熱中症予防は「手の甲を指先でつまむ」 脱水症になっていないか今すぐチェックする方法

熱中症予防に「手の甲を指先でつまむ」が有効 脱水症になっているかチェックする方法

記事まとめ

  • 今年7月29日〜8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に
  • 熱中症対策の第一歩はこまめな水分補給、朝起きたらコップ一杯の水を飲むと良いそう
  • 手の甲を指先でつまんで、皮膚の戻りが遅ければ脱水症の疑いがあるという

熱中症予防は「手の甲を指先でつまむ」 脱水症になっていないか今すぐチェックする方法

熱中症予防は「手の甲を指先でつまむ」 脱水症になっていないか今すぐチェックする方法

©iStock.com

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日〜8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2015年7月30日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

 東京都心で今年一番の暑さ34.9℃を記録したのは梅雨明けから2日後の7月21日のことだった。今年に入って、熱中症の疑いで救急搬送された人は9000人を超え、死亡者も相次いでいる。今年も熱中症に警戒が必要だ。

■(1)朝起きたらコップ一杯の水

 熱中症は大量の汗をかき、水分とともに体内のミネラルが失われることによって起こる。大量の水分が失われることで汗がかけなくなり、体内に熱がこもってしまう。こもった熱は脳や内臓にダメージを与え、最悪の場合は死に至る。表の通りT度、U度、V度と重症化していくのだ。

 神奈川県立保健福祉大学の谷口英喜教授が解説する。

「熱中症は様々な症状が出ます。呂律が回らない、手足に力が入らない、意識がボーッとするなどの脳の症状。下痢や嘔吐など消化器の症状。筋肉が痛くなったりつってしまう症状などです。いずれも原因は暑さとそれに伴う脱水症にあります」

 熱中症対策の第一歩はこまめな水分補給。昭和大学病院救命救急センター長の三宅康史氏が語る。

「時間を決めて水分を摂ってください。目安としては朝起きたらコップ一杯の水を飲むこと。その後は一時間ごとにコップ半分ずつ飲みましょう。トイレに行ったらコップ一杯飲み、寝る前にもコップ半分くらい飲んで下さい。こまめに水分を摂ることが大切です」

■(2)手の甲をつまんでチェックする

 熱中症には屋外で運動する際に突然発症する場合と、数日間かけて徐々に脱水が進み熱中症になってしまう場合の2つのケースがある。前出の谷口教授は、脱水症になっていないかどうか日々チェックすることが必要だと指摘する。

「脱水症で一番現れやすいのは体重の減少です。1週間以内に4%以上減っていると要注意。体重は、1日の中でも変動しますから毎日同じ時間に同じ服装で測定してください。体温にも気を配ってください。平熱よりも0.5℃くらい高ければ要注意です。毎朝起きた時に体重と体温を測ってこの夏のバロメーターにしてみると良いでしょう。

 また、手を見るだけで脱水症をチェックすることもできます。手の甲を指先でつまんでみてください。つまんだ部分の皮膚の戻りが遅ければ脱水症の疑いがあります。また爪を上からギュッと押すと白くなりますが、それが赤みを取り戻すのが遅いというのも同様のサインです」

■(3)エアコンは28℃で扇風機と併用

 要注意なのは高齢者だ。加齢とともに、のどの渇きを感じなくなり、暑さを感じる神経も衰えてしまう。全国で猛暑日の地点が相次いだ7月15日に熱中症とみられる症状で亡くなった8人全員が高齢者だった。

「高齢者の多くは普段から熱中症の一歩手前の『かくれ脱水』の傾向にあります。労働者や子供の熱中症とは違い、時間をかけて徐々に熱中症に陥る。そのため高齢者は梅雨明け後しばらくしてから搬送され、しかも回復せず死亡してしまうことが多い」(前出・三宅氏)

 熱中症にかかりやすいのは高齢者だけではない。子供は新陳代謝が盛んで大量の汗をかく上に、一度に多くの水分を摂れないため熱中症にかかりやすい。『熱中症対策マニュアル』監修者の稲葉裕順天堂大学名誉教授が警鐘を鳴らす。

「子供は大人より外気温を高めに感じます。背の低い子供やベビーカーに乗った赤ちゃんは地面からの照り返しを受けやすいからです。ベビーカーにはひさしをつけてあげたり、外遊びは暑さのピークである正午から午後3時は避けましょう」

 直射日光の当たらない家の中でも油断は出来ない。東京消防庁によれば昨年救急搬送された高齢者の半数以上が住宅内で熱中症になっている。夏の室内で意外に危険なのはトイレと浴室だという。稲葉氏が言う。

「トイレは狭い上に風通しが悪い。どうしても高温多湿になってしまうんです。同様に浴室もお湯と蒸気で高温多湿です。脱水症などを起こしやすく一人で長時間いることは危険です。換気扇をきちんと回すことを心がけてください」

 高齢者は嫌がる人も多いが、室内では冷房の使用が必須。五味クリニックの五味常明院長が適切な冷房の使い方を解説する。

「70歳以上の方は汗腺が衰えているため冷房を使わないと危険です。理想は設定温度を27〜28℃にして外気温との差を少なくすること。28℃では熱中症になる恐れもありますから、扇風機を併用して空気を循環させてください。皮膚に風が触れることで汗が蒸発して体温も下がりやすくなります」

■(4)「手足高温浴」で汗腺を活発にさせる

 設定温度を下げすぎると外気温との差が大きくなり冷房病になる恐れがある。汗がかけなくなったり、自律神経のバランスを乱したりしてしまうのだ。

「汗がかけなくなると体内に熱がこもってしまいます。すると一気にV度の熱中症を発症することもあります。冷房病になる人は熱中症体質なのです」(同前)

 熱中症体質になってしまった場合はとにかく汗をかき汗腺を活発にさせることが重要だ。五味院長は「手足高温浴」という汗腺トレーニングを提唱している。

「膝から下の足と、ひじから先の手を43〜44℃の熱めのお湯に浸ける入浴法です。年配の方は皮膚が弱くなっているので42℃くらいが安全です。15分くらい湯船につけておけば、汗腺機能が高まります。このトレーニングを2週間くらいやれば、全身の汗腺が活発に働くようになるのです」(同前)

 汗をかいた際には拭き方にも注意をしたい。多くの人が乾燥したタオルやハンカチで拭いてしまうが注意が必要だという。

「皮膚が乾燥するまで拭くと蒸発するものがなくなり体温が下げられなくなってしまいます。次から次へと汗が出て脱水が進んでしまう。濡れたタオルで拭くなどして、皮膚が湿った状態を保って下さい」(同前)

■(5)素麺ではなく野菜たっぷりの鍋を

 食事も熱中症対策には欠かせない。一回の食事で摂取する水分はコップ2、3杯分にものぼる。食事をしっかりと摂ることで脱水症を未然に防ぐことができるのだ。ただ、夏らしいものだけを食べていれば良いというわけではない。

「夏場はさっぱりとした素麺などを食べがちですが、炭水化物ばかりではいけません。夏場でオススメなのは野菜のたっぷり入った鍋です。多くの野菜に含まれるビタミンEは血行促進効果がありますし、ビタミンCは鉄分の吸収を促進して毛細血管の働きを助けます。また肉や魚などの動物性たんぱくを食べれば代謝熱が出て体温が上がり汗をかきやすくなります。ミネラルを多く含むきのこ類を入れれば、汗で出たミネラルを補給できます」(同前)

 夏場は風呂上りのビールが楽しみな人も多いだろう。しかしこれは厳禁だ。前出の谷口教授が警告する。

「ビールには利尿作用があり、汗をかいたお風呂上りの脱水状態に拍車をかける。水分をしっかり摂った後にアルコールを摂取するようにしてください」

 熱中症になったり脱水症が疑われる場合には経口補水液が水分補給に最適だ。経口補水液はブドウ糖や電解質が配合されており吸収速度が非常に速い。

「大量の水を飲むと食欲が失われ、かえって脱水を進行させてしまう恐れもある。経口補水液ならば体内に維持されます。脱水症の場合は1日500ミリリットル〜1リットルを3日間飲めば大体改善されます。数百円で市販されていますから、冷蔵庫に2、3本常備しておけば安心です」(同前)

 熱中症は対策さえすれば予防ができる。知識をフル活用して猛暑に備えたい。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2015年7月30日号)

関連記事(外部サイト)