「ジャニーさんの故郷で『美 少年』が公演!?」英語を話せないジャニオタが初めて海外遠征した話

「ジャニーさんの故郷で『美 少年』が公演!?」英語を話せないジャニオタが初めて海外遠征した話

リトル東京 ©iStock.com

 令和元年8月10日。私は一人で、アメリカ・ロサンゼルス行きの飛行機に乗り込んだ。推しのジャニーズJr.ユニット「美 少年」を観に行くためだ。これは、全く英語を話せないいちジャニオタの、初めての海外遠征奮闘記である。

■メンバーがジャニーさんに「海外に行きたい」と直談判

 美 少年は、2016年に結成された6人組。平均年齢約16.5歳の、Jr.の中でもまだまだ若手のグループだ。そんな彼らが、なぜ海外公演なんてすることになったのか。話は今年の4月までさかのぼる。


 その日、美 少年は日比谷のシアタークリエで始まる単独コンサートの記者会見をおこなっていた。その会見で、故・ジャニー喜多川社長が突然「今年の8月に、美 少年をロスに派遣する計画がある」と発表したのだ。

 なんでも、コンサートの稽古中に、メンバーの那須雄登くんと岩ア大昇くんが、軽い気持ちでジャニーさんに「海外とか行ってみたい」と直談判したのだそう。Jr.たちを自分の息子のように愛しているジャニーさんは、それを受けて本気で海外進出を企画しちゃった……という経緯である。

 そんな簡単に海外公演なんてできるの!?と驚く方も多いだろう。今回、美 少年が出演することになったのは、ロサンゼルス最大の日本人都市リトル・トーキョーの「二世ウィーク」というお祭り。実はジャニーさんはこのリトル・トーキョーの生まれで、二世ウィークもジャニーさんのお父さんが立ち上げたお祭りなのだ。つまり、多分めちゃくちゃジャニーさんの顔が効くお祭りなのである。

 現に、この記者会見のニュースを見て「ロサンゼルス!?!?」と驚く我々美 少年担に、TwitterのタイムラインにいるKAT-TUN担の先輩がたは、「昔、KAT-TUNも連れて行ってもらったことあるお祭りだよ」と、当時の新聞記事を引っ張り出してきて教えてくれた。ジャニオタ知恵袋、頼りになりすぎる。

 あまりに突然の発表だったが、私の心はその日のうちに決まっていた。なぜなら、私が美 少年の中で一番好きなメンバーが、直談判した那須くんなのである。好きな人が夢を叶える瞬間だ。絶対にこの目で見なきゃ、オタクとして後悔するに決まっている。

■公式SNSが一向に更新されない

 しかし、行こうと決意したのはいいものの、その後しばらく詳細は来なかった。仕方がないので、自分で二世ウィークの公式SNSをフォローして情報収集することに。……が、それも去年のものから一向に更新されない。

 唯一分かっていたのは「今年の開催期間は8月10日から18日まで」という情報のみ。KAT-TUNのように、このどこかで行われるパレードにだけ参加するの? それ以外にも出番があるの? 2ヶ月ほど、何も分からずモヤモヤした日々が続いた。

 6月半ば。相変わらず公式からのお知らせは何もなかったが、さすがにそろそろ飛行機を取らないとまずい。仕方がないので、すでに発表されている美 少年の日本での仕事の予定を手帳に書き込んで、ロサンゼルス行きの日程を予想してみることに。

 すると、8月9日から16日まで、不自然に1週間何も仕事がない期間があることに気づいた。同時に二世ウィークの過去の新聞記事なども読み漁り、パレードは例年、期間中の日曜日に開催されていることも把握した。今年は、8月11日だ。さすがに当日入りすることはないだろうと判断し、8月10日から14日まで向こうにいるプランで、飛行機と宿を押さえた。

 そして8月3日の朝。ついに、二世ウィークの公式SNSアカウントで、美 少年が10日と11日に出演することが告知された。それに伴い、美 少年から日本のファンに向けても告知があった。いや、情報解禁、1週間前って。遅〜!! アメリカ、緩〜〜!!!!

 でもとにかく、無事に発表されてよかった。出番のうちの1つは有料のチケット制だったので、現地時間の朝10時(つまり日本では深夜2時)に起きてチケットサイトに張り付き、粛々とチケットを購入。長い準備期間を経て、いよいよロサンゼルスへ。

■いよいよ美 少年がステージへ

 約10時間のフライトを経て、現地時間の8月10日11時にロサンゼルス国際空港に到着。この日の美 少年は、夕方17時からJACCCという広場でおこなわれる野外ライブに出演予定だった。ホテルに着き荷物を置いて、すぐに歩いて広場に向かう。

 広場の座席には、すでにたくさんの日本から来たファンがいた。数にして60〜70人くらいだろうか。正直、もっと少ないかと思っていたので驚いた。現地の人たちも、屋台で食べ物を買ったりステージを見たりして、平和に盛り上がっている。そして、いよいよ17時。イベントの司会が流暢な英語で何かを言って(なんて言ったのか全く分からなかった)、美 少年がステージに現れた。

 ステージの時間は、正味30分程度。日本でも披露したことのある曲ばかりだったが、全て新鮮な気持ちで見ることができた。日本に比べて湿気の少ない、気持ちのいい空気と木漏れ日の中、歌って踊る美 少年はとてもキラキラしていた。アクロバットをしたり衣装を早着替えしたりするたびに、現地の人から歓声が上がるのも嬉しかった。会場で合流した友達と、何度も「来てよかったね……」とささやき合いながら、コンサートを楽しんだ。

 その日は、友人となぜか中華料理屋でチャーハンを食べて解散。アメリカまで来てなんで中華を食べることにしたのかは覚えてないけれど、美 少年を見た後に飲んだ青島ビールはひときわ美味しかった。

■現地の人たちから「あの子たち何者なの?」と聞かれ……

 翌日は、午前中に友人とハリウッドを観光し、14時から2つ目の現場、グランドパレードに参加した。リトル・トーキョーにゆかりのある有名人が街を練り歩く催しだ。市長やお祭りの主催者、ミスリトル・トーキョーのお姉様がた、そして第二次世界大戦で生き延びたおじいちゃんたちも出演していた。

 美 少年は、メンバーカラーのワンポイントが入った白いスーツを着て、オープンカーに乗って街を一周した。控えめに言っても「スター」という出で立ちだった。現地の人たちから、何度も「あの子たち何者なの?」と質問され、その度に「日本で大人気のアイドルです!」と適当な英語で返事をした。リトル・トーキョーの住人たちも、きっと美 少年のファンになったことだろう。

 さらに予想外だったのが、この催しが写真・動画撮影可だったことだ。海外だし、もしかしたら……とは思っていたが、まさか好きなアイドルの写真を撮れる日がくるなんて……。持っていたカメラで一心不乱に撮影したが、あとで見返すと興奮しすぎてことごとくブレていた。こんな機会、もう二度と無いような気もするけれど、万が一のために、日本に帰ったらカメラ教室に通おうと決意した。

■ゆかりの地で、最後に育てたアイドルが公演するという運命

 そしてその日の夜は、ロサンゼルスでの最後の催しであるコンサートだ。会場は、ジャニーさんのお父さんが務めていた高野山真言宗アメリカ別院の本堂。ここで1時間ほど、現地の和太鼓チームとコラボしたコンサートがおこなわれた。

 ところで、ジャニーさんはこのイベントの1ヶ月前、7月9日に息を引き取った。もしかしたら、ジャニーさんも一緒に行くはずだったかもしれない、美 少年のロサンゼルス遠征。結局それが叶うことはなかったが、亡くなった直後に、生まれ故郷のお父さんが務めたお寺で、最後に育てたアイドルがコンサートをするというのは、なんとも運命的なものを感じてしまう。

 私は、ジャニーさんの選んだアイドルが好きだ。素直で、明るくて、まっすぐに夢に向かって突き進んでいくアイドルたちを見ていると、勇気がもらえる。美 少年も、もちろんジャニーさんが選んで集めたメンバー。ジャニーさん、美 少年を作ってくれてありがとう、と考えながら、コンサートを観ていた。

 最後には、メンバー全員がハイタッチでお見送りしてくれるというサプライズもあった。日本じゃ考えられない近さのイベントだ。メンバーは、激しいステージの後にも関わらず、最後まで笑顔でお客さんとハイタッチをしていた。私よりずっと年下なのに、本当に尊敬できる、大好きなアイドルだ。

■これからはジャニオタも海外だ

 私は学生時代から英語が大の苦手で、アイドルオタクじゃなかったら、きっとアメリカに行こうなんて思いもしなかった。しかし、いざ来てみると、英語は適当でも通じるし、なんとかなることが分かった。美 少年を好きになったおかげで、英語に対する苦手意識も克服できるなんて、つくづくオタクであることは人生を豊かにする。

 現在、ジャニーズ事務所は海外進出に向けていろんな計画を進めている。所属アイドルたちが続々と公式インスタグラムやweiboを開設したり、2020年にデビューする予定のSixTONESとSnowManは、それぞれ北米進出、アジア進出の予定があると発表された。今後、推しを追いかけて海外遠征するジャニオタは、ますます増えるだろう。そんなオタクたちに、「海外遠征って楽しいよ!」と伝えて、この記事を終わりたい。

(ユッケ(劇団雌猫))

関連記事(外部サイト)