「水、水、水」と叫びながら殺された兵士たち 悲惨すぎる戦争の始まりだった“ノモンハン事件”の裏側

「水、水、水」と叫びながら殺された兵士たち 悲惨すぎる戦争の始まりだった“ノモンハン事件”の裏側

張作霖爆破事件 ©文藝春秋

昭和14年5月12日払暁に来襲したソ聯軍を迎えて火ぶたを切ったノモンハンの徹底的敗北を軍事通たりし筆者がその裏面史を描く

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「ノモンハンの敗戦」( 解説 を読む)

 関東軍には以前から一種の悪癖があった。陸軍省、参謀本部を小馬鹿にしたり、時の政府の方針など屁とも思はず、自分たちのやりたい放題のことをやる。それが日本として対内的にも対外的にもどんなマイナスになろうと知らぬ顔で通そうとする気風である。

 この関東軍の悪癖は軍部全般に伝染し、やがて日華事変を巻き起すのであるが、それは本題から外れるので省略する。とに角、昭和初頭、高級参謀河本大作大佐が軍司令官や参謀長にも内緒で満洲王張作霖を暗殺し、田中義一内閣を瓦解に至らしめ、次いで間もなく満洲事変を惹き起して成功してからは関東軍はいよいよ本領(?)を発揮して張皷峯事件から、ノモンハン事件に発展させたり、満洲国協和会問題で中央に楯ついたり手におえぬ狼籍振りを見せた。その中のノモンハン事件をとりあげて解剖してみよう。

■国境線の侵犯から起きた紛争事件

 ノモンハン事件というのは、外蒙と内蒙(満洲国)との国境線の侵犯から起きた紛争事件である。外蒙と内蒙と区分はしても、元々広漠果てない蒙古平原にソ聯とか、日本とかが人為的に線を引っ張ったのだから、住民の蒙古人にとっては迷惑この上もない障害線である。

 中国のチチハル省に近い所にハルハ河という幅3、40メートルの河が流れている。蒙古平原は沙漠と草原地帯である上、降雨降雪が少なく飲料水に乏しい。偶々湖水があっても塩分が多くて飲めない。井戸も少ない。少ない井戸もボウフラがわいていないと蒙古人は飲まない。ボウフラのわくということは、その水に塩分のない証拠となるのである。ところで、このハルハ河の水は塩分がなく、飲料になる。そこで蒙古人にとつては非常にありがたい河である。昔からこの河を独占しようとして、蒙古人同志で幾度も戦争をしたことがある程である。

 その大切な河を満洲国はこれが内蒙と外蒙との境界だと決めた。満洲国成立前には外蒙の所領になっていたので、外蒙側は怒った。怒ったけれども取かえすとなれば、河の向うには満洲国軍が頑張っている。これを外蒙独自の力で破ることはむつかしい。満洲国軍の後には関東軍が控えている。下手に手出しをしてはならぬとソ聯側から強く手綱を緊められていたので、7、8年来隠忍していたのである。そこにクレムリンから「もうよかろう、取りかえせ」と命ぜられたので、一挙に河を渡って満洲国領内になだれこみ、満洲国軍を追払って旧領のノモンハン附近まで占領した。それが昭和14年5月12日の払暁である。

 第23師団はハイラルに司令部を置き内蒙の鎮護に就いたが、師団としての戦力は頗る貧弱なものであった。けれども既に国境侵犯事件が起きた以上、否応なしにこれを撃退せねばならぬ。師団長小松原道太郎中将は直ちに事件の内容とこれが対処方策を関東軍司令部に報告し、飛行隊の出動を促すと共に騎兵第23聯隊長東八百蔵中佐に外蒙軍の撃攘を命じた。

■敵情偵察不十分による「全滅の悲劇」

 聯隊長は乗馬部隊と装甲部隊を率いてノモンハンに馳せつけると外蒙軍は多少の抵抗はしたが、漸次ハルハ河を越えて外蒙領に退く。それを飛行隊が上空から爆撃したので、この一戦は完全に勝った。そこで満洲国軍に守備を命じて東聯隊はハイラルに引揚げた。これが16日である。

 東聯隊が引揚げると外蒙軍は直ぐその後を追ってまたハルハ河を渡って来た。そこで小松原師団長は山県歩兵聯隊長に東騎兵聯隊と聯隊砲を附して一支隊を編成し第2回目の撃攘に向わせた。このときは外蒙軍は騎兵部隊ばかりでなく、戦車、装甲車を繰り出し、飛行機も満領内に進入して偵察し、爆撃をする。本格的戦闘の様相を呈して来た。山県支隊長は東騎兵隊戦勝のあとを承けて出動したので「外蒙軍など鎧袖一触」だと不用意に掛ったので、すっかり外蒙軍の包囲に会い、歩騎兵間の聯絡を断たれ、東聯隊は聯隊長以下殆ど全滅してしまった。これは山県支隊長の大失敗であると共に、小松原師団長の敵情偵察不十分によるものである。

 山県支隊が大打撃を受けて敗退したという報を受けて関東軍司令部の作戦課は色めき立った。最初は簡単な越境事件として軽視し、局地的に解決できると信じていたのが、今や外蒙軍というのは仮面で、明らかにソ聯が書き卸した挑戦状だということがわかった。ソ聯がその気でいるのなら、こちらにも覚悟がある。徹底的に粉砕してやらねばならぬと決意し、その旨を参謀本部にも報告した。参謀本部は驚いて事件不拡大、局地解決の方針を指示して来た。

■必ず旋風を巻き起す問題人物・辻政信

 これに対し関東軍の幕僚の中には、参謀本部の主張を是認する者もあったが、作戦課の空気は次第に主戦論に傾いて行った。その主唱者は辻政信少佐である。辻参謀の主張は局地解決勿論結構である。然し、早期に局地解決するには関東軍の実力を敵に満喫させるのが近道である。下手に弱腰を見せると、どこまでも追打をかけて来るのがソ聯の常套手段だ。ノモンハンを敵手に委ねることは、やがて興安嶺以西の内蒙吉を併呑されることになろう。更に足許を見透かして東部から北部から手出しをさせる結果になる。?では徹底的な撃滅戦の強行のみが、解決の唯一の途であるというのであった。

 作戦課長寺田大佐は、参謀本部から転任して間もないから中央部の空気はよく知っている。初めは不拡大方針を執っていたが、作戦主任の服部卓四郎中佐が辻参謀の説を支持し、村沢、島貫の参謀連もこれに同調する。殊に航空班の三好中佐が熱心な主戦論者である。

 辻は関東軍に転ずる以前から、彼の行く所必ず旋風を巻き起す問題の人物である。その頭脳と弁舌は如何なる論敵も圧倒するのみならず、実行力に至っては何人の追従をも許さない。ノモンハンに砲声のあがるや、時を移さず現地に出現し、戦況を視察するだけでなく、戦場に赴いて聯隊長を叱曹オ、中隊長を指揮する。上海事変、山西作戦と実戦の経歴を持ち、機宜に適した助言や処置をするので、戦歴のない将校たちは一目も二目も置く。また軍司令官植田大将は上海事変の第9師団長であり、辻はその下に一中隊長として奮戦したので植田の信任殊に厚く、参謀長磯谷廉介中将に対してはその聯隊長時代に聯隊旗手を勤めているという特殊の関係があるから、辻の主張は概ね上層部で採用される。地位は一少佐参謀であるが、実力は課長以上に評価されていた。

■対等の兵力になると信じていたが……

 服部は辻より2年先輩である。辻の如く我武者羅な所がなく、諄々として説く言説にはいつか相手を引込む魅力を持ち、辻を「力」を以て表現するならば服部は「智」を以て評さるべく、しかも東北人特有の粘りと芯の堅さがある、服部と辻とが一体となれば、その向うを張り得る者はないといってもよい程であった。この2人は2年後に太平洋戦争を控へて服部は大本営作戦課長、辻はその下の作戦主任であったことは人の知る処である。

 陸軍の中央部と関東軍とは事件解決策を繞って正面から対立した。こういう空気の中にも現地では連日死闘が繰返され、双方とも戦力は増強されたが、わが方では小松原師団が山県支隊の敗戦以来士気頓に衰へ、到底外蒙軍に対抗する実力はない。そこで第七師団の一部と戦車二聯隊を小松原の隷下に入れて地上軍を増強すると共に儀峨中将の統率する飛行第2集団の大部分を挙げて空中から援護させることにした。これによって最も劣勢だった火器も112門となり、戦車70輛、自動車400輛、そして第一線機は180機を算するを得たので、ほぼ敵と対等の兵力になると信じていた。

 所が実戦に臨んでみると敵の兵力は遥かにわが方を圧し、辻参謀によると約五倍、服部参謀によると約7倍であることが判った。殊に火砲に至っては大口径の長距離砲が300門は下らず、これに山砲、速射砲が戦線近くに並べられている。一度ひどく叩かれた軍隊は仮令それに兵力を補充しても心理的に敗戦意識が先だち士気が振い立たないものである。小松原師団もまたその例外でなく、如何に師団長以下の幕僚が気負い立っても、戦場にある兵隊は気おくれがする。

■「こうなっては已むを得ない」一大攻勢に転じようと決心

 そればかりではない。最初のほどは勇敢なる兵の肉迫攻撃によって鹵獲された戦車も、その後は幾らガソリン壜を投げつけても炎上しない。重要部分にはちゃんと金網が張られてガソリンは金網によって防がれる。戦車も小型は殆ど姿を没し中型大型となり、余程至近距離に引きつけなければ山砲弾くらいは撥ね返してしまう。これに反してわが戦車に対してはピアノ線で作った鉄条網を縦横に張り廻らして、一旦この網に入ると、キャタピラの中に線が喰いこみ速力は落ち遂には擱挫する。進退谷っている所を砲火を集中されては手の施しようがない。

 また航空戦術も変化し、初めは相当の高度を以て襲撃して来たからわが偵察機のみならず地上からも早期に発見することが出来たけれども、次第に高度を落し、地上すれすれに戦場に現われ呀っといふ間に爆撃銃撃をして反転してゆく。わが戦闘機が発見して追躡しても奥深く逃げこんで捕捉することが容易でない。

 敵機は戦場のみでなく満領内のカンジュル廟やハロンアルシャンなどにも侵入し、後方に集積している糧食とか弾薬を爆砕し、嫩江の鉄橋まで爆弾を投下するようになった。わが方は外蒙領内への進攻は中央から固く禁ぜられているので、対抗策がない。こうなっては已むを得ない。中央の方針にばかり従っていては敗戦の連続だ。軍司令官の命令を以て一大攻勢に転じようと決心をした。

■地上撃破25機、撃墜99機合計124機の大戦果

 6月20日小松原師団長に攻勢準備命令を伝える。儀峨集団長には全力を挙げて敵の根拠地タムスクを急襲し制空権の確保を命じた。そして事前にこれが中央に知れては中止を命ぜられるから計画は極秘の裡に進めるが、さりとて全然参謀本部に連絡しないでは後難が面倒だとし、島貫参謀を東上させて計画を報告させる。しかもその報告する時刻と空襲決行時とをマッチさせる必要がある。報告が1時間でも早ければすぐ中止命令に接する。千番に一番のかねあいである。

 こういう事情を勘案してタムスク爆撃は6月27日早暁と決定した。

 北国の夏の夜は早くあける。午前4時ごろになればもう明るい。第12飛行団長東少将は戦闘機約80機、第七飛行団長宝蔵寺少将、第九飛行団長下野少将は重爆軽爆約60機を率いてタムスク爆撃を敢行するため、それぞれの基地を発し、午前6時頃鵬翼をそろえて国境線を突破、一路西を指して飛ぶ。高度3000メートル、上空は寒気が身に沁むが誰も決死の爆撃行だから寒さなど覚えない。誘導する戦闘機群に従って黙々とついてゆく。敵機はまだ現われない。

 午前7時目指すタムスクの上空に来た。見下ろせば敵機が銀翼を連ね朝日を受けて地上に眠っている。飛行場上空を通過したわが編隊はグルッと180度反転するや編隊長から爆撃命令が出た。爆弾は生命のあるもののように一発一発飛行場に吸いこまれてゆく。8時少し前それぞれの基地に帰投したが、数えてみるとわが方にも4機の未帰還機がある。直後に綜合した所によれば地上撃破25機、撃墜99機合計124機という大戦果であった。

■「戦場を馳駆した者の判断の方が正しい」関東軍の伝統

 参謀本部では島貫参謀の報告と、有末中佐からの電話連絡によって越境爆撃の事実を知り、参謀次長以下色をなして激怒した。あれ程厳重に越境爆撃を禁じているのに、事もあろうに関東軍飛行隊の大部の勢力を傾けて実施するとは狂気の沙汰である。稲田作戦課長は関東軍に電話して寺田課長を呼び出した。寺田は今日の戦果に対する祝詞でも受ける心算で気軽に受話機を握り「やったよ、大戦果だ、これで当分敵機の跳梁はなくなるだろう」と上機嫌で報告し始めると、「何が大戦果だ、あれだけやかましく言っていたのに何たることをやったのだ、この報復がないとでも思っているのか、馬鹿な!」と大変な権幕である。寺田の紅潮していた顔は見る見る青ざめ、ミ奮した唇はわなわな顫える。

 その時のことを稲田は回顧して「実際腹が立った。余りに中央部を無視しすぎたやり方だ。電話口には服部中佐や辻少佐もいる様子であった」という。中央が何といっても、いざとなれば現地軍で引摺れる。机上の作戦論よりも、戦場を馳駆した者の判断の方が正しいとするのが関東軍の伝統である。参謀本部では植田軍司令官や磯谷参謀長を動かしているのは寺田大佐でもなければ矢野参謀副長でもない。1人の辻参謀だと睨んで、板垣陸相に辻の更迭を進言した者もあった。辻は有能ではあるけれども現在の関東軍参謀としては不適当だというのであったが、板垣は「まあ、いいじゃないか、余り辻を過大評価しているのではないか」と同意しなかった。

 タムスクの爆撃は果してソ聯側を刺戟した。まさか内陸深く侵入して来るとは考えていなかったらしい。モスコーと現地との間には無電が引っきりなしに交換されている。極東軍司令官は殆どぬきにして、直接クレムリンが戦闘を指揮している模様である。暫くの間は敵の機影を見ることが少なかったが、やがて前に倍した新鋭機が投入されたらしく、戦場上空の制空権は再び敵手に委せられた。わが方の戦闘機が如何に高性能であっても、搭乗者の技術が優秀であっても、連日休む暇なき邀撃に人も機も疲弊困憊し、次第に損害が大きくなる。制空権を奪われては地上軍の作戦は滅茶滅茶になる、1台の乗用車、トラックにも敵機が跳りかかって銃爆撃をする。一樹の遮蔽物もない草原、沙漠では身を入れるだけの蛸壺壕を掘ってかくれるより仕方がない。折角据えつけた砲門も1発放てば忽ち敵戦車や砲弾のよい目標になる。

■殺されても、水を飲めた者はまだ幸福だった

 第一線の将兵が最も苦しんだのは飲料水の欠乏である。応急的に掘った井戸水をトラックで配給しようとしても敵機の目をかすめることは容易でない。真夏の昼は気温が上昇して口はカラカラになる。軍服は体内から発散する汗の塩分が乾いて真白になってしまう。馬も喘いで動けなくなる。敵弾に傷ついた将兵は「水、水、水」と叫びながら息を引取ってゆく。水筒1本の水で1日、どうかすれば2日我慢せねばならぬ。中には辛抱しきれず夜ひそかに敵陣を突破してハルハ河に辿りつき、腹一杯水は飲んだが、敵に発見されてそのまま殺される者もある。それでも水を飲めた者はまだ幸福だった。河に到着しない前に発見されて、あの世に送られた者も多い。戦友の屍を発見して先ず手に触れるのは水筒である。中に水のあるかないかが最大の関心事であり、如何にも辛抱できないと自ら銃を口中にふくんで自殺する者も出る。戦場の悲惨は到底筆舌の尽し得る処ではない。

■これ以上の積極攻撃は不可能

 この惨状をよそに関東軍司令部では小松原師団長を鞭韃して、地上軍による大攻勢計画を進めた。7月1日を期してハルハ河を渡り、敵を国境外に駆逐しようとするものである。攻撃は順調に進んで一旦ハルハ河を渡って敵を圧迫したが、間もなく敵は逆襲に転じた。幾100輛とも数えきれぬ戦車が右から左から、縦横に狂いまわる。火炎壜や地雷では粉砕できない。200メートル300メートルの至近距離に引きつけて砲弾を浴びせる外はないのである。しかも弾薬も補給が十分でない。百数十輛に及ぶ敵戦車を潰したが味方の損害もひどく、後援の続かない急襲作戦では、持久態勢に持ちこまれては失敗である。一度渡ったハルハ河を再び越えて戻らねばならなかった。そして外蒙軍撃滅の夢は破れ、今は却って守勢に立ち敵の侵攻を防衛するのみである。橋本第一部長はこの地上戦を現地に見て関東軍司令部の無理な戦闘方式に呆れ、いよいよ不拡大方針堅持の必要を感じた。然し外蒙軍が満領深く入って来ることになれば手を拱いている訳にもゆかないから、帰京すると同時に野重第3旅団と独立野重第7聯隊を関東軍に送る手配をした。

 これと相前後して関東軍幕僚の現地指導を封ずると共に戦力の増強をなすため第6軍を編成し、その下に第23、第7、第2、第4師団を配属することにした。軍司令官は荻洲立兵中将、参謀長は藤本鉄熊少将であった。「外蒙軍といっても何程のことがあろう」と荻洲軍司令官は戦力をやや回復した第23師団と第7師団の一部とを以て8月下旬攻勢に転じたが、こんどは最もひどい反撃を受け、旅団長、聯隊長以下負傷し戦死するもの或は軍旗を焼いて自決するもの相次ぎ、小松原師団長は500の手兵を提げて敵陣突撃を敢行せんとする直前、漸く軍司令官命令で敵の重囲を破って帰還した。また8月21日には再度のタムスク爆撃を敢行したが、これも敵機の地上撃破90機に対し、わが未帰還機数十機を出して、もはやこれ以上の積極攻撃は不可能であることを覚らされた。

■一個師団を潰滅させ、1万数千の生霊を失ったノモンハン事件の教訓

 この惨敗を取りかえすためまたまた9月上旬を期して第7師団と第2師、第4師団を主力として攻勢に転ずる準備をしている所に8月31日、続いて9月3日奉勅命令が発せられた。その要旨は「情勢に鑑み大本営は爾今ノモンハン方面国境事件の自主的終結を企図す、関東軍司令官はノモンハン方面における攻勢作戦を中止すべし」というのであった。この奉勅命令説明のため新京に飛来した中島参謀次長は、植田軍司令官が「第23師団の屍体収容だけは許して頂きたい、要すれば自分が直接戦場に出て、大命の趣旨に反せざるように指揮を執るから」と泣訴したけれども、次長はそれさえ許すわけにはゆかぬと拒絶した。

 それでは軍司令官として1日も現職に留まる訳にゆかぬから、即刻後任者を銓衡して更迭させて貰いたいというと、それだけは上司に伝達しようと約した。中央では華北に第1軍司令官として駐屯していた海津美治郎大将を関東軍司令宮に、陸軍大学校長飯村穰中将を参謀長に補し、矢野参謀副長、寺田第一訳長以下作戦参謀を尽く入れかえた。植田、磯谷両将軍は一時参謀本部附となし、間もなく予備役に編入された。本意ならずも関東軍に引摺られて無理な戦闘をさせ、戦死、行衛不明7000、負傷9000という大損害を受け、惨敗のまま自主的に戦闘を中止せねばならぬような結果を招いたことは、参謀本部としても責任なきを得ない。そこでこの責任は中島次長1人で負い、橋本第一部長は支那総軍参謀副長に転出することになっていた所、関東軍首脳者2人が馘になった以上、参謀本部も次長1人では均衡がとれないという議が起き、遂に橋本中将も次長と共に現役を去らされた。

 梅津司令官は着任するや否や、外蒙側が主張せる国境線を事実上認めて兵を引き、着任1週間を出でずして停戦協定を成立させ、翌年6月国境劃定が出来た。梅津は軍司令部並に隷下部隊に対し、軍紀の振粛を厳命しまた国境紛争が如何に重大結果を招来するかを訓示して、いやしくも軍司令官の意図に反する者は仮藉なく処分する事を明らかにした。

 かくて一個師団を潰滅させ、1万数千の生霊を失ったノモンハン事件が何等の殷鑑ともならず、更に大きな犠牲を積み重ねなければならなかったことを惜しむ。

■「白い衣類をつけていれば難を避けることができる」と言いながら……

 広島に原爆を落されて軍部が非常にあわてたのはいうまでもなかった。どうも原爆にちがいないと思うが、やはりそれときめるには科学者の調査が必要である。そこでこの方面の権威である仁科芳雄博士に広島へ出向いてもらうことにした。

 博士はガイガー管を持って立川飛行場にかけつけたが、その日は飛行機が出ないとかでムダ足。

 翌日になってやっと東京から飛び立ったが、広島上空にいくと家屋の倒れ方などから判断して、ガイガーの厄介になるまでもなく、すぐに原爆とわかったとか。

 これを大本営は“新型爆弾”と名づけて発表、白い衣類をつけていれば難を避けることができるなどと、無責任きわまる指導をして新型爆弾恐るるに足らずと豪語した。

 ところが廟議が無条件降伏ときまり、いよいよ陛下の御放送があるという前日になると情報局は、

「原子爆弾の残虐さを大いに紙面で張調するように」

 と新聞に指導してきた。国民は全く愚弄されていたといっていいだろう。

(高宮 太平/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)