首都圏はじっこ相模線&八高線の旅は、ムダに充実している

首都圏はじっこ相模線&八高線の旅は、ムダに充実している

(c)鼠入昌史

 ある人が「八高線沿線に住んでいる」と言った。それに対して、周囲は一斉に大笑い。「どんなド田舎から出てきているんだ」「クマかサルでも乗ってるのか」「じゃあお前は電車じゃなくて汽車に乗ってるんだな」。次々に飛び交う罵声。それに対して件の八高線民は「うるせえ、もうすぐ電化されるんだよ!」といきり立ち、一同ドッと笑ってオチがつく――。

 これ、90年代半ば頃の東京都心でしばしば見られた八高線あるあるトーク。神奈川県内では八高線を相模線に置き換えて同じような会話が繰り広げられていた。覚えている人もいるだろう(いない?)。ごらんのように八高線と相模線は“ローカル線”の代名詞だった。首都圏の通勤通学路線でありながらも90年代まで“非電化”で現在も単線という共通項、関東平野の西縁を走るという地理的条件、そして沿線の微妙な寂しさや田園風景など、どこからどうみてもローカル線だった。

■茅ヶ崎から乗車。海老名といえば、いきものががり

 ならば今、これらの路線はどうなっているのだろうか。筆者が執筆を担当した 『全国鉄道路線大全2017』 でも、もちろんこの2路線を紹介している。が、入れこめない要素もたっぷりあったので、ここで書き尽くすことにしたい。

 というわけで、早速相模線の起点・茅ケ崎駅である。茅ケ崎と言えば湘南。湘南といえば茅ケ崎。が、ここでは湘南気分を抑えて相模線に乗り込む。相模線はその名の通り相模川に沿って旧相模国を縦断する路線。というわけで、湘南茅ケ崎と言っても海は無視して内陸の北へ向かうのだ。

 相模線の沿線にある主要な町といえば、せいぜい海老名くらい。海老名と言えば、巨大サービスエリアといきものがかりが有名で、駅前にはナゾの七重塔を取り囲む商業施設ビナウォークが目立つ。が、海老名駅のメインは小田急線であり、相模線海老名駅はいわば“裏側”。小田急海老名駅との間には再開発を待つ空き地が広がり、なんともうらさびれた雰囲気が漂う。これぞザ・相模線である(一応ららぽーと海老名は相模線側)。

 茅ケ崎方面から乗り込んだ乗客の大半は海老名駅で降りてしまい、海老名〜橋本間の車内はガラガラ。そんな中、見逃せない駅のひとつが番田駅だ。周辺には住宅地が広がるだけのしがない無人駅なのだが、木造駅舎が完成したのはなんと1941年。その当時、相模線は相模鉄道の路線だった。そう横浜駅を起点に神奈川県内を走るあの大手私鉄・相模鉄道である。

■9月から建替え工事! 鉄道遺産・番田駅は見逃せない

 現在の相模線は言うまでもなくJR東日本の路線である。が、この路線を建設したのは相模鉄道だった。全線が開通したのは1931年。今でこそ沿線の宅地化が進んでいるが、開通当時はほとんどなにもなかったとか。そのため、相模線は人よりも相模川の砂利を運ぶのがメインのお仕事だった。寒川駅からは相模川に向かって支線が延びており、これが砂利輸送の主役。が、人を運ぶだけならよかったのだが、砂利輸送という役割のお陰で国に目をつけられ、戦時体制の中で国に買収されてしまった。結果、相模鉄道はルーツたる相模線を失って現在に至るというわけだ。

 そしてこの番田駅駅舎、相模鉄道相模線時代の面影を今に留める貴重な駅舎なのである。ただ、残念なことに9月から番田駅の建替え工事が行われることが発表された。完成後は鉄骨平屋建てのイマドキの駅に生まれ変わるとか。古き相鉄相模線の思い出を味わいたければ、今番田駅に行くしかない!

 そんな番田駅を過ぎて相模野台地の河岸段丘のアップダウンを抜ければ橋本へ。朝夕のラッシュ時には橋本から横浜線に直通して八王子発着の列車も多く運転されている。こうしてローカル線・相模線の旅は、東京都内へ。八王子駅からは、中央線に乗り換えて都心に帰りたい気持ちをぐっと抑えていよいよ八高線の旅のはじまりである。

■八高線のハイライトは、多摩川を渡る小宮〜拝島間

 八高線は、“八王子”“高崎”の頭文字を取った路線名から分かる通り、八王子から一路北を目指して高崎までを結ぶ。が、電化されている区間は高麗川駅まで。電化区間を走る列車はほとんどが高麗川駅から川越線に直通して川越駅に向かう。なので、電化区間しか利用したことのない人にすれば路線名の“高”は“高麗川”じゃないかと言いたくなるようだ。

 電化区間の八高線のハイライトは、多摩川を渡る小宮〜拝島間。この多摩川橋梁では1945年8月24日に列車衝突事故が起きて客車が多摩川に転落、105名以上が死亡している。沿線の宅地化が進んだ今ならまだしも当時の八高線に100名以上が乗っていたなんて信じがたいかもしれない。が、当時は終戦直後で復員兵や疎開先から都心に戻る人たち、買い出し客で超満員。最近の満員電車なんて比じゃないくらいのすし詰め状態だったようだ。それが川に転落するなんて悲惨というほかない大事故である。さらに悪い事に、折からの大雨で多摩川は大増水。荒れ狂う濁流に飲み込まれて流された犠牲者も少なくないという。

 ちなみにこの事故の2年後にも米軍横田基地の軽爆撃機が多摩川橋梁を通過中の列車の上に墜落する事故が起きている。多摩川を渡った八高線は、因縁ある横田基地を横目に北へ向かい、箱根ヶ崎〜金子間で東京都から埼玉県へ。完全に余計なお話だけれど、西武池袋線と接続する東飯能駅は我らが阪神タイガース・鳥谷敬選手の母校である聖望学園高校の最寄り駅である。

 八高線の高麗川駅も赤い瓦が印象的なこぶりな駅舎で、これまた駅舎好きにはたまらない雰囲気をたたえている。また、高麗川駅からは太平洋セメントのセメント輸送専用線が伸びていた。この専用線は1963年から1999年まで使われていたが今では廃止され、廃線跡は遊歩道として今に残っている。

■いよいよ非電化の本格的なローカル線

 高麗川駅でJR東日本の誇る気動車キハ110系に乗り換える。日中、電化区間は1時間に2本ペースだが非電化区間は1時間半に1本ペースと一気に本数が減少する上、乗継もほとんど考慮されていない点は八高線の旅をするなら要注意である。ここからはいよいよ八高線は非電化の本格的なローカル線で、沿線風景はそれまでの市街地からうってかわって田園地帯。毛呂山町(毛呂駅)や越生町(越生駅)などの周辺には市街地も見られるが、竹沢〜折原間は山間部の様相を呈する。そして荒川を渡ると東武東上線の終点でもある寄居駅。

 この寄居駅で秩父鉄道に乗り換えれば、荒川をさらに上流方面に遡って名勝・長瀞に。荒川橋梁を渡る八高線の車窓からも長瀞ほどとはいかないまでも、大河川の流れが作り出した切り立つ奇岩を眺めることができる。寄居駅から先も変わらず田園地帯を走り、神流川を渡るとついに群馬県内に突入する。この神流川のあたりは本能寺の変直後に織田家家臣の滝川一益と関東の雄・北条氏直が激突した神流川の戦いの古戦場。八高線の車窓から、そんな歴史に思いを馳せてみるのもいいだろう。八高線、兵どもが夢の跡。

■高崎駅はなぜか“帰り着いた”気持ちにさせてくれる

 八高線の路線としての終点は倉賀野駅だが、全列車が高崎線に乗り入れて高崎駅まで向かう。高崎駅では高崎線・上越線・両毛線・信越本線に加えて私鉄の上信電鉄に乗り換えることができるが、いずれも電化路線だから八高線だけが非電化。ふだん東京都心で暮らしている人にとっては高崎とて大層遠くに来た感じもするのだが、相模線・八高線の旅を終えてたどり着く高崎駅はなぜか“帰り着いた”気持ちにさせてくれる。これが気動車でのローカル線ならではということか。その後は、もう高崎線のグリーン車に乗って一路東京を目指すだけ、である。

 かくして、朝、茅ケ崎を出て相模線・八高線と乗り継いで、夕方にやっとの思いで高崎駅にたどり着く“首都圏ローカル線の旅”。沿線の車窓も茅ケ崎・海老名の市街地から起伏の激しい相模野台地、多摩川や荒川の大河川の流れに田園地帯と古戦場まで実にバラエティに富んだもの。その上205系というかつて山手線でも使われた90年代の首都圏の主役車両から気動車まで、乗れる車両もさまざまだ。そういう見方をすれば、八高線と相模線、ローカル線といえども意外と見どころは多いのである。途中下車を何回か繰り返しても充分1日で楽しめる列車旅、あなたもぜひ楽しんでみてはいかが?

写真=鼠入昌史

(鼠入 昌史)

関連記事(外部サイト)