「癒しながら癒される」雅子さまが迷いながら見つけた”新しい皇后の在り方”とは

「癒しながら癒される」雅子さまが迷いながら見つけた”新しい皇后の在り方”とは

笑顔で手を振られた瞬間 奥にはともに手をふられる愛子さまも ©JMPA

令和の皇后となられ、ご成婚時の輝くような笑顔を、取り戻されつつある雅子さま。
新皇后の半生を徹底取材した決定版『 皇后雅子さま物語 』(文春文庫)から、新皇后の「あゆみ」を特別公開します。?

◆ ◆ ◆

■皇后から受け継がれた「ご養蚕」

 2018年(平成30年)5月13日、皇居内にある「紅葉山御養蚕所(もみじやまごようさんじょ)」に向かう雅子妃は、車の窓を開けて、外で待機する記者やカメラマンに笑顔で手を振られた。

 ご養蚕は「日本書紀」にも記述があり、豊穣を祈念する歴代の皇后陛下の仕事として147年にわたり引き継がれてきた。美智子皇后も良子皇太后から受け継がれ、一時は絶滅寸前と言われた純国産の「小石丸」という蚕を大切に育ててこられた。

 前年には天皇の退位が正式決定して、新皇后となる雅子妃もご養蚕を担うことになるため、その準備の一環として、皇后の思し召しもあり、見学が実現した。

「雅子妃は、皇后陛下から長時間にわたるご養蚕の見学ということで『無理はしなくていいから』と優しくおっしゃっていただいたことを喜んでいました」(宮内庁関係者)

 雅子妃は蚕に桑の葉を与えられて、繭の収穫作業にもご関心を持たれていたそうだ。

■お顔を見せることが少なくなっていた雅子さま

 ご結婚当初にも、皇后の案内で御養蚕所を見学して、皇后のご養蚕への思いを直にうかがっている。しかし、ご療養のなかで御養蚕所にうかがう機会はなかったこともあり、「雅子妃は蚕に触れないのではないか」と懸念する声まであった。宮内記者が会見で確認すると、小田野東宮大夫は、「そんな話はきいたことがない」と、きっぱり否定した。

「秋篠宮家の女性皇族方が養蚕のお手伝いをされたことと比較されたのかもしれませんが、雅子妃の場合、皇太子妃というご身位があり、皇后陛下が重んじておられる仕事に関わるのは難しいのではないか。美智子皇后も、ご養蚕を受け継がれたのは平成に入ってからです。それに雅子妃は生物を怖がるどころか大好きですから、蚕に触れないなんてことはありえませんよ」(宮内庁関係者)

 本書でも書いたとおり、雅子妃は幼いころからハツカネズミや犬を飼っていた。小学校では「生物部」でイモリを飼い、早朝に登校してウサギ小屋の掃除をして遊ばせていた。ご結婚後も、東宮御所で見つけたカタツムリやカメをたくさん育てられ、クワガタムシは皇太子と幼虫をプラケースで飼って、繁殖までされていた。

 宮内記者も世代が若返るなかで、雅子妃が虫好きであることも忘れられるほど、肉声が聴かれる会見から遠ざかっているということでもあった。

■「全国赤十字大会」で見えた雅子さまの責任感

 御養蚕所見学から3日後、15年ぶりのご出席となった「全国赤十字大会」は、雅子妃にとって大きな自信に繋がる出来事だった。

 3日前にお会いしたばかりの皇后との再会に、雅子妃は実に嬉しそうだった。式典中は、日本赤十字社名誉総裁としての最後のなさりようを目に焼き付けようと、真剣な眼差しを送られていた。そのご様子からは、新皇后となる責任感が感じられた。

 式典の最後、皇后が挨拶を終えられると、後ろに下がり、雅子妃に声を掛けて腕をとられた。雅子妃が少し驚いたご様子で、はにかみながら皇后の横に並ぶと、次期名誉総裁として紹介されたのだった。会場からは、割れんばかりの拍手が送られた。

■「癒しながら癒される」雅子さまの新皇后としての在り方

 雅子妃の大きなご回復は、2018年の夏にも続いていた。皇太子ご一家が例年通りに那須御用邸でご静養されるため那須塩原駅に到着された時のことだった。雅子妃は沿道で待機していた少女たちに話し掛けるなど、駅前の滞在時間10分の予定が、過去最長の20分にもなった。

 さらに、苦手と言われていたマスコミ対応にも大きな変化があった。

「この前の週、須崎のご静養では、御用邸に隣接する三井浜をご一家が歩きながら記者の質問に答えられたんです。那須ではさらにオープンになり、御用邸内の散策の取材許可までおりたのは、史上初のことでした」(宮内記者)

 ご静養で英気を養った雅子妃には、皇太子妃としての最後の務めをできるだけなさりたいという意欲が感じられた。同時に、美智子皇后から受け継ぐことの重要さと、皇后にとって大切な最後のご公務を欠席するわけにはいかない、という強い気持ちがあったといわれる。また、八大行啓のうち、5月の「全国『みどりの愛護』のつどい」、10月に大分で開かれた「国民文化祭」、11月には東京で「全国育樹祭」にご出席された。

 そうした公務の中で、しだいに雅子妃らしさが見えたのもこの頃だった。

■雅子さまの握手の上からそっと陛下が手を添えた時

 9月21日に墨田区の高齢者施設「東京清風園」を慰問された時のこと。雅子妃は入所者の女性からアルパカのマスコットを手渡されたのだ。皇族が直接に贈りものを受け取るのはあまり見ないが、雅子妃は受け取られた。移動する際にそのマスコットをカメラに向かって見せて、実に嬉しそうになさっていた。

 九州北部豪雨の被災地訪問のため福岡県を訪れた際には、雅子妃ならではの国民との寄り添い方も見られた。被災者代表で車椅子に座っていた女性の手を握って、

「冷たいですね。大丈夫ですか。寒いところ来ていただいて……」というと、雅子妃の手の上から、皇太子もそっと手を重ねられて微笑んでいた。

 お見舞いは予定時間を過ぎていたが、雅子妃は後ろで待機していた80人の被災者のもとにも歩み寄った。

「お身体には気を付けてくださいね。見守っていますから」

「大丈夫ですか。お困りのことはございますか」

 と声を掛ける。

 被災者の女性の一人は、

「ご病気なのに来ていただいて、有難うございます。頑張りますので雅子さまも頑張ってくださいね」

 と逆に励ましていた。

■「必ず目線を合わせる」雅子さまの辛いご経験が活きた証

 障害児施設や医療施設などでは、子どもたちに声を掛けて励まされるだけではなく、その様子を見ていた家族も労(ねぎら)うなど、視野を広げて目線を合わせられている。

 福岡県新宮町の障害児童向け医療型障害者入所施設「粕屋新光園」でも、手術後に歩行訓練をしていた9歳の少女に、

「よく頑張りましたね。笑顔が可愛いですね」

 と声を掛けられた。

「少女は人がたくさんいたことから緊張もあって、すぐに言葉が出なかったんですが、そんな様子を察していただいて、その子が質問に答えやすいように話しかけられていました。少し離れたところにいたお母さんにも気遣われるなど、予定時間をオーバーしても、相手の言葉を引き出し、やさしく触れ合っていただきました」(福岡真二園長)

 雅子妃の公務は癒しながら癒される。先の見えないご病気という自らの辛いご経験があるからこそ、苦境にある人と互いに気持ちを触れ合えるのだろう。ゆっくりとでも回復されていくお姿をありのままに見せるだけでも、励まされる人は、確実にいる。

 苦しまれた日々は、確実に財産となっていた。

(友納 尚子)

関連記事(外部サイト)