米国交正常化前のキューバで警察にしょっぴかれ、NARUTOで解放された話

米国交正常化前のキューバで警察にしょっぴかれ、NARUTOで解放された話

連行イメージ写真。このように警官数名に囲まれながら連れていかれた。©iStock.com

 海外旅行沼の住人たちと話して気付いたのだが、どうやら私は海外警察との絡みが彼らよりも多いらしい。軽犯罪の被害者としてお世話になることがほとんどだが、1〜2年に1度のペースで容疑者として警察に連行されることがある。日本では見知らぬ人からしょっちゅう道を尋ねられるほど優しさだだ洩れナイスガイなのに、おかしいな。

 ここ10年は警察対応にも慣れてしまってヘラヘラ笑ってやり過ごしているが、過去に1度だけ「日本に帰れないかもしれない」と恐怖を感じたことがあった。アメリカと国交正常化前のキューバで、警察に問答無用で連行された時のことだ。

■日本人サラリーマン5人でカリブ海集合

 2014年GW、乗物にテーマを絞ってカリブ海を巡る旅を計画した。キューバでクラシックカー、パナマで大型船、セントマーチン島で飛行機、米国オーランドでスペースシャトル、と乗物ばかりを見る旅である。旅仲間にその計画を話したところ、日本・ラオス・ブラジルから友人4名が合流することになった。

 参加者は全員30代後半のサラリーマン。会社も違えば職種も違い、更には居住国すら違う。月末ギリギリまで出社を余儀なくされる者もいれば、月初には必ず出社しなければならない者もいる。そんな多忙なサラリーマン同士で海外旅行をするのはハードルが高いと感じる人もいるだろうが、旅の目的と日程をハッキリさせ、出国から帰国まで一緒に行動する連れション旅行をやめてしまえば、遠いカリブ海も居酒屋並みの気軽さで現地集合できる。

<サラリーマンの日常>
おっさんA「串カツ食べたくない?」
おっさんB「ちょうど俺も食べたかったんだ。じゃあ今夜7時に居酒屋集合で!」

<旅行沼の日常>
多田「カリブのセントマーチン島で旅客機のビーチランディング見たくない?」
旅行沼の住民達「ちょうど俺らも見たかったんだ。じゃあGWに現地集合で!」

■壺を売りつけられるかと思ったが、皆優しいだけだった

 カリブ海と言えば陽気でヨーホーなイメージだが、キューバは経済制裁やらチェ・ゲバラやら暗い話題が多い国だ。だが実際訪れてみると現地の人が笑顔で話しかけてきて、「うちに来てくれよ!」「さあ入って入って!」と大歓迎。東京砂漠で汚れ切った私は「怪しい壺でも売りつけられるんじゃないか?」と声をかけるもの皆疑っていたが、本当に歓迎されているだけだった。

 キューバでサンタクララとトリニダーを一人で観光した後に、首都ハバナで友人2名と合流した。当時のキューバはインターネットがほとんどなかったが、友人達は旅行歴が100ヶ国を超える文字通りの百戦錬磨たちなので、ネットがなくとも集合に困ることはなかった。

 翌日は5月1日、労働者の祭典メーデーがハバナで開催される。友人2名はメーデーのパレードを目当てにハバナに来た。メーデーと言えばストライキやデモを想像しがちだが、キューバのメーデーは一味違う。

 見ての通りの激ユルお祭り騒ぎ。皆、自作の看板や張りぼてを持ち、談笑しながら各々好きな速度でパレードしている。キューバと同じ社会主義国の北朝鮮で見られるような一糸乱れぬ軍事パレードを想像していただけに肩透かしを食らったが、アメリカの経済制裁下とは思えぬほど楽しそうにパレードに参加している人々を見ていると、こちらも楽しくなってくる。

■事件は陽気なメーデーの後に起こった

 メーデーのパレードを楽しんだ後、ハバナの中心地へ戻り、ヘミングウェイが定宿として愛したホテル「アンボスムンドス」の1階にあるバーで休憩することにした。友人2名はピニャコラーダを、私は酒が飲めないのでノンアルコールのピニャコラーダがあることを確認してオーダーした。

 5月のキューバは日中の気温が30℃と暑く、冷えたドリンクがパレードに参加した後の身に染みる。体が欲するがままに一気に飲み干した。すると数分後、突然体に異変が起きた。顔が真っ赤になって動悸息切れが激しくなり、意識が遠のきそうになって机に突っ伏した。ノンアルコールでオーダーしたはずのピニャコラーダにアルコールが入っていたのだ。

 ピニャコラーダは甘くスッキリしたジュースのような味わいで、アルコール成分に気付くことなく一気に飲み干してしまった。そのため、元々アルコールを受け付けない私は急性アルコール中毒の一歩手前のような症状に陥ってしまった。体内に入ったアルコール成分を薄めて出さなければと、店員に水を頼んだ。

■「1USドル払わないなら警察を呼んでやる」

 ぐったりしている間、「何が起きたんだ?」と聞いてきた店員に、百戦錬磨たちが「ノンアルコールのピニャコラーダを頼んだはずが、間違ってアルコール入りを出されたせいで彼女の体調が悪くなった」とクレームを言ってくれた。しかし店員は「アルコールは入れてない」と言い張り、自分のミスを認めようとはしない。

 水をがぶ飲みして時間の経過とともに何とか起き上がれる程度に体調が戻り、そろそろ店を出るかと店員に会計を依頼したら、請求額に水代1USドルが加算されていた。「店側のミスで体調を悪くしたのに、なぜこっちが水代を支払わなければならないんだ? 店の負担でしょ」と伝えると、逆切れ店員が斜め上の回答を出した。

店員「分かった、1USドル払わないなら警察を呼んでやる」

 ……はい?

 さすがに、これには百戦錬磨たちもポカーンである。店員は即座に街を巡回する警官を呼びつけ、スペイン語で捲し立てるように警官に何かを訴えている。私たちがスペイン語を理解できないのをいいことに、あることないこと大げさに伝えているに違いない。

 警官は店員の話を一通り聞くと、私に向かって高圧的に「警察署へ来い」と言いだした。私からは一切話を聞かずに。片側の意見を鵜呑みにするなんて、こんなフェアじゃない対応があるだろうか。呆れて言葉も出ない。いや、結構文句言ったわ。

友人「へぇ、旅行中に警察に捕まるってよく言ってたけど、本当に捕まるんだ」
多田「……そうなんですわ」

 警察署に向かおうとすると友人たちが付いてこようとするので、「いいよ付いてこないで。観光してて」と伝えた。すると、「観光よりこっちのほうが面白そうじゃん」とニヤニヤしながら付いてくるではないか。なんて薄情な奴らなんだ、楽しんでもらえて光栄だ!

世界遺産の中にある警察署へ……

 警官についていきアンボスムンドスから10分ほど歩くと、警察署に到着した。実はこの警察署、世界遺産「ハバナ旧市街とその要塞群」の一部であり砦を利用したもので、一般人は当然中には入れない。警察に連行されたおかげで中に入れることになるなんてラッキー!と考える心のゆとりは、もちろんこの時にはない。

?

 石造りの薄暗い警察署の中に入り、しばらくすると小部屋に友人含め3人とも呼ばれ、主犯格の容疑者多田から事情聴取を始めた。しかし警官が話すのはスペイン語のみ。どう事情を伝えたらいいものか困っていたら、警官がPCのモニターを指差した。Google翻訳である。ここに入力してスペイン語に翻訳しろと、英語に翻訳されていた。警察署内はネット使えるんだ、すごーい。……なんて悠長なことを考えている場合ではない。

 Google翻訳に自分の人生委ねるなんて嫌だーっ!日本語⇔英語でもそこそこ誤訳があるんだから、英語⇔スペイン語の誤訳の可能性はゼロではない。パエリアかハモンセラーノぐらいしかスペイン語を知らない私が誤訳に気付くはずもなく、誤訳のせいでブタ箱行きに…なんてこともあり得る話だ。なんでこんな時だけ都合よくネット使えるんだよぉとブツブツ呟きながら、仕方がないので警察の質問にGoogle翻訳で回答することにした。

警官「どこから来た?」
多田「日本からです。」
警官「お前の友人もか?」
多田「全員日本人ですが、1名はラオスに住んでいます。」
警官「キューバに来た目的はなんだ?」
多田「観光です。」

警官「ホテルで何があった?」
多田「ノンアルコールのピニャコラーダを頼んだら、アルコールが含まれていて。」
警官「ふんふん。」
多田「私はお酒を飲むと具合が悪くなる体質で。」
警官「へぇへぇ。」
多田「アルコールに気付かずピニャコラーダを飲んだら、具合が悪くなり。」
警官「ごるあああああああああ!!!!!」

 びくぅっっっ!!

■友人が舟をこいでいた

 相槌を止めた警官が突然大声で怒鳴り、その場にいた全員が驚く。友人1名を除いて。なんと友人が爆睡し始め、それに対して警官が怒っていたのだ。事情聴取中に人の心証が悪くなるような態度はやめてくれよ〜。

友人「今朝メーデーで早起きしたから疲れちゃってさぁ、ごめ〜ん」

 こっちは世界遺産でできたドミトリー……いや留置所で過ごすことになるかもしれないというのに、なんて軽いノリなんだ……。眠気を必死に耐える友人を横目に、その後もピリピリした雰囲気で事情聴取は続き、30分くらい経過した頃だろうか。どんなお沙汰が下るのかヒヤヒヤしている私に、調書を完成させた警官がバーの店員以上に斜め上な発言をしてきた。

警官「ねえ、ナルト知ってる?」
多田「へ?」
警官「お前日本人だろ? ジャパニメーションの『NARUTO -ナルト-』だよ」
多田「え? あ? はい、知ってますが?」
警官「いいよねー! 俺、ナルト大好きなんだよ! サクラ可愛いよね!」

 これは一体、何の事情聴取だろうか? ナルトと今回の事件にどんな関連性が? よく分からないけど、ここは警官に話を合わせるしかないってばよ。

多田「『ドラゴンボール』も知ってる? 『デスノート』は?」
警官「もちろん! でも俺はナルトが一番好きだな」
多田「『聖闘士星矢』は?」
警官「知ってるよ〜! 日本のアニメは最高だよな!」

 何故かどんどんご機嫌になる警官。キューバで日本の、しかも近年のアニメが見られることに驚くが、本題の事情聴取から随分と遠くまできたもんだ。

警官「もう帰っていいよ」
多田「……帰っていいの? 1USドルは?」
警官「いらねえよ、じゃあな!(いい笑顔で)」

 つまり釈放でいいのか? 警官が良いと言っているから良いのだろう。ナルトだけにキツネにつままれたような顔で、我々は警察署を去った。その後キューバを出国するまでこの一件で警察に絡まれることもなく、チェ・ゲバラよりもナルトの印象が色濃く残り腑に落ちないキューバ旅行の思い出が心に刻まれた。

■今回のスケジュールと費用

<スケジュール>

■4/26(土)

10:45 NRT - 13:25 ICN / バニラエアJW201

18:20 ICN - 12:35 YVR / エアカナダ AC64

13:55 YVR - 21:15 MEX / エアカナダ AC996

メキシコシティ空港泊

■4/27(日)

08:45 MEX - 12:15 HAV / クバーナ航空 CU131

サンタクララ観光、民宿泊

■4/28(月)

トリニダー観光、民宿泊

■4/29(火)

トリニダー観光、民宿泊

■4/30(水)

ハバナ観光、民宿泊

■5/1(木)

メーデーパレード参加

警察連行

ハバナ観光、民宿泊

■5/2(金)

06:32 HAV - 08:08 PTY / コパ航空 CM295

パナマ運河観光

ホステル泊

■5/3(土)

07:28 PTY - 11:24 SXM / コパ航空 CM134

飛行機スポッティング

セントマーチン島 / ダッチサイド ホテル泊

■5/4(日)

飛行機スポッティング(KLM747)

セントマーチン島 / フレンチサイド ホテル泊

■5/5(月)

アンギラ観光

セントマーチン島 / ダッチサイド ホテル泊

■5/6(火)

飛行機スポッティング(KLM747)

15:59?SXM - 17:03 SJU / ジェットブルー B6851

18:35 SJU -? 21:41 MCO / ジェットブルー B6-1134

オーランド泊

■5/7(水)

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート観光

オーランド泊

■5/8(木)

ケネディ宇宙センター観光

オーランド空港泊

■5/9(金)

06:15 MCO - 07:44 IAH / ユナイテッド航空 UA1500

09:00 IAH / ユナイテッド航空 UA1

■5/10(土)

- 12:35 NRT

?

<費用>

計208,880円

航空券代 97,420円(ICN-MEX、MCO-NRTは特典航空券)

宿泊代 11泊51,460円(民宿・ホステル・ホテル・モーテル)

その他 60,000円程度(交通・飲食・入場料・レンタカー・土産等)

 ユナイテッド航空が2014年2月に特典必要マイル数の大幅改悪を実施すると発表し、それまでに溜め込んだマイルを慌てて消費することになった。1月末に駆け込みで特典交換する人が殺到したためWEBサイトがサーバーダウンし、改悪が2日間延期されるほどの騒ぎになる事件だった。

 しかし改悪のおかげでアメリカとの国交正常化前のインターネットがないキューバを体験でき、セントマーチン島で優雅にビーチランディングする退役直前のKLM747を拝めたので、今となってはユナイテッド航空様様である。

 カリブ海リゾートの物価の高さはピカイチで、特典航空券利用の割に激しい散財を強いられたことが警察連行よりも結果としてはるかに恐ろしかった。

(多田 美和)

関連記事(外部サイト)