5年で320億円! メッシやピケの胸に「Rakuten」が躍る真の意味

5年で320億円! メッシやピケの胸に「Rakuten」が躍る真の意味

©getty

 世田谷区、二子玉川駅からほど近い楽天本社にサッカー界のスーパースターが集結した。

 アルゼンチン代表の天才ドリブラー、メッシ。メッシに迫る才能を持つブラジル代表、ネイマール、スペイン代表のピケ、そしてトルコのベテラン、アルダ。サッカーファンなら一度は見てみたいスター選手が一度に4人も顔を揃えた。

 楽天は7月、世界で最も人気のあるスペインの名門チーム、FCバルセロナ(愛称=バルサ)と4 年間(オプションでプラス1 年)の「グローバルパートナーシップ契約」を結んだ。4人はバルサの主力選手である。

 近く開幕する2017/18シーズンからバルセロナの縦縞ユニフォームの胸に「Rakuten」のロゴが入る。それを記念しオフシーズンを利用して日本を表敬訪問したのだ。

■プロスポーツ史上初の320億円で契約

 メイン・グローバル・パートナーの契約金は、オプションを含め5年間で320億円を超える。プロスポーツ史上、空前の金額だ。楽天の三木谷浩史社長は「Rakuten」を真のグローバルブランドにするための大勝負に出た。これから少なくとも4年間、世界でもっとも愛されるチームの胸で「Rakuten」のロゴが輝くのだから、宣伝効果は計り知れない。

 7月13日午後3時、楽天本社に足を運ぶと、興奮した楽天社員がエントランスロビーで黒山の人だかりを作っていた。メッシの「入り待ち」だ。

 楽天社員がこれほど熱狂するのはプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になった2013年以来だろう。大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースに移籍する前の田中将大投手らが凱旋すると、当時、品川シーサイドにあった楽天本社は興奮のるつぼと化したものである。

 だが今度はそれをも上回る。欧州リーグ最高のサッカー選手に与えられる「バロンドール」を5度も獲得したメッシや、ブラジル代表の「背番号10」を背負うネイマールは、地球規模のスター。それが自分たちの会社に来るのだから、興奮するなという方が無理な相談だ。

 楽天本社に設えられた記者会見場にメッシらが姿を現したのは午後3時30分。定刻から30分遅れだが、誰も文句を言うものはいない。スーパースターにはそれくらいの威光がある。バルサのマークが入ったお揃いのポロシャツとジーンズで現れた4人は、一人ずつ壇上に上がり、三木谷社長とハグを交わした。

 妻で歌手のシャキーラ共々、楽天のスポンサーシップが決まる前から三木谷社長の友人だったピケは、とりわけ親密そうなそぶりを見せた。

■「More than a partnership」

 最初にマイクを握ったのは、そのピケである。

「楽天との関係は『More than a partnership(ただのパートナーシップ以上のもの)』。楽天とバルサの共通点は、それぞれの仕事を本気で楽しんでいることだ。我々は共通の価値観を持っている。楽天はバルサのファミリーだ」

 ものすごいサービスぶりである。この記者会見は、インターネットやテレビを介し、世界で数十億人のサッカーファンが見ているはずだ。「More than a partnership」はバルサのスローガンである「More than a club(サッカークラブ以上の存在)」をもじったもの。サポーターにとってバルサは単なる贔屓のサッカーチームではなく「人生そのもの」に近い存在だ。そのバルサの大黒柱に「家族」とまで言われたのだから、楽天にとっては百人力。惜しむらくは、まだ世界の多くの人が「Rakuten」のサービスを知らないことだ。ピケの言葉に応えるためにも、楽天は世界をあっと言わせるサービスを生み出さねばならない。

■メッシが見せた覚悟

 ピケの次はブラジルの若きスター、ネイマール。

「日本には何度も来たが、毎回楽しんでいる。日本の人々は外から来る人間を温かく迎えてくれるし、食べ物も美味しい」

 次は売り出し中のトルコのベテラン、アルダ。

「バルサはすごい選手ばかり。このチームでプレーするのは僕にとって大きなチャンス」

 トルコの名門ガラタサライやスペインの強豪、アトレティコ・マドリードで輝かしい実績を積んで来たアルダだが、さすがにスーパースター3人に囲まれるとコメントも控えめだ。

 そしていよいよメッシ。

「シーズン最初の目標はいつも同じ。最高のプレーをして、最高の結果を得ることだ。特に今シーズンは新たにやって来る監督、コーチと協力して、新しいサッカーを作り上げることを楽しみにしている」

 バルサは昨シーズン、ライバルのレアル・マドリードにスペインリーグ優勝をさらわれ、欧州の有力クラブチームが覇を競う「UEFAチャンピオンズリーグ」でも優勝を逃した。「常勝」の宿命を背負うチームは、ルイス・エンリケ監督との契約を延長せず、昨シーズン、アスレティック・ビルバオを躍進させたエルネスト・バルベルデ監督を招聘した。

 監督が替わればサッカーは変わる。バルベルデ監督は中堅チームで抜群の実績があるものの、バルサのようなビッグクラブを率いるのは初めて。メッシ、ネイマール、スアレスといった個性の強いスター軍団をどう束ねるか。見所は満載だ。

■「SHARP」「SONY」「TOYOTA」に並ぶスポンサーに

 記者会見を締めくくったのは三木谷社長である。「5年間で320億円の投資は決して小さくない。このスポンサー契約を契機にどんなグローバル戦略を展開するのか」という筆者の質問に答えた。

「バルサというスペシャルなクラブとのパートナーシップは、楽天ブランドの意味を変える。楽天が世界の人々に喜んで使ってもらえるサービスを生み出していけば、投資は十分に回収できる」

 キックの天才デヴィッド・ベッカムの活躍でマンチェスター・ユナイテッド(愛称=マンU)がイングランド・プレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグの三冠(トレブル)に輝いた1998/99シーズン、ベッカムの胸には「SHARP」のロゴが躍っていた。当時、イタリアの強豪、ユベントス(愛称=ユーべ)の選手の胸には「SONY」、フィオレンティーナの選手の胸には「TOYOTA」の文字があった。

 バブル崩壊後、日本のスポンサーはなりを潜めていたが、2015/16シーズンにイングランドの人気チーム、チェルシーのメインスポンサーが韓国のサムスン電子から日本の横浜ゴム(ヨコハマタイヤ)に替わった。そして今回のRakutenである。

 世界中のサッカーファンが注目するビッグクラブの選手の胸に日本企業のブランド名が輝くのは、日本のサッカーファンならば誰もが嬉しいはずだ。8月、宿敵レアル・マドリードとの対決「エル・クラシコ(伝統の一戦)」で幕をあける新シーズンが待ち遠しい。

(大西 康之)

関連記事(外部サイト)