「河野防衛相とブロック」問題 SNS「使わない手はない」「誹謗中傷している人には…」発言の真意とは

「河野防衛相とブロック」問題 SNS「使わない手はない」「誹謗中傷している人には…」発言の真意とは

河野太郎氏 ©文藝春秋

 安倍改造内閣の顔ぶれ。毎日新聞にネーミングを求められたので「バーベキュー内閣」と名付けました。エースはもちろん萩生田光一先生。祝・文部科学相ご就任。

 萩生田先生は首相の最側近と言われる。加計学園問題への関与が取りざたされ、安倍首相と加計孝太郎理事長と3人でバーベキューをした際に撮影されたとされる写真が話題になった。今回の「バーベキュー」は遂に小泉進次郎も参加し、石破派を外した。気の合う仲間たちでとても楽しそう。二次会は経済再生相に就任した西村康稔先生が張り切る赤坂自民亭もある。

■萩生田文科相が「挑戦」なのかもしれない

 萩生田先生の足跡を2年前の記事に見つけた。

《加計学園の運営する千葉科学大(千葉県銚子市)で落選中に客員教授を務め、月10万円の報酬を得ていたと国会で説明。衆院議員に返り咲いたあとは報酬は得ていないが「名誉客員教授」を今も務める。》(毎日新聞2017年6月21日)

 そんな萩生田先生、加計学園の獣医学部新設計画では文科省の担当者に対し、「広域的に」と「限り」の文言を付け加えるよう指示していたことが文科省の資料で分かった。

《京都産業大(京都市)も希望していたが、大阪府内の大学に獣医師養成課程があることから「広域的に」「限り」の文言が障壁となり、断念した経緯がある。》(毎日新聞2017年6月16日)

 官邸主導で「加計ありき」の規制緩和が進められた疑いが注目された。今回、首相はそんないきさつのある人物を文科相に抜擢した。強気というか、あおり気味である。

 そう言えば、あおり運転は相手の車やドライバーを見てやる人もいるらしい。この組閣は野党という「軽自動車」がいかに与しやすいかと見られている証拠かも。

 ただ不穏なムードもある。新聞各紙の萩生田先生の紹介欄を読むと「発言が波紋」「舌禍懸念」「物議を醸したことも」と並び、今後の大活躍の予感しかない。入閣でさらに可視化される萩生田先生。厳しい質問も飛ぶ(はずだ)。安倍首相は今回の人事を「安定と挑戦」と述べたが、萩生田文科相が「挑戦」なのかもしれない。

■「次の首相にふさわしい」政治家4位 河野防衛相

 次に注目は河野太郎防衛大臣。SNSでの発信力も評価されている。

 読売の世論調査「次の首相にふさわしい自民党の政治家」(9月16日)では1位小泉進次郎、2位石破茂、3位安倍晋三。河野氏は菅官房長官と並んで4位。

「河野氏は外相時代に、ツイッターの投稿などで知名度が上がった」(読売・同)。めでたい。河野大臣はニンマリだろう。しかし大臣には以前からこんな話題がある。

「公人がブロックOK? 河野外相ツイッター閲覧妨害」(東京新聞7月20日)

 この記事は前回の当コラムでも紹介したが、SNSで今あらためて「河野大臣とブロック」が話題になっているのだ。

 河野大臣はクソリプを送ってきた人だけでなく、自分に批判的なツイートもエゴサーチして見つけて多くの人をブロックしているらしい。

 東京新聞の記事には「憲法学者『知る権利の侵害だ』」とある。大臣のツイッターは私的情報だけでなく公式情報も発信しているので大臣がブロックするのは「知る権利の侵害」というのだ。

■SNSの情報発信を「使わない手はない」

 実は今週、まさにこのことを考えさせる記事があった。

「防衛省・自衛隊 SNS発信強化 河野氏就任で弾み」(日本経済新聞9月16日)

 防衛省・自衛隊がSNSを使った情報発信を強化。ツイッターやインスタグラムを次々更新し、災害時の復旧支援の様子や部隊の活動状況を報告しているという。

《被災者の情報収集に役立てるとともに自衛隊を身近に感じてもらう。》(日経・同)

 注目は次のくだり。

《防衛省・自衛隊はツイッターでフォロワーを99万人抱える河野防衛相の就任に期待をよせる。河野氏も「自衛隊の活動や安全保障政策について(SNSの)情報発信を織り交ぜたい。使わない手はない」としている。》

■「つぶやきは癒やし 河野氏、発信を継続へ」

 河野大臣のアカウントでも災害時の公式情報が発信されるのだろう。しかし河野「防衛大臣」にブロックされて見れない人もいることになる。こんな記事があった。

「つぶやきは癒やし 河野氏、発信を継続へ」(毎日新聞9月14日)

 ブロックを多用していることについて13日の会見で問われた河野防衛大臣は「誹謗中傷している人には遠慮いただきたい」と説明した。果たして本当に誹謗中傷だけか。批判や論評、耳の痛い意見もブロックしていないのだろうか。

 記事はこう締める。

《首相候補として「度量」の大きさも課題になりそうだ。》

 情報が欲しいなら他で探せという声もあるかもしれないが、災害時にツイッターが強いことは最近の事例で知られたことである。

 それを見せるのを拒否(ブロック)とは、自分を批判する人間には情報を与えないということだろうか? 「バーベキュー」に参加してくれる従順な仲間だけに見せてあげるということ?

 こういう人が全国民を守る防衛大臣だなんて、ちゃんちゃらおかしい。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)