嵐が発表した“ジャニー喜多川さん緊急搬送” くも膜下出血を引き起こす「時限爆弾」とは?

嵐が発表した“ジャニー喜多川さん緊急搬送” くも膜下出血を引き起こす「時限爆弾」とは?

ジャニー喜多川さんの“緊急搬送”は嵐のメンバーから発表された ©鈴木七絵/文藝春秋

 緊急搬送されたと伝えられていたジャニー喜多川氏(87)が、7月1日に「くも膜下出血」で入院中と発表されました。発表をしたのは嵐のメンバーで、ジャニー喜多川氏本人からの病状報告やメッセージは今のところ伝えられていません。

 くも膜下出血と言えば、2010年4月2日、読売ジャイアンツの木村拓也コーチがシートノック中に突然倒れた衝撃的なシーンを思い出します。木村コーチは意識不明のまま、5日後に37歳の若さで亡くなりました。

 また、globeのボーカルだったKEIKOさんも2011年10月にくも膜下出血を発症。手術で一命を取り留めたものの、後遺症が残りました。リハビリを続け、時折、回復の様子が伝えられますが、歌手としての本格復帰にはまだ至っていません。

■障害なく社会復帰できる人は4人に1人

 木村コーチやKEIKOさんのように、くも膜下出血を起こした人は、半数の人が死亡するか重度の後遺症が残り、障害なく社会復帰できる人は4人に1人とされています( 日本脳神経外科学会広報委員会と日本脳神経外科コングレス「脳神経外科疾患情報ページ」未破裂脳動脈瘤 より)。

 このように、くも膜下出血はとても怖い病気なのですが、どうして起こるのでしょうか。それは、「脳動脈瘤」と呼ばれる、脳の血管の分岐点などにできる動脈のふくらみの破裂が主な原因です。この瘤が破裂すると、脳をつつむ「くも膜」と「軟膜」の間に出血し、突然バットで殴られたような激しい痛みに襲われると言われています。

 それだけに、今回のニュースに触れて、病院の健診センターや人間ドック施設などで行われている「脳ドック」の受診を考えた人がいるかもしれません。頭部MRA(磁気共鳴血管撮影)検査などを受け、破裂する前の脳動脈瘤である「未破裂脳動脈瘤」を発見できれば、大事に至る前に治療を受けることも可能です。

■「早期発見が重要」とは言い切れない理由

 治療には、頭蓋骨に穴を開けて、脳動脈瘤の根本に専用のクリップを掛け、瘤に血流が行かないようにする「クリッピング術」と、足の付け根の動脈などからカテーテル(細い管)を挿入して脳動脈瘤に到達させ、それを使ってプラチナ製のコイルを瘤の中にグルグルと詰めて固めてしまう「コイル塞栓術」という方法があります。

 前者は脳神経外科医、後者は脳血管内治療の専門医が主に手掛けています。どちらも経験豊富な専門医でないと難しい治療ですが、成功すればほとんど破裂の心配はなくなるとされています。ですから、脳ドックを受けて、「脳動脈瘤を早期発見・早期治療することが重要だ」と言えそうな気がします。

 ですが、そうとは簡単に言えません。なぜなら、未破裂脳動脈瘤を持っていたとしても、寿命を迎えるまでの間に必ず破裂するわけではないからです。

■破裂率の高い瘤と低い瘤の違いとは?

 前掲の脳神経外科疾患情報ページによると、未破裂脳動脈瘤の大きさは径2〜25ミリメートル以上までと様々ですが、75%以上は10ミリメートル未満の大きさです。年間の破裂率は、個別の瘤によって異なるため一概に言えないものの、総合すると年間0.5〜3%とされています。

 とくに径の大きい瘤、脳の後方にできた瘤、形のいびつなもの、多数できているもの、また喫煙者、高血圧患者、高齢者、さらには、家族(とくに兄弟姉妹)にくも膜下出血を発症したことのある人や若い人の瘤は、破裂率が高いと考えられています。

 こうしたことから、 日本脳ドック学会のガイドライン2008年版 によると、余命が10〜15年以上あると考えられる患者に対して、径5〜7ミリメートル以上の瘤が見つかった場合や、前述のような破裂するリスクが高い病変が見つかった場合に、治療を検討することが推奨されるとしています。

 しかし逆に、5ミリメートル未満の小さな瘤は年間の破裂率が約0.5%と低く、治療するかどうかは慎重な対応が必要とされています。つまり、未破裂脳動脈瘤が見つかったとしても、5ミリメートル未満であれば1年で破裂するのは100人のうち1人未満で、99人以上は破裂しないのです。

 もし脳ドックを受けて、5ミリメートル未満の未破裂脳動脈瘤が見つかったら、高血圧の治療や禁煙、節酒等を勧められるとともに、ふくらんで大きくなっていないかなどを確かめるために、半年から1年ごとの定期検査を勧められることになるはずです。その結果、破裂リスクが高くなっていると診断されると、あらためて治療を勧められるかもしれません。

■「時限爆弾」を抱えながら生活することに

 ですが、なにも危険な変化が見つからなければ、定期的に検査をして経過観察することになるでしょう。つまり、実質的に「なにもしないで、そのまま様子を見続ける」ということになるわけです。

 実は、これが患者にとって大きな心理的負担になります。なぜなら、いつ破裂するか(破裂しないか)わからない「時限爆弾」を、頭の中に抱えながら生活することになるからです。実際に、未破裂脳動脈瘤が見つかって経過観察中の人のなかには不安になって、うつ状態になる人もいると言われています。そのため、ガイドラインでもうつ状態や不安が強い場合にはカウンセリングを推奨するとしています。

■「脳ドックは無駄な検査」と指摘する専門家も少なくない

 未破裂脳動脈瘤を見つける「脳ドック」にはメリットだけでなく、こうしたデメリットがあるわけですが、さらに問題点もあります。脳ドックを受けない人に比べて、受けた人のほうがくも膜下出血や脳梗塞などの発症率や死亡率を減らせるかどうか、まだ明確にはわかっていないことです。

 そのため、「脳ドックは無駄な検査」と指摘する専門家も少なくありません。そもそも、脳ドックを行っているのは日本くらいだと言われています。日本はMRIやCTの人口あたりの保有率が世界で一番高い国です。こうした数億円もする高額な画像診断装置のコストを回収するために、日本では脳ドックなどがむやみに行われているという批判もあります。

 それに、前述の情報ページによると、クリッピング術やコイル塞栓術のリスクもゼロではありません。前者では血管の閉塞による脳梗塞や脳の損傷、後者では瘤の破裂といった重篤な合併症が5〜10%起こり、クリッピング術では死亡する可能性は1%程度と報告されています。

■脳ドックを受けて、誰もが安心を買えるわけではない

 この治療が始まった数十年前、手術による医療ミスが多発し、問題となったこともありました。現在は安全性が向上し、熟達した専門医であれば、合併症が起こることは昔より少ないかもしれません。ですが、もともと何も問題がなく元気で、生涯くも膜下出血を起さなかったかもしれない人が、治療によって後遺症が残ったり、命を落としてしまうリスクもあるのです。

 脳ドックで大きな瘤やいびつな病変などリスクの高い未破裂脳動脈瘤が見つかり、専門医の治療を受けた結果、命拾いできた人ももちろんいるでしょう。ですが、人間には「知らなかったほうがよかった」ということもあります。脳ドックを受けて、誰もが安心を買えるわけではないのです。

 ですから、脳ドックを受けるかどうか迷ったときには、こうしたメリット・デメリットをよく知ったうえで判断してください。中には脳ドックを強く勧めたり、未破裂脳動脈瘤が見つかった人にむやみに治療を勧める医師もいるかもしれません。そのような場合も、治療すべきかどうか、治療するとしたらどの病院で誰に受けるか、情報を集めたりセカンドオピニオンを受けたりして、慎重に検討・吟味してから決断することをお勧めします。

(鳥集 徹)

関連記事(外部サイト)