雅子皇后の「外務官僚DNA」と安倍首相の「皇室利用」 令和の国賓はトランプに続いて習近平?

雅子皇后の「外務官僚DNA」と安倍首相の「皇室利用」 令和の国賓はトランプに続いて習近平?

トランプ米大統領夫妻の歓迎行事に臨まれる天皇、皇后両陛下 ©共同通信社

「来春に貴国を訪問するのはいいアイデアだ」

 6月28日から29日にかけて大阪で行われた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて来日した中国の習近平国家主席は同27日、安倍晋三首相と会談し、「来年の桜の咲くころに習主席を国賓として迎え、日中関係を次の高みに引き上げていきたい」と要請した安倍首相に対して、こう答えた。これが宮内庁内で懸念を生んでいるという。

■平成最初の国賓はジンバブエ大統領、2人目はタンザニア大統領

 宮内庁関係者が語る。

「天皇陛下は令和の御代となって最初の国賓として、5月25日から28日の日程でアメリカのトランプ大統領を迎え、宮中晩餐会で歓迎されました。国賓の招聘は予算の関係もあり、大方、1つの年度に2回程度という不文律があります。『桜の咲くころ』となると今年度の最後か来年度の初めということになるでしょうけれども、そうなると天皇陛下が即位後に迎えられる国賓は、世界の経済大国第1位と第2位ということになる可能性があります。

 上皇陛下は平成の御代、天皇として政治とは一定の距離を置き、国の大小で扱いを変えないことを徹底されてきました。上皇陛下が最初に国賓として迎えられたのは即位された年の10月、アフリカのジンバブエの大統領です。2人目もアフリカのタンザニアの大統領。あまりにも違いがありすぎるのです」

■旧民主党政権と安倍政権は「似た者同士」?

 旧民主党政権は2009年12月15日、まだ国家副主席だった習氏と天皇だった上皇陛下との面会を強行し、「天皇の政治利用だ」との批判を浴びた。宮内庁は上皇陛下の体調への負担と相手国への公平性の観点から、外国要人との会見は1カ月前までに打診するよう外務省に求めていたが、この時の打診は1カ月を切った11月26日だったからだ。

 習氏は当時、すでに次期国家主席と目されていたため、官邸側からは12月7日と10日に「首相の指示。日中関係の重要性にかんがみて」と強い要請があり、面会は実現したが、当時の羽毛田信吾宮内庁長官は急遽、マスコミに対する説明の場を設け、憲法下の象徴天皇のあり方にかかわる問題とする懸念を表明した経緯がある。

 安倍首相はこれまで、旧民主党政権を「悪夢」と揶揄してきたが、天皇の政治利用という点では旧民主党政権と安倍政権は「似た者同士」といえるのではないだろうか。

■IOC総会に久子さまを引っ張り出した「前歴」

「安倍首相が上皇陛下を苦手にしていたことは宮内庁内ではよく知られています。自民党が政権を奪還し、安倍政権が再び誕生してから、当時の風岡典之宮内庁長官は上皇陛下の意向を受けて水面下で安倍首相に対して再三、女性宮家創設の議論を進めてくれるように要請しましたが、支持層の『保守派』と言われる人たちに遠慮して、要請を事実上無視し続けました。そのことで上皇陛下は安倍首相に不信感を持たれていたとささやかれており、首相もそれを感じて苦手にしていたようです。安倍首相は上皇陛下を怖がっているようにも感じていました。

 一方で天皇陛下は安倍首相の5歳年下ということもあり、苦手にしている様子は一切見受けられません。言葉は悪いのですが、安倍首相は天皇陛下を“御しやすい”と思っているのではないかと疑ってしまうほどなのです。だからこそ、外交と安全保障の分野に関心が高い安倍首相は天皇陛下に気兼ねせずに、国賓として大国トップの招聘を連発できるのだと思います。ある意味、天皇の政治利用と言われても仕方がないでしょう」(同前)

 安倍首相には皇室の政治利用の“前歴”がある。2013年9月、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された国際オリンピック委員会(IOC)の総会に高円宮妃久子さまを「引っ張り出し」(野党関係者)、東京五輪を招致している。この際も当時の風岡長官が「苦渋の決断」としたうえで、「天皇・皇后両陛下(現在の上皇・上皇后両陛下)も案じられていると拝察した」と発言し、懸念を表明している。

■御所を訪れ、天皇陛下と面会する「パフォーマンス」

 新元号発表の前後、安倍首相は頻繁にメディアに登場してアピールした。御代替わりの祝賀ムードを政権浮揚につなげようとするかのように、4月に新元号「令和」が発表された際、平成の時には官房長官の会見だけだったにもかかわらず、今回は首相自身も記者会見を行い、どういう思いで「令和」としたかをアピールした。この際も、識者からは「皇室の政治利用になりかねない」と指摘されている。

 共同通信社の世論調査では、3月9、10日に行った調査で43・3%だった内閣支持率が、4月1、2日の調査では52・8%へと10ポイント近く跳ね上がっている。

「新元号の発表直前、安倍首相は2月22日と3月29日の2回、現在は赤坂御所となっている東宮御所を訪れ、皇太子だった天皇陛下と面会されています。通常は首相が皇太子をこんなに頻繁に訪ねることはありませんが、この席では改元についての説明もあったと言われています。もちろん、ご自身の御代の元号となるわけですから、天皇陛下のご関心も高かったはずですので、説明があるのは当然ですが、それさえも一連の祝賀ムードを盛り上げるパフォーマンスのように感じていた職員は多かったようです」(前出・宮内庁関係者)

■安倍首相にとって5歳下の天皇陛下は……

 ところで宮内庁のホームページには、「天皇陛下に対する総理内奏に関する記事について」とする文章がアップされている。その内容は「5月16日付けの毎日新聞朝刊は、同14日の天皇陛下への総理の『内奏』を報じる記事の中で、『関係者によると、首相は「前の天皇陛下はいつも座ったままだったが、今の陛下は部屋のドアまで送って下さって大変恐縮した」と話した。』と伝えています。(中略)上皇陛下が、座ったまま総理をお見送りになることはあり得ません」と新聞記事の内容を否定するものだ。

「内奏は天皇と首相だけの密室で行われるので、確かなことは言えませんが、上皇陛下を畏怖していた安倍首相は退出時に上皇陛下のことをよく見ていなかったことが、『(上皇陛下が)いつも座ったままだった』と思った原因ではないでしょうか。ホームページには『官邸に記事内容の事実確認を求めましたが、総理は記事にあるような発言はしていないという回答でした』と綴られていますが、何か発言がなければこのような新聞記事が出るとは思えません。

 逆に言えば、安倍首相は天皇陛下には臆することなく接することができるということだと推察できます。だからこそ、大変恐縮したという発言になったのでしょう。新元号発表の直前に東宮御所に2度足を運んだのも、こうした安倍首相のメンタリティーが影響したと考えるのが妥当ではないでしょうか」(同前)

■雅子皇后が張り切る“皇室外交”、政治との距離は?

 米露中をとりわけ重視する安倍首相が国賓招聘という切り札を連発している背景には、国の大小で区別をしなかった上皇陛下と比較して、天皇陛下には懇請しやすいという側面があることは間違いないだろう。ただ、別の側面も考えられる。雅子皇后の存在だ。

 政府関係者が語る。

「外交官試験にパスして外務省に入られた皇后陛下は、父親の小和田恆氏も外務事務次官や国連大使などを歴任した大物外交官として知られています。外務省ではアメリカ大使は事務次官よりも上の最高ポストです。また、省内にはロシアスクールとチャイナスクールという特別な言語圏をテリトリーとする2大勢力もあります。皇后陛下が持たれている価値観にも、そういった外務官僚の“DNA”は受け継がれているはずです。

 また、皇后陛下は天皇陛下の『外交官として仕事をするのも、皇族として仕事をするのも国を思う気持ちに変わりはないはず』というお言葉で結婚を決意されています。皇太子妃時代は当初、お世継ぎ問題に悩まれ、なかなか外国訪問がままならず、いつしか長期病気療養に入られました。しかし、皇后となられて、ご夫妻でいよいよ日本の国際親善の主役となられたのです。華々しい国賓招聘の背景には、安倍首相の思惑だけでなく、天皇陛下の背中を押される皇后陛下の存在もあるのでしょう」

“皇室外交”などとも呼ばれる皇室の国際親善は今後、どこへ向かうのか。政治との距離はどうなっていくのか。いまだに完治していない雅子皇后の外国訪問は、果たしてどうなるのか。当面、目が離せそうにない。

(朝霞 保人)

関連記事(外部サイト)