悪名高い軍人・花谷正が語る、「ゴム人間」内田康哉外相が“満州国承認”を強行するまで

悪名高い軍人・花谷正が語る、「ゴム人間」内田康哉外相が“満州国承認”を強行するまで

満州事変 ©文藝春秋

嘗てゴム人形と呼ばれた外相内田康哉伯をして満洲事変勃発するや国内の反対派説得にあたらしめた旧関東軍参謀の手記!!

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「満州事変の舞台裏」( 解説 を読む)

 長い年月に亙る中国の排日、張学良が奉天政権となって以来の満洲全土に亙る侮日。日露戦争以来満洲在住の父子二代の日本居留民は日常生活を脅かされ、日本政府の温和政策を非難し、日本内外物情騒然たる世相が続き此の儘ではとても収まるまいとは国民の勘で想像されて居た。

 昭和6年9月18日夜勃発した満洲事変に日本国民の血潮が湧き立ったのは当然であった。

 特に満洲在住の一般市民、会社員、実業家、軍人、満鉄社員など興奮感激其の極に達した事は現地に居た当時の者でなくては一寸想像されない程である。各地に日本人大会が開催され、此の際徹底的に満蒙問題を解決し、武力衝突の起った現在中途で姑息な妥協をしてはならぬ、との激しい叫びが全満に響き亙り奉天に出動して居る関東軍司令部へは非常な激励が続いた。

■満鉄理事以上の重役は傍観的、無為無策の態度

 兵力移動の輸送に任ずる満鉄鉄道部の現地職員の張り切り方は軍隊と競争であり、大連本社の職員の各種専門家連中も大連を飛び出して軍司令部へ来て何でも御手伝をすると各人非常な意気込である。我々軍の参謀連中も之には感激させられて不眠不休懸命の努力を自ら誓った。日本に於ける時の民政党政府若槻内閣は幣原外相、井上蔵相の宥和政策に押され、南陸相、安達内相の強硬主張と対立し、閣内不統一の状態を続け、若槻総理には之を一に纏める力がなかった。外相からは満鉄に対して「事件不拡大、武力行使停止の考だから満鉄は関東軍と一緒になって事件進展を図らぬ様静観せよ」との電報があり、満鉄理事以上の重役は無風地帯の大連で傍観的の無為無策の態度を採った。

 元々鉄道の警備、満鉄マンを含む在満日本人の生命財産の保護から端を発した事変に満鉄首脳部の此態度を軍司令部内では不快に思い、一般居留民は憤慨して居た。

 誰が云い出したか忘れたが一つ内田総裁を奉天に引張り出し、大に軍司令官以下と現在及将来に関し胸襟を開いて協議させ様ではないかと云う事となり、非公式に之を大連本社の者に伝えた。

■「満鉄幹部に対し憤懣の色はなかった」

 然し出て来たのは副総裁の江口定条氏であり、本庄軍司令官、三宅参謀長と会って月並の儀礼的挨拶があったばかり、林総領事とも会ってアッサリと大連へ帰った。事件の現在将来に関する政策的問題には少しも触れず負傷者の慰問さえもしなかった。そして江口氏は大連で、

「本庄軍司令官も三宅参謀長も別に満鉄幹部に対し憤懣の色はなかった」

 と語った。それで我々は、

「軍司令官や軍参謀長は老熟した人々で、態々挨拶に来られた副総裁に怒りの色を表すなどはしたない事はされぬのは当然だ。又江口氏が満洲政策など持ち合せのある人でない事を知って居る為ニコニコと愛想よく応接したに過ぎない。これで軍と満鉄と良くいって居る証左とはいささか呆れる」

 との話を大連の満鉄社員倶楽部で社員連中にやらせた。

■多くの満鉄社員が「死力を尽して働いて居ます」

 勿論これが内田総裁にも江口副総裁の耳へも入った事は確である。内田伯は日本内地、満洲其他世界情勢の推移を静観しつつ今度の事変を如何に処理すべきであるかを毎日考えて居たのである。1日、理事の十河信二(現国鉄総裁)を呼んで、

「東京の中央部と出先関東軍との意見が不一致の儘、関東軍としては敵を前にし作戦を続けつつ電報其他で政府と意見調整を図って居る様であるが、軍は積極的であり、政府は事勿れ主義で収めんとし、現地の満鉄としては容易に動きが取れぬ。それで私が東京に行き政府の意見を聞き、満鉄社内の統一を計らねばならぬと思うが何うか」

 と云った。十河氏は、

「総裁は外相の職も経験済みであり、総理大臣代理もやられた日本の重鎮であり外交畑の大先輩です。若槻総理からも幣原外相からも現地の実情と、現在及将来に関する対策を質問されるに極って居ります。現地においては何と云っても在満20万同胞の輿望を荷って満洲3000万人民の安寧を企図し、幾万の軍人と幾千のシビリヤンの有志達を指揮しつつあるのは軍司令部なのです。而も軍司令官は法制上、満鉄に対し軍事指示権を持つ機関です。従って軍司令部の意見と云うものを十分明にして居らねばなりません。故に先ず奉天に行き軍司令官と胸襟を開いて対策を検討せられ、然る後東京政府と接衝して意見を十分述べられる事が必要であると思います」

 と主張した。内田伯も直に之に同意し、其旨奉天の関東軍司令部に電話すべく命じた。十河氏は附言して、

「非常に多くの満鉄社員が軍司令部に入って職員となり、事務室内で政策の立案から、現地の活動に迄死力を尽して働いて居ます、又参謀中に各種の立案画策に当って居る者が居ますから、是非是等の者とユックリ懇談せられる必要があります。軍病院の戦傷患者の慰問も忘られぬ事が肝要です」

 と云い、内田伯は一々之を了承して奉天に向ったのである。

■「満鉄の財産全部を投じても諸君に協力する同志となる」

 奉天ヤマトホテルに一先ず落ちついた内田総裁は満鉄関係の人を呼んで奉天の情況、軍司令部の様子を聞いた上、本庄軍司令官を訪れ、事件発生以来の軍諸機関の敏速なる活動と機宜に適した数多の処置とを賞讃し、其労苦と心労とを犒った上、三宅参謀長を交えて時局に対する要談をなし、軍病院に傷病兵を見舞い、ヤマトホテルの特別室に帰り、軍司令部の幕僚板垣大佐(後の板垣大将)、石原中佐、竹下中佐、それに私の4人に午後3時よりヤマトホテルで会見したいと申込んだ。4人は快諾して約束の時刻に総裁の部屋を訪れた。私は先ず地図を開いて満洲全般に亙る日満両軍対立の状況、イルクーツク以東浦塩に及ぶソ聯軍の配置、熱河省以遠支那本部に於ける張学良軍及南京政府軍の情況を述べ、此事変勃発を契機として日、満、漢、蒙、鮮五族を基幹とする民族協和の新天地を作り交通に産業に、政治に、教育に大発展をする様な新国家を仕上げねばならぬ。勿論日本は満洲を領土とする意志があってはならぬと結んだ。

 次いで、石原、竹中、板垣等が夫々自らの経綸、抱負を述べたのであるが、この間、4時間以上に亘り熱心に聴いて居た内田伯は一々首肯し、「其様な諸般に亘る構想が練られ、他民族をも含む多くの人々と、従前から交わりが窃に結ばれ、強大な武力が現在迄に把握せられ、諸計画の大綱が出来て居るとは夢も知らなかった。

 私は嘗て外務大臣もやり、総理大臣代理もした者であり乍ら、日本民族及満洲3000万民衆を厚生さす其様な具体的な雄大な計画を考えたことも作ったこともないのは、誠に諸君後輩に対して面目次第もない。能く腑に落ちる様に将来の事迄胸襟を開いて話して下さった。外国に対しては秘密な事ばかりの様だが外務省は固より、陸軍の中央部でも一部の人々を除いては自分で研究し、立案して見識を持って居る人は少いであろう。それだから事に当って危ぶみ遅疑するのだ。私も老?に鞭打って只今以後、関東軍に全幅の信頼をよせ、満鉄の財産全部を投じても諸君に協力する同志となる。一緒に夕食を取ろう。」

■「俺も九州男児じゃ」

 別室に秘書が既に食事の準備をさせて居た。老伯爵は秘書に命じて、大コップとウイスキーとをボーイに出させ、

「此の年になる迄、今日の様な愉快な感じになった事がない。私の決心が決った以上老?を提げて大にやるゾ、乾杯」

「私は陸大の学生で中尉の頃、閣下は外務大臣でした。其頃新聞や世間では閣下をゴム人形と申して居ましたネ。どうか上京せられましても総理や、枢府の老人や元老に会われ、無為の安全論にヘコマヌ様に、お願します。誠に失礼な言い分ですが」

「俺も九州男児じゃ」

 服の釦をはずし下腹迄出しポチャポチャ叩き乍ら微酔と共に益々上機嫌だ。子か孫の様な者から何と言われても可愛くなったものらしい。老いの一徹、老人仲々意気盛んだ、と感じた。

 辞去せんとすれば「今夜、此の感激を乱さぬ為他の誰にも会はぬ。皆一度に帰らずに半数位は残れ」との事にて板垣大佐と筆者は残って更に歓談した。

■「至誠天に通じ、人に通ずるゾ」

花谷「此の調子では現内閣は国民感情で押し潰され、次は政友会内閣となりますネ。犬養さんは孫文以来南方の支那要人と連絡が多いでしょうから支那と満洲とを如何に調節するかの夢でも見で居ますかネ」

板垣「日本の政局は国民感情もそうであるが一連托生であるべき閣僚の中から割れ、内閣不統一で若槻さんは投げ出すヨ、もう其の臭いがするではないか」

内田「君等は未だ壮年の盛りだから嗅覚もよいネ。至誠天に通じ、人に通ずるゾ。君等が退官して義勇軍を作る様な破目に迄、政府が迫込まぬ様に私共老人が働くよ」

板垣「閣下御上京早々拝謁の御沙汰歩ある様、其筋に電請しますよ。御下問に対し御奉答の件、予め想を練って置いて頂き度いのです」

内田「君等は仲々同志が居り、各方面に連絡が出来る様になって居るのだネ、若い者は機敏だ」

花谷「少し事務的になって相済みませんが臨時議会が開かれて臨時軍事費が令達される迄、作戦軍部隊及軍需品の輸送費は後払証と云う書類を駅か輸送事務所へ差出すことで満鉄は軍隊輸送を担任して下さい、後日精算します。

 それから満鉄社員が奉天へは勿論各地へ来て軍の職員となって働いて居ます。本社へ辞表を出して来て居る者も多いですが満鉄では是等の者を依然会社の籍に置いて出張旅費を給して下さい」

内田「よろしい、2,3日以内に責任者を奉天に来させて軍司令部と打合せ実施させる。後の件は上級幹部の頭の問題で中級どころの若い人は眼を開かすと直ぐ順応する柔軟さがあるよ、大に鼓吹する」

■「こんな緊急事態は歴史上そうあるものでない」

板垣「理事中2名位は奉天に常駐させて軍司令部と連絡し、お互に構想を練り軍事以外の事に関しては軍を援助指導する位の気位を以て接触して欲しいものです」

内田「軍事と政治との関連性があるから、軍力の保護がなければ調査すら出来ぬ事もあろうし、奥地に飛び込むには軍からピストルなどの武器を貸して貰う事もあろう。時には将校の軍服を借りて支那人と話さねばならぬ人もあろう、其辺の事は軍でもよく面倒を見てやって下さい。全幅の協力をさせます、日本民族未曽有の大事業です。尚、板垣君、随分色々の支那人を使ったり、降伏した奉天、吉林の旧敵軍を改編したり、兵器弾薬材料の処理に臨時人夫を傭ったり、大変な数の日支人を運用しますネ。

 然し此の人件費や事業費が日本の臨時議会が開かれぬ間、第二予備金などを大蔵大臣が出し渋れば陸軍大臣も関東軍に予算を増加令達するのが難しく、陸軍省も関東軍も苦しんで居るでしょう。陸軍省の方は東京で何とでもやり繰りがつくとして関東軍は大変だ。

 過渡期即ち今が大変だ。是は満鉄が一時立替え援助します。経理担当理事に話して置きますから直に連絡して下さい。こんな緊急事態は歴史上そうあるものでない、各方面が協力すべきです」

 流石国務大臣をやった人丈けに国政の事務的着眼もよい。100万の味方を得た様な気がした。

■「賜暇体暇を取って日本に帰りノビノビとして居る時だ」

内田「東京の青、壮年の参謀将校や、部隊の元気な将校連中、大変な意気込みだそうだネ。安達謙蔵内務大臣など内閣がボヤボヤして居る為、是等の精鋭を越軌の行動に出させる事があってはならぬと善意から心配して居るらしいぞ。

 安達も若い時新聞記者で朝鮮に居て閔妃のやり方が日本を排撃する禍根であると、宮殿に飛び込んで皇后を斬り殺した一味で、元来熱血漢だよ。時局を積極的に促進する様に自分の民政党など割っても努めるだろう。月日の経過に伴って自然に内地もだんだんシコリがホグされて行くよ、天行は健なりだ」

板垣「国際聯盟が理事会、総会と日本を抑える為、随分八釜しくいい、今後紆余曲折を経ねばなりませんネ、外交畑の大先輩として御意見如何ですか」

内田「固より通信社や新聞、雑誌を賑やかにするネ。然し先刻君等が到断して居た様に極東の一角の事で列強が兵力を差し向けるような事は馬鹿馬鹿しくてやらぬネ。

 外交官は嫌がるだらうが、死にはせぬのだから孤軍奮闘、論駁又論駁で意志鞏固に粘って貰わねばなるまい。一且その決意に踏み切れば後は先方が寄ってたかって何と言おうと蛙の面に水サ。

 時に奉天の林総領事も外交交渉の相手はけし飛んでしまったし、目下は軍事行動中で、彼に作戦に関する知識がある訳ではなし、軍司令部に進言することも出来まい。

 情報を調べもせずに、外務省に通達する。夫が陸軍省、参謀本部に伝えられ、逆に関東軍に東京から通報する。従って事実と違って居る事があるから、軍の方で憤慨したり笑殺したりするのだ。その結果、出先の協力一致が乱れ、外務省と陸軍省との一致が乱れる訳だ。

 軍は居留民の生命財産を武力的に保護して呉れるから、各地の居留民は軍隊に親しみ、総領事館を罵倒する。是が日本人全体としての協力一致を破る。だから私は外交畑の先輩として林君に、今こそ用事がないのだから賜暇体暇を取って日本に帰りノビノビとして居る時だ、と勧めたいと思う。それ共軍司令部の方で総領事に何か頼んで現地でやって貰わねばならぬ事があるかネ」

 勿論我々としては何も依頼する事はなかった。何故ならば現地の陸軍は奉天政権の排日的横暴に在満同胞が衰え行くのを見て切歯扼腕、時の至るのを待って居たのである。特に若林大尉が鴨緑江上流の満洲側で殺され、中村震太郎大尉が興安嶺で井杉と共に殺され、更に万宝山事件があり、それ等の交渉が奉天政権の不誠意で解決がつかぬ事を知つて激ミして居たのである。

■暴力で来る相手には力で当らねばならぬ

 暴力で来る相手には力で当らねばならぬ。これが事件勃発するや大河の決する勢で敵に押しかかったのだ。

 而も予後備兵を動員する事なく、常備兵で編成された戦闘部隊であるから、将校と下士官兵との間には、教官即ち指揮官と云う親しみがあり精鋭度が高かった。又国家としても動員費が入らず、糧食、弾薬の運搬も、親日支那人が引き受けた。機関銃や、馬や、弾薬や、小銃や迫撃砲も鹵獲兵器のみで補充し、日本内地からの輸送は全くなかった。こんな手軽な戦争は外国人や素人には一寸分り兼ねるであろう。一且矢が弦を離れた以上、日本政府の幣原外相や井上蔵相や若槻総理は何を危んで躊躇して居たのか。

 内田康哉伯は奉天に住む日露戦争以来の老居留民や外務省出先官や有志の人々と会って3日の後出発、上京の途についた。

 伯爵からは?々電報による激励がなされ、

「幣原其他に会った、遠き慮の策案がない、諸君の意志を抂げず邁進せられよ、途は自ら開ける」と逆に促されもした。伯は陸軍省、参謀本部の首脳者にも会い、対満強硬策を述べ、現関東軍を制肘するな、と烈しく進言した。政治家に対しては日本民族発展の好機を逸する勿れ、と論じ、枢府の老人に対しては積極的に政府を鞭達せよと唱えた。陸軍省、参謀本部の若い連中は100万の味方を得たりと喜んだ。

■「ゴム人形がそんなになられたか」

 天皇陛下及皇太后陛下には別々に拝謁御下問があった由。全国到る処の国民大会は若槻内閣打倒、満洲事変完遂、外国怖るるに足らずを絶叫決議して内閣に迫った為、若槻民政党内閣はつぶれ、後継内閣たる犬養政友会内閣に外務大臣として伯爵内田康哉の名が連ねられ、昭和7年春には日本国は新興満洲国を承諾した。

 満洲事変初期において国策長く決定せず、対内的にも対外的にも過渡的混乱期があったが此際に於ける満鉄総裁内田康哉伯の功績を知る人々が少ない。

 後に筆者は松岡洋右氏に此の話をした所、「ゴム人形がそんなになられたか。余は余り傑出した人と思って居なかったが、国家の大事に臨んでの其認識、其信念は敬服すべく、賞讃すべきものであったと思う。

 犬養内閣の外相としての強硬な主張、国際連盟のリットン調査団に対する応答、満洲国早期承認論など堅確な意思には驚ていたのだ」と滅多に人を褒めぬ松岡氏が感心して居た。

 筆者は昭和10年政務班長として関東軍参謀に済南駐在武官から転任して行ったが、満洲国が内田康哉伯を表彰するのを事務当事者が失念して居たので是非表彰すべきだと主張した。満洲国政府は勲一位の勲章を伯の霊前に捧げた。         

(元陸軍中将)

(花谷 正/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)