天皇謝罪要求・竹島上陸 妄言大統領 李明博「暗黒の履歴」【全文公開】

天皇謝罪要求・竹島上陸 妄言大統領 李明博「暗黒の履歴」【全文公開】

李明博元大統領©共同通信社

 8月2日(金)、日本政府は輸出管理で優遇措置を適用する「ホワイト国」から韓国を除外することを閣議決定した。これを受けて、韓国政府は緊急閣議を開催。冒頭には、文在寅大統領が約8分間にわたって談話を読み上げ、韓国国内に生中継された。文大統領はこう述べた。「加害者である日本が盗っ人たけだけしく、大声を出す状況を決して座視しない」。

 近年の韓国大統領が、国内向けのパフォーマンスとして「反日」政策を利用し、国民感情を高めるのは常套手段だ。だがその中でも、大きく2国間の関係を深刻化させたのが、李明博大統領(当時)の「竹島上陸」である。就任当初は親日派を自称していた大統領が、なぜ反日政策に手を染めることになったのか。彼の人生を追った「週刊文春」の記事「天皇謝罪要求・竹島上陸 妄言大統領 李明博『暗黒の履歴』」(2012年8月30日号)をここに全文転載する。

「(天皇が)韓国を訪問したいようだが、独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて心から謝罪するなら来なさい。痛惜の念だとか、そんな単語一つで訪ねて来るなら、来る必要はない」

 8月10日の電撃的な竹島訪問に続き、14日にはこんな発言で日本人の反感を買った李明博大統領。もともと大統領就任直後から「日本に謝罪と反省は求めない」「未来志向の韓日関係」と発言し、親日家を自称していた。それが手のひらを返したように過激な反日に転じたわけだ。

 いったい李明博とは何者か? その謎に迫る前に、まず簡単に彼の来歴を振り返っておこう。

■極貧の幼年時代とスピード出世

 李明博氏は1941年、大阪の在日韓国人家庭に生まれた。父親は「島田牧場」という牧場で牛の世話係をしており、「月山」姓を名乗っていた。

 だが終戦と同時に、一家は韓国に戻った。明博は極貧の幼年時代を送った後、夜間の商業高校に通い、苦学して高麗大学に入学。

 卒業後、財閥系の現代建設に入社し、そこで伝説的なスピード出世を遂げる。92年に政界進出し、国会議員を2期務めたのちに2002年にソウル市長に選出。そして、08年に大統領に選出された。

 大統領就任後は、前任の盧武鉉時代に悪化した日本・米国との関係修復に尽力。08年に天皇陛下と面会した際は、みずから頭を垂れたほどだった。それがなぜ、この期に及んで反日に転じたのか?

「政権末期に入ったこともあり、最近の支持率は就任以降最低の17%まで落ち込んでいます。あえて親日家のイメージを払拭して突破口をつかむために、竹島に行ったという見方が一般的です」(全国紙記者)

■恩人を裏切り選挙に出馬

 一方で、別の見方もある。

「もともと彼は親日家ではありません。が、反日というわけでもない。企業家出身である彼の行動原理は『実利主義』。要するに生粋のビジネスマンですから、自分の利益のためなら何でもやる男です」(在韓ジャーナリスト)

 先に触れた通り、彼の企業人としての経歴は凄まじい。現代建設に入社後、35歳で社長となり、46歳で会長に就任した。韓国では「サラリーマンの偶像」と称されている。

「91年には、李氏を主人公にした『野望の歳月』というドラマが放映されました。視聴率は40%近く、放送時間に合わせて帰宅する人々が続出するほどの人気を博しました」(同前)

なぜ異例の出世が実現したのか。過去、韓国で経済活動に従事していた人物が明かす。

「極貧の中、少年時代から働きづめでしたから、有能で仕事もできた。でも、一番の要因は現代グループの創設者である鄭周永氏に可愛がられていたことです。その理由は諸説あります。一つには、李氏は学生時代、学生運動のリーダーだったのですが、その時に当時の朴正煕大統領と話し合う機会があったらしい。そのとき朴大統領が感心し、鄭氏に『お前の所に入る李明博という奴はなかなかの人間だから大事にしろ』と直言した。それで鄭氏が『初めて朴正熙に誉められた』と喜んで李明博を可愛がった、との話もあります」

 しかし、大統領選時に現代建設を取材したジャーナリストによると、「現代建設社内では驚くほど嫌われていた」という。それは彼が政界に進出した1992年の出来事に起因する。

「この年、恩人である鄭周永氏が統一国民党を創設し、大統領選に出馬した。しかし李氏は統一国民党ではなく、与党である民主自由党から同年の国会議員選挙に出馬した。恩人を裏切った冷徹さで評判が悪いんです。

 彼の自伝には、『政治家として出馬するのであれば与党から出たい。与党でなければ自分の理想を具現化・実現化できない』と、もっともらしいことが書いてある。逆に言えば、勝ち馬にしか乗らない、ということです」(同前)

 また、会長時代には組合潰しのため労組委員長を誘拐し、むりやり辞表を書かせていた事件も発覚。

 一方、80年代に不動産投機での蓄財にも成功。同時期に夫人がソウル市江南区内で15回も転居したことが明らかになっており、「投機のための偽装転居」と批判を浴びた。「実利主義」を如実に表すエピソードである。

 しかし師を裏切ってまで進出した政界では、現在に至るまでカネにまつわる疑惑が絶えない。

■親族・側近は不正まみれ

 国会議員2期目の98年には公職選挙法違反で議員辞職。「地に墜ちた」と囁かれた。その後、恩赦によりソウル市長選に出馬し当選。その後大統領選に出馬したが、ここでも疑惑が持ち上がった。

「彼は議員辞職後、1年間アメリカへ留学したのですが、その時期にBBKという会社の株価を操作して不正利益を得たという『BBK事件』への関与が取り沙汰されました。当時彼はBBK会長の名刺も持っていたし、ある大学での講演では自ら『BBKの経営に携わっている』と明言しています」(前出・全国紙記者)

 だが捜査はウヤムヤになり、大統領選には対立候補に圧勝。大統領就任時の支持率は74%もあった。

「盧武鉉時代はとくに景気が悪かったので、李氏の打ち出した『経済大統領』というイメージが好感された。会社経営者出身として、貧しい韓国経済を活性化できる大統領だとして当選したんです。それに加えて、貧しい生活を経験した庶民の味方だと。彼が大統領になったら韓国経済はうまくいくとみな期待したのです」(元国防省日本担当官・拓殖大学研究員・高永侮=j

■12人以上の周辺人物が逮捕間近

 だがそれから4年、大統領周辺は疑惑と不正のオンパレードなのだ。

「今年7月には彼の後ろ盾であり、政治家として実力者でもあった実兄の李相得氏が不正資金問題で逮捕されました。検察当局は不正資金の一部が大統領選の資金に流れたとみています。その他、今までに20人近くの側近や秘書が逮捕されています」(同前)
秘書を15年務めた金禧中氏、政治指南役の崔時仲氏が逮捕され、08年には妻の従兄まで逮捕された。現在12人以上の周辺人物が不正疑惑で捜査中であり、逮捕間近と目されている。

 また、自ら所有するビル内にいかがわしいサービスをするカラオケ店を入居させていたことも明るみになっている。

■辞任後逮捕の確率は50%

 韓国の大統領と言えば、退陣後に不正が暴かれることが「恒例行事」だ。前大統領の盧武鉉が退任後、自殺したのは記憶に新しい。

「李明博が退陣後に逮捕される確率は50%くらい。韓国では前政権を否定することで現政権にクリーンなイメージを植え付けようとするんです」(同前)

 別の在韓ジャーナリストも同調する。

「BBK事件が蒸し返される可能性も高い。事件の当事者として逮捕され、収監された人物もじき釈放されますし、退任後に再燃するのは間違いありません。

 また、大統領の一番上の兄は、現代自動車の下請けのシート工場を経営していますが、実質的なオーナーが李明博であると噂されている。しかも息子がこの会社におり、09年に入社して課長になり、1年ごとに次長、部長と昇進している。ここも火種の1つです」

 彼の輝かしい時代である現代建設時代にも不正の噂がある。

「韓国では、ゼネコンの談合は当たり前です。しかも彼はスーパーゼネコンの現代建設のトップだったわけだから、当然、叩けばいくらでもホコリが出ます」(同前)

 実際、彼が大統領として率先してきた治水事業「四大河川開発事業」でも、事業の元請け会社である現代建設、三星重工業、大宇建設など、11の大手建設会社が入札談合や賄賂疑惑で捜査中だ。

 これ以外にも政策ミスが続発し、肝心の経済面でも、実績を残せていない。

「彼は当初『ビジネス・フレンドリー』と称して企業寄りの政策を推進していましたが、韓国に必要なのは『マーケット・フレンドリー』の政策です。土木事業をずっとやってきた人物だからか、発想が公共事業中心で、市場経済の概念を正しく理解していない。そもそも戦時下の大統領の器ではないんです」(桜美林大学客員教授・洪焚氏)

■「李明博は政治センスが欠けている」

 現在、韓国では新卒の就職率が非正規雇用も含めて60%程度と、深刻な就職難が続く。当初、彼の支持層でもあった若者も、不満を爆発させているという。

「今年の春に大学生に取材をすると、『終わってる』と物凄い批判でした。そもそも就任時から『票を入れる人がいない。消去法で選んだ大統領なんだ』と皆が言っていた。もともと人気がないんです」(冒頭の在韓ジャーナリスト)

 何の実績も残せず、退任後の逮捕も見えてきた彼が、最後の生き残りの手段として切ったカード……それが竹島であり、天皇への謝罪要求だったわけだ。

「それでも支持率は上がらないでしょう。彼にはそもそも国の将来を見通す力はない。『愛国大統領』として後世に名を残したかっただけだと思います」(同前)

前出の高氏が嘆く。

「彼はブルドーザー式の強烈な推進力を武器にして会社を経営してきた。韓国企業はトップダウン経営が多く、トップが指示したらみんな従いますからね。だが、会社経営と国家経営は全く別物。周囲の提言を全部無視して独断で決めてしまうと、反対デモや周辺諸国との外交葛藤が生じ、国家を危うくしかねない。それを理解せず会社経営と同じ感覚で国家経営をしたので、国民の猛反発を受けた。経済感覚があったとしても、政治的なセンスが欠けているのです」

 彼のあだ名は、その外見を表した「鼠(チゥィ)」。今まさに窮鼠となった彼が日本に噛みついているのである。?

(「週刊文春」2012年8月30日号)

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2012年8月30日号)

関連記事(外部サイト)