「夏は脳梗塞のリスクが高い」脱水症状で思わぬ病気にならないための5つの健康法

「夏は脳梗塞のリスクが高い」脱水症状で思わぬ病気にならないための5つの健康法

©iStock.com

夏バテに効く“キラードリンク”は甘酒とココア 医者がすすめる「猛暑に負けないメニュー」4選 から続く

 今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日〜8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

※「週刊文春」2015年7月30日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

 真夏の脱水状態は血液をドロドロにして血管が詰まりやすくなる。「血栓」と呼ばれる血の塊が脳や心臓に飛べば、脳梗塞や心筋梗塞の恐れも。最新の大規模データによると「夏は脳梗塞のリスクが高い」ことが明らかになってきた。

◆◆◆

■(1)キーワードは『F・A・S・T』

 大櫛医学情報研究所長の大櫛陽一東海大名誉教授が語る。

「夏は脳梗塞の患者さんが増えて、8月がピークになります。昔から医者の感覚として『夏は脳梗塞、冬は脳出血の患者さんが増える』と言われてきましたが、私が解析を担当した2015年発行の『脳卒中データバンク2015』により、このことがはっきりと示されました。

 10万例以上の大規模データを解析したもので、それによると特に月曜日と土曜日に診断されるケースが多い。つまりその前日にあたる日曜夜と金曜夜に水分不足におちいりやすいということ。デスクワークの方なら普段は汗をかきませんが、日曜と金曜は外出したり運動したりする機会が多いからだと思われます」

 医師で医療ジャーナリストの森田豊氏は「朝方に注意してほしい」と語る。

「国立循環器病研究センターが調べた脳梗塞の季節別発生件数でも、夏(6〜8月)が最も多いという結果になりました。特に朝6時前後から起床時までの発生リスクが高いので、寝る前と起きた直後に200cc(コップ1杯)程度の水分を取ることが予防策になる。夏こそ禁煙や運動など、水分補給に加えてより健康に気を配るべきでしょう」

 脳梗塞の予防と予知でキーワードになるのは『F・A・S・T』。

「フェイス(顔)、アーム(腕)、スピーチ(言葉)、タイム(発症時刻)の頭文字です。Fは顔の麻痺がないか確認すること。Aは腕の麻痺をチェックすることで、Sは呂律がまわっているか。Tは早期発見で、発症から4〜5時間までだと早期治療が可能な“ゴールデンタイム”と言われています」(同前)

■(2)カレーを食べてあえて汗をかく

 高齢者の脱水症状は、認知症が発症する引き金になることも。

「認知症は予防できる」の著者で神経内科医の米山公啓氏が語る。

「脳梗塞から認知症の発症につながったり、それをきっかけにして寝たきりになる危険もある。特に高齢者はのどの渇きを感じなくなるので、脱水症状になりやすい。その対処法となるのは『時間吸水』という水分補給の方法です。のどが渇いたら水を飲むのではなくて、1時間おきに水を飲むなど定期的に水分補給をしていくことが重要です」

 汗をかく習慣も、大事なポイントになる。

「発汗によって汗と一緒に塩分が体外に出ていくので、スポーツ飲料を飲んだり、夏の間だけは塩分を補うため普段よりおかずの味を濃いめにするのもいいでしょう。たまにはカレーのような熱くて辛いものを食べて、あえて汗をかくのもいい。

 同じ温度のところにいると、どうしても汗をかかなくなって発汗作用がおかしくなります。シャワーではなく湯船に15分程度つかったり、朝か夕方にウォーキングで軽く汗を流すのもおすすめです」(同前)

■(3)野菜スープや梅干しで塩分補給

 認知症サポート医の高瀬義昌たかせクリニック理事長もこう警告する。 

「脱水症状は脳に直接ダメージを与えますから、ひどいケースだと“せん妄”といって意識障害になる危険もあります。家でクーラーをつけていても窓の近くで寝ていて脱水状態になったお年寄りもいました。夏はカーテンではなくスダレにしたほうがいいでしょう。

 食事制限のない方なら朝はしっかり食べて、食欲のないときでも塩分を含んだ野菜スープだったり、おかゆに小さな梅干しを一つ入れるだけでもいい」

 高齢者ほど「経口補水液を持ち歩いたほうがいい」と高瀬氏は語る。

「水やお茶だけを飲んでいると、かえって体内のナトリウム分が薄まってしまうため脳機能等が低下します。水分と塩分のほかに1〜2.5%の糖分を含んでいると、小腸粘膜の機能でこれらの吸収を手助けしてくれます。

 一番いいのは『OS-1』という市販の経口補水液で、これは“飲む点滴”といっていいでしょう。それ以外の類似商品は、糖分1〜2.5%が厳密に守られていないこともあり、おすすめはできません」

 心臓への負担はどうか。

 東京ハートセンターの南淵明宏センター長(心臓外科医)が解説する。

「脱水で血液の粘性が上がると液体も摩擦を持ちますから、心臓から血液を送り出す際、より多くの負担がかかります。血圧が上がって心臓の運動量や酸素消費量が増えれば、心臓をとりまく冠動脈がもともと細くなっている方では詰まりやすくなり、心筋梗塞が起こります。心房細動(不整脈の一種)も起こりやすくなり、心房のなかで血栓ができます。そしてその血栓が脳に飛んでいけば脳梗塞になります」

 心房細動の原因となるのは、脱水以外にアルコール、低血糖、睡眠不足などがある。

「汗をかいた状態でビアガーデンでビールを飲んだりすると危険ですね。

 対策としては、とにかく手元に水を置いておくこと。最近は涼しいところが増えて水分を摂ろうという気が起きないかもしれませんが、脱水に気づかないだけかもしれません。無理やりにでも水分を摂りましょう」(同前)

■(4)肺血栓予防のため同じ姿勢を続けない

 血管が詰まるのは脳と心臓だけではない。血栓が肺にくれば「肺血栓塞栓症」で突然死の危険もある。

 呼吸器専門医で池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が語る。

「いわゆる『エコノミークラス症候群』とも呼ばれている症状ですが、夏の脱水症状は日常生活でもこの危険にさらされます。この症状がやっかいなのは、熱中症と間違われやすいこと。倦怠感、息切れ、微熱など自覚症状が非常に似ている。熱中症と間違えて放置すると命を落とす危険があります。適切に診断されて治療した場合の死亡率は2〜8%ですが、適切な治療が行われなかった場合の死亡率は30%以上です」

 デスクワークが多いサラリーマンも気をつけたい。

「一昨年の夏に診た50代の男性会社員は、歩くと息苦しいと言うので血栓症マーカーを試したらすでに危ない状態。急いで大学病院を紹介すると、そこの待合室で心肺停止に。一命は取り留めましたが、発見が10分遅ければ命はなかった。この方は仕事が忙しくて水分を摂らず、一日中座り続けている生活でした。

 ずっと同じ姿勢を続けないことが大切。定期的に水分をとり、トイレに行きすぎるくらいのほうが軽い運動になっていい」(同前)

■(5)血管の詰まりを防ぐゴマとチョコレート

 血管の詰まりを予防するには「ゴマとチョコレートが効果的」と大澤俊彦愛知学院大学教授は語る。

「ゴマ特有の成分であるゴマリグナンは、動脈硬化の予防効果がある。ゴマ油にも含まれていますから、サラダなどにゴマ油をかけたり、ゴマをそのままふりかけるのもいいでしょう。

 他に動脈硬化予防で期待ができそうなのは、カカオポリフェノールが多く含まれたチョコレート。血管を広げてしなやかにするため、血圧を下げる効果があります。動脈硬化予防につながる善玉コレステロールを増やす効果もあります。私たちの研究では、認知機能の指標であるBDNF(脳由来神経栄養因子)の数値も改善しましたから、認知症の予防にも効果があります」

 水分と豊かな食生活で血管を鍛えよう。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2015年7月30日号)

関連記事(外部サイト)