文在寅政権下での「スパイ事件」日本の防衛駐在官はなぜ追放されたのか?

文在寅政権下での「スパイ事件」日本の防衛駐在官はなぜ追放されたのか?

文在寅大統領 ©getty

「韓国スパイ事件」フジテレビ支局長は逮捕され、私は“黒幕”に仕立て上げられた から続く

 私が関わった1993年のスパイ事件と、今回の2019年のスパイ事件については、#1「 “輸出規制措置”への対抗策? 韓国が「日本人防衛駐在官スパイ事件」を政治利用か 」と#2「 『韓国スパイ事件』フジテレビ支局長は逮捕され、私は“黒幕”に仕立て上げられた 」で記してきたとおりだ。

 最後となる本稿では、この2つのスパイ事件を基に、韓国当局がスパイ事件を政治利用する「常套的手法」について考えてみたい。

■韓国にとって北朝鮮と中国は“脅威”ではない

 第1に、韓国が日本を挑発する国際環境についてである。

 韓国が、天皇謝罪発言、レーダー照射事件、従軍慰安婦、徴用工問題などで日本を挑発するのは、大陸正面にあたる北朝鮮と中国の脅威が切迫していないからである。私が関わったスパイ事件の時も、冷戦崩壊直後で、中国も北朝鮮も内政に手一杯だった。両国は韓国に脅威を及ぼすレベルではなかったのだ。

 では、日本として韓国の挑発を抑えるためにはどうすればいいか。私は「遠交近攻戦略」に基づいて、日中・日朝外交関係の改善を図ることだと考えている。すなわち、南北の対立を図ることを追求すれば、日本に対する挑発は緩和できるわけだ。とはいえ、北朝鮮の核ミサイル開発や拉致問題があるため、日朝関係を改善することは容易ではないだろう。

■追い込まれた文在寅政権が飛びついた苦肉の策

 第2には、韓国は外交的葛藤において「手段を選ばない」国であるということだ。韓国は、朝鮮戦争後の南北の分断・対立の中、北朝鮮とのせめぎ合いを通じて鍛えられ、抗争に習熟した国家である。北朝鮮の“荒業”に対抗するためには、「手段を選ばない」ことがマストだとされてきた。

 前述した通り、2019年のスパイ事件は、韓国の世論を内向きにさせる上で大きな効果を持つ。日本の防衛駐在官が韓国政府から「ペルソナ・ノン・グラータ」(好まれざる人物)認定されて追放されたという話を流すのは、政権にとっては自分たちへの批判の目を日本に逸らせる、という意味で極めて好都合である。日本による輸出規制を受け苦境に追い込まれた文在寅政権がそれに飛びつかないわけはないのだ。

■公安警察による監視を強化しなければならない

 本来、与国(同盟国)の駐在武官のスパイ事件をあげつらうことは、常識外の振る舞いである。これまで日本の公安警察がスパイ事件として挙げてきたのは、旧ソ連や今日のロシアの駐在武官であった。韓国の駐在武官が「ペルソナ・ノン・グラータ」として日本から追放された話など聞いたことがない。

 もっとも、韓国は「日本は与国ではない」と考えているのかもしれない。このように韓国が日本の防衛駐在官のスパイ事件をあげつらうのであれば、相互主義の原理を当てはめて、韓国の駐日駐在武官に対する公安警察の監視を強化しなければならないだろう。

 いずれにせよ、これからの時代、在韓日本大使館に派遣される防衛駐在官は、心して振る舞わなければならない。

 とはいえ、今後の防衛駐在官たちの活動が制約されることになってはならない。防衛駐在官は、我が国を防衛するための情報収集活動をしていくべきなのだ。その観点から敢えて申すならば、私は今回の報道を知り、私の後に続く韓国の防衛駐在官たちが、わが国の安全に資する北朝鮮関連情報を積極果敢に収集していたことを知って、心から喜び満足している。

■2人の防衛駐在官の辞職などもってのほか

 気がかりなのは、今回事件に関わったとされた2人の駐在武官は帰国後、私と同様に冷たい仕打ちに遭っている可能性があることだ。諸外国と異なり、日本の行政組織は情報の意味や価値を深く理解していないが、ソウルで奮闘した2人の防衛駐在官の処遇を誤らないことを祈るばかりだ。

 かつて、わが国には明石元二郎という軍人がいた。明石大将は1902年に当時のロシア帝国の駐在武官として着任した。1904年に日露戦争が開戦すると、明石大将の勤務する在ロシア公使館は中立国スウェーデンのストックホルムに移転した。明石大将はストックホルムからロシア国内にいる反体制側の様々な人物と接触し、ロシア革命を煽った。その結果、ロシア軍の満州増援を阻み、日本の勝利に繋がったとも言える。

 今、世界中で頑張っている防衛駐在官たちには、明石大将のように、帰国後も我が国の安全保障のため大いに活躍してもらいたいと願っている。

 繰り返すが、今回、韓国側から問題とされた2人の防衛駐在官たちの辞職などはもってのほかだ。

 福山隆氏も参加した 「文藝春秋」4月号 の座談会、「『日韓断交』完全シミュレーション」では、元韓国大使の寺田輝介氏、韓国富士ゼロックス元会長の高杉暢也氏、同志社大学教授の浅羽祐樹氏、産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が登場し、現実的な「日韓のあり方」を詳細に検討している。

(福山 隆/文藝春秋 2019年4月号)

関連記事(外部サイト)