氾濫前の多摩川で泳ぐ海パン男、豪雨の渋谷でポーズを決めるコスプレ男…「台風バカッター」を直撃

台風が猛威を振るい多摩川で泳ぐ海パン男やスクランブル交差点にコスプレ男も

記事まとめ

  • 台風19号が猛威を振るった10月12日、渋谷のスクランブル交差点では若者が何度も往来
  • 萌え系アニメキャラのコスプレ男性はYouTubeの天気カメラに映り込みたかったという
  • 多摩川で海パン姿で泳ぐ男性のインスタグラムは大炎上、現在は非公開に

氾濫前の多摩川で泳ぐ海パン男、豪雨の渋谷でポーズを決めるコスプレ男…「台風バカッター」を直撃

氾濫前の多摩川で泳ぐ海パン男、豪雨の渋谷でポーズを決めるコスプレ男…「台風バカッター」を直撃

折れ曲がったクレーン ©文藝春秋

 台風19号が猛威を振るった10月12日、大雨特別警報や特別警戒が発令され、21時頃は都心の繁華街にもひと気はなかった。滝のような大雨と暴風の影響で、渋谷・宮益坂の建設工事中のビル上部に設置された巨大クレーンが折れ曲がり、六本木では店舗の屋根が崩れ落ちて歩道を塞いでいた。

「突風で看板が飛ばされたり、ガラスが割れたりしないか、心配していました。もともと夜中まで営業しようとしていたのですが、昼間の報道を見て、安全を考え、閉めることにしました」(渋谷の飲食店店主)

 渋谷ではほとんどの店が臨時休業。壊れた傘が道路に散乱し、パトカーが赤色灯を点けて巡回していた。

 だが暴風雨の中、渋谷のスクランブル交差点では数人の若者が何度も往来を繰り返していた。一際目立つのは”萌え系”アニメキャラのコスプレ衣装を着用したメガネにポシェットを提げたアキバ系30代男性。交差点の真ん中で男性は傘を置き、両手を広げ、天を見上げながら仁王立ちをしている。何をしているのか。

 取材班はコスプレ男性を直撃した。

「YouTubeの天気カメラに映り込むかなって思って。『22時頃からYouTubeを見ておいて』と周囲に話しました。ツイッターでは同じようなことをしている上半身裸で腕立てしている人とか、『ドラゴンボール』の孫悟空のコスプレをした人とかが目立っていました……秋葉原から来ました」(コスプレ男性)

■《筋肉兄貴って名前がつけられたのだ》

 渋谷スクランブル交差点付近には複数の固定カメラが設置され、天候などを24時間ライブ配信をしている。コスプレの格好をした目立ちたがり屋が、そのライブ映像に映りこむと、ネットで盛り上がるのだという。巡回するパトカーが注意していたが、聞く耳を持たない彼らには、まさに”馬の耳に念仏”だった。

 交差点で腕立て伏せをしていた”筋肉男”は自身のツイッターで自慢気にこう呟いていた。

《スクランブル交差点で腕立てしたら筋肉兄貴って名前がつけられたのだ》

■増水した多摩川で泳ぐドヤ顔の海パン男

 多摩川では10月12日昼間、海パン姿で泳ぐ男性が。カメラに向かってドヤ顔を決めた男性のインスタグラムが大炎上した(現在は非公開)。武蔵小杉駅周辺でも、水着、浮き輪で泳ぐ若者の姿がネットで拡散し、炎上した。

 同日午後10時頃に多摩川は世田谷区の東急二子玉川駅付近で氾濫し、付近の道路では深さ40センチほど冠水している。武蔵小杉駅近くの一部マンションでは深夜3時頃から朝9時まで停電していたという。

 近隣住民が若者の迷惑行為に呆れた様子でこう話す。

「雨風が弱まった深夜1時くらいに外に出たのですが、若い大学生くらいの男性グループがズボンの裾をまくって、冠水しているところに入ってワーワー騒いでいるのを見て、呆れてしまいました。今日見たら、彼らが使っていたと思われるビニールプールがスーパーの横に不法投棄されていた。言語道断ですよね」

「直ちに命を守る行動を」という気象庁の呼びかけも彼らには届かない。台風19号の影響でこれまで21人が死亡し、16人が行方不明になっているというのに(10月13日16時半)、ハロウィーンのバカ騒ぎと取り違えているのか?

(「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル)

関連記事(外部サイト)