京急のナゾの終着駅“3兄弟” 「三崎口」「京急久里浜」「浦賀」には何がある?

京急のナゾの終着駅“3兄弟” 「三崎口」「京急久里浜」「浦賀」には何がある?

品川駅から南を目指す京急の赤い電車

 これまでさかんに通勤電車の終点を目指して旅をしてきた。 南栗橋 も 小手指 も 小金井 も 国府津 も、あらゆるところに行ってきた。だが関東の私鉄の雄・京浜急行の終点だけは行っていない。なぜかと問われても特に理由はないのだが、通勤電車の終着駅コンプリートを目指すべく、今回は京急の終着駅の旅をすることにした。果たして、京急の終着駅はどこなのか。筆者は京急やその直通先である都営浅草線・京成線を使う機会が少ないので、すぐには終着駅のイメージがわかない。まずはそれを確認するべく、平日20時台の品川駅の時刻表を見る。

■京急終着駅3兄弟「三崎口」「京急久里浜」「浦賀」には何がある?

 すると、20時台品川駅発の京急の下り列車は全部で21本。さすがの大動脈であるが、では行き先はどうなっているか。21本のうち、6本までが羽田空港国内線ターミナル駅。これは終点というよりは目的地のほうであるから除外する。残りは三崎口行が6本、京急久里浜行が3本、浦賀行が5本、神奈川新町行が1本。他の時間帯を見ても、だいたい京急の下り列車は三崎口・京急久里浜・浦賀の3駅を終点としているようだ。というわけで、今回訪れるのは京急終着駅3兄弟ともいうべき三崎口駅・京急久里浜駅・浦賀駅になった。

 まず最初の目的地は三崎口駅。品川駅から混雑する快特三崎口行に乗って、一路南を目指していく。京急の特徴といえば、時速120キロという在来線でもトップクラスのそのスピード。単に速度というだけではつくばエクスプレスや常磐線が時速130キロ運転をしていてそちらのほうが速いが、車窓風景は田園地帯が続き、さほど代わり映えがしない。それに対して、京急は線路際まで民家やビルが立ち並ぶ市街地の中を駆け抜ける。車窓の移り変わりはついていけないほど目まぐるしく、そのスピード感を堪能することができる。

 さらに京急の車窓という点では横浜駅を過ぎてからが本領発揮というべきだろう。京急が走る横浜市やその先の横須賀市などは、海の近くまで山あり谷ありの丘陵地がせり出している。その合間を縫うようにときにはトンネルにも入りながら赤い電車が走るから、車窓は起伏に富んだ飽きの来ないものになる。下り列車ならおおむね進行方向左側の標高が低くなっていて、右側が丘陵地。そうした場所に所狭しと住宅地が切り開かれている様子を楽しむのが、京急の旅の見どころなのである。

 ……などとぼんやり外を眺めているうちに、少しずつ乗客が減ってくる。三浦半島に入って横須賀中央駅を過ぎ、堀ノ内駅で京急本線から京急久里浜線に入ったあたりでは空席のほうが多くなるくらいだ。終点3兄弟のひとつである京急久里浜駅を一旦通り過ぎ、品川駅から1時間と少々、終点の三崎口駅に到着した。

 1975年開業、3兄弟では最も新しい“三男”の三崎口駅は通勤電車の終点であるだけでなく、京急久里浜線の文字通りの終着駅。そこで線路はぷつりと途切れている。駅に入る手前は見晴らしのいい高架区間だが、駅は掘割のような場所に設けられている。このあたりにも入り組んだ地形の三浦半島らしさが感じられる。

■さて「三崎口=マグロ」のイメージだが……

 で、三崎口駅であるが、その名を聞くと誰もが思いうかべるアレ。そう、マグロである。京急電鉄も三崎口までの乗車券と飲食店でマグロが食べられる券をセットにした“みさきまぐろきっぷ”を売っているくらい、マグロが名物の町である。いや〜、これまでの終着駅の旅はなんにもないところばかりだったのに、今回はとっておきのグルメの旅になってしまいそう……。

 ところが三崎口駅を出てみても、案に相違してそこには大きなバスロータリーがあるだけであった。釣り人らしき人の姿や観光客と思しき人の姿も見かけるが、主に地元の通勤通学客がバス待ちの列を成す。そして飲食店は……と思って見渡すと、駅そば店とセブンイレブン、あとは小さな土産物ショップがあるくらい。マグロが食べられる店なんてどこにも見当たらないのである。

■「まぐろきっぷで来たんですけどね、美味しかったですよ」

 それもそのはず、三崎のマグロを食べられる店があるのは駅からだいぶ離れた三崎港付近や油壺のあたり。だいたい駅名からして三崎“口”。あくまでも三崎方面への玄関口に過ぎないよ、というわけだ。駅舎に掲げられている駅名板は京急さんの遊び心で「三崎マグロ駅」などとなっているが、マグロに出会うためにはバスに乗り換えねばならない。

「まぐろきっぷで来たんですけどね、美味しかったですよ。油壺マリンパークにも行ったし」

 満足そうな家族連れの話を聞くこともできたが、今回はあくまでも駅がメインの旅。なので泣く泣く諦めたが、件の“みさきまぐろきっぷ”ではバスも乗り放題。安心してマグロに会いに行けるのでご心配なく。ちなみに三崎口駅から油壺までの延伸計画もあったが頓挫している。

■0時2分発特急で久里浜まで寝過ごしてしまったら……

 マグロに出会えず三崎口を後にして、次に向かうのは1942年開業の“次男”京急久里浜駅である。一度通り過ぎたところなので、もう一度京急久里浜線に乗って少しだけ戻ることになる。品川駅からだと0時2分発の特急が1時ちょうどに久里浜につく。京急の中では最も遅い時間帯を走る列車で、万が一それで乗り過ごして久里浜まで運ばれてしまえば“悲劇”確定だろう。いったいどんなところなのだろうか。

 ちょっとドキドキしながら京急久里浜駅まで戻ってきたが、これがまた驚くほどに大きな高架駅である。駅ビル「ウイング」もあるし、駅の真下には京急ストア。東側の駅前ロータリーには三崎口以上に多くのバスが発着していて、周辺もいくつもの飲食店が立ち並ぶような商業地になっていた。ホテルと思しきものは見当たらないが、どこかに24時間営業の居酒屋やファミレスなどを見つければ、万が一寝過ごしてしまってもどうにかなりそうなにぎやかな駅前である。

■「京急久里浜駅」ということは「久里浜駅」もある?

 で、ここで終わってはつまらない。この京急の終着駅、駅名は京急久里浜である。“京急”が付く。ということは、ただの久里浜駅もあるということだ。それはにぎやかな市街地とは反対の西側、つまりは京急久里浜駅の“裏手”にあるJR横須賀線の久里浜駅である。駅舎は1945年に建てられた(開業は1944年)古いもので、広々としたロータリーに面して車寄せも設けられている堂々としたものであった。が、その佇まいに反して人通りもクルマもバスも少ない静かな駅前。利用者数を比べてみると3倍以上も京急のほうが多い。開業も京急のほうが2年古く、最初から久里浜を代表するターミナルは京急久里浜駅だったのだろう。JR久里浜駅から出てきた大学生に声をかけてみた。

「JRの方は終電も早いし本数も少ないですからね……。通勤に使うにはちょっと不便です。横須賀線から湘南新宿ラインに入るのは逗子駅発の列車ばかりだし。新宿に直接行けるならJRも悪くはないんですけど」

■では“終着駅長男”浦賀には何がある?

 さて、続いて向かうは浦賀駅。三崎口・京急久里浜・浦賀と並んだときに、最も知名度があるのは浦賀だろう。ペリーがやってきたところだと教科書にも書いてあるくらいで、全国にその名が轟いている。ただ、駅というところではどうも扱いが悪い。開業したのは1930年と3兄弟では最も古く、さらに三崎口・京急久里浜が京急久里浜線の駅なのに対して浦賀駅は本線の終着駅。つまりは“長男”なのである。なのに三崎口方面には主に快特が直通するのに対して、浦賀にやってくるのは基本的にすべて各駅停車。品川から各駅停車で浦賀まで来るのはさすがに骨が折れるので、本線と久里浜線が分岐する堀ノ内駅で乗り換えるのが一般的だ。

 が、今回は都合よく久里浜から浦賀までのバスが出ていたのでそれに乗ることにした。浦賀行のバスは長蛇の列で車内も大混雑。小学生からおじいちゃん・おばあちゃんまで幅広い年代の人が乗っていた。久里浜と浦賀はずいぶん交流があるようだ。

■「ペリーが上陸したのは久里浜なんですよ」

「あのペリーも浦賀沖に来たけど上陸したのは久里浜なんですよ。その頃は久里浜のほうが寂れていたらしいけど、今は逆転したんじゃないですか」

 乗り合わせたおじいちゃんと話していると、あっという間にバスは浦賀についた。浦賀駅前もクルマ通りが多くてにぎやかではあるが、たしかに久里浜より規模は小さそうだ。そもそもペリーが上陸したのは浦賀ではなく久里浜、などという種明かしもされてしまった。

 浦賀駅は浦賀港に近い駅だが、その場所は港を見下ろす高台にある。駅前のロータリーからは階段かエレベーター、もしくは駅の脇にある京急ストアに通じる急坂を登って行くことになる。改札口を通ってもさらに階段を登らなければホームにたどり着かない。つまりはホームは相当高い場所にあるということだ。鉄道は勾配に弱いので、港町・浦賀の中心に走らせたくても行けなかったのだろう。崖っぷちのギリギリまで線路を敷いた結果、崖上の終着駅になった。

 三浦半島の突端の港町で、ペリーがやってくる以前から江戸湾(東京湾)の守りの要。幕末には浦賀ドックが設けられて造船が行われ、今でも自衛隊の幹部を養成する防衛大学校がある。ただ、駅前にはそうした“防衛の要”の雰囲気はなく、のどかな港町の面影である。ホテルなどはなかったが、飲食店はそこそこあったので夜を明かすにはなんとかなりそうだ。浦賀行の終電は、23時4分品川発で浦賀着は0時46分。酔った会社帰りに各駅停車で座って眠ろうと決めこんで悲劇を呼ばないよう注意されたい。

 と、今回はまとめて3つの終着駅を巡ったので、ずいぶん長い旅になった。三男の三崎口からはじまり、最後が3兄弟の長男・浦賀。一番栄えていたのは次男の久里浜であった。長男・浦賀は各駅停車だけの小駅。それでも、崖っぷちから浦賀の町を見下ろす姿はどことなく誇らしげ。そんな浦賀駅で終着駅の旅を終えた。あとは品川に向かって帰るだけ。浦賀発の各駅停車はガラガラで、「これなら堀ノ内駅で乗り換える快特も空いているだろう」と思った。ところがこれが大間違い。快特は三崎口や久里浜から乗ったのであろう乗客ですでに混み合っていて、結局横浜駅まで座ることができなかった。終着駅の旅、最後まで油断ならないものである。

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)