外科医が本音で答えた「手術する医師や病院の選び方」

外科医が本音で答えた「手術する医師や病院の選び方」

©iStock.com

「手術を受ける患者にはセカンドオピニオンを義務づけるぐらいのことをしたほうがいいのではないか。それくらいしないと、主治医の言いなりに手術を受ける患者があまりに多すぎる。『別の病院に行っていれば、もっといい手術が受けられたのに』と思う人がいるのも事実です」

 がんを専門とする外科医が、本音で話してくれた言葉です。

 前回も書きましたが、この8月、「週刊文春」で2週にわたり「ライバルが認める『がん手術の達人』」という大型特集を担当しました(2017年8月17日・24日夏の特大号と8月31日号)。

 高齢化が進んで、がん、心疾患、脳疾患などにかかる人が増えました。たとえば日本人は、生涯で2人に1人ががんを経験すると言われています。ですから、これを読んでいる人なら誰もが、人生で1度や2度は手術を受ける可能性があるのです。

■後悔しないために、具体的に何を見て選べばよいのか?

 その際、みなさんはどのように医師や病院を選ぶでしょうか。冒頭の外科医が語るように、最初に手術が必要と診断した医師の言いなりに、ベルトコンベア式に手術を受ける人もいまだに多いのではないかと思います。

 ですが、医師や医療機関によって手術の技術力や成績に格差があることは、どの外科医も認めるところです。もしクオリティの低い手術を受けてしまったら、がんであれば再発リスクが高くなったり、生活に大きな支障を来す後遺症が残ったりしかねません。そんな後悔をしないためにも、手術が必要と言われたら、よく調べてから手術を受ける医師や病院を選んでほしいのです。

 といっても、何を見て選べばいいのか、一般の人には難しい面もあるかと思います。そこで、多くの外科医に取材した経験から3つに絞って、重要なポイントをまとめてみました。

■その1 手術数の多い病院を選ぶ

 どの外科医も共通して言うのがこのことです。なぜ手術数が重要なのでしょうか。それは、手術をたくさんこなすほど医師の経験値が上がり、合併症など不測の事態に対応する能力が上がっていくからです。

 では、どれくらいの数をこなしていればいいのでしょうか。患者数が多い病気や少ない病気もあるので一概には言えませんが、年間「50」を一単位として見るとわかりやすいでしょう。1年は52週あるので、50例だとすると1週間に1度はその手術を行っていることになります。実は、最低でもそれくらいのペースで手術をしないと、技術を保つのは難しいというのが、多くの外科医に共通した認識なのです。

 もちろん、年間に「50より100」「100より200」「200より300」と、手術数が多くなればなるほど、外科医の経験値は上がっていきます。たとえば心臓外科ではよく、「クオリティの高い手術をするには、年間200例以上の経験が必要」と言われます。

 このように、たくさんの手術を行っている病院のことを医学用語で「ハイボリュームセンター(ハイボリュームホスピタル)」と呼びます。実際、ハイボリュームセンターのほうが、手術成績がいい(死亡率や合併症率が低い)ことを示す論文もあり、たとえば日本膵臓学会の「 科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン2016 」には、「膵癌では、全死亡率の低下、在院死亡率の低下、手術関連合併症の低下、術後在院期間の短縮を考慮した場合、手術例数の多い施設で外科的治療を行うことを提案する」と公式に書かれています。

 手術数を目安にすることについては、「病院ランキング本のリストで上位に載ることを目的に、患者を誘導して無理に手術を増やそうとする動機になっている」と指摘する声もあります。確かに不必要な手術を行っていないか、学会やマスコミが批判的に吟味することも必要です。

 ただ、多くの手術数を維持するには、地域の医療機関から信頼され、多くの患者を継続的に紹介してもらう必要があります。つまり、しっかりといい手術をして、紹介元の医療機関にいい状態で患者を返すからこそ、たくさんの手術ができるのです。

 手術数が多ければ多いほどいいとは言い切れませんが、少なくとも「手術数の少なすぎる病院では、安易に手術は受けないほうがいい」とは言えるでしょう。

■その2 医師本人の執刀数や成績を教えてくれる

 手術を受ける医師や病院を選ぶ際には、執刀数だけでなく治療成績も判断材料となります。とくに手術に関連した死亡率や合併症率が重要で、その数字が高いほど手術リスクが高いということになり、受けるかどうか慎重な判断が求められることになります。

 そうした成績は、病院のホームページなどに書かれている場合もありますし、執刀医や担当医みずから教えてくれる場合もあるでしょう。ですが、その際に気をつけなければいけないのが、それらのデータが「誰(どこ)のものか」ということです。

 リスクの低い手術であるかのように説明されたとしても、もしかするとそれは論文などに載っている、成績のいい病院を対象に調査して導き出された数字かもしれません。そのような数字で説明されたとしても、それは自分が受けようとする手術のリスクの判断材料にはならないはずです。ですからあくまで、執刀医本人あるいはその病院での手術数や死亡率、合併症率に基づいて、説明してもらうべきなのです。

 執刀医にとっては言いにくいであろう死亡率や合併症率のようなデリケートな数字を「本当に教えてくれるのか」と思うかもしれません。ですが、私が取材した外科医の多くが、「執刀医本人の成績を教えてもらうべき」と強調していました。つまり、自分の腕に自信のある外科医ほど、自分の成績を包み隠さず患者に伝える覚悟があるのです。

 逆に言うと、医師が本人の経験や成績を教えてくれないのは、自信のなさの表れです。それに、手術のリスクを数字で示さず、「簡単な手術です」「心配しなくて大丈夫」などと、甘い言葉ばかりを言う医師も要注意。その裏には、患者を根拠なく安心させて、自分がしたい手術に誘導しようとする思惑が隠れている可能性もあるからです。

 執刀医に本人の経験や成績をたずねるのは、患者や家族にとって心理的にとてもハードルの高いことでしょう。ですが、手術を受けるのは生涯に何度もあることではありません。それによって、その後の人生が大きく左右されるわけですから、手術を受ける前にはぜひ勇気を出して、執刀医にたずねてみてください。

 なお、どんな医師も最初から経験があるわけではないので、若手の医師に執刀経験を積んでもらう必要があることも、私たちは理解しておく必要があります。もし若手医師が執刀する場合には、バックアップについてくれる指導医の経験数や成績をたずねて、イザという時のフォロー態勢についても確認しておくといいでしょう。

■その3 難しい手術ほどセカンドオピニオンを聞く

 執刀医から説明を聞いても納得できないことや、「この病院で手術を受けていいのか」と心配になるケースもあり得ると思います。そのような場合はぜひ、別の病院の経験豊富な専門医に「セカンドオピニオン」を聞いてください。

 セカンドオピニオンは「第二の意見」という意味で、診断や治療方針について、主治医以外の医師にあらためて意見を求めることを言います。自費診療で30分2〜3万円程度の料金が必要ですが、多くの大学病院やがん専門病院が「セカンドオピニオン外来」を設けており、一般にもかなり広く知られるようになりました。

 最初にも書いた通り、手術の技術や成績には病院によって差があり、どこで受けたかでその後の人生が変わる可能性もあります。

 たとえば、肝胆膵がん(肝がん、胆道がん、膵がん)のように手術の難易度の高い場合や、大きな血管に絡みつく進行がんなどの場合、一般的な病院で「手術できない」と言われたとしても、手術をたくさん行っている技術力の高い外科医がいる病院に行けば、切除できるケースがあります。それによって命拾いする可能性もゼロではないわけですから、セカンドオピニオンを聞くことは非常に大事だと言えるでしょう。

 人間関係を大事にする地方や年配の患者ほど、主治医に遠慮して「そんなことはできない」という人が多いと聞きます。ですが、冒頭の医師のコメントにある通り、自分の腕に自信のある医師ほど共通して、「セカンドオピニオンを聞くべきだ」と強調します。ですから遠慮なく、主治医や病院の窓口にセカンドオピニオンを申し出てください。

 セカンドオピニオンを聞く医師を決める際には、病院のホームページやネットの情報だけでなく、ランキング本や医者選び本なども参考になるでしょう。それを見て「この医師が信頼できそう」という人を選ぶといいと思います。

■セカンドオピニオンで陥りやすい落とし穴

 ただし、たくさん聞けば聞くほど、正しい答えにたどり着くわけではありません。また、たとえば、「手術しなくても治る」などと、自分の求めている答えを言ってくれる医師にたどり着くまでセカンドオピニオンを繰り返す人がいると聞きますが、このようなドクターショッピングは好ましくありません。1〜3人ほどの医師に聞いてみて納得できる答え、あるいは共通した答えを得られたら、主治医のもとに戻るか別の病院で治療する決断(もちろん、治療しない決断もありえます)をしたほうがいいと思います。

 なお、セカンドオピニオンを求める際には、現在かかっている病院で紹介状や検査結果などを一緒にもらってください。そうしないと、何軒もの病院で何度も検査を受けることになりかねないからです。医療費の無駄ですし、被ばくを重ねるリスクなども出てきます。 

 手術を受ける場合に限らず、診断や治療が難しい病気ほど、医師や病院を慎重に選ぶことが大切です。ぜひ、信頼して身を委ねられる医師や病院を見つけて、納得できる治療を受けてください。

(鳥集 徹)

関連記事(外部サイト)