安倍失速で小池が狙う新進党再来

安倍失速で小池が狙う新進党再来

©文藝春秋

「各党は単に反対という主張ではなく、自分たちはこう考えているという案を持ち寄っていただきたい」

 7月23日。首相・安倍晋三と日本青年会議所会頭・青木照護の対談が横浜市内で行われた。翌日からの閉会中審査を控える中、安倍は憲法改正について、秋の臨時国会からの議論を念頭にこう語った。

 同日、安倍と平仄を合わせるかのように、長野県松川村の党会合で講演した衆院憲法審査会長の森英介も、現行憲法を改正すべきだと訴えた。安倍が改憲項目に掲げる9条への自衛隊明記に関し「各国の憲法を見ても、実力組織や最高指揮権を憲法に明記していない国はない」と指摘。改憲論議について「拙速は慎まないといけないが、着実に進めていく」と強調した。

 安倍が憲法記念日の5月3日に「20年の新憲法施行」を目指すと表明した頃は、まだ「一強」の花盛り。当時は来秋を想定した衆院選か、再来年夏の参院選に改憲の国民投票をくっつけるダブル選挙を模索していた。

 株価と内閣支持率さえ安定していれば、選挙で多くの人が与党に投票し、改憲にも賛成票を投じるだろうという期待があった。ところが、学校法人「加計学園」の問題や、相次ぐ失態で内閣改造直前に防衛相を辞任した稲田朋美の影響もあり支持率は急降下。一部の調査では3割を切り、内閣改造も起死回生の策とはならず、来年まで政権運営が円滑に進む保証は今やどこにもない。

 そこで、首相周辺で密かに囁かれ始めたのが「花道論」だ。もはや安倍に解散を打つ力も、来秋の総裁選に出る気力もないのだから、衆参両院で3分の2を握っているうちに来年の通常国会で改憲発議し、総裁選には出馬せず後継に国民投票を託すというシナリオ。悲願の改憲のため、自らの退陣を引き換えにしようという奇策である。

 だが、どんなシナリオを描くにせよ、改憲を軌道に乗せるには、避けて通れないポイントがある。都民ファーストの会(都民ファ)を率いる都知事・小池百合子の動向である。

「日本新党を立ち上げたときも、国政にどこまで関わるか議論した。ただ、生活に密着するという観点から、それについては距離を置いてスタートさせた。今、憲法改正の議論も国政で行われている段階なので見守りたい」

 圧勝した都議選から一夜明けた7月3日、小池は記者団に憲法へのスタンスを問われ、こう答えた。都議選で55人という大所帯の地域政党を手中にした小池は、願掛けの断酒を解禁して久々に飲んだビールの味を聞かれ「おいしかったです」と笑顔を見せたが、その実、したたかに改憲カードの切り方を思案し始めていた。

■ウイングを広げる

 小池が保守を標榜する「都市型新党」を結成し、国政に進出するのではないかとの見方は絶えない。小池側近の1人で、自民党を離党した衆院議員の若狭勝は、しきりと「年内に国政新党への動きが出てくる」と語っている。

 もちろん安倍もそれは織り込み済みだ。歴史的惨敗を喫した都議選直後から安倍は「小池さんを敵に回してはいけない」と漏らしている。近い将来、改憲スケジュールが現実的な政治課題となったとき、小池との連携が欠かせないと見ているからに他ならない。

 そこは海千山千の小池も心得たもので、都議選中も、都議会自民党は批判しても、安倍や自民党本部への批判は控えてきた。日本維新の会のように、野党でありながら憲法改正で安倍に協力する素地もあると匂わせつつ、都議選惨敗で蓮舫が代表を辞任した民進党ら、野党勢力の旗頭となる可能性を否定するわけでもない。小池は、今はウイングを広げられるだけ広げる段階と見定め、自らの憲法観を決して明かそうとしないのだ。

 もっとも、昔を知る者たちにすれば、小池は根っからの「改憲派」だ。例えば日本新党時代の93年1月、カンボジアPKOに自衛隊を派遣した際の政府の対応にからめて、雑誌の連載コラムでこんな持論を展開している。

〈カンボジアへの自衛隊派遣のような憲法の拡大解釈で、再び押し切ろうというのでしょうか。そして野党は牛歩パフォーマンスを繰り返す。(中略)こうした空疎な悪循環を断つためにも、憲法論議を公の場で行おうというのが日本新党の提案です。国会で議論する十分な土壌がないなら、国会内に超党派の憲法調査会を設置。そこで、日本の長期的ビジョン、急を要する国際問題への対応を語りつくそうということなのです。〉

 今年3月に国政課題を研究する「国政研究会」を立ち上げた際も、都民ファ代表で都知事特別秘書の野田数は、「いつでも国政に打って出る準備はできている」と語っている。

 そうなれば、日本初の女性宰相の可能性が出てくる。08年9月に自民党総裁選に出馬した際、小池は「日本の存在感がどんどん薄れ、国そのものが過疎になろうとしている。日本は改革を続けて行かなければならない」と語っていたが、今も国政で日本を引っ張りたいとの意欲は消えていない。頭を悩ませているのは、自分は都知事のまま「小池新党」を国政に送り込むか、都知事を辞めて自ら打って出るかだ。

 小池が意識する新党のモデルがある。日本新党から衣替えした「新進党」だ。94年末に結成され、95年の参院選では比例得票数で自民党を上回った。その原動力だったのが連合と公明党である。新進党は、羽田孜と小沢一郎の対立など党内の衝突が絶えず僅か3年で瓦解したが、今もある連合幹部はこうこぼす。

「労働者の暮らしを守る連合と、生活者、大衆の目線重視の公明党はそもそも距離が近く親近感がある。しかも選挙になれば強力な手足となる組織が全国にある。新進党の時のように、両者が手を組めれば、いつでも自民党に取ってかわれる政党ができるのだが」

 小池はその2つの組織の力を、身をもって経験している。93年の衆院解散時、参院から衆院への鞍替えを決断して選んだのは因縁の旧兵庫2区。父・勇二郎がかつて惨敗した選挙区だった。小池はここで賭けに出る。同区で候補者を持たない旧民社党票に目を付けたのだ。選挙区内の旧民社系労組を丹念に回り、組合からの支援を取り付ける一方、隣の旧兵庫3区の旧民社系候補の応援に自ら回って力を尽くし、見事衆院初当選を果たした。次の96年の衆院選では小選挙区制度が導入され、小池は新たに定められた兵庫6区に移る。ここでは、兵庫8区を地盤とする公明党の冬柴鉄三を応援する代わりに、自分の区の学会票を手にした。保守系労組票と学会票。小池の選挙戦術の神髄は今もここにある。

■連合が揺れている

 先の都議選。都内に7つある定数1の「1人区」(千代田区、中央区、武蔵野市、青梅市、昭島市、小金井市、島部)のうち、自民党は島部を除く6選挙区で都民ファに惨敗した。最大の要因は無論、公明が都民ファについたことにある。自公連立から18年。もはや自民党は公明票抜きでは戦えなくなっていることを改めて露呈した。

 自公間にすきま風が吹き始めて久しいが、その溝がさらに深まりそうなのが、改憲論議だ。

 安倍が掲げた、憲法9条1、2項を維持したうえで自衛隊の根拠規定を追加する案は、当初公明党対策と言われたが、実は党内には慎重意見が多い。代表の山口那津男は7月下旬のBS番組の収録で、改憲を巡り「国民の理解が大事だ。国民が判断できるほど(国会での)議論が成熟していない」と述べ、慎重な対応を求める姿勢を強くにじませた。好機到来とばかりに都議選で連携した公明党との関係をさらに強化し、国政にまで敷衍する戦略を小池が描いているのは間違いない。

 もう一つ、今、小池が意識しているのが連合の存在だ。

「働き方改革の牽引役は連合だ。都としてしっかり支援していく」

 4月末、連合主催のメーデー中央大会。都知事として久々に顔を出した小池は連合をこう持ち上げた。これに先立つ4月7日、連合傘下の連合東京は、都民ファとの間で「支援・協力」で合意した政策協定を結んでいた。

 折しも当の連合が揺れている。きっかけは専門職で年収の高い人を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度」(高プロ)だった。7月13日に連合会長の神津里季生が安倍と面会。「高プロ」を「残業代ゼロ法案」と強く批判してきたはずの連合が、一転、条件付きながら容認に転じたのだ。その黒幕が、この秋にも神津の後を継いで連合会長の座に就くと一時は確定的に報じられた、事務局長の逢見直人だった。逢見は15年6月に安倍と密会するなど政権との太いパイプを持つ一方で、民進党幹部の受けは良くない。旧総評系の官公労は連合内での影響力を低下させており、保守系労組出身の逢見がトップに立てば、共産党との連携に傾斜する民進党との溝はより深まると見られていた。

 だが、「高プロ」騒動で潮目は変わった。逢見らが水面下で政権側と協議し、直前まで組織内で説明しなかったことで傘下の産別労組は不信感を深め、労働者が連合本部前でデモを行う異例の事態が勃発。神津の続投を求める声が瞬く間に広がり、逢見後継の目はなくなった。その後、「高プロ」を盛り込んだ労働基準法改正案の政労使合意も見送られた。

 かといって、連合が民進党との蜜月を復活させるわけでもない。先の都議選で民進党の5議席に対して、共産党は19議席と躍進。安倍批判票の受け皿の一翼を担った共産党との共闘に活路を見いだそうとする動きが、民進党内では益々強まっている。だが、今秋以降も会長を続投する見込みの神津は常々、「次期衆院選で政策抜きにずるずると共産党と一緒に戦うなどあり得ない。一度きちんと仕切り直さなければ駄目だ」と語る。民進が共産に近づけば近づくほど連合は離れていく。連合が自民とも民進ともギクシャクするのは小池にとって願ってもない展開だ。

 23年前の春、小池はこんな風に語っていた。

「連日のように新・新党構想が飛び交っています。新生党、公明党、そして日本新党が合併し、次期総選挙に臨むというものですが、そんなことありえません。マスコミは暴走気味です」

 ところが同年末。当時の新生党、公明党、日本新党、民社党、自由改革連合などが大同団結し、国会議員214人を擁する巨大野党「新進党」が瞬く間に誕生した。小池周辺は「今、小池さんの胸の内にあるのがこの展開だ」と語る。

 6月1日。小池は定例会見で、自民党へ離党届を提出したことについて「私の出発点は日本新党でございましたので、25年経って、原点に戻った感じがします」と語った。実は都議選前、築地市場の豊洲移転問題が大詰めを迎えていたころ、小池は人目を忍んで都内のホテルである人物と会っていた。日本新党を率い、小池を政界に誘った元首相の細川護熙だ。安倍政権との間合いに頭を悩ます小池に、細川がさずけた言葉は「自分が信じる道を行ったらいい」。その後も小池は細川と連絡を取り合っている。細川は小池が都知事を途中で投げ出すことはないとみているようで「小池さんは都政の改革、東京五輪の成功に専念するよ。ただ、小池新党が全国展開となれば、政界再編につながるかもしれない」と周辺に期待を込めて語っている。

 遅くとも来年末までに行われる総選挙。その最大のテーマは改憲だろうが、細川は小池にこう釘を刺している。

「いまは改憲の時ではない。安倍首相は何としてもあなたを改憲賛成の立場に巻き込もうとするだろう。その時の判断が日本のこれからを大きく左右するよ」

(文中敬称略)

(赤坂太郎)

関連記事(外部サイト)