夏バテに効く“キラードリンク”は甘酒とココア 医者がすすめる「猛暑に負けないメニュー」4選

夏バテに効く“キラードリンク”は甘酒とココア 医者がすすめる「猛暑に負けないメニュー」4選

©iStock.com

熱中症予防は「手の甲を指先でつまむ」 脱水症になっていないか今すぐチェックする方法 から続く

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日〜8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2015年7月30日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

「全身の倦怠感が慢性的に続き、食欲もわかないし仕事にも集中できない……」

 熱中症と違い命の危険にこそ直結しないが、多くの人が悩まされているのがこの猛暑による「夏バテ」である。

■(1)睡眠不足にはエビとナスが効く

 医師で医療ジャーナリストの森田豊氏が夏バテの“メカニズム”を解説する。

「そもそもヒトの体は、体内温度を一定に保とうとするだけで大きな負担がかかる構造になっています。

 通常であればその負担に耐えることができますが、長期間に亘って“高温・多湿”などの負担がかかったりすると、体温を外部に逃がそうとして、バランスを崩してしまう。これが夏バテの正体です」

 森田氏によると、夏バテには、「昔ながらの夏バテ」と、「現代の夏バテ」があるという。

「昔ながらの夏バテ」は、暑さによる体力の低下や食欲不振による疲れやすさなどからくるもので、「夏痩せ」とも言われていた。

 一方で「現代の夏バテ」は空調設備の発達により、外気と室内の温度差が原因となって自律神経のバランスを崩す症状を指す。

 2つの夏バテに共通するのは体のダルさや思考力低下、頭痛やめまいといった症状である。

「いずれの夏バテに関しても症状の改善には、『睡眠と十分な休養』と『体調を改善する栄養』が必要になります。

 睡眠と食事が大切と言われると当たり前のように思われるかも知れませんが、夏バテをしている人に自分の生活習慣を振り返ってもらうと、この2つが十分でない事が非常に多いんです」(同前)

 たしかに暑さによる寝苦しさから睡眠不足に悩む人は多いだろう。

 どうすれば夏の夜に快眠できるのか。

 健康栄養学が専門の大澤俊彦愛知学院大学教授は、良質な睡眠をとるための食材として、「エビ、ナス、チョコレート」を挙げる。

「タンパク質に含まれるグリシンというアミノ酸は質の高い、深い睡眠に効果があるとされています。グリシンは最近はサプリメントも出ていますが、エビなどの海産物に多く含まれています。

 また、『GABA』というアミノ酸には、不安感を抑えて精神を安定させる作用があります。これは発芽玄米やナスなどに多く含まれています。『GABA』を含んだチョコレートも手軽に入手できます」

■(2)疲労回復にはレモンと酢飯

 また、体調を改善する栄養として、大澤教授は「酸味」に注目する。

「レモンやお酢を積極的に摂る事は夏バテに効果的です。レモンには疲労回復に効くビタミンCやクエン酸が非常に豊富に含まれているほか、抗酸化のキレート作用もあります。レモンジュースでもいいですし、お水を飲むときにレモンをひと絞りするだけでも効果的です。

 同じ意味で、お酢もおススメです。1日10グラム程度のお酢を摂ると血圧を下げる効果もあります。夏場は酢飯や酢の物を多く食べた方がいい。様々な種類の『飲むお酢』も簡単に手に入りますから、試してみてはいかがでしょうか」

 こうしたことで倦怠感などの改善がある程度は見込めるという。

 ただし、前述の「現代の夏バテ」をしっかりと治すのは簡単ではないと森田氏は指摘する。

「『現代の夏バテ』は、分かりやすく冷房病と言ってもいいでしょう。

 猛暑の屋外と冷房が効いた室内を行き来する事で、血管の拡張と収縮が繰り返される事になり、自律神経に不調が発生するのです。その結果、倦怠感や食欲不振などとともに体の冷えが生じます。

 今の夏バテの多くはこちらのケースで、成人女性の実に8割が手足などの冷えに悩んでいると言われています。

 たかが夏バテ、と放置しておくと神経痛や腰痛、慢性的な便秘、不眠症に発展する可能性もあるので甘く見てはいけません」

 冷え症は、血糖値や血圧などと異なり「正常値・異常値」という基準がない。そのため“夏バテによる体の冷え”に慣れてしまい、重篤な病気のシグナルを見逃す恐ろしいケースもあると言う。

「日常的に手足に冷えを感じて、動悸や息切れを伴う場合は心不全の予兆の可能性があります。

 左右の指先に温度差があったり、指先が白い人は閉塞性動脈硬化症かも知れません。これは主に足の動脈が硬化し、血液の流れが悪くなる病気です。

 顔色が白すぎる時は、甲状腺ホルモンの不足によって代謝が悪化し、体が冷えている可能性があります。甲状腺機能低下症を疑った方がいいかも知れません」(同前)

■(3)“キラードリンク”は甘酒とココア

 森田氏によると、冷えによる夏バテに罹患しやすいのは次のようなタイプだという。

・薄着やミニスカートの女性
・暑い屋外でも汗をかきにくい人
・ストレスを日常的に感じている人
・ヘビースモーカー
・腹痛や下痢になりやすい人

 こうした条件に該当するならば、生活習慣を見直した方がいいそうだ。

 すぐに始められる対策を森田氏はこう語る。

「まず、室内と屋外の温度差を5℃以内にとどめてください。冷風は直接体に当てない。オフィスではスカーフやカーディガンなどで温度を調整してください。

 冷えたなと思ったら、軽く汗ばむくらいのストレッチなどの運動も効果的です。入浴の際はシャワーだけでなく湯船にちゃんと入ってください」

 また、森田氏は「夏バテに効く“キラードリンク”」として、次の2つを挙げる。

「まずは甘酒です。疲労回復に効くビタミンB群とアミノ酸を豊富に含んでいます。冬の嗜好品というイメージが強いかも知れませんが、実は江戸時代から夏バテ対策に使われてきた“飲む点滴”なんです。独特の風味が苦手な人は牛乳と1対1で割って飲むのがおススメです。

 また、ココアも効果的です。ココアに冷え症抑制効果がある事はすでに立証されています。主に足首などの下半身の温度が上昇します。ここに、上半身を温める効果がある生姜を加えると、冷えを体内から追い払ってくれるでしょう」

■(4)冷房病を防ぐカレーとタンドリーチキン

 前出の大澤教授は体を温める食事を次のように解説する。

「カレーはいいですね。スパイスに含まれる唐辛子のカプサイシンはエネルギー代謝を促進するので汗をかきやすくなります。水分を摂りながら、週に一回程度カレーを食べる事は冷房病の予防に繋がります。

 また、タンドリーチキンもいい。タンドリーチキンにはターメリックなどのスパイスが豊富に含まれているうえ、塩分は焼き鳥の3分の1ほどしか使われていないというメリットもあります。あまりなじみはないかもしれませんが、この夏は焼き鳥の代わりにタンドリーチキンを食べてみてはいかがでしょう」

 暑さはこれからが本番だ。すぐに始められる生活習慣の改善で、夏バテを吹き飛ばそう。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2015年7月30日号)

関連記事(外部サイト)