「何かいいことが起こるのでは」雅子さまにヒラリ蝶々が止まった瞬間

「何かいいことが起こるのでは」雅子さまにヒラリ蝶々が止まった瞬間

御料牧場アハージージュ号を御覧 宮内庁提供

令和の皇后となられ、ご成婚時の輝くような笑顔を、取り戻されつつある雅子さま。

今回は雅子さまが「ご懐妊問題」に追われ、不安な時期を過ごされていた1998年を振り返る。お二人の希望の象徴となった“一枚の写真”とは――。
新皇后の半生を徹底取材した決定版『 皇后雅子さま物語 』(文春文庫)から、新皇后の「あゆみ」を特別公開します。?

◆ ◆ ◆

■「ご懐妊」に向けて支え合われた日々

 夏のご公務は、7月15日に「第34回献血運動推進全国大会」にご臨席のため福島県を訪問され、翌日は福島県立医大看護学部にお立ち寄りになった。これが思わぬ憶測を呼んだ。

「4月に設立されたばかりの看護学部をなぜ訪問されたのかが話題になったのです。福島県立医大には日本初の体外受精を行った教授の愛弟子の佐藤章教授がいた。2年前ぐらいからご夫妻には不妊治療のプロジェクトチームがあるのではないかと囁かれており、その後、彼が関わっているのではないかと噂になったんです」(宮内記者)

 さらに、福島県立医大と那須御用邸は車で高速道路を使えば約1時間、那須御用邸で治療を受けられているのではないかという説もあった。

 いずれも事実ではなかったが、問題はこの予定を急遽入れた東宮職にあった。前にも記したように、宮内庁幹部はご成婚5年までは両殿下の自然に任せるお気持ちを尊重したが、6年目からはご懐妊に向けて積極的に介入しようとしていたのだった。そのきっかけとして、福島県立医大で佐藤教授をはじめとした医師から不妊治療について話題が出れば、という考えがあったというのだ。

 この夏、和歌山県和歌山市で夏祭りに集まった人たちが毒物により死亡した「和歌山毒入りカレー事件」が発生、日本中を震撼させた。マスコミの関心はこの事件にシフトし、皇太子ご夫妻を追っていた人員は削減された。

 8月に入り、ご懐妊に向けて宮内庁医師団が具体的な検査などを含めた治療について、両殿下に納得のいく説明をしたものと思われる。自然な形を待っていたご夫妻も残された時間を痛感されていた。主治医の坂元正一氏(東大名誉教授・御用掛、故人)をはじめ、宮内庁病院の非常勤医師だった堤治(つつみおさむ)東大教授(現・山王病院病院長)が担当した。皇太子はご決断されて、この秋から治療に入ることになったといわれている。

■まるでリボンのように……雅子さまの頭に蝶々が舞い降りた

 残暑が厳しい中、皇太子ご夫妻は石川県で開催される「第10回全国農業青年交換大会」にご臨席された。最終日の8月27日には、県内の「ふれあい昆虫館」を訪ねられた。到着されたときは土砂降りの雨で湿度も高かったが、館内は花が咲き乱れ、別世界のようだった。

 たくさんの蝶がヒラヒラと舞っている中で、お二人が植物をご覧になっていた時だった。雅子妃の頭に一匹の蝶が止まったのだ。まるでリボンのようだった。一瞬、館内にいた関係者や報道陣からどよめきが起こった。雅子妃は笑顔で、皇太子はその様子を温かく見守っていた。

「まさしく幸せを運んでくれるお告げのようでした。雅子妃は笑顔でじっとされていました。このハプニングで、天気の崩れで晴れなかった気持ちも明るくなるほどでした。殿下も『何かいいことが起こるのでは』と笑顔でおっしゃっていました」(宮内記者)

■「やっとわかってもらえる」希望を抱かれたご夫妻

 秋になり、皇太子ご夫妻は宮内庁病院で度重なる検査を受けられた。お二人にとってお辛い時間もあったかもしれないが、元宮内庁関係者によれば、雅子妃のお気持ちは意外にもそのようなものではなかったという。

「これまでお子さまが生まれないのは雅子妃のお身体のせいだといわれてきたことから、この検査結果が出たことで『やっと周囲にわかってもらえる』と安心したお気持ちの方が強かったと言われています」

 検査結果が出たことで、具体的な治療は翌年からということになったという。皇太子ご夫妻は希望を抱かれていた。

■ロイヤルブルーのブラウスで臨まれた「35歳」の記者会見

 国連大使を務めていた雅子妃の父、小和田恆さんと母、優美子さんがニューヨークから4年半ぶりに帰国した。1998年(平成10年)10月5日のことだった。恆氏は翌年に外務省を退官することになっていた。ご懐妊に向けて検査などを繰り返されていただけに、同じ女性の母・優美子さんの存在は大きかったかもしれない。皇室に入られてからは、親子であってもご懐妊に向けての話を相談できるような関係ではなくなったといわれるが、それでもご両親が近くにいるだけで落ち着かれることだろう。

 間もなく雅子妃が35歳の誕生日を迎えられるため、宮内庁も焦っていた。医学的に、35歳以上の出産は“高齢出産”と呼ばれる。皇后陛下も紀子妃殿下も25歳で初産だった。戦後の皇室で、最も初産が遅かったと言われる高円宮妃久子さまは32歳。雅子妃はこの年齢を超えられていた。

 12月9日、雅子妃は35歳の誕生日を迎えられた。東宮御所の「檜の間」では、秋になってから少しふっくらとされた雅子妃が、ロイヤルブルーのブラウスにジャケット姿で3回目の単独会見に臨まれた。

■「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」陛下との微笑ましいエピソード

 雅子妃の大きな瞳は、宮内記者たちをしっかりと捉えていた。単独会見にも慣れてきた御様子で、饒舌だった。宮内記者会から、喧嘩になった時の仲直りのエピソードを尋ねられると、

「夫婦喧嘩につきましてはご期待に添えないかもしれませんが、仲直りが必要な喧嘩には余りなりません。ただ、相手に不快な思いをさせてしまったかしらと思う時には、素直に謝るということが大切なのかもしれないと思っております。それから、今、犬がおりますけれども、この、犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく『夫婦喧嘩は犬も食わぬ』と申しますけれども、喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします」

 仲睦まじいエピソードに宮内記者からも笑いが漏れた。ご興味を持っていることについての質問では、山歩きや天体観測などに続き、御所の窓で見つけたクワガタと、その幼虫の飼育についてご紹介された。

「子どものころに親しんだ昆虫に、また触れることができて、そのことによって、いろいろな、例えば虫ですとか、そういった小さな命ひとつひとつが大変いとおしく思えてくるものでございまして、そのようなことから、現代の子どもたちにもそういう体験をすることというのは、とても大切なことなんではないかしら、と感じております」

■「いつもより『!』が多い」嬉しさ溢れるファックスを友人へ

 まだ見ぬお子さまの育て方を想像させるようなお話でもあった。新しく始めたこととして、「フルート」をあげられて、「ご家族の他の皆さまとも音楽を何か、アンサンブルでも演奏をご一緒できたら楽しいかしらと思いまして」と語られた。

 雅子妃は、ご成婚されてからずっと、お世継ぎ問題のため私的外出もままならなかった。お住まいの中で楽しいと思えることを捜していたことが、この会見から分かる。

 田雙時代の友人からお祝いメッセージのファックスと、女官を通じてプレゼントが届けられた。

「妃殿下からお礼のファックスを頂きまして、その文章の内容はいつも通り達筆で丁寧なものでした。ただこの年は、いつもより『!』マークが多かったような気が致します。治療をされていたとは知りませんでしたが、推察するとお子さまへの希望が近づいていたことが嬉しかったのではないでしょうか」(友人)

(友納 尚子)

関連記事(外部サイト)