寿命は延びます。それは精力にも繋がり、73歳で2時間に3回射精できる人もいるんです」

 足首の固さは、骨盤の動きの固さの現れという。まずは自分の足首の具合を把握し、第2の青春は、肛門をギュッと締めることから始まるのである。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年9月27日号)

関連記事(外部サイト)