ツイッターに起きている「騒がしい街宣車効果」 “極端な人たち”をミュートすべきかブロックすべきか

ツイッターに起きている「騒がしい街宣車効果」 “極端な人たち”をミュートすべきかブロックすべきか

©iStock.com

 総選挙や地方選のときになると、街には選挙運動車があふれ出す。スピーカーでしつこいほど候補者名を連呼し、「最後の、最後のお願いです」と叫ぶ。毎回うんざりしている人は多いだろう。一部の有権者にはそれなりの効果があるから今も続いているのだろうが、名前の連呼を聞くたびに「この候補には絶対投票したくない」と思う人は少なくないはずだ。

 最近は少なくなったが、右翼団体の街宣車もうるさかった。装甲車ばりの真っ黒な車で軍歌を流し、軍服みたいなのを着て大音量で威嚇する。そういえばだいぶ昔の話だが、新聞社にいたころに同僚の公安警察担当記者から「右翼が六本木の中国大使館前で、『こらーエザワー、出てこいエザワー』って叫んでたよ。警備の警察官も苦笑してた」と聞いたことがあった。1998年、当時の江沢民国家主席が来日したときの話である。

 日本国内で右翼のイメージが非常に悪いのは、あの黒塗の装甲車の印象が強烈に、いまだ色濃く残っているからではないかと思う。右派は中道寄りから極右までいろんな集団や党派があるが、暴力団に近い街宣右翼のイメージに迷惑をこうむってうんざりしていた人は少なくなかっただろう。

 「騒がしい街宣車」のせいで、人々の持つイメージは悪くなってしまう。そうじゃない地方政治家やそうじゃない右翼もいたはずだが、十把ひとからげで「騒々しく迷惑な人たち」とイメージされるようになってしまうのだ。

■同じことはツイッターでも起きている

 同じようなことが、近年のツイッターでも起きている。強い言葉を使って他者を罵る人たちがいて、そういう罵声を日々見ていると、その人たちが属している党派や集団のすべてに嫌悪感を感じるようになる。「反日けしからん」「韓国人出ていけ」と大声をあげる人たちをたくさん見ていると、右派に嫌悪感を感じるようになる。逆にいろんな人を「ネトウヨ」呼ばわりしたり、福島県民を罵ったりする人たちを見ていると、左派にうんざりしてくる。

 インターネットの「エコーチェンバー効果」というのがある。エコーチェンバーは反響室のことで、同じような価値観の人たちとばかりコミュニケーションし、共感しあっていると、閉鎖的で偏った意見や価値観がどんどん仲間内で増幅してしまって、孤立した島宇宙のようになって先鋭化し、デマや罵声の温床になりやすい。

■罵声や中傷が飛び交い、その人たちを嫌いになる

 ネットでは「自分の見たいものしか見ない」ことができるので、エコーチェンバー効果が非常に起きやすい。これは大きな問題とされているが、じゃあエコーチェンバーの外側にいる人は、エコーチェンバーと無縁でいられるのかというと、そうではない。本物の反響室は、音漏れしないようにコンクリートなどで外壁を覆って遮音してある。だから中の音は外には聞こえてこない。でもネットのエコーチェンバーは、ツイッターのようなオープンなSNSで起きるし、たいていの利用者は鍵などかけていないので、中の声は外からも丸聞こえになっている。

 そうなると、エコーチェンバー現象で先鋭化し、飛び交っている罵声や中傷が、そのグループとは無縁な外の人間にも聞こえてしまう。そういう声をさんざん聞かされると、外部の人はその人たちが嫌いになっていく。これを仮に「騒がしい街宣車効果」と呼んでみたい。内部から見たエコーチェンバー効果は、外部から見ると騒がしい街宣車効果になる。この2つは、表裏一体だ。

■「騒がしい街宣車効果」を避けるためには?

 この表裏一体の問題には、厄介なことがひとつある。それは、エコーチェンバー効果は自分が先鋭的なグループにはまらないようにすることで避けることができるけれども、騒がしい街宣車効果は先鋭的じゃない人にも感染してしまうということだ。先鋭的なグループの罵声を外から見てしまうことで、そのグループの持っている考え方や価値観のすべてが嫌いになってしまう。そういう危険性を秘めているのだ。

 エコーチェンバー効果だけでなく、騒がしい街宣車効果も、やはり分断を加速させるので、非常によくない。では、騒がしい街宣車効果を避けるためには、どうすればいいのだろうか。

 根本的な解決方法などとうてい見つからず途方にくれるけれども、私はとりあえず2つの対症療法を考えている。ひとつは、先鋭的ではない、中庸な意見をたくさん読むようにすることだ。極端に先鋭的な右ではなく、中道よりの右。極端に罵声をとばしまくる左ではなく、穏健な左派。私は両方の人たちを見つけてはツイッターの個人的なリストに入れて、毎日これらの人たちの意見を読むようにしている。たったこれだけのことでも、左右に対する忌避感はだいぶ収まるようになる。

■“極端な人たち”をミュートすべきか、ブロックすべきか

 もうひとつは、ある程度の棲み分けを進めてしまうことだ。つまりそういう意見は目に触れないようにすること。私はこのために極端な人たちのアカウントをミュートするようにしてきた。世界のさまざまな意見が見えなくなるのは決して良いこととは思えないが、しかし自分が騒がしい街宣車効果に感染して忌避感が高まってしまわないようにするためには、やむを得ないのではないかと思ったからだ。

 しかし残念なことに、ミュートには限界がある。ミュートしてもそういう相手からはこちらのツイートが見えてしまうので、リプライで罵声や個人攻撃などが送られてくる。本人の発言はミュートしているので見えないが、それに引きずられた同じグループの先鋭的な人たちのリプライが押し寄せてくる。

 これはミュートでは対処できない。私は(記憶にある限りでは)この5年ぐらい、ツイッターのブロック機能は使わないようにしてきた。さすがに互いがまったく見えないというのは、フラットな言論空間を目指す理念としてはあまりによろしくないと考えるようになったからだ。しかし大量に罵声や個人攻撃がやってくるのを見ていると、残念なことにもはやそういうことも言っていられないかなとも思うようになっている。

 フラットな言論空間を優先するのか、それとも騒がしい街宣車効果の防止を優先するのか。ここは難しい問題ではあるけれども、いったんは私は後者を優先しようと思う。そしてこの記事が公開された段階で、罵声や個人攻撃の軸になっているようなアカウントをいくつかブロックする予定でいる。

 エコーチェンバー効果と、騒がしい街宣車効果。SNSが普及して民意が前面に押し出てくるようになって、政治もメディアもSNSの民意に押し流されていく中で、この表裏一体の二つの問題にどう根本的に対処するかが、いま求められていると思う。これは私たちがこれからじっくりと考えていかなければいけない重要な課題だ。

(佐々木 俊尚)

関連記事(外部サイト)