議員半分以上が逮捕される異常事態!? 「疑獄」で揺れる東京市議会の酷すぎる事件簿

議員半分以上が逮捕される異常事態!? 「疑獄」で揺れる東京市議会の酷すぎる事件簿

昭和の疑獄事件「ロッキード事件」東京地裁前 ©文藝春秋

曰く「砂利疑獄」「板舟疑獄」「ガス疑獄」等疑獄に明け疑獄に暮れた「伏魔殿」東京都の仮面を剥ぐ。筆者は当時の朝日市政記者。

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「東京都大疑獄事件」( 解説 を読む)

■パトロンの睨みで昇進する都会議員たち

 東京都程、情実の盛んな所はない。小さな情実が大きな情実を生み汚職事件に発展してゆくのは今に限ったことではない。

 周期的に起る東京都の疑獄事件の中、その代表格ともいうべきものが大正9年11月から検挙に着手したガス、砂利、道路疑獄である。大正10年10月11日から公判が開始されたが、起訴された者は官吏、公吏、代議士、市会議員、実業家など全部で70人、特に公判の時東京地裁は控訴院の大法廷を使用せねばならなかったほどであった。

 大正9年11月、先ず市参事会議員で衆議院議員を兼ねていた高橋義信氏の出頭を求めたが病気のため出頭出来ないというので、特に臨床訊問を行い、確証を得た。その前に業者2,3の検挙はあったが、当時世論は、「呑舟の魚を逃がすな」との声が高かったのに応じてか、いきなり巨魁の検挙ということになったものらしい。当時の新聞記事を見ると、警視庁は「特に司法省用の自動車を借りて八方に飛び」と書いている。当時は自動車を使って飛び回ることは余程の大事件に限られていたのであろう。当時高橋氏は57歳、下谷区議から東京市議となり更に代議士となり東京市会には隠然たる勢力を持ち、道路局や用地課などは高橋の思いのままになったといわれ、下谷西町に住んでいたが、西山御殿と通称され、「西山詣での吏員達で賑わった」と新聞は誇張しているが、それほどでなくとも高橋系の吏員達は昇進が早かったことは事実らしい。

 この傾向は、東京都になってからも続き最近はやめたそうであるが、東京都の役人の履歴書にはちゃんと、パトロンの名前が書き込まれてあった。A系、B系と都会議員の名が書き込まれてあって、人事異動をやる時の重大な参考にしたものだという。昔はひどかったものらしい。どんな凡くらでもパトロンの睨みによって昇進が左右されていたのである。

■砂利、道路工事で私腹を肥やす市議たち

 砂利の不正納入から続いて道路工事の不正も摘発されるに至った。東京都の道路は現在はかなりよくなったが、30年前の道路はひどかった。道路でどじょうを漁ったという一口噺さえあるほどで、表通りは一応舖装されているが、一歩裏町へ出ると、田植が出来そうな泥濘は珍しくなかった。

 当時道路舖装用としては木塊歴青コンクリート、アスファルト、石塊が主であったが、道路行政に市民が何にも知らないことを奇貨として、予算通りに帳簿の上では工事していることになっていても、実際は工事の距離を縮めたり、低質の材料を使ったり、ごまかしはいくらでも利いた。現在、道路は道路部直営でやっているが、当時は市営と請負制度とがあった。間もなく道路局の係長と4名の道路局員が検挙されて事件は日増しに拡大して行った。

 砂利納入についても、不正が行われていた事が判ったが、砂利は素人では坪数の正確さはわからないので、いくらでもごまかしが利いたのである。当時の市長田尻稲次郎氏は元会計検査院長で学者肌、飄逸な人格者であったが、市疑獄事件の感想を聞かれてこう語っている。

「事件の性質はよくわからないが、伝えられる通りだとすれば怪しからぬ事だ。今までの事件の進行を見ると小さなものだけ検挙されて大きなところはいつでも免れている。鯨を逃さないようにしたいものだ。今は鰯のような者だけだが」

 と、多分に弥次馬的、なことを言っている。当時警視庁の刑事課長が正力松太郎氏だったが、「市長がひと事のように言うのは怪しからぬ」とカンカンに怒ったそうである。

 大正9年11月中に道路局道路課呉服橋出張所主任が拘引され、続いて東京道路株式会社専務本田周一が検挙された。此の本田専務は有楽橋畔に砂利置場を作り、「東京市道路課派出所」の看板で長年罷り通っていた。

 田尻市長は大正9年11月26日、辞表を出して、さっさと自宅に帰ってしまった。「苟しくも東京市という大きな台所から、10人や15人の不心得者を出したからとて、その度に市長が辞めていては市長になりてはなくなる」との批判もあったが、田尻市長は、「梨下に冠を正さすというが、犯罪嫌疑で引っぱられる吏員のあることは、市長の眼の届かなかった為めである。ふし穴同然の眼力しかない者はさっさとその職を去るべきのみである」

 と言って一切の慰留に従わなかった。

 この退陣の鮮やかさは、現在の都知事たる安井誠一郎氏のいい参考になると思う。

ガス会社が大金をバラまいた「ガス問題」

 大正9年の11月27日、市会は後任市長選挙を行った結果、後藤新平氏が当選した。

 後藤氏も意外だった。訪問の新聞記者に後藤氏は、「私の如き者の出る幕ではない。絶対に受諾しないよ」と語り固辞して受けようとしない。

 その日から市会各派の委員は麻布の後藤邸に日参した。最後に渋沢栄一翁までやって来て、後藤氏の承諾を求めた。財界の長老として尊敬されている渋沢翁の勧告には流石の後藤氏も断わり切れなくなって、9年12月15日に承諾した。後藤氏は「仕事は市長自ら采配をふるうまでもなく、助役が中心になってやるものだ」と、後藤氏の信頼していた永田秀次郎、池田清、前田多門三氏を引っぱって来た。三田助役(三人とも田がついていたので)は、市の施設改革を最も堅実にやって業蹟を残した名助役ぶりだった。

 市会も後藤市長は大物だからと年俸2万5000円を出した。田尻前市長は1万5000円であったのである。

 東京市疑獄事件はガス会社専務磯部保次氏の召喚留置で、ガス問題にも火がついた。

 ガス問題というのはガス会社が九分の配当を続けるためにはガス料金の値上をせねばならぬ。ガス会社と東京市との間には報償契約があってガスの値上げは市会の承認を得なければならない。そこで大正7年6月、東京市会議員の改選のあったのを機会に、ガス会社に有利な議案に賛成することを条件として、市議候補者中の有力な者へ選挙費用を支出した。

 この選挙の後東京市会の公和会の幹部たる辰沢延次郎氏にガス会社から懇請して、議員の説得方を依頼した。ガス会社の市議にばら巻いた金は39万円に上ったそうである。

 此のガスの臭いは大正7年当時からにおっていただけに、検挙となると火の手は早くいもづる式に次々に挙げられガス会社社長の久米良作氏にまで及んだ。

 大正10年6月8日には内務大臣床次竹二郎の名を以て、市政紊乱に関し東京市長後藤新平に対する警告が発せられた。

 此の大疑獄事件の公判は大正10年10月11日にその第1回が開かれたが、被告の一人は「こうまで社会的制裁がひどいとは思わなかった。社会から葬られた上に、法の制裁まで受けるのだからね」

 と新聞記者に語っている。此の公判は被告が70名で弁護士が86名という大公判になった。

 この地方裁判所の判決が大正11年3月30日大審院の大法廷で下ったが、被告高橋義信氏が懲役2年、追徴金は6万3750円であった。磯部保次、辰沢延次郎、久米良作、根岸治右衛門など、それぞれ1年6カ月から6カ月の懲役の判決があり、無罪となったのはたった2人で、68名が懲役又は罰金に処された。

■市民も愛想をつかし冷淡に 筋が通らない「板舟権疑獄」

 昭和3年夏から秋にかけて板舟権疑獄が起った。板舟権というのは大震災により、魚市場が日本橋河岸から現在の築地にかわった時に、移転に附帯して起った旧営業権の補償案で昭和3年3月30日の市会で、「70万円を補償支払うべし」との修正案が市会で可決された。

 それまで、旧魚市場営業者は新しい築地魚河岸で営業を継続しているのだから、何ら補償の必要はないという正論も市会内部にあり板舟権という権利は実質的に存在するものではないとして猛然に反対した市会議員もあったが、市民はもう東京市会に愛想をつかしたのか、極めて冷淡であった。もし市民が起上って反対運動を起せばこのような筋の通らぬ案は押し潰してしまうはずの案だった。

 市会各派とも党内の意見をまとめることが出来ず、自由問題とせざるを得なかったところに、魚河岸筋の策動がいかに各派に及んでいたかをうかがうことが出来る。しかも採決に当り記名投票を主張したのに対し、無記名投票を可とする者が多数であったことから見ても此の案の暗い面を物語るものであろう。

 投票の結果は42票対40票という際どいところで可決された。

 その頃、魚河岸から「板舟権を通すために」市会に打って出たという威勢のいい中老の市会議員があったが、その男が当時市政を担当していた私の所へ来て、

「朝日は何故板舟権補償に反対しつづけるのか」というから、私は、

「あれは闇の案だよ。真昼間出される案ではない」というと

「まあかたわになるのが嫌なら少し加減することだネ」と恫喝したことがある。

■相次ぐ検挙 市議が定員3分の2以下の異常事態へ

 間もなく昭和3年8月板舟権をめぐる疑獄事件の検挙が始まると、その男は真先に挙げられた。

 京成電車の市内乗入れについてもとかくの噂はあったが、検挙の手はこれにも伸び、市営バスの購入についても、市会の一部から当時の市電気局自動車課長に働きかけがあってこれも疑獄事件にまで発展し、江東青物市場使用料問題から検挙の手が延び、市のやっている仕事はどこをつついても膿が出ると評されたものだ。

 代議士瀬川光行や同じく中島守利、三木武吉氏も起訴されたが、東京市会では25人という市会議員(定員88人)が収容され、外に6人の欠員があったため、合計31人が欠け、市会は常に3分の2以下の議員で開かざるを得なくなり、全くその機能を喪失した。

 議員の欠員に対しては補欠選挙を行い、これを補充出来るのであるが、留置中の議員は依然として資格を有するのでいかんともなし得ない。6人の補欠選挙を行ったとしても開会毎に定員の3分の1の欠席を余儀なくされている。

■「東京市会の解散を命ず」

 世論は東京市会を解散すべしとの声がだんだん高くなって来た。これを代表したのが市の元老格ともいうべきで当時まだかくしゃくとしていた後藤新平氏と阪谷芳郎氏の2人である。2人とも元東京市長であり第一級の大物であったが、此の2人が相携えて11月30日首相官邸に田中義一首相と内務大臣望月圭介氏を訪れ市会解散の意見書を提出した。

 望月内相は昭和3年12月21日平塚広義東京府知事を招いて協議した後、

「市政第162条により東京市会の解散を命ず」という解散命令を平塚府知事に交付した。

 市会解散の命令書は東京府を通じて市側に伝達された。私はすぐに上野自治会館に市来市長を訪うたが、市来市長は少しも騒がす、市会解散などどこの国の出来事かといった風情であった。

「市会解散の命令があったそうですが……」

 と訊ねると、

「その事は電話で知りました。」

 と表情一つ変えない。流石に一かどのサムライだナと感心したものである。

 しかし市来市長が真に政治家であるならば市会解散前に辞職すべきチャンスは?み得た筈であった。市会解散の命令が下った時も辞職すべきいいチャンスであった。それを見過して、市来市長は翌昭和4年2月5日辞表を出した。東京市の財政計画を確立してからとの自負があったものらしいが、どうせ市長が変ったら計画はやり直しにきまっていたのである。

 裁判とは恐ろしく長くかかるもので、この控訴判決が昭和7年12月20日にあった。

 代議士三木武吉氏が懲役3月、中島守利同5月、正力松太郎氏が2月(執行猶予2年)などで、前代議士小俣政一外3名は無罪となった。

■またしても「ガス事件」 使途あいまいな大金の行方

 こうして昭和疑獄の第一幕が下りようとしている頃、第二の疑獄は既に芽生えていた。

 昭和4年6月、ガス会社は1億円の増資を商工省に申請すると共に、市会の承認を求めようとした。ガス会社は50万円をばら撒いた疑ありと、渋谷の若林茂という男が告訴したが、その間に脅喝が行われたのではないかと、東京地検の枇杷田検事が主となって調べて行った。そこでガス会社の経理課長を調べたところ、使途あいまいの金が100万円もあることが判った。

 そこで昭和7年9月7日、ガス会社の前常務であった鈴木寅彦氏を警視庁に引致し、使途不明の金のことを追及した。鈴木は昭和4年秋増資案が、商工省ガス事業委員会で葬られてから、1億円を5000万円増資と減額してそれとなく市の幹部の了解も得ようとした。

 昭和6年10月28日ガス会社は満々たる自信を以て、5000万円の増資案の市会承認を求めて来た。満々たる自信とは市会方面への運動は十二分に尽しているという意味である。

 一方商工省にも5000万円の増資認可を求めたところ、これは昭和7年3月29日付で認可された。

 昭和7年9月9日朝、東京市の高級助役であった白上佑吉氏が警視庁によばれた。贈賄幇助の容疑であった。

 検事が鈴木寅彦から送った2万5000円の金のことを追及すると、白上氏は、

「私は高級助役として機密費を使うのは当然である。市会議員から泣きつかれたり、ねだられたりすると金を渡すことも珍しい事ではない。個人的には鈴木常務と懇意ではあるが公人としては市民の不利になるような増資案には反対し、現に昭和4年6月の市会では、満場一致で増資案を否認しているではないか」と述べた。この検事の取調べに対する白上佑吉氏の諄々と述べた「助役稼業のつらさ」に検事も同感したという。

 鈴木から贈ったという金については、知人の鳥取県選出の多額納税議員たる奥田亀造が持って来ると言っていたが、私はまだ受取っていないと答えた。

■「島田という者だと偽名して寺へ当分おいてくれ」

 鈴木寅彦氏の手足となって働いていた「四天王」と呼ばれる4人があった。赤沼吉五郎と伊原伊之吉と近江哲蔵と宮崎親一である。

 その内の赤沼は今度のガス会社から金を贈る役を引受けていたので、早速警視庁から赤沼の家に行ったが、赤沼はガス疑獄事件が起ると共に姿をかくし杳として消息がわからない。栃木県野峰山々麓の古刹浄土宗永台寺に現われたとの情報があったので刑事4人がそれッとばかり飛んだ。永台寺の住職には、島田という者だと偽名して寺へ当分おいてくれとの事だった。

 警視庁では赤沼の行きそうな所を張込んでいたが、その張込先に住職が来て「私の寺にいる男ではないか」という話から、刑事達はすぐ住職に僧衣をぬがせ、背広を着せて足利市から自動車で永台寺に向ったのである。赤沼は寺から三町位手前で自動車を降り、自動車にしばりつけていた自転車を下していた。その横を刑事をのせた自動車は通り過ぎたのだった。

 赤沼は一眼で住職の変装を見破り、元来た道を一散に走り去ったのだった。7年9月16日赤沼は逃げ切れない事を観念し刑事の自宅に自首して出た。

 白上佑吉氏は林銑十郎大将の実弟だが、当時林氏は陸軍教育総監をしていた。この兄弟仲は非常によかったが、林総監は荒木陸相の下に、進退伺を提出した。それには及ばぬと慰留されて、留任した。

 昭和7年9月27日、東京市会議長民政党代議士大神田軍治氏が警視庁へ召喚された。これは昭和6年10月29日の市会議長選挙に際し、対立候補の溝口信氏の勢力が侮り難いのを見て、相当の金をばらまいたという容疑である。議員一人当り500円から1000円で十数氏を買収したというのだ。

■第二のガス事件と並ぶ「墓地事件」

 更に疑獄事件は、市営東部墓地(俗に八柱霊園といわれる場所)問題に飛んだ。千葉県葛飾郡八柱村の墓地購入に関する容疑だ。

 此の敷地は約20万坪あり、地主は吉田甚左衛門外数名が所有していた。市の予算としては坪3円であったが市参事会で揉んだ結果1円75銭で買収することに決定した。同地方の相場から言うとなお60銭ばかり高いというのだ。そこに贈収賄が行われたとの見透しで、吉田甚左衛門や市参事会員数名が起訴された。

 昭和9年4月11日、東京地方裁判所の判決言渡しがあった。鈴木寅彦は懲役6月執行猶予3年、白上佑吉は懲役10カ月、大神田軍治は懲役1年2カ月、前助役十時尊は懲役3カ月、地主吉田甚左衛門は懲役3カ月(執行猶予3年)前市議八田茂以下15市議は懲役2か月から5カ月までで3名の無罪もあった。

■「市会議員と言えばいつも悪いことをしている人間のように考えられては」

 昭和5年5月30日、永田秀次郎氏は堀切善次郎の後を享けて2回目の東京市長となったが、その頃市会議員の地方視察が盛んに行われた。

 それぞれが地方へ行く毎に話題を残して来るので、或時、私は永田市長に、

「貴方が就任されてから、市会議員の大名旅行は盛んとなったように思えます。市長はこれを自粛さす手はないのですか」

 と訊いた、

 永田市長は「これは書かれては困るが――」と前提してしみじみと市長としての心くばりを次のように述べた。

「大名旅行はたしかに怪しからぬ。新聞ではどしどし攻撃して貰いたい。しかし市長としては、なるべく地方を見て来るよう言って、許しているのだ。私の心配に堪えないのは、市会議員が、裏で悪いことに手を出すことだ。これで怪我をするとその人は一生を台なしにする。私はそれを心配している。視察旅行のように、名分の立つことをやっているのは、金も知れているし、それに悪いことをする気持を転換させるに役立つというものだ。君らの方ではどんどん攻撃してくれ、しかしもし一歩でも悪いことに足を入れている者があれば、私としては心外に堪えぬ。市会議員と言えばいつも悪いことをしている人間のように考えられては、市の権威はなくなる。私の苦衷を察して貰いたい」

 と述べた。私は市長がその時、眼をしょぼしょぼさせ乍ら語った印象の深い話を今でも思いだす。

 この2つの疑獄事件に対する検事のやり方もいろいろ耳に入った。拷問こそやらないが、10時間打っ続けて取調べるなどということも一種の拷問だ。「お前は」とか「貴様は」という言葉がいつも使われたそうである。

 今の地検はそれから見るとずっと民主化されている。それに拷問に類することもやらない。今度の疑獄事件に対しても、田尻市長ではないが「鰯のようなものだけで鯨でなくとも鮪ぐらいは逃さないようにしたい」と都民の一人として願わずにはいられない。

         (朝日新聞編集局嘱託)

(福馬 謙造/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)