ホワイトタイガー、子ライオン、ヘラクレスオオカブト……かわいそうな希少動物を救った「財務省OB」

ホワイトタイガー、子ライオン、ヘラクレスオオカブト……かわいそうな希少動物を救った「財務省OB」

メキシコ当局が保護したコフラミンゴ(インターポールHPより)

 愛くるしいライオンやトラの子供からヘラクレスオオカブトまで、野生動物を闇で取引するネットワークが摘発された。国際刑事警察機構(通称インターポール)などと過去最大規模の国際捜査を指揮したのは世界税関機構(WCO)のトップに君臨する財務省OBの日本人。闇取引の過程で死んだ生物も多数見つかっており、動物愛好家の憤りを招いている。

 インターポールやWCOが6月、世界各国の捜査当局、環境保護当局と連携して捜査したのは109カ国。捜査の過程で保護・発見された生物は絶滅寸前のカットバラングールなど霊長類が23匹、闇取引されていたライオンの子供やホワイトタイガーの子供などネコ科の大型動物が30頭、コフラミンゴなど鳥類は4300羽、カミツキガメなどカメが1万匹に爬虫類も1500匹。熱帯魚やタツノオトシゴも見つかった。

■絶滅寸前のサルはおびえたようにオリの外を見つめていた

 なかでも悲惨な状況に置かれていたのは生後3カ月とみられるライオンだ。ライオンを保護したインドの野生動物犯罪対策局や地元紙によると、保護は深夜のカーチェイスから始まった。6月1日未明、不審な車両を発見した同局が追いかけた末、車のなかをみると、開け口が縫い合わされた袋から、体をやっと動かせる程度のスペースしかないオリに押し込められたライオンの子供と、絶滅寸前のサル、カットバラングールの子供などを発見。調べたところライオンは移動のストレスで弱っており、サルに至っては傷だらけの尻尾を切断しなければならないかもしれない状態という。

 近くの動物園で保護される前に一般にも見られる状態にされていたライオンはあごがやせ細って黄色がかった体毛があちこち抜け落ち、けがをしたのか太もも部分が少し赤らんでいる。オリは極小で、足も伸ばせないほどの大きさだ。真っ黒な体に頭のてっぺんだけきれいな白髪をみせるカットバラングールも、おびえたようにオリの外を見つめていた。

■ライオンはインド経由でイギリスへ向かう予定だった

「動物はバングラデシュからインド西部の方に向かっていたようだ」

 同局の地元幹部は地元紙にそう打ち明ける。その後、なんとライオンはインド経由で隣国バングラデシュから遥か向こうのイギリスに向かう予定だったことが判明。ライオンと一緒に車にいて逮捕された首謀者とみられる人物は、ほかにも野生動物の闇取引に関わった経歴の持ち主で、持っていた携帯電話は犯罪組織から供給されたものだったこともわかった。

 今年2月にはヒョウの子供がタイからの旅行客の荷物から見つかっており、インドが野生動物の闇取引を手がける国際的なネットワークの結節点になっている状況が浮かび上がってきている。

■ビニール袋に入れられていた人気の熱帯魚

 野生動物の取引はアジアに限らない。中米メキシコでは取引価格1000万円以上ともされるホワイトタイガーの子供が不審なトラックに積まれていたのを当局が発見し、保護。ホワイトタイガーはインド周辺にしか生息していないとされ、太平洋をまたいだ密輸も疑われる。

 さらに同情を誘うのは、天寿を全うできなかった生物だろう。南米ブラジルで、わずかばかりの水を入れたビニール袋のなかで発見されたのはインペリアル・ゼブラ・プレコ。白い体に黒の縞が入ったシマウマのような模様が人気の熱帯魚だが、袋詰めにされたこの魚は目が白く濁り、高くそびえるはずのひれはだらんと垂れ下がっていた。移動の過程で死んだとみられる。

■世界最大のカブトムシも死んだ状態で発見

 世界最大のカブトムシとして日本を含め世界で絶大な人気をほこるヘラクレスオオカブトも、標本コレクションの一つとして死んだ状態で南米エクアドルで見つかった。今回の捜査の前ではあるが、同じエクアドルでは昆虫を日本に持ち帰ろうとしたとして日本人の男が有罪判決を受けている。生物が途中で死ぬ危険を冒してまで生物を手元に置こうとする飼い主は、もはや動物愛好家とは呼べまい。

「(我々は)石一つ残さずひっくり返して野生動物の犯罪者が法の裁きを受けるようにする」

 こう訴えるのは捜査に関わったワシントン条約事務局長、イヴォン・イゲーロ氏だ。今回の作戦終了後、ほかにもコメントを発表した人物がいる。

「国際・国内レベルでの緊密な連携は、野生動物犯罪と取り組むのに決して軽視してはならないことが『サンダーボール作戦』でもはっきり示された」

 少し硬い口調だが、このコメントを発表したのはWCOの御厨邦雄事務総局長。今回の捜査はこの日本人指揮官が音頭を取る1人となっていたからだ。

■76年入省の財務省OBが支える国際捜査

 今回の国際捜査は、スパイ映画・小説の「007」シリーズ作と同じ「サンダーボール作戦」と名付けられた。2017年の「サンダーバード作戦」、2018年の「サンダーストーム作戦」に続く「サンダー」作戦の第3弾になるという。最近、国際捜査に積極的に乗り出しているWCOの動きを支えているのが、この御厨事務総局長だ。

 目標として掲げるひとつが、税関のデジタル化。今回の捜査でもインターポールと連携してネット上の取引情報などを分析。ネット捜査を通じてスペインで21人を逮捕しており、成果を見せ始めているといえる。 御厨事務総局長は1976年に大蔵省(現財務省)入省。密輸などを取り締まる関税局監視課長のほか、1990年にはスイス・ジュネーヴに駐在し、貿易交渉に参加した経験もある国際派。同期には金融庁長官を務めた畑中龍太郎氏などがいる。2002年からWCOの事務総局次長を7年間務め、2009年にアジア系として初の事務総局長に就任。2018年にはスペイン出身の候補との接戦を日本政府の全面バックアップを得て競り勝ち、異例の3期目に突入した。麻生太郎財務大臣も「強い指導力を発揮してきた」と太鼓判を押す人材だ。

 ただ、監視の目が届きにくいダークネットなど、デジタル化ではむしろ犯罪者が先行している。加えてデジタル化を推進するグーグルなど巨大IT企業自体が国際性を武器に関税や法人税の課税場所などで各国政府と対立することも目立ってきた。巨大IT企業アマゾンなどから大量に送られる小包などにどう課税していくかも焦点の一つ。巨大なグローバル企業とどう向き合うか。国際機関が追う相手は、野生動物や犯罪者だけでは済まなそうだ。
?

(末家 覚三)

関連記事(外部サイト)