アスクル・岩田彰一郎社長が激白「解任要求は、日本企業のガバナンスを形骸化させる」

アスクル・岩田彰一郎社長が激白「解任要求は、日本企業のガバナンスを形骸化させる」

アスクルの岩田彰一郎社長 ©大西康之

 文具・日用品ネット通販大手、アスクルの岩田彰一郎社長が、同社の株式約45%を保有する筆頭株主のヤフーから「事実上の解任」を突きつけられた。

 2019年1月、ヤフーがアスクルの消費者向けネット通販「ロハコ」の譲渡を求め、岩田社長がこれを拒否したところから両社の関係が悪化した。「上場企業の指名・報酬委員会が決めたトップ人事が大株主の一存で覆るようでは、日本企業のガバナンスは形骸化してしまう」(岩田氏)。

 徹底抗戦の構えを取る岩田社長が激白する。

◆◆◆

■「今日注文したオフィス用品が明日来る」

――7月17日、大株主のヤフーが岩田さんの取締役再任にアスクルの株主総会(8月2日)で反対する意向を表明。これを受け、アスクル側がヤフーに「資本業務提携の解消」を申し入れ、ヤフーがこれを拒否しました。目まぐるしい展開です。そもそもアスクルとヤフーの関係から教えてください。

「アスクルは文房具大手、プラスの一事業として始まりました。プラス創業家の今泉嘉久会長と私が『21世紀のプラスはどんな会社になるべきか』と考え、お客様に直接お売りする通信販売にたどり着きました。最初はファックスを使った通信販売、私を含む担当者4人で1992年にスタートしました。

 アスクルは『今日注文したオフィス用品が明日来る』のコンセプトで成長しました(2000年にジャスダックに上場し現在は東証一部。2019年5月期の売上高は3874億円)。そこへアマゾン・ドット・コムがやってきます。アマゾンに最初に食われるのは我々、カタログ販売だと危惧し、BtoC(消費者向け)ネット通販を立ち上げるためヤフーと業務資本提携を結びました。第三者割当増資で45%の株を持ってもらいました。それが2012年です」

■140社のメーカーと知恵を出し合って

――それで始まったのが消費者向けネット通販の「ロハコ」ですね。

「そうです。ロハコの特徴は、既存の商品をただ安く売るのではなく、メーカーさんとの直接取引で独自の商品を開発して付加価値をつけているところです。オープン・イノベーションを掲げ、140社のメーカーさんと知恵を出し合い、マーケティング・データを共有しています」

――その「ロハコ」をヤフーが欲しいと言ってきた。

「2019年1月、ヤフーの川邊健太郎社長が来て『ロハコをアスクルから切り出すことを検討してください』と言われました。業務資本提携の際に取り交わした契約書に『(ヤフーが大株主になっても)アスクルの経営の自主性を尊重する』という趣旨の文言があるので、あくまで『自主的に検討してくれ』というニュアンスでした」

■「次の株主総会で、ヤフーはあなたの取締役選任に反対する」

――アスクル側は断った。

「はい。アスクルはBtoB、ロハコはBtoCと業態は違いますが、倉庫、物流網、マーケティングなどネット通販のインフラの部分の多くが共通化されています。そこからロハコだけを切り出す、というのは現実的ではないし、仮に切り出した場合、成長力のあるロハコを失うことはアスクルの(ヤフー以外の)株主の利益を毀損することになる。そう考えてお断りしました」

――それで事実上の「解任」に。

「6月27日に川邊社長が社員弁護士を連れてお見えになり『次の株主総会(8月2日)で、ヤフーはあなたの取締役選任に反対する。その前にお辞めになったらどうか』と告げられました。(アスクル株を11%強保有する)プラスもヤフーに同調しているので、このままだと株主総会で選任されないことになります」

――ヤフー側はアスクルの業績不振を理由に挙げています。

「2018年5月期と2019年5月期は、営業利益がそれまでの半分に近い41億円、45億円に落ち込みました。しかしこれは理由がはっきりしていて、一つは2017年2月に発生したアスクルロジパーク首都圏(埼玉県入間郡三芳町)の火災です。202億をかけて建設した物流の要が全焼し、アスクル、ロハコのビジネスに大きな支障が出ました。

 もう一つは、いわゆる宅配クライシス。人手不足で宅配会社が運賃を大幅値上げしたことで、約40億円のコスト増が発生しました。しかし、火災の件は吹田市に5万坪(甲子園4・5個分)の巨大物流センターを作り対処しました。自社配送網の整備で宅配クライシスも何とか乗り越え、今期は88億円の営業利益を見込んでいます」

■1大株主の意向で手続きをすべて無効にして良いのか

――ヤフー側は岩田さんの経営能力に問題があるとも主張しています。

「上場企業のアスクルには、独立取締役らで構成する指名・報酬委員会(元東京証券取引所社長の斉藤惇氏らがメンバー)があります。7月3日の同委員会は私の再任という結論を出し、それを取締役会で決議しました。45%を保有しているとはいえ、一大株主の意向で、こうした手続きをすべて無効にして良いものでしょうか。ガバナンスが形骸化し、何でも多数株主の思い通りになるのでは、少数株主の利益が守られなくなってしまいます」

――ヤフーが心変わりして株主総会で岩田さんの選任に賛成したら、どうしますか。

「ヤフーさんとの信頼関係は崩れてしまったので、業務資本提携を解消する方針は変わりません。ヤフーが保有している45%の株を買い取ることが、アスクルの次世代の社員のためにやるべきことだと考えています」

――買い取るには資金が必要です。

「そこは投資ファンドや新たな事業パートナーなど、あらゆる方策を検討します」

(大西 康之)

関連記事(外部サイト)