《台風19号最前線リポート》道路は閉鎖、巨大防波堤を超えて砂と波が顔に突き刺さる

《台風19号最前線リポート》道路は閉鎖、巨大防波堤を超えて砂と波が顔に突き刺さる

©文藝春秋

 10月12日午前、台風19号は八丈島南西から伊豆諸島に時速20キロメートルで移動している。「週刊文春デジタル」取材班は暴風、大雨、波浪警報が発令されている最前線の八丈島から現状をリポートする。

?

「風の音が、どこかで爆発があったんじゃないかってくらい大きくて、天井、窓枠は一晩中ガタガタ揺れ続けていた。屋根が飛ばされるのではとヒヤヒヤしていて、一睡もできなかった」(地元住民)

 一部では停電も起きた八丈島。朝方、沿岸部では海の様子を不安そうに眺める住人を複数目撃した。10メートル以上の高波は堤防を越え、風に舞った砂が波しぶきと共に顔に突き刺さる。波しぶきの泡が雪のように舞っている。

「台風で何度か堤防が壊されているんだが、今回もおそらく危ない。波が高いから塩害で農作物や特産のフェニックスロベリニー(八丈島で生産されているヤシ科の観葉植物)もだいぶやられちまうな」(地元住民)

 道路の一部は封鎖されていたが、パトカーは赤色灯を点けて沿岸部を巡回していた。船が心配で港に様子を見に来る漁師の姿もあった。家の植木鉢や木々は倒れ、電線が垂れ下がり、道路には大きな石が転がっている。

 台風19号は夕方にも関東、東海地方への上陸が予想されている。

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)