馳浩vs.プチ鹿島 激突!「森喜朗とオリンピック問題」

馳浩vs.プチ鹿島 激突!「森喜朗とオリンピック問題」

(c)白澤正/文藝春秋

元レスラーの文教族ベテラン・馳浩にプロレスを愛する時事芸人・プチ鹿島が「オリンピック問題」と「森喜朗」について切り込んだ! 話はやがて「総理への夢」へと拡がっていき――。試合展開から目が離せない対談後編のゴングは鳴った!

■東京オリンピック「買収疑惑」について答える!

鹿島 馳さんは東京五輪大会実施本部長も務め、現在は自民党スポーツ立国調査会長。オリンピック事業でも熱心に活動されていますが、先日、ブラジル検察が東京オリンピック招致にはコンサルタント会社経由での「買収の意図があった」と結論を出したという報道がありました。

馳 これについては、たしかフランスの警察当局が日本の関係者に事情聴取したはずですね。当時、安倍総理も、捜査が及べばきちんと答えたほうがいいと答弁しておられたと思いますから、買収の意図があったかなかったか、私は捜査結果に従うしかないと思いますね。

鹿島 馳さんは文科相時代に「招致成功にコンサルタントが果たした役割は大きい」という発言をされていますね。

馳 コンサルタントについて言えば、その役割はきわめて大きいです。103名のIOC委員のうち、幹部と当事者を除いた97票の過半数をどうやってかためていくか。各委員がどういう理由で選ばれて、どこに住んでいて、家族構成はどうで、好きな食べ物は何で。そういったことをすべて調査したうえでの集票活動のせめぎあい、まさにバトルですよ。その戦いの中で東京に決定した理由はさまざまあると思いますが、はっきり言えることはIOCの倫理規定というルール上、裏金なんてまったく使えなかったということです。

鹿島 一方で、オリンピック後の不況を懸念する声も聞こえてきます。

馳 アテネの二の舞は避けなければなりません。2004年のアテネオリンピック後のギリシャの借金、財政赤字、国家財政の破綻は記憶に新しいところですが、ギリシャは結局EUに助けてもらうことになった。オリンピックを開催したって、その後に体育館とか、スタジアム、アリーナがまったく荒廃してしまったら意味がないわけです。

■真夏の東京開催で、本当に大丈夫ですか

鹿島  2013年の橋本聖子さんとの対談では「アスリートファーストで、コンパクトオリンピックであるべきだ」とおっしゃっています。しかし、年々暑くなっている真夏の東京開催で大丈夫ですか。コンパクトさのほうも当初の構想とはだいぶかけ離れているようですが。

馳 それについてはちょっと厳しい言い方になりますが、アスリートに与えられた条件は全員同じ。その中で健康を害さないように最善の努力をし、最強最速、最も美しい演技を目指すのは、アスリートの責務です。もちろん暑さ、湿度対策、そしてテロ対策というアスリートが安心して競技にのぞめる重要ファクターの整備は組織委員会の責任ですが。

鹿島 経費も結果的にどんどん膨らんでいるように見えます。

馳 もともと最初のプレゼンで提示する経費には、警備費や輸送費が入っていないんです。IOCのルールでは、競技会場や選手村の建設費だけのミニマムな提案でよいことになっている。ここが一般にはわかりづらい、誤解を生みやすいところなのだと思います。

■安倍一強というのは結果論ですよ

鹿島 わかりづらいというか、えっこんなにお金かかるの? って、後から高額請求をされた感じがします。ずさんな計画でも招致できたのはまさしく「コンサル料」のおかげ? とも言いたくなる。このように森友・加計問題にしろ、五輪にしろ、最近の政治はプロセスがよくわからないまま進んでいるように感じます。ぼくが大好きなプロレスのおもしろさとは、試合結果だけではなくプロセスをはっきり見せてくれるところだと思うんです。政治家、また大プロレスラーであった馳さんは、こうした政治プロセスの不透明さについてどう思われますか。

馳 なるほどね……。ただ、透明性の確保のために国会審議があるわけです。加計問題にしても国会中継をご覧になれば、野党のみなさんができるだけの証拠をもった質問で頑張っていることがおわかりだと思います。それに対して政府側、安倍総理も理路整然と、法律をふまえて対処していることを説明されればよいと思いますね。

鹿島 しかしそこで「一強の驕り」が出たわけです。

馳 ですから一時の感情的な答弁については総理も反省すべきです。

鹿島 安倍さんの一強スタイルについては、自民党内でも異論、反論があるようです。馳さんはどうお考えですか。

馳 安倍一強というのは結果論ですよ。安倍総理が作り出したものではなくて、小池さんが自民党を離党して、都知事として活躍されていたり、民進党がこういう状況になっていたりと、時々刻々と動いていく政局による結果論に過ぎません。

■総理の夢 私も麻生先生のように

鹿島 ところで「夢は60歳で総理になること」とおっしゃっていますが、60歳まであと4年、その時は2021年、東京五輪後の日本ですね。

馳 そうですね。

鹿島 どんな総理大臣を目指しますか。

馳 たとえば麻生太郎先生は「俯瞰の目」を持っておられるといいます。財務大臣という役割を果たしながら、地球規模ではいま日本は何をしなければいけないかを考え、過去の歴史を振り返りながら、点ではなく多国間との連携の中で、現在の日本のあり方を俯瞰的に見つめる。私も麻生先生のように、日本の実状を踏まえ、歴史と地球儀を俯瞰できる政治家にならなければと思っています。

鹿島 馳さんの政治の師匠といえば森喜朗さんを忘れてはいけませんよね。どんな教えを受けていますか。森さんにとって馳さんは秘蔵っ子どころか、後継者という思いもあるんじゃないですか。

馳 ハハハ、私はそんな大物ではない。後継者というより森チルドレンのひとりに過ぎません。ずいぶん反発もして、「悪いのは馳だ」って怒られることもしょっちゅうですが、同時に「まぁまぁよくやってるな」とも言われますけどね。そういう意味では森先生は非常に公平な目をもって、私を厳しく育ててくださっている。そこは間違いないです。

■トイレ掃除のおばちゃんに「ありがとう」と言うのが森スタイル

鹿島 森さんは、世間と内側での評価に、だいぶ温度差がある方なんだろうなと感じます。いいところってあるんですか?

馳 わかりやすく言えば、トイレに掃除のおばちゃんがいたら、自然に「ありがとう」と声をかけるのが森先生の政治スタイルです。

鹿島 ははあ……。そういう人のよさが、なぜ世の中に伝わらないのでしょうかね。

馳 記者会見のときの態度がよくないからです(笑)。

鹿島 そう言ってしまえる大物ぶりは、すでに師匠を超えているような気がします(笑)。総理大臣になってもジャイアントスイングは必ずしてください。

馳 ハハハハ。一緒に写真撮ろう。嬉しいなぁ。

鹿島 僕、公式プロフィール写真で黄色いシャツ着てるんですけど、馳さんが黄色いパンツに変更してブレイクしたのを参考にしました。

馳 嬉しいなぁ。

構成=皆川秀
写真=白澤正/文藝春秋

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)