れいわ新選組・山本太郎に公民権停止中の“極左活動家”との関係を直撃!

れいわ新選組・山本太郎に公民権停止中の“極左活動家”との関係を直撃!

演説する山本氏 ©共同通信社

 今年4月に新党「れいわ新選組」を旗揚げした山本太郎代表(44)。7月の参院選では比例代表で約228万票を獲得し、自身は落選したものの、特定枠を利用して重度障害者2人が当選を果たした。山本氏は9月18日から北海道利尻島を手始めに、さらなる党勢拡大を目指し、有権者との対話を重ねる全国キャラバンをスタートさせる。

 その山本氏が「文藝春秋」10月号のインタビューに応じた。

■「れいわ現象」の背後には誰がいるのか?

 一時は政党支持率で共産党に並ぶ野党第2党に躍り出た「れいわ新選組」。果たして、この「れいわ現象」の背後には誰がいるのか。名前が挙がった1人が、極左の活動家で知られる「市民の党」の斎藤まさし代表(公職選挙法違反で有罪。2021年まで公民権停止)だ。斎藤氏はこれまでも様々な地方選で無党派の選挙ブレーンとして暗躍していた。官邸サイドも、斎藤が山本の街頭演説に現れていたことを注目していたという。

 この点を山本氏に尋ねると、

「関係ない。彼は選挙運動できない立場ですから。演説の現場には来ていたようですが、『誤解を受けるから来るな』とは言えません。これはどの立場の方に対しても同じです。政治家の街宣の場での排除は、よほど悪質でない限りはやってはいけないことだと考えます」

 そして、「私にはバックはいない」として、こう続けた。

■「逆に軍師が欲しいくらいです」

「政党運営のノウハウなんてないんです。これまで6年間の選挙で経験したことの集大成というだけ。私に知恵をつけるバックがいるとの噂もあるようですが、いるなら、もっと上手いことやれているでしょうし、逆に軍師が欲しいくらいです」

 山本氏は「文藝春秋」の独占インタビューで、今回の参院選を振り返っているほか、「ダンス甲子園」での芸能界デビュー、原発事故を機に政界を志す経緯、小沢一郎氏との出会いと訣別の理由、そして次期衆院選ではどの選挙区から出馬するか、などについて語っている。

 さらに、 「文藝春秋」10月号 では、ノンフィクションライターの常井健一氏が「れいわ新選組・山本太郎の研究」と題し、甘利明・自民党選挙対策委員長(当時)、小池百合子都知事、菅直人元総理、渡辺喜美参院議員ら新党を旗揚げした経験を持つ政治家たちや、れいわ新選組の関係者らへの取材を通じ、「れいわ現象」の内実を徹底レポート。市民活動家から一国の指導者に上り詰めた菅元総理との共通点や、音楽ライヴのような街頭演説の仕掛人の存在などについても解き明かしている。

(「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2019年10月号)

関連記事(外部サイト)