フジテレビのドンが院政批判に答える #1

フジテレビのドンが院政批判に答える #1

©文藝春秋

 二匹の蛙がいて、熱湯に一匹を放り込み、もう一匹は冷水に入れる。熱湯の蛙は慌ててそこから飛び出すが、冷水の蛙はそのままじっとしている。だが、少しずつ水を温めていくと、蛙は水温の上昇に気づかず命を落とす――。ビジネス界で好んで使われる「茹で蛙の法則」だ。来る6月の株主総会でフジ・メディア・ホールディングス(HD)の役員人事を一新し、自ら会長を退くと発表した日枝久は、開口いちばん、この「茹で蛙の法則」を例えに引き、こう話し始めた。

「われわれは仕事を進める上で茹で蛙になってはいけません。フジテレビは過去業界トップにいたが、気がつくと今年は5期連続の減収減益、(本体の営業)利益が40億円に落ち込んでいる有様です。このままでは死んでしまう。今ならギリギリ間に合うと今回の決断をしたのです」

「視聴率三冠王」と持て囃されたフジテレビの凋落が叫ばれて久しい。かつて、6〜24時の「全日」、19〜22時の「ゴールデン」、19〜23時の「プライム」すべての時間帯で平均視聴率1位という「視聴率三冠」を通算19年も達成したフジは、2011年に日本テレビにその座を奪われて以来、再び浮かびあがることなく低迷している。

 昨年は、年間視聴率が在京民放キー局5社中4位に落ち込み、純利益でテレビ東京に抜かれて最下位に転落するという体たらくだ。今年3月期はグループ総売上げこそ前年比2.1%増の6539億円と伸ばしたが、それを支えたのは都市開発事業、つまり不動産ビジネスで1025億円(前年比24%増)を売上げ、肝心の放送事業のそれは3127億円、と前年から2%ダウンした。

 低迷の原因は諸説あるが、なかでもフジサンケイグループの代表として君臨してきた日枝久の責任を指摘する声が多い。日枝は1988年から01年まで13年フジテレビの社長を務め、社長を退いて以降今にいたるまで、16年にわたって会長としてグループを率いてきた。実に29年間、マスメディアの頂点に立って組織を統べ、「フジテレビの天皇」と呼ばれる。御年79、今年傘寿を迎える。

■5期連続の減収減益

 業績不振に危機感を抱いたその日枝は4年前の13年、「踊る大捜査線」など数々のヒット番組を飛ばしてきた名プロデューサーの亀山千広を社長に据え、視聴率の回復を図ろうとした。だが、凋落に歯止めをかけるどころか、ますます危うくなっている。

 そんな折の5月9日、唐突に社長と会長の辞任が報じられたものだから、メディア界は騒然としたのである。6月の株主総会をもって社長の後任にBSフジ社長の宮内正喜、会長にフジ・メディアHD社長の嘉納修治が就き、フジテレビと持ち株会社のHD会長を兼務してきた日枝は、その座から退く。驚きの人事と受け止められた。だがその半面、当人は取締役相談役として残り、フジサンケイグループの代表ポストも続けるという。いきおい会長辞任は、院政を敷くための目くらましではないか、という疑念が沸き起こった。本人に、そうストレートに尋ねた。

「会長辞任は、70代後半になった数年前から、80になる前と思っていたんです。しかし社内でその素振りをしたら組織のタガが緩むので、そういう顔を見せなかった。4年前のときも少し長いな、とは思っていましたけど、もう少し様子を見てみようと亀山君に社長を任せたのです。この間、亀山体制について僕があれこれ口出ししてきたかのようにも言われるけど、番組のことをはじめテレビの現場にはまったくタッチしてきませんでした。

 だが、さすがに5期連続の減収減益は度を超えている。亀山君には1年ぐらい前、『僕はサポートするけれど、これ以上の不振は世間が許さないからな』と言ってきました。だから社長には責任をとってもらう。その代わり、任命責任のある会長が残るのも世間が許さないでしょうから、僕も退くことにしたのです」

 業績不振のフジテレビのトップ人事を巡っては、この数カ月来、メディアのみならず産業界でさまざまな噂が流布された。会長辞任の引き金は何か。その一つとして囁かれたのが、大荒れになった去年の株主総会に日枝が懲りたという説だ。

「僕は株式を上場して以来、年中『長すぎるから辞めろ』とか、『暴君』とか『天皇』とか言われてきました。それに馴れているわけではないけど、たしかに去年の総会は長かった。シャンシャン総会といわれるのは2時間以内ですが、それどころか3時間を超えた(3時間35分)。それはこの際、株主の意見をぜんぶ聞こうとしたからなんです。

 実はうちは総会で質問を途中で打ち切って裁判になってきました。本当は1〜2問で済ませてもいいのですが、一部の株主はもっと質問させろと主張する。それで3年前から提訴されています。総務担当者から裁判は何とかならないかと言われ、それなら全部聞いて答えようとなった。うちの総会が荒れるのはいつものことですが、とくに昨年は長丁場でした。しかし、総会を恐れて今回の人事を決めたなんてことは決してありません」

 すると、きっかけは別のところにあるのだろうか。

 フジテレビは、トレンディドラマのヒットを次々と飛ばした時代がある。そこで日枝は4年前、かつてのスタープロデューサー亀山に社長を託し、夢をもう一度とばかりに起死回生を狙った。が、それもあえなく撃沈した。

 おまけに今年に入り、そのドラマ部門でケチがついている。テレビ朝日でヒット中の『やすらぎの郷』が、もともとフジに持ち込まれた企画で、それを社長の亀山が断ったという。それが、天皇日枝の逆鱗に触れたのではないか。そう質問してみた。

「倉本(聰)さんご自身が『フジテレビは駄目だ。判断ができない亀山が駄目だ』と書いておられますね。しかしこれは亀山の責任ではありません。もちろん僕に相談はありませんけど、仮に僕だったとしても放送を受けなかったと思います。

 テレ朝の場合は、黒柳徹子さん司会の『徹子の部屋』のあとにくっつけようという早河(洋会長)さんの編成方針があった。たまたま早河さんが倉本さんに言われてピッとひらめいた、そういう企画かもしれない。シニアを対象にするという、それが正解だったんでしょう。でも、うちでシニア番組じゃ難しい、そう判断したんだと思います。亀山君は別なことを考えていた。テレビ局であたりはずれはよくあります。でも、それはうちの編成の状況からみた価値判断であり、仕方がありません。亀山君の感覚が古いというのとは違うと思います」

■ドラマの復活に失敗

 もっともスタープロデューサーだった亀山のセンスに対する日枝の期待は大きかったに違いない。その期待が外れたからこそ、亀山に社長退任を迫ったのではないか。そう聞くと、さすがにあからさまに部下を責めることはしないが、微妙な答え方をする。

「この4年間はドラマの立て直しができなかった。これは彼が悪いというより、時代の流れでしょうね。『海猿』だとか『踊る大捜査線』の時代と今は違う。シニア時代の流れがありますから。

 うちも前は決してドラマが強かったわけではなく、TBSが圧倒的でした。そのときは日テレがバラエティに強く、うちはまずそのバラエティで視聴率トップをとって、そこからドラマがどんどん当たるようになった。テレビ局は雰囲気産業ですから、1足す1が2ではなく、5にも10にもなる一方、ゼロにもマイナスにもなる。勢いがあれば一挙に変わるので、みなで社長を盛り上げなければならない。つまり亀山を支えきれなかったということでしょう。社長の結果責任はある。だけど、彼だけの責任ではない」

 亀山に引導を渡したのは他ならない日枝自身だ。どう告げたのか。

「本当はこんな話をしてはいけないのかもしれないけど、彼はやっぱり苦しかったんでしょうね。内示として、『結果責任はあるから、今回は外れてもらうよ』と言い渡すと、彼は『ありがとうございます』と言い、肩の荷を下ろしたようでした」

(敬称略)

(森 功)

関連記事(外部サイト)