「女優殺すに刃物は要らぬ」銀幕スター・志賀暁子の「堕胎事件」過激なスキャンダル報道

「女優殺すに刃物は要らぬ」銀幕スター・志賀暁子の「堕胎事件」過激なスキャンダル報道

銀幕スター・志賀暁子 ©文藝春秋

■解説:ワイドショーもぶっ飛ぶ84年前のスキャンダル報道

「志賀暁子」という名前に心当たりがある人は、いまほとんどいないだろう。京都生まれのクリスチャンでダンサーを経て映画女優となり、一時は主役も演じた。「エグゾティックで妖艶な美貌を強烈に印象づけ、たちまちスターの仲間入り」(「日本映画俳優全集女優編」キネマ旬報社、1980年)した。

 その彼女がメディアにセンセーショナルに取り上げられたのは、1935(昭和10)年7月18日の東京日日新聞(東日、現毎日新聞)朝刊社会面だった。「新興キネマの女優 志賀暁子が堕胎」の見出し。警視庁池袋署が恐喝事件で男を取り調べたところ、彼女を脅していたことが判明。そこから「恋人の某男優との間に出来た七カ月の胎児を昨年十月堕胎したことが発覚」したと報じた。本文の記述を読むと、記事は通信社(当時なら電通か聯合)の配信だった可能性がある。

「堕胎」が事件になったことが奇異に感じられるかもしれない。明治時代から刑法に定められ、現在も212条、213条で罰則を伴って規定されている、れっきとした犯罪だ。戦後は優生保護法、その後の母体保護法で「人工妊娠中絶」とされ、「経済的な理由」と医師の認定があれば認められるようになって死文化。摘発例はほとんどなくなったが、戦前は発覚・摘発例も多く、盛んに新聞紙面を騒がせた。

■「小間切れにした上に処分した」

 本文は「ジャーナリズムに殺された女優」と書いているが、確かに当時の新聞報道はすさまじかった。東日の「発覚」の記事は、全く別の窃盗事件で警察に留置された女性美容師と組み合わせて「“虚栄の市”に毒の花」の共通の見出しを付け、「醜い心の二人」という説明の顔写真も掲載している。東日は19日夕刊(当時の夕刊は翌日の日付をとっており、実際は18日夕刊)社会面トップで「志賀暁子と産婆 嬰児殺しの罪か」の見出しをとり、「一昨年秋某外国人をパトロンとしているうち妊娠したので二カ月の胎児を堕胎したことも判明した」と書いた。「死んだ嬰児は一旦そのまま府下某地の桑畑に埋めたが、その後もまた掘り返して小間切り(細切れ)にした上適当に処分した」とおどろおどろしい手口も伝えた。

 同紙24日夕刊では「暁子の堕胎は 阿部氏の子」として、同署が23日に参考人として召喚した日活の阿部豊監督が「暁子の堕胎した子は、たしかに自分との関係から生じたものと思います」と認めたと報道。いまなら「捜査関係者への取材では」などと前置きをするところだろうが、個人のプライバシーどころか人権侵害ともとれる、最近のテレビのワイドショーもぶっ飛ぶようなスキャンダル報道といっていい。この事件ではこうした報道が続く。

■「銀幕の女王」と関係を持った阿部豊監督

 阿部監督は宮城県生まれで17歳のときに渡米。日本人大スター早川雪洲の書生を振り出しに、俳優として多くのハリウッド映画に出演し、「ジャッキー」のニックネームで呼ばれた。脚本作りなども学んで帰国。監督となって、キネマ旬報ベストワンに選ばれた「足にさはつた女」(1926年)など、モダンでスマートな演出で一流監督に。志賀暁子とは2年前の「新しき天」で監督と出演女優として知り合い、同じ旅館に泊まっていたことから関係ができた。この報道当時40歳。妻と離婚したばかりだった。

 一方の暁子は25歳。大作映画に連続出演して人気急上昇中だった。「あゝ活動大写真 グラフ日本映画史 戦前篇」(朝日新聞社、1976年)には、時代劇スター片岡千恵蔵の相手役を務め、当時公開直前だった「情熱の不知火」(村田実監督)のスチール写真が載っているが、説明には「志賀暁子は素肌に裏地が赤い絹の黒マントを着て夜の銀座を歩いた」と書かれている。映画会社の宣伝戦術だろうが、東日の初報記事にも「近代的な『妖婦』性が期待をかけられていた」とある。映画ファンに衝撃を与える新しいタイプの女優。「狂い咲きの花」「明らかに異色の女優だった」と猪俣勝人・田山力哉「日本映画俳優全史女優編」(現代教養文庫、1977年)にも書かれている。本文の見出し「銀幕の女王」は言いすぎだが……。

■「映画女優として身を立てるには監督の愛が絶対的に必要」

 7月28日には東京朝日の夕刊が暁子の「告白」を、東日の朝刊が「手記」を掲載した。告白では「映画女優として身を立てるにはパトロンを得る事と監督の愛を同時に得る事が絶対的に必要なのです。これがなかったら如何なる芸、如何なる美貌の持主でも駄目なのです」と述べた。手記では、これまでの半生と2度の堕胎について説明。「子供が出来ても女の細腕ではどうにもならず預けるのは可哀そうだし、結局堕胎の途しかないのです」としつつ、「陣痛の苦しみで約四時間ばかり気絶しておりましたが、子供の泣き声で正気づきました。私はわれを忘れて子供を抱きよせほほずりしました」と書いた。記事には「無邪気すぎたおめでたさ 邪道の半生手記に綴る」の見出しが付いた。

 暁子は9月5日、堕胎罪と遺棄致死、死体遺棄の罪で助産婦とともに起訴された。翌36年7月7日の東京刑事地方裁判所での初公判。東日8日夕刊の記事は「銀幕の蔭に咲いた悪の華一輪」が書き出しで、「銀幕の裏を暴く 法廷に繙(ひもと)く淪落哀史 志賀暁子のやつれた姿よ」が見出し。暁子は「堕胎を頼んだことは本当ですが、死体を捨てたというようなことは間違っております」と供述した。報道は一貫して、どんなに映画界が不道徳な世界で女優が性的に乱れているかを強調していたように見える。この間に二・二六事件があり、時代はキナ臭さを増す中、5月にはあの「阿部定事件」が起きていた。

■「彼女一人の罪だろうか」文壇をも巻き込む論争に発展

 同年11月14日の第5回公判では、井本台吉検事(のちの検事総長)が論告で、3〜4年前に朝日に連載された山本有三の小説「女の一生」を引き合いに出し、暁子と同じような立場にあったヒロインが堕胎せず、出産した子どもを育てたのと比べて、「被告は母としての資格を喪失したというべきだ」と断罪。懲役2年を求刑した。弁護側は憲法学者で戦後法相も務めた鈴木義男弁護士が最終弁論で「妊娠は主として男性の放縦無責任の結果。堕胎は一種の緊急避難であり、十分斟酌が必要」と反論した。

 朝日は17日朝刊から4回にわたって「検事の論告と『女の一生』」と題した山本有三の文章を載せた。その中で山本は、「被告に母性愛が欠けているとは思えない」とし、「彼女としてはあの場合、ああせざるを得ない、より大なる力に迫られて、やむを得ずああしたのではないか」「それは彼女一人の罪だろうか」と訴えた。「彼女を誘惑し、彼女をみごもらせ、彼女を捨てた男は今どうしているか」と男の側の責任も問うた。さらに「婦人公論」1937年1月号は、暁子の手記と鈴木弁護士の「志賀暁子の為めに」に加えて、作家・広津和郎が「石もてうつべきや」と弁護論を展開した。これに対し、作家久米正雄は「改造」同年2月号のコラムで、ゴルフ友達だという阿部監督を擁護。さらに、鈴木弁護士が「文藝春秋」3月号で「志賀暁子のために久米正雄に与う」で再反論するなど、文壇を巻き込んだ論争となった。

 11月24日の判決は懲役2年、執行猶予3年。「執行猶予の恩典 暁子嬉し泣き」(朝日)、「執行猶予の恩典に 志賀暁子嬉し泣き」(東日)と25日夕刊はよく似た見出し。“温情判決”に涙を流して感謝したことを強調した。しかし、岩田重則「〈いのち〉をめぐる近代史」(吉川弘文館、2009年)は、この事件から20年以上前の判例を挙げて「やはり堕胎罪をめぐる刑罰は執行猶予付きだった」「志賀だけが例外ではなかった」と結論付けている。そもそも、有名人を堕胎罪で裁くこと自体、性の乱れという世間の風潮に対して「見せしめ」の効果を持つ。「寛刑」も計算のうちだろう。東日の同じ社会面には翌25日の阿部定事件初公判の記事が載った。同じ25日には日独防共協定が結ばれる。

■「この恐ろしい人生の矛盾」ひっそりと亡くなった志賀暁子

 暁子はその後、文藝春秋創業者の作家・菊池寛の口利きもあって映画界にカムバック。主演映画も公開されたが、既に一時の勢いはなく、やがて脇役に。「女優殺すに刃物は要らぬ。堕胎一つも起こせばいいといった冷罵嘲笑の中で、彼女はあっという間もなくこの世界から消えて行ったのである」と「日本映画俳優全史女優編」は書く。劇団に入って舞台に立ち、結婚して一時は家庭に入ったりしたほか、映画にも出演。子どもを抱えながら童話を書くなど、苦労を重ねたすえ1990年9月、心不全のため、80歳でひっそりと亡くなった。朝日の死亡記事の最後には「『恋多き女』としても世間の注目を集めた」とあるが、事件には触れていない。

 暁子には1957年に出版した「われ過ぎし日に 哀しき女優の告白」(学風書院)という著作がある。その中で、一時は阿部監督を愛していたこと、阿部監督から「結婚しよう」と言われたことを書いている。しかし、事件について最も詳しい澤地久枝「志賀暁子の『罪と罰』」(「昭和史のおんな」<文藝春秋、1980年>所収)が「不本意な自伝」と認めるように、そこから暁子の真意をつかむのは難しい。ただ、中で「私は自分の子供に一生私生児として暗い道を歩ませたくありませんでした」と書いている。「婦人公論」1937年1月号の手記は「私の懺悔」と題され、冒頭に自作らしい短歌3首が置かれている。「母の罪許してと泣くひとやの夜 小さき唇まぼろしに見る」「罪の身を裁きの庭に打伏して 小さき魂(たま)におののきて詫ぶ」「世をさけて神に祈り罪に泣く 心のいたでいつの日か癒ゆる」。

 そして次のように書く。

「私は、永久に刑罰をば背負わされても尚、贖罪の安心に到達する日は、訪れはしないでしょう。これ程苦しい私ではありますが、今尚あの子はああした運命の外に逃れるべき途がなかったのだと云うような考えが去来いたしますのはどうしたことでしょう。あの子は、私が生きて行く為ばかりでなく、あの子の為に、それは世に出ることが許されなかったような気がいたすのでございます。この恐ろしい人生の矛盾は、私と同じような過程でお産を経験される方の外は分かって戴けないのではないかとさえ思えるのです」

 これも彼女の若さ、無邪気すぎたおめでたさだったのだろうか……。

■一方で活躍の場を広げていった阿部豊監督に見る違和感

 民法での嫡出子と非嫡出子の違いが最近まで話題になったように、出産は家や家族制度と結び付いた重大な問題。かつて、結婚していない男女間の子どもは「私生児」として“日陰の存在”だった。堕胎においても、女性に肉体的にはもちろん、精神的にも過重な負担を負わせてきたことは間違いない。この「志賀暁子事件」も、これほど騒がれなければいけなかったかと率直に思う。

 さらに、暁子にとって「一挙にスターの座から奈落の底へ転落していった」(「日本映画俳優全史女優編」)悪夢のような事件だったのに比べ、阿部豊監督は戦争の時代にも国威発揚映画を手掛け、戦後も「細雪」などの文芸映画から戦争映画、娯楽映画まで幅広く活躍。「日本映画監督全集」(キネマ旬報社、1976年)などにも志賀暁子や堕胎のことは全く触れられていない。不公平といえば、不公平極まりないといえる。

 暁子は戦後の1956年、「週刊サンケイ」誌上で女優・南田洋子さんと対談した際に、編集部記者に「岸松雄というのは何をする人なんですか?」と聞いている。言外に「ひどい目にあった」と言いたかったようだ。本文の書きぶりはどちらかといえば、志賀暁子に同情的だが、映画界の内情に詳しく、記述が微に入り細を穿っているのが気に食わなかったのか……。

 著者は肩書にあるように、「小原庄助さん」(清水宏監督、1949年)などで知られたシナリオライターで、監督経験もある。それ以上に映画史的に意味があるのは、名監督・小津安二郎の親友であり、若くして死んだ山中貞雄監督を“発見”、小津と山中を結び付けた“功労者”という点だろう。映画館でたまたま山中のデビュー作「抱寝の長脇差」(1932年)を見て驚き、絶賛した映画評を「キネマ旬報」に書いたのが、山中が世に知られるきっかけだったとされる。

■84年経っていまだ変わらないメディアの在り方

「堕胎は、戦時に減少し、戦後には、一時増加したが、まもなく減少して、明白な減少傾向を示している。しかし、実際の犯罪は減少したわけでなく、戦後のわが国の人口過剰などから検挙がきわめてゆるやかになったためである。」と1960年版犯罪白書は指摘した。それには母体保護法の存在が大きかった。2001〜2010年の10年間の警察庁統計で、堕胎罪は認知件数、検挙件数がいずれも15件、検挙人員は17人にすぎない。一方、厚労省の統計では2017年度出生数が約94万6000人。これに対し、人口妊娠中絶は約16万5000件(前年度比2%減)で、約6対1の割合。いずれも微減が続いている。

 志賀暁子の事件を振り返って思うのは、いま同じようなことが起きたらどうなるだろうか、ということだ。堕胎罪が適用されることはまずないが、例えば有名人の女性が妊娠中絶したことが何かで分かったら、週刊誌やワイドショーは放っておかないだろう。大騒ぎになるのは間違いない。事件から84年たって、メディアはまともになったと胸を張って言えるだろうか。インターネットという新しい局面も加えて、事態は一層難しくなっているのが実情ではないか。 

本編「銀幕の女王・醜聞事件」 へ

(小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)