“九州最大”JR博多駅初の女性駅長に聞く「駅長さんって毎日何やってるの?」

“九州最大”JR博多駅初の女性駅長に聞く「駅長さんって毎日何やってるの?」

JR博多駅駅長の中野幹子さん

 1日あたりの乗車人員、約12万4千人――。東京の大ターミナルなどと比べれば少なく感じるかもしれないが、これでも九州ではダントツのNo.1である。福岡の、そして九州の玄関口・博多駅。この乗車人員12万4千人という数字はJR九州博多駅だけのものだから、JR西日本が管理する新幹線博多駅や福岡市地下鉄の博多駅、さらには列車に乗るためではなく駅ビルにショッピングで訪れる人も含めれば、博多の駅を行き交う人の数はもっと膨れ上がる。JR九州博多駅は、その中核を担う存在だ。

「九州最大の駅ですからね。本当に老若男女、様々な方がいらっしゃいます。ご利用の目的も朝や夕方ならば通勤通学、あとD&S(デザイン&ストーリー)列車と私たちは呼んでいますが、いわゆる観光列車に乗ろうというお客さまもいらっしゃいますし、海外からいらっしゃる方も多い。私たちの仕事は、それだけたくさんの方の暮らしを支えているんだなあと、そう感じますね」

 こう話してくれたのは、JR九州博多駅の中野幹子駅長。JR九州の博多駅でははじめての女性駅長として、今年4月に着任したばかりだという。そもそも、駅長の仕事とは具体的にどういうものなのだろうか。

■My ホウキでの掃除から1日がスタート

「駅長の1日は、掃除から始めています。朝7時40分くらいから、副駅長と一緒にホームからコンコースまで掃除してまわる。他にやらなければいけないことがあれば別ですが、毎日の日課ですね。だから“My ホウキ”を持っているんですよ。ちょうどラッシュの時間帯ですから、少しでも気持ちよく通勤通学の朝を迎えていただけたらと。そういう思いで毎朝やっています。掃除が終われば、9時に朝礼をして駅員たちをそれぞれの職場に送り出して、そのあとは事務作業をしたり、地域の方とのミーティングに参加したり。今日は午前中に地域の方々と駅前の掃除をしましたね」

 ちょうど今、博多の街は博多祇園山笠のシーズンを迎えている。博多駅前には大きな飾り山笠も鎮座。中野駅長も神事に参加するなど、山笠の盛り上げに一役買っているのだ。

「改札口に立ってご案内している駅員は法被を着ますしね。あとはソフトバンクホークスの『鷹の祭典』でも駅員はユニフォームを着るんです。やっぱり地域あっての博多駅ですから、地域を盛り上げるのも大事な仕事。お祭りとかを楽しみにして来られているお客さまの様子を拝見すると私たちも楽しい気持ちになりますよね。そこに貢献できている、というのが駅の仕事のやりがいのひとつです」

 そうした中でも、中野駅長は基本的に1日に2回はホームに行くようにしている。さらに時間を見つけては改札口やみどりの窓口にも足を運び、現場の駅員たちとともに利用者と接する機会を設けているという。

■「博多駅から日本観光をスタートする外国人が増えています」

「ホームですと、朝と夕方のラッシュが勝負所。ただ、そこは経験豊富な駅員がしっかり対応してくれる。お客さまも通勤通学の方が多いので慣れていらっしゃる方が多い。むしろ、みどりの窓口が気になりますね。窓口は思ってもいない時間帯に急に混んでくるようなこともありますし」

 博多駅はとりわけ外国人観光客の利用が多い駅のひとつだ。福岡空港からは地下鉄に乗って約5分。午前10時ごろには主に東アジア各地からの国際線が到着するため、昼頃はこれから日本の観光をはじめようとする外国人たちがこぞって博多駅にやってくる、というわけだ。そうした状況に対応するため、博多駅ではみどりの窓口の中に“外国人専用窓口”を設け、迅速かつ丁寧な対応を心がけている。

「博多駅はずっと九州の玄関口ということでやってきていますが、最近では博多駅を皮切りに東の方に向かう方も増えています。そういうお客さまにとっては博多駅が日本の玄関口。私たちの接し方がいわばファーストインプレッションになるわけですから、おもてなしの気持ちは大事にしていますね。9月にはラグビーW杯もあるのでますます多くの方がお見えになると思いますし、せっかくなら列車に乗ってご旅行いただけるとうれしいなと」

 もちろん“おもてなし”の対象は外国人観光客だけではない。日本人であっても、不慣れな利用者が訪れることが多いのは、ターミナル・博多の特徴。ほぼ終日、改札口やみどりの窓口周辺に駅員がいて、積極的に声かけをしてサポートする体制を整えている。

「もちろん私も声かけをさせていただくんですよ。自動券売機までご一緒してきっぷの買い方をご案内したり、必要に応じてお客さまをJR西日本さんの改札までお連れすることもあります。逆もあって、先日は向こうの駅長さんがこちらまでお客さまを連れてきてくださいました」

■「実は駅勤務は入社以来初めてなんです」

 前述の通り、博多駅に乗り入れているのは、JR九州の路線だけではない。新大阪・広島方面からやってくる新幹線の駅はJR西日本の管轄。さらに福岡空港や天神などと結んでいる福岡市地下鉄も乗り入れる。こうした“他社の博多駅”との連携も重要だ。小倉〜博多間でJR九州の在来線と競合しているJR西日本の山陽新幹線はいわばライバル。だがそうした意識はあまりないと中野駅長は言う。

「むしろ同じ博多駅の仲間、という感覚ですね。列車の接続とかで連携する必要もありますし、JR西日本さんとは駅同士で互いにサービスを磨こうということで合同の取り組みもしています。それにお客さまからしたら、JR九州とか西日本とか、関係ないですからね」

 そんな中野駅長、実は駅で勤務する経験は入社以来初めてなのだとか。現在では、事務、営業系統の社員は、必ず最初に駅の現場で経験を積む。ただ、中野駅長が入社した1991年当時はそうした仕組みはなかったという。

「駅勤務からキャリアが始まる流れになったのは私の入社した次の年からなんです。私は1週間だけ小倉駅で研修を受けたくらいです。その頃は自動改札なんてもちろんなくて、改札口ではスタンプを持って立っていた時代ですね(笑)。そのあとは鉄道の営業に関する業務を長く務めました。例えばD&S列車の中で販売する商品やおもてなしを考えたり、2011年に九州新幹線が全線開業した際には関西地区の学校に『ぜひ修学旅行で南九州に来てください』と営業したり。そういう仕事をしていました」

■「大先輩の高倉健さんから受け継いでいるものもある」

 駅長として赴任する直前は、グループ会社のJR九州ホテルズで社長を務めていた。お客さまをもてなすという点では、駅もホテルも変わらないと話す中野さんだが、今は自ら行動できる現場の楽しさを感じているとか。

「博多駅は1日777本の列車が発着します。列車が到着し、お客さまが乗り降りして、また出発する。安全に、そしてダイヤも正確に。それが当たり前となるように毎日やっていく。好きな場所は……やっぱりホームですね。行き交う列車とたくさんのお客さま、そしてそこを支えているホームの駅員と運転士・車掌が敬礼をして挨拶を交わす。そういう一瞬一瞬のふれあいが好きなんです。大げさに言えば、皆さんの生活の中の一瞬が、博多駅にあるという感覚です」

 まだ赴任して3ヶ月の中野駅長。これからどんな博多駅を作ろうと考えているのだろうか。

「博多って、元気な街というイメージがあるじゃないですか。だから、お見えになるお客さまが博多らしさを感じる駅にしたい。押し付けがましくはなくて、でも活気があって、人懐っこくて。博多らしさを感じてもらえる駅にしたいですね。そして安全はもちろんですけど、安心できる駅でもありたい。通勤通学で毎日使うお客さまも、ご旅行でテンションの上がっているお客さまも、何か辛い気持ちになっているお客さまも、みんながなんだか安心できて、少しでもお支えできるような、そんな博多駅。そのために、駅員みんなで和気藹々と一緒に頑張っていければと思っています」

 実は中野駅長、あの高倉健と同じ高校の出身だという。高倉健といえば、映画『鉄道員』では昭和の硬派な鉄道マンを演じた。「大先輩の健さんから受け継いでいるものもあるって勝手に思っています」と笑う中野駅長。そうは言っても、実は『鉄道員』の映画よりも先に中野駅長の方が鉄道員になったのだとか。そうした誇りも胸に、九州の玄関口・博多駅の舵をとる。何気なく通り過ぎることの多いターミナルだが、その裏では“駅作り”に力を注ぐ中野駅長のような駅長や多くの駅員がいることも、少しだけ気に留めてみてはいかがだろうか。 

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)