心優しき青年が酷い目に……牛のうんこを焼きながら中秋の名月を鑑賞した話

心優しき青年が酷い目に……牛のうんこを焼きながら中秋の名月を鑑賞した話

市内から車で約2時間に位置するシラムレン草原。雨が降った直後で虹が見える。

 2015年6月にLCC春秋航空が中部国際空港セントレアから石家荘経由フフホト便を就航し、中国内陸部へ格安で行けるようになった(2017年9月以降運休)。

 これが大層サラリーマンに都合のいいフライトスケジュールで、金曜に1日だけ有休を取得すれば土日まるまるフフホトを楽しめて、月曜早朝帰国からのエクストリーム出社をキメることができる。ということで、2016年9月、実際に行ってきた。


フフホトで1泊2日の草原ツアーに参加

 フフホトは中国内モンゴル自治区の中央部に位置し、シラムレン草原で乗馬、クブチ砂漠でラクダ乗り、と一粒で二度美味しい観光地だ。内モンゴル自治区の観光ピークは草原が緑一色に染まる夏だから、草が茶色になり肌寒い9月は混み合うこともない。

 草原でモンゴルの移動式住居パオに泊まれるフフホト発着1泊2日草原ツアーは880元(当時レートで13,200円)。中国人団体ツアーの倍以上はするが、英語ガイド付きの外国人向け少人数ツアーかつ1人参加だから、高くても致し方ない。このツアーで一点気になるのが、スケジュールに「collect dry cow pies」と書いてあること。乾いた牛のパイを集めるとは、ビーフジャーキーで出来たミートパイでも食べるのだろうか?

 フフホト市内観光を終えてから車で約2時間移動すると、シラムレン草原に到着。草原の葉が茶色く染まり、秋を感じさせる。四方八方から「ぶわんぶわん」と虫の羽音が鳴り響く。雨が降った直後に到着したら、草原の奥に虹が出た。パオに飾られたチベット仏教の五色の祈祷旗ルンタと、七色の虹で、色とりどりの可愛らしい風景になっている。

 宿泊はモンゴルの移動式住居パオ。中国ではトタンでできたパオ風ホテルが多いが( 前回記事参照 )、これはコンクリートの基礎はあれども布と木で作られた本物。トイレもシャワーもないが、やっぱりパオはこうでなくては。

 パオは木組みの構造で、壁は格子状に、屋根は壁上端から中央に向かって木を張り巡らせて形作られている。私が持っているキャンプ用テントとは比較にならない豪華さだ。9月のフフホトの夜は少し肌寒いが、布で包まれたパオの中は暖房がなくても寒くない。

 ガイドに「トイレはどこ?」と聞くと、遠くに群生するススキを指差した。ススキの裏で隠れて野ション野グソができるというわけだ。高層ビルに囲まれた都会っ子のシンガポール人女子たちと東京人の私は「トイレに行ってくる」の遠回しな言い方「Nature calls me」を違和感なく使える大自然に感動して、その表現を多用しては爆笑した。

 世界各国、トイレがなく野グソを余儀なくされた場所は多々あれど、これほど気持ちよかった野グソは他にはない。どこまでも広がる草原や遮るものが何もない広い空を眺めながら、9月の肌寒く乾いた風がお尻を優しく撫でてゆき、身も心も自然に解放される感覚に包まれ、いつまでもうんこをしていたくなる。いきんでる最中に放牧中の羊が興味津々で覗きにくることだけが難点ではあるが、この体験は力いっぱいオススメしたい。

■シラムレン草原で牛のうんこ拾い

 乗馬や弓矢で遊び疲れて、日が斜めになり影が長くなってきた頃、ガイドがみんなに声をかけた。

「そろそろみんなでdry cow piesを集めるよ。今夜の焚火の燃料として使うから、fresh cow piesじゃなくて、dry cow piesだけ拾ってね」

 そう言いながら指差したのは、牛のうんこ。パイは食べ物のことじゃなくて、うんこのことだった。まん丸で平たい形は確かにアップルパイのように見えなくもないか。後日アメリカの友人に聞いたところ、婉曲表現で牛の糞のことを「cow pies」と言うそうだ。ちなみに馬の糞は「horse biscuit」。パイとビスケットを純粋な目で見れなくなりそう。

 ガイドが「じゃあ、うんこを拾う係と籠を背負って運ぶ係、どっちがいい?」と言った瞬間、ツアー参加者の間で微妙な空気が流れた。籠の隙間から粉になったうんこが落ちてくることは想像に難くない。

 一部のツアー客は素早く鍬に手を伸ばしている。皆うんこまみれにはなりたくないし、ここは公平に弓矢で勝負するしか……と考えていたら、空気を読んだ日本人青年が苦渋の決断を下したような顔で「俺がやります!」と立ち上がった。なんて優しい子なんだ。

 牛のうんこは草原の草を巻き込んで乾いているので、鍬でガリガリと力を入れないと剥がれない。なかなかの力仕事だ。剥がしたうんこを籠に放り込むと、うんこが籠に当たった衝撃でパウダー状になり、籠の隙間からパウダーうんこが漏れて周辺に舞い散る。

 日本人青年「勢いよく入れるのやめてよ! うんこ飛んでるよね? 俺の服にめっちゃ付いてるよね?」

 ゲラッゲラ笑いながら更に勢いをつけてうんこを放り込む非道な我々と、叫ぶ日本人青年。彼もやられっぱなしではなく、仕返しにと籠を振ってうんこパウダーをまき散らし、皆が「やめてくれー!」と笑いながら逃げ回る。うんこで国籍も年代も違うツアー客が爆笑できるなんて、フフホト凄いな。牛のうんこが籠いっぱいになったところでパオまで戻り、その横にある焚火台にうんこを詰める。あとは夜のお楽しみ。

■牛のうんこの焚火を囲みながら、月を眺める

 羊肉の夕飯を食べ終わった直後、シンガポール人の女の子2名が手のひらサイズの丸い缶を持ってきた。

「みんなで月餅を食べよう!」

 一昨日は中秋節(中秋の名月)。わざわざシンガポールから月餅を持ってきたそうだ。嬉しいサプライズだなぁ。6等分にしてツアー参加者とガイドに配ってくれた。

 日本でお月見といえば月見団子だが、中国では『月餅』という月に見立てた中国菓子を食べる風習がある。最近は種類も豊富で、トラディショナルな小豆餡やなつめ餡だけではなく、アールグレイ餡、ローズ餡、マンゴー餡など若い世代が好みそうな月餅が開発され、各店舗が月餅商戦でしのぎを削っている。

 ガイドが「じゃあ、そろそろ焚火に火をつけようか?」と尋ねた。焚火を囲みながら月餅を食べるなんて、粋な計らいじゃないか。食堂用のパオから出て、ガイドがうんこに着火すると、勢いよく炎が上がった。

 牛のうんこが焚火に使えるほどの燃焼力なのか半信半疑だったが、要は枯草の塊だから想像以上にボーボーと良く燃え、火持ちも良い。たまに見える青い炎はメタンガスだろうか。9月のシラムレン草原の夜風は冷たく、焚火のおかげで体が温まる。

 焚火を始めてしばらくすると、空に月が昇ってきた。満月ではないが、ほぼ丸い形で中秋節の雰囲気を楽しめる。秋の夜風に吹かれて牛のうんこ焚火で暖をとり、月餅をいただきながら見る月のなんと風流なことよ。きっとこの先、うんこにこれほどのリスペクトを感じる経験はないだろう。

■今回の予算とスケジュール

<スケジュール>

■2016年9月16日(金)有休

14:55 NGO - SJW - 20:20 HET / 春秋航空 9C8586

宿泊 Anda Guesthouse

■2016年9月17日(土)

09:00 草原ツアー出発

10:00 大召寺(チベット仏教僧院)観光

11:30 シラムレン草原(弓矢、乗馬、羊放牧)

18:00 夕飯

20:00 牛糞で焚火

宿泊 シラムレン草原のパオ

■2016年9月18日(日)

07:30 朝食

08:30 出発

11:00 ランチ

13:30 クブチ砂漠観光(ラクダ乗り、砂滑り、バギー)

ツアー帰路途中で空港送迎車に乗り換え

21:10 HET - / 春秋航空 9C8585

機中泊

■2016年9月19日(月)

- 04:50 NGO

08:00 名古屋オフィスで勤務開始

?

<費用>

計28,718円

航空券代 11,868円

ホステル宿泊 ドミトリー1泊 650円

1泊2日草原ツアー 13,200円(飲食・宿泊・アクティビティ込)

その他(飲食、移動) 3,000円

 内モンゴルに気軽に行ける貴重な路線だったが、現在運休となっており再開の目途は立っていない。どのLCCにも言えることだが、フレキシブルに路線を開設・運休するため、「LCCが就航しているうちに飛べ」というのは旅好きの間での決まり文句だ。珍しい路線が就航したら、即買いして間違いない。?

(多田 美和)

関連記事(外部サイト)