「将棋棋士ってオフの日は何をやってるの?」20代イケメン棋士2人に聞いてみた

「将棋棋士ってオフの日は何をやってるの?」20代イケメン棋士2人に聞いてみた

都成竜馬五段(左)と黒沢怜生五段(右)。2人が手に持っているのが『牛乳あまざけ 百白糀』

 棋士の仕事は、対局と普及活動、解説などに分かれる。命ともいえる対局は、勝率6割以上の若手なら年間40〜50局ほどで、早指し戦以外は1日1局だ。昨年度のトップは広瀬章人竜王の64局で、藤井聡太七段は5位タイの53局だった。

 それ以外の日はオフで、どう過ごすかは本人次第。対局以外の仕事に精を出す棋士もいれば、次の対局に備えて研究や棋士仲間との練習を熱心に行うものもいる。息抜きの方法も、棋士によって様々だろう。

 今回は、20代後半の若手強豪に対談してもらった。黒沢怜生五段は関東所属の27歳、都成竜馬五段は関西所属の29歳。棋士は小学生のときから修業を重ねるので、一般的には職人のような気難しいイメージがあるかもしれない。だが、今回の2人はとても爽やかな好青年だ。まずはその日常を紹介しよう。

(全2回の1回目/ #2 へ続く)

◆ ◆ ◆

■都成家の「牛乳あまざけ」を飲んでみた

――対談の前に、まずは都成さんの実家、白水舎乳業の 『牛乳あまざけ 百白糀』 をいただきましょう。開発されたのは2014年で、原料は牛乳と米麹だけなんですね。

都成 試作で飲んでいたときは、麹の粒がすごく残っていて、すごくまずかったです。本当に、びっくりするぐらいまずくて(笑)。

――今日は都内の宮崎県アンテナショップ「新宿みやざき館KONNE」で買ってきたんですけど、発売からわずか数年で取り扱いされているのには驚きました。

都成 うちの牛乳屋は宮崎で割と有名で、今年で創業100年を迎える老舗なんですよ。市内の学校給食、自分が通った小中もうちの牛乳でした。乳製品はソフトクリームもあって、県内にイベントカーで出張販売とかもしています。

――なるほど。さて、黒沢さんの食レポをお願いします。

都成 (黒沢さんを見ながら)どうですか? 

黒沢 初めて飲んだ味でしたが、美味しいですね。

都成 ありがとうございます(笑)。甘酒は結構、癖が強い飲み物ですけど、牛乳で中和されていると思います。

――甘酒の甘さをミルク感が包み込み、和風のチーズケーキっぽい味わいですね。デザート感覚で飲めるので、女性が好みそうです。

黒沢 身体によさそうですね。

都成 ええ、それがウリなので。砂糖も入っていませんし。

■「黒沢さん、最近もポーカーしているの?」

都成 黒沢さんと会うのは久しぶりです。以前、ポーカーをやっていると聞いたんですけど、最近は何しているの?

黒沢 ポーカーですね。カジノでもよくあるテキサスホールデムで、日本でもアミューズメントとしてできます。勝負勘を鍛える目的もありますよ。ポーカーって、場面を読むだけじゃなく、相手の頭の中を読んでゲームするので、将棋と違った楽しさがあるんですよ。将棋は相手のことを考えないで、自分だけでも指せるじゃないですか。でも、ポーカーは「このひとはこう考えるだろう」と推察するのがメインなんです。だから、よく人間観察しています(笑)。

 あと、ポーカーをやると、人と知り合う機会が多いです。9人のテーブルがメインですが、1時間のうちプレイ時間は15分くらいなので、雑談の時間も多いです。

都成 ポーカーの実力は?

黒沢 アマチュア初段レベルもないでしょう。ポーカーは佐々木勇気(七段)さんがやめちゃったので、いまはひとりでフラっといきますけど、回数は減りました。私はゲーム系をやることが多くて、鈴木(大介九段)先生に将棋を教わったときに、麻雀などの頭脳ゲームを覚えさせられました(笑)。

■「麻雀やっていたから棋士になれた」

――黒沢さん、旅行も好きなんですよね。

黒沢 ほとんど国内です。4月は日光と那須で、戸辺(誠七段)先生と渡辺(明三冠)先生についていって、お2人のお子さんとサッカーや野球をしたり、巨大迷路を走りました。巨大迷路、なかなかゴールできないんですよ。そんなに大きくないと思うんですけど、4、50分かかったので、いやもう疲れました。楽しいんですけど、帰りは筋肉痛で……。普段、身体を動かさないですから。

 渡辺先生には、三段からプロになるぐらいまで将棋を教わっていました。いまはフットサルも一緒にやっています。

――都成五段の趣味は何ですか?

都成 旅行は好きですね。今年の前半に友達と、北海道の小樽と札幌にいって、お寿司とか初めてのスノボを楽しみました。

黒沢 小樽、いいですよね。

都成 出身が宮崎なので、雪と無縁なんですよ。だから、逆にウインタースポーツやりたくて。スノボはこけながら、形は作れました。

 私は将棋以外のゲームはやらないですね。自分は戸辺さんに「そういうのをやるのは、棋士になってからでいいんじゃない」と随分昔にアドバイスをいただいて、それがあって麻雀はやらなかったです。

 周りの棋士には麻雀、人狼、競艇、競馬をやる人が多いです。とある棋士は「麻雀やっていたから棋士になれた。麻雀で大事な勝負勘は全部学んだ」といっていますし、棋士同士で旅行にいくとタブレットでずっと競艇を見ている人もいます。

黒沢 だいたい、誰かわかりますね(笑)。

■「競馬、競艇、麻雀、トランプ、ひと通りやってしまいます」

――そういえば20代の棋士だと、たばこを吸う人はまったく見ないですね。ギャンブル系も減りましたか。

都成 減ったとは思いますけど、いないわけではないでしょう。?

黒沢 意外といるんじゃないですかね。でも、ずっとやっているのは私ぐらいですか(笑)。競馬、競艇、麻雀、トランプゲームと、誘われたらひと通りやってしまいます。競馬は最近少なくなりましたけど。

――麻雀をやると先輩にかわいがってもらえて、将棋を教えてもらいやすくなるとかは?

黒沢 あんまり関係ない気がします(笑)。

都成 麻雀の誘いのほうが多くなっちゃうんじゃないですか。

■「カラオケ」はいかないんですか?

――都成五段は師匠の谷川浩司九段から、何か注意されたことはありますか?

都成 師匠からは、そういう部分で何もいわれたことはないです。師匠はボウリングのイメージで、すごくお上手だと聞いたことがあります。ご一緒したいなと思うんですけど。

黒沢 都成さんの旅行以外の趣味は?

都成 最近、何しているんですかねぇ……。休みの日は家でダラダラしていることが多くて、「Netflix」で適当に映画・ドラマを見ていますね。自炊もしないですし、何してんだろう(笑)。習い事でもしようかなと思うこともあるんですけど、特にやりたいこともないんですよね。

――カラオケはよくいくんですか? 今年の3月、ニコニコ動画の企画『東西対抗 詰将棋カラオケ』(東西に分かれ、歌う最中に詰将棋を解く。詰将棋の難解さに応じて得点を獲得し、カラオケの点数との合計を団体で競う)に出て、「Mr.Children」の「Sign」、糸谷哲郎八段と「マキシマム ザ ホルモン」の「絶望ビリー」をデュエットされていました。

都成 カラオケもいかないですよ。10代のときはアホほどいった記憶がありますけど、いまは年1、2回いくかどうか。そもそも、カラオケにいく選択肢が出ないです。

■棋士同士ってやっぱり飲みにいく?

――関西だと、棋士同士でよく飲みにいくイメージなんですが、実際はどうなんでしょう。

都成 意外とそうでもないんですよ。よく飲みにいく人はごく一部ですし、それも30歳近くになってきて減りましたね。いまは2、3カ月に1回ぐらいじゃないですか。若手の行きつけのお店があって、一時は週に何回も入り浸ってきた棋士もいたんですけど、だいぶ減ったらしいです。そこの女将さんが「最近、来てくれないのよ」と嘆いてましたもん。

黒沢 私も棋士とは遊ばなくなりましたね。

――研究会(棋士同士の練習将棋)のあとに、打ち上げはしないんですか?

黒沢 私はないです。「ありがとうございました」って帰ります。

都成 東京はそういう傾向が強いと聞きますが、自分もないです。棋士室(関西将棋会館の一室)で研究会をやっている人は、飲みにいくことも多いそうですが。

――黒沢さんは自宅だと何しているんですか?

黒沢 私は結構、家にいないんですよ。

都成 活動的ですよね。自分とは正反対かもしれない。自分は家から出ないですもん。

黒沢 家にテレビあるんですけど、1か月に1回つけるかどうか。情報は移動しながら携帯で見れますし、テレビいらなかったなと思います。

都成 棋士だと活発な人が多いと思います。関西だと、山崎(隆之八段)さんと阪口(悟六段)さん、奨励会の子で登山にいったそうですよ。奨励会三段が中心のメンバーで、毎朝10キロ走ってから練習将棋を指す「マラソン研」もあります。久保(利明九段)先生もマラソン好きですよね。

 自分はまったくやったことがないし、誘われたこともない。いくと約束しても絶対に現れないと思われているのは、過去にそういう前科があるからでしょうね(笑)。

( #2  20代棋士2人が語る“振り飛車でプロになるまで” へ続く)

写真=松本輝一/文藝春秋

黒沢怜生五段(くろさわ・れお)/1992年3月7日生まれ、埼玉県熊谷市出身。高橋道雄九段門下。2014年、四段。2016年、五段。
関東所属の振り飛車党。中終盤に力を発揮する。
2016年、第29竜王戦5組で優勝。2017年、第43期棋王戦で挑戦者決定二番勝負まで進出した。2018年、第44期棋王戦でベスト4入り。

?

都成竜馬五段(となり・りゅうま)/1990年1月17日生まれ、宮崎県宮崎市出身。谷川浩司九段門下。2016年、四段。2018年、五段。棋戦優勝1回。
関西所属のオールラウンダー。2019年4月からNHK「将棋フォーカス」の司会を務める。
2013年、第44期新人王戦で優勝。奨励会員が優勝したのは史上初。2018年、第76期順位戦でC級2組からC級1組に昇級。第31期竜王戦ランキング戦6組で優勝。

「谷川って人から電話だよー」20代イケメン棋士2人が語る“振り飛車でプロになるまで” へ続く

(小島 渉)

関連記事(外部サイト)