眞子さま婚約延期でご一家への”視線”は厳しく……秋篠宮さま最新発言の波紋

眞子さま婚約延期でご一家への”視線”は厳しく……秋篠宮さま最新発言の波紋

ポーランドとフィンランドの公式訪問を終え、訪問国の駐日大使らの出迎えを受けられる秋篠宮ご夫妻。7月6日午前、東京・元赤坂の赤坂東邸 ©共同通信社

 秋篠宮ご夫妻は6月27日から7月6日までの日程でポーランドとフィンランドを公式訪問された。秋篠宮さまは皇嗣となられてから初となった外国訪問を前に、記者会見で「公務の在り方」について問われ、次のように答えられた。

 そのご回答が、宮内庁内で波紋を呼んでいる。

「(公務とは)つまり国事行為ということになりましょう。(中略)ただ、これは国事行為ですので、行うことは決まっています。ですので、在り方というのは、なかなか、私が何かを言うということではないと思っております」

■15年前は「公務は受け身的なもの」と仰っていたのに…

 宮内庁関係者が語る。

「確かに昭和の時代には戦後、現人神から象徴へと天皇の立場が変わったことに伴い、公務は厳密には『国事行為』を意味し、国体開会式臨席などは『公的行為』、願い出によって赴かれる芸術鑑賞などは『その他の行為』とはっきり分類されていました。

 ただ平成の御代に入り、上皇陛下が天皇として年間を通じてさまざまなお仕事に熱心に励まれ、被災地訪問や太平洋戦争の慰霊の旅など新たな“平成流”を確立されていくなかで、いつしか国事行為だけでなく、公的行為、その他の行為、さらには宮中祭祀までも含めて公務と呼ぶようになっていったという経緯があります。秋篠宮さまは皇嗣となられたことで、突然、昭和時代の原理原則に立ち返ったかのようなご発言をされたのです」

 秋篠宮さまは公務について、2004年の誕生日会見で「私は公務というものはかなり受け身的なものではないかなと。こういう行事があるから出席してほしいという依頼を受けて、それでこちらもそれが非常に意義のあることであればそれを受けてその務めをする。私自身はそういうふうに考えて今までずっと来ています」と述べられている。

■これまではご両親の”代弁”が多かった?

「にもかかわらず、秋篠宮さまは令和となって公務の定義が再び昭和時代に戻ったかのような発言をされたわけです。これまで秋篠宮さまは記者会見でもアドリブで発言をするなど、比較的自由に話されてきた。だからこそ昨年の誕生日会見で、政府がすでに国費の支出を決定していた大嘗祭について、『私はやはり内廷会計(編注=原資が税金という点では広義の国費ではあるものの狭義の国費ではない費用)で行うべきだと思っています』と政府の決定を公然と批判するかのような発言をされるなど、そのご発言はたびたび物議を醸してきました。

 そうしたご発言には、天皇・皇后としての上皇・上皇后両陛下のお考えを代弁するようなものが多かったのです。しかし、御代替わり後の記者会見で、それが“一変”したという印象はぬぐえません。今回の会見では皇位の継承についても、『これは制度に関係することでありますので、私からのお答えは控えさせていただきたいと思います』と“優等生的”な発言をされました。だから庁内には驚きをもって受け止めた職員が多いのです」(前出・宮内庁関係者)

 秋篠宮さまは2011年の誕生日会見では、天皇の公務に対する定年制について「やはり必要になってくると思います」と率直に語り、皇室制度の在り方にも言及されている。後年、このご発言の背景には、現在の上皇陛下が生前退位を望まれていたためだったことが明らかになっている。

 だが今回、秋篠宮さまは制度の在り方には言及しないというお考えを明確に示されたのだ。事実上の皇太子という立場になられたことを契機に、原理原則に立ち返られたと受け止めた宮内記者会の記者たちも少なくなかったようだ。

■有効な一手が打てない秋篠宮ご夫妻に批判的な声も

 一方、秋篠宮家の長女・眞子さまとニューヨークに留学中の小室圭さんの婚約延期問題を機に、秋篠宮ご一家に対する国民の視線は厳しいものとなっている。小室さんの母・佳代さんの借金疑惑解消への進展がないまま、問題が長引いていることで、有効な一手が打てない秋篠宮ご夫妻に批判的な声も多く聞かれる。

 皇宮警察関係者が語る。

「秋篠宮家の長男・悠仁さまの中学校の机の上に刃物が置かれていた事件をきっかけに、将来の天皇である悠仁さまを含めた秋篠宮家の警備についての秋篠宮ご夫妻のご認識の甘さにも批判が出ています。なのに、今回の会見で秋篠宮さまは『なかなか、「警備はこうあるべきだ」ということはお話ししにくいところがあります。(中略)ただ、私の気持ちとしては、警備は確かに大事かも知れませんけれども、それによって市民生活に何か不都合なことが起こる、それは避けたいなと思っています。それぐらいでよろしいですか』などと述べられ、ご認識には変化がないようなのです」

 皇位継承の重責から一定の距離を置いて育った秋篠宮さまは、皇長孫時代や皇太子時代の天皇陛下とは異なり、一(いち)宮家という立場で自由を謳歌されてきた側面がある。皇位継承順位第1位の皇嗣となられても、天皇陛下と5歳しか違わないことから、次期天皇とはならずに次は悠仁さまのご即位を望まれているともささやかれている。

 前出の宮内庁関係者が続ける。

「だからこそ、天皇の退位を認める特例法の法案策定の過程で秋篠宮さまは皇太子の称号に難色を示され、皇嗣の称号に落ち着いたという経緯があるのです。皇嗣職の人員規模は旧東宮職とほぼ同じとなりましたが、東宮侍従長に相当する『皇嗣侍従長』は置かず、宮家に置かれる『宮務官』の延長線上にある『皇嗣職宮務官長』を置くなど、あくまでも宮家であるということを強調することで、自由度を一定程度担保されたというわけです」

 秋篠宮さまは皇嗣の立場と自由な「宮さま」の立場をうまく両立させようと腐心されているようにもみえる。今回の会見で、ポーランドとフィンランドの印象についてはこれまで通り多弁に語られる一方で、皇嗣としての立場が問われるようなご発言については原理原則に従うかのようにセーブしたとも受け取れるのだ。

■「自由な環境を捨てきれないでおられる」

「秋篠宮さまは、常時密着している側衛官(皇宮警察のボディーガード)は原則1人、プライベートはお忍びという天皇、皇太子、皇長孫では考えられない宮家の自由をずっと享受されてきました。皇位継承順位第1位という初めて経験される新たなお立場に見合った生き方を模索されながらも、その自由な環境を捨てきれないでおられるように感じます。皇位継承順位は第1位であるにもかかわらず、次の天皇にはならない可能性が高いという中途半端なお立場は『秋篠宮皇嗣殿下』という正式呼称に顕著に表れています。

 秋篠宮さまはまだ53歳です。本来ならば、お覚悟を鮮明にされるためにも、やはり皇太子の称号を受け入れるべきだったのではないでしょうか。今回の会見では、眞子さまのご結婚の見通しについてばかりが注目を集めてしまいましたが、私たち職員はむしろ、立ち位置を模索される秋篠宮さまの苦悩と迷走ぶりばかりが目立った記者会見だったと感じてしまうのです」(同前)

 秋篠宮さまがご両親の代弁者として一定の存在感を示してこられた平成の御代は終わり、ご両親は公務を引退された。今回の会見で印象的だったのは、秋篠宮さまが事実上の皇太子でありながら、宮さまでもあるというファジーな立場ゆえの“手さぐり感”だった。

(朝霞 保人)

関連記事(外部サイト)