「滝川クリステルってなんなの問題」 解決のヒントは「雅美」だった

「滝川クリステルってなんなの問題」 解決のヒントは「雅美」だった

首相官邸で記者会見をした小泉進次郎さんと滝川クリステルさん

 滝川クリステルと小泉進次郎の結婚。前代未聞の首相官邸でのツーショット会見が話題になりました。6年前、滝クリが「お・も・て・な・し」でぶち上がってた時、誰もが不思議に思っていたはず。オリンピック招致活動に、アスリートはわかる、政治家もまぁわかる。しかしなぜ滝クリなのだと。滝クリってなんなのだろう。わからないまま時は流れて、6年後の今、「政界のサラブレットなんだから官邸会見アタリマエ〜」と突然アルシンドばりに迫ってきて我々を再び混乱させる。「滝クリってなんなの問題」は未解決事件ファイルなのです。

 しかしその未解決事件を紐解く一つのヒントが、進次郎の兄である小泉孝太郎より発せられていたのをご存知でしょうか。「クリステルさんは進次郎のことを『しんちゃん』って呼んでますね。進次郎はクリステルさんのことを、日本名があるのでそこの名前で。公表してなかったらアレなので僕からは言えないですけど」。孝太郎が何となく言うのを控えた滝クリの本名、「滝川雅美」。ということはです。「雅美、俺はこれから横須賀で街頭演説だ」「早く仕事終わらせて雅美にお・も・て・な・しされたいな〜(*^_^*)」などLINEしてる可能性もゼロではない。

■何となく「クリステル」だったが「雅美」となれば話は別

 進次郎がクリステルより呼びたいその名。雅びやかで美しいと書いて雅美。確かに「雅美」の所業と考えれば、この人の謎のグイグイも全て合点がいきますし、何ならいいぞ雅美、もっとやれという気持ちにすらなる。なぜなら日本の雅美はすごいから。雅びやかで美しく、力強い女はだいたい雅美、これは歴史が証明してるのです。

 今まで何となく「クリステル」という名前のエアリー感で難を逃れてきたかもしれませんが、雅美となれば話は別です。雅美の世界で生きていくなら、雅美の世界で頂上(テッペン)取りたいなら、残念ながら、これだけの魑魅魍魎と渡り合わなければならないのですよ。神奈川を制するものは高校野球を制す。雅美を制するものは世界を制す。クリステルリーグとはレベルが違う。

 というわけで今回は日本のすごい雅美を一堂に集めて「M-1」グランプリ、いや「Masami-1」グランプリを開催。滝クリに雅美界で生きていく覚悟を問うと同時に、心ばかりのお祝いに変えたいと思います。

■「Masami-1」グランプリ開催、トップバッターは?

【エントリーNo.1】「北九州が生んだスーパーヒール」デビル雅美

 女性からの支持がイマイチと言われている滝クリ。「いいわ、どうせ私はヒールだから」と斜め45度でタカをくくってるとこの人にパワーボムを食らわせられるぞ!! 1978年全日本女子プロレスよりデビュー、稀代のヒールとして一時代を築いたデビル雅美。「デビル雅美」とは別人格の「スーパーヒール・デビル雅美」も操るこちらの雅美。おそらくデビル雅美に憧れてトミーフェブラリーはトミーヘブンリーを名乗り出したんでしょうね。なんちゅうインフルエンサーなんだ雅美。プロレス界随一の歌唱力を誇り、4枚目のシングル『サイレントグッバイ〜たとえ悲劇でも〜』は、角川3人娘の一角・渡辺典子主演『赤い秘密』の主題歌にも。現在は本名の「吉田雅美」に戻り、北九州の漬物屋さんの店長として働く。滝クリよ、マルチで活躍とはこのことだ!!

【エントリーNo.2】「常勝関西からの刺客」久本雅美

「テレビで『雅美』と言われるたび、私が結婚するの?と思ってしまった。でも彼女と何度も仕事してるけど同じ“雅美”と一言も聞いたことがなく、知らなかった!」こちら出演舞台の会見で滝クリ結婚を振られた時の久本雅美の弁。1984年にワハハ本舗を立ち上げてから、下ネタと信心でバラエティ界を席巻してきたマチャミに「雅美カミングアウト」をしてこなかったとはどういう了見なんだ滝クリ。マチャミがどんな気持ちで長年「よろチクビ」やってると思ってるのか。それをどんな気持ちで周りは見つめてると思ってるのか。「お・も・て・な・し」ギャグ一本で食っていきたいなら、パイセン雅美へのリスペクトを。政治家そういうの大事なんでしょ!!

■“美女アスリート“と“悪い女”も参戦!

【エントリーNo.3】「美女アスリート界のダークホース」田中雅美

 シドニーオリンピック水泳400mメドレーリレー銅メダリスト。シドニーで一線を退き、留学を経てレポーターなどで活躍するも再び現役復帰しアテネへ。何というど根性雅美。メドレーリレーによる銅メダル一個では決して満足しない、これがアスリート雅美だ。潮田玲子、田中理恵、浅尾美和など猛者ひしめく「美女アスリート→タレント」枠の中で、ダイエット本を出したりこまめにSNS更新したり、ママタレ界隈にも目配せを忘れない。芸能界という荒海で水を掻き続ける、メダリストの脚力ここにあり。オリンピックの雅美は滝川じゃねえ、田中だ!! ちなみに日本ハムファイターズファン。

【エントリーNo.4】「若大将をも震え上がらせる“たぬき顔”」大林雅美

 居並ぶ凄腕の「雅美」の中で、ひときわ異質な輝きを放つのが大林雅美。加山雄三の父であり昭和を代表する2枚目スターだった上原謙の後妻に入り、「老いらくの恋」「加山家との確執」などワイドショーは空前の雅美フィーバーに沸いた。加藤茶&綾菜の比じゃない好奇とバッシングをパワーに変え、上原謙との離婚後『悪い女かしら』シリーズを出版。「私の幸せさがしの旅」「男と女のふれあい旅」というふんわりしたサブタイトルがついているがゴリゴリの暴露本だ! つよい!! 色々めんどくさそう(推測)な名門家の人々に楯突いてからが、真の雅美なのである。ちなみに娘である仁美凌は若山富三郎の長男・騎一朗と結婚→離婚→結婚→覚せい剤→離婚と、これまた数奇な運命を辿っている。

◆ ◆ ◆

 この雅美たちの中にあっては、共同テレビから、かつて入社試験で自分を落としたフジテレビに出向し「斜め45度の女神」として一躍人気を博し、気づいたらオリンピック招致に一枚噛み、気づいたら小泉次男と結婚……そんな経歴など小童も同然、まだまだ小雅美ですよ。どうか持って生まれた野心ぶちかまして、「結局この人何もしてねえ」と国民に気づかれてしまった進次郎のケツを叩き、弱者へ本当の「お・も・て・な・し」できる日本に。雅美ならできるはず。以上、私の心の水野真紀がお送りしました〜。

(西澤 千央)

関連記事(外部サイト)