フランス現地特派ルポ 韓国「慰安婦マンガ祭」の許されざる全内幕【全文公開】

フランス現地特派ルポ 韓国「慰安婦マンガ祭」の許されざる全内幕【全文公開】

フランス・アングレーム©アフロ

 8月1日から開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に出品された、慰安婦像をモチーフにした「平和の少女像」。この展示をめぐって、 論争が巻き起こった 。主催者側は「『表現の自由』という現代的な問題について議論するきっかけにしたい」と説明したが、公金が使われた芸術祭に政治的な作品が出展されたことについて疑問を呈する声も多く、開催直後から主催者側に抗議の電話やメールなどが殺到。結局、芸術祭の実行委員会は8月3日かぎりで展示を中止することを発表した。

 慰安婦問題をめぐっては、実は5年前にも国際的文化イベントで騒動になったことがある。フランスで開かれた国際漫画祭で、韓国政府が自国の政治的主張を強く打ち出した「慰安婦企画展」を開催したのだ。「表現の自由」と「政治プロパガンダ」という問題を考えさせられるレポート、「フランス現地特派ルポ 韓国『慰安婦マンガ祭』の許されざる全内幕」(2014年2月13日号)を、ここに全文公開する。

■伝統ある芸術祭に出鱈目な反日コンテンツ

「日本の戦争といえば、ヒロシマ・ナガサキの原爆くらいしか知られていないところに、慰安婦という日本の“被害者”を知らしめた。観た者には“強制連行された慰安婦”の悲劇の人生が、巧みなアート作品の印象と共に刷り込まれたはずです」(在欧ジャーナリスト)

 韓国政府がついに出展に漕ぎ着けた欧州最大級の漫画フェスティバル「アングレーム国際漫画祭」。

 フランス・パリからTGVで南西へ2時間半。城塞都市アングレームで毎年開かれるこのフェスティバルは、今年で41年目を迎えた。「カンヌ映画祭の漫画版」とも言われ、今回は1月30日から2月2日までの4日間。教会や市役所、裁判所など主要施設が会場となり、特設テントが至る所に設営され、コンクールや展覧会、見本市、即売会が開かれた。期間中、街は内外からの観光客で溢れ、昨年は人口約4万人の街に20万人が押し掛けた。

 だが、漫画を通じて文化交流を図るはずの伝統ある芸術祭を、韓国政府が反日宣伝パフォーマンスに利用したのだ。慰安婦をテーマにした作品を集めた「散らない花」と題された慰安婦企画展。会場は街の中心部にあるアングレーム国立劇場の地下。教会かと見紛うような石造りの会場を訪れると、そこはまさに出鱈目な反日コンテンツで溢れていた――。

 まず観客を出迎えるのは、入口すぐの大型ディスプレイに流れるアニメーション。巻頭グラビアでも紹介したようにコンピュータグラフィックスを駆使した美しい3Dアニメだが、その内容は穏やかではない。

■日本兵が少女にアヘンを注射するアニメ

 物語は、ある眼鏡をかけた老女の回想シーンから始まる。10代半ばの少女時代、日本統治下の朝鮮で「日本の千人針工場で働かないか」とそそのかされた彼女は、他12人の少女たちと一緒に連行される。長旅の末に着いたのはインドネシアの日本陸軍基地。少女は粗末な葦簀張りの「陸軍娯楽部」に入れられ、いきなり酔ったドジョウ髭の将校により強姦される。さらに、いかにも凶悪そうな目つきの兵士にアヘンを注射され、中毒に。抵抗できない状態の少女を、日本兵は「列をなして」やって来ては「服も脱がず」に次々と犯す。少女は自殺を図るが死にきれない。

 終戦になると、日本軍は証拠隠滅のために少女たちを順々に銃殺する。主人公は連合軍の攻撃により間一髪助かるが、家に帰っても両親はすでに死亡しており、一人で何カ月もかかってアヘン依存症から脱出する。

 そこで暗転し、再び老女が登場。彼女は優しい声で訴える。

「体は奪えても心は奪えない。そういう気持ちで生きてきたんだよ」

 そして画面には、物語のベースとなった慰安婦の写真が映し出され、このアニメが実在の人物の証言に基づく“ノンフィクション”であることが強調される。

『Her Story』という11分ほどのこの小品は、会場エントランスで繰り返し流されているだけでなく、別会場で行われたアニメ上映会でも流された。上映会場は300人の観客で溢れていたが、終了と同時に観客からは大きな拍手が起き、中には涙ぐむ者もいた。

 ベルギーから来たという20代の漫画家が話す。

「グラフィックが秀逸だった。慰安婦のことはこの展覧会を観るまで知らなかったけど、話に説得力があった。政治的プロパガンダではなく、戦争を生きた女性の人生を描いている。日本を糾弾しているわけじゃない。『ゲン・ヒロシマ(はだしのゲン)』と同じだ。日本の作家が原爆のことを描いてもアメリカが否定したり反論する必要はないだろう? 全て過去の話だ」

■日本軍による婦女暴行を諷刺した作品ばかり

 だが、この動画の存在を知った評論家の櫻井よしこ氏が半ば呆れてこう話した。

「慰安婦をアヘン中毒にした、或いは、証拠隠滅のために銃殺したなどは、荒唐無稽な話です。慰安婦の強制連行が無かったのは歴史の事実。長年の各機関、多くの歴史学者の調査によっても、具体的証拠は一切発見されていません。日本が強制を認めたとされる河野談話も、元慰安婦への杜撰な調査に基づいて発表されたことがすでに明らかになっています」

 奥の部屋に展示されていた十数点の漫画や同様に、日本軍の軍人による婦女暴行を諷刺した作品ばかりだ。

 その中の「70年の悪夢」では、日本兵は野蛮な“犬”として描かれている。

■凶暴な野犬=日本兵が少女に襲いかかる

「遠くに行ってはダメよ」という母の声が聞こえる中、少女が草原で花摘みに夢中になっていると、10匹以上の野犬が現れる。少女は牙を?いた野犬に追われ、取り囲まれ、襲われる。

 ぐったりと倒れた少女の服はぼろぼろに引き裂かれ、怖ず怖ずと顔を上げるとそこは草原ではなく旭日旗に覆われた世界。野犬は軍服に刀差しの軍人の恰好になっており、牙の間からよだれを垂らし吠え立てる。

 そこで彼女は夢から醒める。年老いた慰安婦の夢だったのだ。老女は「遠くに行ってはダメよ」という母の言葉を思い出し号泣する。

■“芸術表現”という大義名分の下で

 犬を擬人化した作品だが、日本軍の暴行を想起させる狙いは明白だ。さらに念を押すように漫画の下の注釈にはこう書かれている。

《何万、何十万もの若い女性が日本部隊によって連行され、“慰安婦”つまり、性奴隷(esclaves sexuelles)として働かされた。彼女たちの権利と尊厳は容赦なく奪われた。この戦争における罪を反省し、被害者への真摯な謝罪を拒否する限り、日本に対する怒りは鎮まることはない》

 これこそ芸術と歴史問題をすり替えた政治的プロパガンダに他ならない。

 だが、こうした誹謗中傷をただ座視しているわけにもいかない。実際問題、フランスでは“芸術表現”という大義名分の下、一定の理解を得ているからだ。

■反日宣伝を先導する「若き女性閣僚」

 漫画祭の担当弁護士ルノー・マルティニ氏によれば、「祭典の原則は文化的かつ非政治的であること」。韓国の出品作はこれを逸脱しているように見えるが、

「あの企画展は韓国の作家が表現する場です。それぞれの国のアーティストにはそれぞれの国の固有のテーマがある。ピカソはナチスによる爆撃の悲劇を描いたし、アルメニア人はトルコによる虐殺についての漫画を描くでしょう」(同前)

 他にも現地では「全てが写実ではないかもしれないが、真実はこの中にある」(25・スウェーデン人・美術学校学生)、「政治的意図はあるだろうが本当の話だと思う」(28・フランス人・ネット関連)といった意見も多かった。若い世代はもう“洗脳”されているのだ。作家の佐藤優氏が分析する。

「この数年、韓国が文化領域にまで幅を広げて慰安婦問題広報の根回しを行ってきたことに一定の成果が出ていると認めざるを得ません。日本もこれまでのように一方的にこちらの立場を主張するだけでは広報にならない。諜報的手法など、今のところ水面下の工作では韓国に一日の長がある」

 韓国は反日宣伝の先頭に若き女性閣僚を立てている。女性家族相の趙允旋氏だ。大統領選で朴槿恵のスポークスマンとして活躍し、慰安婦の被害補償を担当する女性家族相に抜擢された。

■企画展は用意周到に進められてきた“国策”

 今回もアングレーム現地を訪れた趙氏は展示開幕式でこう訴えている。

「(慰安婦は)過去の話ではなく現在の問題。戦時下の性暴力をなくそうという人類の普遍的な問題だ」

 趙氏の下交渉は昨年春から始まっていた。漫画祭実行委員のニコラ・フィネ氏(アジア担当)が説明する。

「昨年5月末、趙氏がOECDの会合でパリに来た時に会い、企画展について興味があるかと聞かれ、フェスティバルのテーマと見合っているので原則的に承諾しました。その後、8月に私とアングレーム市長が韓国を訪れ、合意を確認した。そして韓国の女性家族省がKOMACON(韓国漫画映像振興院)に具体的な準備をさせたのです」

 KOMACONとはソウル近郊の富川市を拠点とし、漫画産業の振興を目指す公的機関。富川市では毎年、同院主催による「富川国際漫画フェスティバル」も行われている。実は韓国は2003年以来、政府支援の下でこのアングレーム国際漫画祭に参加しているのだが、昨年は富川市長とアングレーム市長が互いに訪問し合うなど、国や自治体同士が定期的に交流することで友好の下地を築いてきた。

「現在2名の若手韓国人漫画家がアングレームに住んでいます。今回の企画展は、そういった友好関係を利用して韓国政府の全面的支援によって実現したのです」(KOMACON関係者)

 つまり今回の企画展は決して不意打ちなどではなく、長い時間をかけて用意周到に進められてきた“国策”なのである。

■フランスは韓国の対日歴史戦略の重点国

「韓国の作品は隠喩を用いた抑制の利いた表現のものが多かった。事前のフランス側との交流からヨーロッパにおける芸術祭の趣旨を忖度したのでしょう。それが功を奏した。当初、企画展の副題には、“これが証拠だ”という文言がありましたが、これも主催者側の指示ですぐ消しています」(前出・在欧ジャーナリスト)

 逆に大惨敗を喫したのが、日本の「論破プロジェクト」である。メンバーの4人がブースを借り、一般人が描いた77の“正しい慰安婦作品”を展示、韓国を“論破”しようと会場に乗り込んだが、準備の段階で4人が食事のために離れた隙に主催者側にブースを撒去され、ほとんどの作品を没収されてしまったのだ。

 その一部始終を見ていた産経新聞ロンドン支局長の内藤泰朗氏が話す。

「彼らが記者会見するというので15分ほど前に行ったら、主催者側のニコラ氏が来て掲げてあったバナーを見て、『許せない』と言ったのです。バナーには『従軍慰安婦はいない』と書かれてあった。彼は『Shit!』と言いながらバリバリと撤去していました』

 その後、論破プロジェクトのメンバーは食事から戻って来たが、

「『お前ら何やっているのか、やめろ』『こんな作品は糞だ』と。『私が認めないものは一切認めない』というのです。反論しましたが、聞く耳を持ってもらえなかった」(論破プロジェクト代表の藤井実彦氏)

 一見、一方的な撤去にも見えるが、重大な問題が出品作品の中にあった。

「作品の中に“鉤十字”の表現があり、事前に注意されてはいました」(同前)

 ナチスのシンボルであるハーケンクロイツが、ヨーロッパでどれだけ“不適切な表現”であるかについて、彼らの知識は不足していた。

 京都大学名誉教授の中西輝政氏が解説する。

「フランスはアメリカとともに、韓国の対日歴史戦略の重点国です。それはフランスがナチスの被害国であり、世界的に人権を重視する国柄だから。韓国は合理的にフランスを選び、国を挙げて広報活動を金に糸目を付けずにやってきた。

 私はこういう事態を予測し、我が国も早く手を打たないと抜き差しならない孤立状態に陥り、世界中で大変屈辱的な、事実に基づかない対日批判の土壌が作られると言ってきたのですが……残念な気持ちです」

■「やはり日本は相当悪いことをしたのだな」という印象に

 たしかに日本政府の対応は後手後手だった。前出のニコラ氏によれば、

「準備が始まった昨年9月頃、パリの日本大使館にもコンタクトし、『日本側の公式な意見を発信する場を設けようか』と訊ねたが、『ノン』という答えでした」

 遅ればせながら開会翌日、菅義偉官房長官が慰安婦問題は「解決済み」という立場から強い懸念を表明したが、反論のために現地で配布した日本側の説明文書がいっそうの誤解を生んだ。

「要するに『日本はすでに韓国にお詫びし、莫大な補償金も支払っています』という弱々しい主張なのです。フランス人からしたら『謝罪しているなら、やはり日本は相当悪いことをしたのだな』と思いますよ。敵に塩を送るも同然です」(前出・在欧ジャーナリスト)

■慰安婦がユネスコの「記憶遺産」になる日

 勢い付く隣国の国際広報活動に対抗し、安倍晋三首相は昨夏、長谷川栄一補佐官(61)を兼務の形で内閣広報官に起用。昨年8月に「対外広報戦略企画チーム」を立ち上げている。チームは今回の漫画祭にはどんな対処をしたのか。当の長谷川氏に話を聞くと、

「主催者には日本の懸念を大使館を通じて何度も伝えました。日本政府の基本的なスタンスは政治問題や外交問題にしないということ。僕らも韓国の良識を信じたい。ケンカすることだけに意味があるわけじゃない」

 戦略企画は名ばかりか。積極的な広報工作が行われていたわけではないようだ。だが、それほど悠長に構えているヒマはない。

 現代史家の秦郁彦氏は、「韓国の世界的な反日宣伝はさらに続きます」と危機感を隠さない。

「一番危惧されるのは、慰安婦の証言記録などを整理して英訳出版し、世界的に流通させた上でユネスコの『記憶遺産』に登録するという韓国の計画です。来年中に目録を完成させ、関係国との共同申請も検討しているという。こんなものが登録されたら目も当てられません。日本も官民が連携し、日本の学術的著作を英訳するなど、大至急、有効な手立てを講ずる必要があります」

 これ以上、韓国の宣伝攻勢を許してはならない。

(「週刊文春」2014年2月13日号)

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2014年2月13日号)

関連記事(外部サイト)