チケットの値段で行き先を決めろ!? あなたが知らない「旅の技術」〜準備編

チケットの値段で行き先を決めろ!? あなたが知らない「旅の技術」〜準備編

©iStock.com

いざ旅に出たいと思っても、航空券やホテルの予約に始まり、移動の道中、現地に着いた後も、何かと手間もお金もかかりがち。もっとスマートに、もっとお得に旅をしたい。そんなあなたにおくるのが、ホテル評論家・瀧澤信秋氏と、トラベルジャーナリスト・橋賀秀紀氏による、超マニアックな旅のノウハウ対談。「準備編」「出発編」「現地編」の3部構成でお届けする第1回は、いざ旅に出ようとおもったときの「準備編」。いきなりのディープな内容にのけぞること必至!

◆ ◆ ◆

瀧澤 今回は、マニアックに旅をしている僕たち2人にお役立ち知識を話してほしいということだったんですが、果たしてどこまで使える知識なのか……僕は基本的にホテルとその周辺のグルメにしか興味がないので、たとえば広島には百何十回と行っていますが、宮島には一回も行ったことがないみたいな(笑)。

橋賀 偏り方でいったら私も似たようなものです。私も東京から稚内までマイレージで旅をするのに、静岡空港発でわざわざ那覇に飛び、羽田を経由して稚内に向かうような人間ですから。そこから利尻→札幌→釧路→羽田→バンコク→羽田というルーティングにしたのですが、ひとまず那覇経由に関していえば、できるだけいろんなところに行けたほうがいいじゃないですか、沖縄もちょっと味わえるし(笑)。

瀧澤 那覇空港なんて、空港内だけで気分は“ハイサイ”になれますもんね(笑)。そんな特徴的な2人が、まず出発前、旅をすると決めたときに何をするかが、第1回のお題なんですが……。

橋賀 そもそも順序が違っていると思います。旅をすると決めたり、目的地を定めたりしてからチケットをとるのではないんです。まず最初のアドバイスとして、「(1)毎日チケットサイトを見よう」、そして「(2)煩悩を捨て去れ」とお伝えしたいですね。

瀧澤 いきなり激しいですね(笑)、その心は?

橋賀 格安航空券が比較できる「スカイスキャナー」というサイトがあるんですが、私は毎日ここをチェックしています。実は私この夏にタンザニアのキリマンジャロに行くんですが、ある日「スカイスキャナー」を見ていたら、往きが成田からキリマンジャロ、帰りはエチオペアのアディスアベバ発成田行きというチケットが5万9000円だったんですよ。キリマンジャロなんてまったく行く予定がありませんでしたが、その瞬間に行くと決めていました。今年の10月もペルーに行くんですが、それもソウル発のペルー行きが57190円と安かったから。

瀧澤 なるほど(笑)、チケットの値段優先で行き先を決める、と。

橋賀 “煩悩”を捨て去ればいいんですよ。たとえばお盆にハワイに行きたいとすると、今回調べてみたんですが、8月12日東京発で現地を19日発のJAL直行便は、21万4160円もかかるんですよ。それを1日だけ帰国日を早めて中国東方航空にすると、13万6728円。ここまで来たら、今度はハワイという煩悩を捨て去ればいい(笑)。行き先をバリに変えれば、日本からジャカルタまではJAL利用の航空券でも11万2824円でした。

■空港パーキング料金>ホテル宿泊費+パーキング料金

瀧澤 そもそも旅に対する感覚を変えればいいんですよね。僕がオススメしたいのは、「(3)空港近くに一泊してホテルのパーキングを使え」です。僕は妻と2人で旅に出ることが多く、相当な遠隔地以外は車での移動が基本です。飛行機利用といえば、今LCCは本当に安くなってきていて、沖縄でも札幌でも、2人で往復してもレガシー・キャリア(既存の大手航空会社)1人分の往復より安いような時代になってきました。成田発の話になりますが、成田空港のパーキングは高いんですよ。そこで考えるべきは、ゆっくり成田のホテルに前泊して、パーキングに車を停めていくということ。成田のホテルは、狙えば1人3000〜4000円で泊まるケースもあります。

橋賀 泊まって車を置いていくというのは、ホテル側も推奨しているんですか?

瀧澤 はい、前泊か後泊すればいい、と。ただ最近は、宿泊せずに無断で車を停めて無料送迎バスで成田に向かうというけしからん輩が出てきたので、ホテル側も駐車料金を300円ほどとるところも出てきましたが。それでも成田空港のパーキングは5日目では1日24時間の上限が2060円なので、5日間旅に出て戻ってくると、10300円。すると、前泊&ホテルに駐車したときの料金と逆転現象が起きてくるわけですね。

橋賀 なるほど。瀧澤さんはホテル評論家でいらっしゃるわけですが、ホテルの予約にかんしてはいかがですか。

瀧澤 これはもう炎上覚悟でいいますけど、「(4)ホテルの予約は当日でもいい」と、僕個人としては思っています。

橋賀 ええっ!?(笑)

瀧澤 だって、旅に行きたいかどうかなんて当日までわからないじゃないですか。仕事がフリーランスなので参考にならないかもしれませんが、その日に自分が旅に出たいかどうか、そういう自分の気持ちや欲求に素直に従うべきだと思うんです。先ほど妻と一緒に旅行に行くことが多いといいましたが、伝えるのもいきなりですよ。「あ、ANAの札幌行きがキャンセル出てる、行こう」と(笑)。現地でも、ホテルオークラを当日料金で安くおさえられました。レンタカーだけは苦労して、荷物配送用のバンしか借りれずにホテルでは搬入口に案内されてしまいましたが(笑)。今はウェブでリアルタイムで情報が反映されますから、当日でもけっこうキャンセルが出て、なんとかなるんですよ。

橋賀 値段にかんしても、当日まで値段が変わらないものもありますが、LCCなんかは前日までは安いことが多いですもんね。ここで「準備編」の最後になりますが、「(5)新幹線の切符に注目せよ」ですかね。今年の夏、JR九州が「激安!サマーバーゲンきっぷ」という九州新幹線がありえないほどお得になる切符を売り出したんです。博多‐熊本間が1000円、福岡市内ー鹿児島中央間が2000円。しかも8月10日〜20日のお盆の間にですよ? こうした動きが出てきたのはいいことですね。ぜひ東海道新幹線も参考にして、導入してもらいたいものです(笑)。

構成/宮田文久

◆◆◆

瀧澤信秋(たきざわのぶあき)/ホテル評論家として利用者目線でホテルのサービス、ホスピタリティなどを精力的に取材。主な著書に『365日365ホテル 上』(マガジンハウス)『ホテルに騙されるな! プロが教える絶対失敗しない選び方』(光文社新書)など

橋賀秀紀(はしが ひでき)/トラべルジャーナリスト。筑波学院大学非常勤講師。東京都生まれ。著書は『エアライン戦争』(宝島社)など。海外渡航暦は200回以上。

* * *

《ここまでのノウハウまとめ》

▽準備編
(1)毎日チケットサイトを見よう
(2)煩悩を捨て去れ
(3)空港近くに一泊してホテルのパーキングを使え
(4)ホテルの予約は当日でもいい
(5)新幹線の切符に注目せよ

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)