バーバリーコートに拳銃 “ギャング共産党事件”の犯人が明かした、真相のすべて

バーバリーコートに拳銃 “ギャング共産党事件”の犯人が明かした、真相のすべて

©iStock.com

資金獲得のために銀行襲撃を敢行して一世を驚倒させた「大森ギャング事件」の真相を張本人自ら迫真的に記す。

初出:文藝春秋臨時増刊『昭和の35大事件』(1955年刊)、原題「ギャング共産党事件」( 解説 を読む)

 昭和3年の秋、京都御所で挙行された御即位の大典の頃、私は多少共に労働運動に関係していると云う事だけで、その間1ヵ月余警察に留置されなければならなかった。

 当時僅か19歳の少年の私にとって社会主義の何であるかは解る筈はなかったのであったが、この取扱いは私の心境を著しく刺戟するものがあった。私は次第に社会主義の書物を読むことが多くなり、遂にマルクス主義の真理を恐れる支配者が、これを信奉する者に対する迫害であると云う理解に達するに至った。当時は治安維持法が制定され、日本共産党は非合法党として地下に追いやられた上に、共産党員に依って動かされていると思われる労働農民党や労働組合全国評議会等までも解散された程であった。私は次第に共産党関係の団体や、これに共鳴する労働者、学生等と交ることが多くなってきたのである。

■狂信的要素が更に強くなって来た武装共産党

 斯様にして昭和3年の3月15日の共産党大検挙に次ぎ翌4年4月16日の第二次検挙が行われ一時終熄したかとみえたが、今度は甚だ抗争的な集団として現れた。所謂武装共産党がそれである。勿論その大衆的基盤は小さいが狂信的要素は更に強くなって来たようである。この狂信的団体の非合法行動に最も都合のよいことは、労働者、農民、一般大衆の声を代表する政党や組合が言論の自由を奪われて腑抜の状態となっていたことである。多くの経験をもち良識ある社会運動家の中にも活動の自由を失って共産党の同情者となった人が多い。

 私は昭和4年から6年まで幾度かの検束、拘禁を体験しつつその年の暮漸く京都拘置所より釈放保釈されたのであった。引受人は河上肇博士の義弟にあたる大塚有章君であり大塚君は当時大山郁夫氏等と共に新労農党を結成されたが、前記の様な状勢を察知して、同党を解党されて、共産党の同情者としての道を歩んで居られたのであった。

 拘置所で私は幾分か自己反省の機会を与えられたようであり、自分の一般常識の欠如していることに気付き、大塚君の家では、専ら勉強を続ける以外は、雑用でも何でもして、厚情に応えたい心持であった。また大塚君は既に30数歳の年齢でもあり社会生活の経験も豊富で温厚な性格の持主であったから、当時のグループからも信頼は厚かった。彼は共産党関係の狂信的要素の多少薄くなって、反省的勉強を続けている私を、却って謙遜な勉強家として信頼してくれたのであった。

■「役者のような方がたずねてこられた」

 ある日私が丸善からナチスの『階級と民族』に関する小冊子を買って読んでいると、大塚君は既にナチス批判を志し勉強していると思ってくれた。私は余り従来のものの考え方に囚われずいろいろなものを読みたいと云う心持からやりだしたことであったにも拘わらず……この大塚君の素直な心持と大塚夫人や幼い子達の、弟とも兄とも思ってくれるような温かいもてなしに、人間的な信頼が結ばれたのである。間もなく大塚有章君は東京へ移り私は京都の母の家に住むことになった。

「役者のような方がたずねてこられた」といって母が私を驚かしたのは昭和7年の夏も盛りのことであった。母は大塚有章君であれば旧知の筈であるにも拘らず、わからなかったようである。絽の羽織、パナマ帽にステッキを持つ彼はそれ程別人の様に思われたのであった。間もなく私と大塚君とは比叡山麓の八瀬に行き、茶屋の一室を借り、久濶を叙し合った。

 大塚君は、この春上京以来、日本共産党に関係し、特に党の労働者、農民の基本組織とは別に、専任中央委員のもとに、本隊の前進を助ける為、資金、家屋等の面倒を見る一方に、暴力団やテキ屋のなかにも党員を潜入せしめ、有事の際には背面の備えをする組織が構成されたが人を得ていないようであり、かような仕事は基本組織の中で鍛えられた者のみが耐えることが出来ると考えるからと云って、私の上京を促したのであった。私にも異論がなかったので東京での連絡場所を定め、別れたのである。

■鍵をもって開いたトランクには各種各様のピストルが数十丁

 私が上京して2、3回の街頭連絡をした後、銀座で大塚、今泉善一、石井正義、中村経一の四君と落合って、芝公園の奥深い家に案内された。その家の離れの一室に五人が額を集めて、一つの行動について謀議が交された。

 大塚君がこの仕事について説明するのに、ある有名婦人から有力な物件を引取るに際し、その婦人には必ず尾行刑事がついて来るとみなければならず、その場合、大塚が婦人より、物件を受取った時に、大塚を安全に逃してやる仕事であり、婦人の方は、よしその場で検挙されるようなことがあっても、そのままにし、あくまで、大塚とその渡された物を護衛してくれるようにとの事であった。

 やがて今泉は離れ屋の押し入れから中型のトランクを重たげに取り出して、5人の中に置き、鍵をもってトランクを開くと、そのなかに、各種各様のピストルが数十丁“ギッシリ”とつめられている。彼はその一丁一丁の安全かぎを外し、遊底を動かし操作を示し、一人一人に手渡したのである。

■「防衛的意味での武器所持は許されるべきである」を確信した

 私はこれまで共産党員が護身用として拳銃を持って居る者のあったことは、三田村四郎の検挙の号外を見たとき以来、度々聞いていたが、今泉君の落着き払った動作にすっかりのまれてしまった。やがて下宿に帰っても、武器を持つ者の不安と自信の交錯のなかに夜を明かした。

 翌日の正午示し合せた場所である、京浜電鉄品川駅の食堂に行くと既に、大塚君は来て居り、中村経一君と私は別の卓を囲んで、名流婦人の来るのを待っていた。暫くすると、可成太った品の良い中年婦人が、大塚の卓に来られたが、私はすぐに河上肇博士の夫人であることを知り、同時に渡されたものが金銭であることを直感した。当時共産党の同情者が党に対する寄付行為は当局が相当に注意していたから、博士婦人も纒った金銭を銀行等より引出すときには必ず、何等かの連絡があり、当局がこれを追って、党関係者に手交する現場を検挙するものであるとの推測がなされたのであろう。しかしこの会見と物品の受授は一見平凡に行われ、警衛の中村君と私は事なく引上げたのである。

 私は過去数年の労働運動の実践から、極端にまで圧迫された共産党が政治的自由を護持するには、防衛的意味での武器所持は許されるべきであると云う信念の一端を果したと確信した。私と行動を共にした中村君は、レーニンがマキャベリーの云った『狐の“ずるさ”と獅子の勇気』が必要である旨を力説していた。私たちは党という規律のもとに、互の実名をも話さず、経歴も語らなかったが、それだけ口数の少ない内にも、心の行き方を探るかのようであった。多くの同志と云われる人々は私にとって面識のみの他人であった。

■秘密事務所で銀行ギャングの謀議が続けられる

 斯くする内に9月も中ば過ぎ頃、連絡によって大塚有章君は重大な計画を私に示した。

 既にいろいろの経験の結果であろう、日本橋近くの東京ビル5階の一室に「高野計理士事務所」という看板を掲げ、そこが私達の家屋資金局の秘密事務所になっていた。表向き事務所のサラーリマンの如く一定時刻に通勤し、各々の用件をもって出入するかの如くであった。5階の窓には花瓶があって、それが安全標識である。私たちは街頭からその花瓶を見上げ確認して事務所に這入るのである。

 事務所には今泉、石井、中村、大塚とその他私の知らない勤務者が、2、3名と婦人事務員が1名、本当の計理士事務所と何等変った処がない。

 この事務所で数回に亙って銀行ギャングの謀議が続けられる。今泉、大塚の力説する処に依ると、今夏行われた東京地下鉄のストライキは地下に電車を停め、それに籠城した大衆も警察と軍隊の出動に依って弾圧され敗北した。日本帝国主義は満洲、上海事変以来非常にあせり出して、戦争は近づいている。ここにおいて強力武器購入のために大口資金を必要とするに至った。

■いよいよ、金庫が閉鎖される寸前に乗り込むと云うことに

 そこで家屋資金部も差し当り、小石川の白山下の不動銀行を襲って、纒った金を奪取する必要に迫られたと。この銀行の内部構造、其他の詳細は、既に幹部の詳しく知るところであった。これはあとになって判ったことであるが、不動銀行の行員が行金を持ち逃げして党に提供した際に得た資料に依るものと云うことで、従って内部事情は詳細にわかっているようである。

 そこで、いよいよ8月31日夜12時に外交員が集金して銀行に戻り精算を終って、金庫が閉鎖される寸前に乗り込むと云うことになった。自動車も2台家屋資金局が買い、党員に運転させて、必要でないときは貸ガレージにあずけ、また、タクシー流しに依り運転手の自活をせしめるように組織されていた。

 かようにして一切の準備が完了し、今泉君を除く、大塚はじめ石井、中村等と私は、夜半小石川の銀行へ自動車を走らせたが、あいにく銀行の前に支那そば屋が店を開き、行員らしき者も、そばを喰っていた様にも感じられ、2回3回と銀行の周囲を徘徊している内に、そば屋も家台を挽き去ったので、自動車を止め、勝手口へ入ったが、既に施錠してあり、行員は帰ったものらしく、この計画は成就せずに終った。

 既に私は大塚君の要請によって上京以来1ヵ月足らずして、武器所持のピケから、一時テキやに潜入し、更にいま、ギャング団の一員になっている。この激しい変り方は、もし起居を共にする者が居ったならば、明かに察知し得るものであろう。

■大森の川崎第百銀行襲撃を思い付く

 河上博士の自叙伝の中にも、「大塚はこの頃重大な計画をしている最中で、自分が責任者となって小石川の不動銀行白山支店の襲撃を企て、その夜は実行不能に終ったが、更にそれに代わるべき計画(後に大森ギャング事件として帝都を震撼せしめたもの)を間近に実行せねばならぬ責任を負わされており、頭はその方で一杯になっていた。私は薄々その事を聞き知っていたが、そう思って見ると、大塚は何となく落着かぬ様子だし、おのずから緊張した切迫感を漂わせていた。彼の前で私は家庭的な私情に耽る気にもなれなかった」と述べておられる。

 不動銀行白山支店の失敗以後、一同は負わされた任務の重圧に耐え難い様子であった。

 そこで石井君が思い付いたのであろう。大森の川崎第百銀行襲撃である。石井はもともと大森近くに住居している父親と共に土木建築の仕事に係っていたので、この銀行へは度々出入したこともあり、現に父親の取引銀行であってみれば、甚だ思い余った上のことも考えられる。石井はこの事件の準備のために一切を調達するにも私情を殺すかの如く一見平静でもあった。大塚君も社会運動上に知られた名士である。よくよくの決心から出たものであろう。本隊から遠く離れて、側面の仕事をする私達は事の是非を論ずることもできなかった。

■所謂事業なるものは大凡物騒な事業をなす集団であった

 かくする中に2日、3日と日は過ぎて、仕事の準備のためのいろいろな道具や乗物の手配は完了して来たのである。

 この事は共産党の行動として世間に知られては都合が悪いので、石井君は、別に市井の不良青年を同伴して、これと共に行動することが良策であるとの申出をし、一同これを諒承した。

 当時の私らの組織されていた家屋資金局の事業部たるその事業ということは、普通社会で云われる営利事業を、党が一面行い、その得た利益を、活動費にリターンする組織の如き名称である。事実、大塚君も、党がダンスホールの如き、またタクシーの如き事業を行っていると云っていたが、実際後になってみれば、この事業部の所謂事業なるものは大凡物騒な事業をなす集団であった様である。私がテキやに潜入した如く、石井君は市井の“あんちゃん”を操縦していたらしく、従って彼がそのうちにこの計画に織り込む人間を動員したのであろう。

 当時は甚だ不景気な時代であり、経験と暖簾をもつ一般の営業者でも、仲々事業を維持することが困難な時期であったから、他に目的をもち、しかも経験に乏しい若僧が、堅気の事業等継続でき得る筈がない。これらは一種のカモフラージュに過ぎなかったのであるが、当時気の立っていた私にはそんなことすら見極める余裕もなかったのである。

■床に向って拳銃を発射し、強い響が、高い天井に木霊した

 いよいよ当日となった。中村と私と石井の紹介した青年とは変装のバーバリーコート、眼鏡、拳銃を各々身につけて、差し廻された党の自動車に乗り、銀行に向った。銀行の手前で車を捨て、勝手口の方に廻って、銀行内部に這入ると石井の調査報告の通り、勘定された札束が机の上に積み上げられている。3人は支店長の前へ進み、各々拳銃を出したが、映画のように手を上げる者もなく、支店長は流石に落着払っている。そこで中村は床に向って拳銃を発射し、強い響が、高い天井に木霊した。また1発中村の発射に依り、支店長も事の重大を覚悟したものらしく、私が机の上の札束をボストンバッグに詰込むまで声はなかった。

 申合せた通り私が先ず銀行を出た。私の逃亡を見届けて後中村等が逃げることになっていた。事は型通りに運んで行ったが、私が勝手口から出ると、巡査が狭い勝手口の露路から這入ってくる。多分誰かが交番に知らしたのであろう。その幅一間足らずの通路で私と警官は、私の差し出した拳銃を中心に一廻りして私は通りに出ることが出来た。

 そこへタクシーの如く党の自動車が来たのでそれに乗り、車中変装道具を捨て、ボストンバッグもそのままに、大森駅でタクシーを降りると、大塚有章君が儀式の帰りらしくモーニング姿で河上芳子さんまで同伴して待っていた。彼等も恰も流しのタクシーを拾うかの如く乗車した。

 私は大森駅から省線で新橋まで行き、そこからタクシーで池袋アパートの自宅へ帰ることが出来た。間もなく中村も帰って来た。2人はその無事任務達成を喜び合った。

■早晩検挙されるものと覚悟はしていた

 間もなく号外の鈴がけたたましく鳴り、大森ギャング事件として帝都の新聞は大々的に報道した。新聞の名は忘れたが、ある新聞紙をみると探偵作家の江戸川乱歩氏等がこの事件のために座談会を開き、検討されているなかに、『数人のギャングのなかで、金銭を所持した者が先に逃げると云う手段は、普通の犯罪ではなく、多分政治結社の行動である』と断定されている。これを読んで私達は次第に身に近づいた危険を知ったのであるが既に任務は果され、あとはどれだけ逃げ得るかと云うことのみであり、早晩検挙されるものと覚悟はしていた。

 翌10月6日大塚君がアパートに来て、2人に、共産党中央委員会はこの英雄的行動に心からの感謝をすると共に爾今中村と私に正式党員としての資格を与えると云う伝達があった。

 然し検挙は私の予想した如く案外早かったのである。今泉はこの銀行から取った金で、武器の大量購入を計画していたものらしく、10月8日夜密輸業者との会合の際検挙され、私と中村も、危険を察知して、わざわざ住居を移した、芝公園の中村君の知人宅で検挙された。

 石井君も引続き逮捕され、大塚有章君のみが翌年正月5日に街頭連絡中捕縛され、ここに共産党ギャング事件は一段落となったのである。

■末端において斯様な事態を惹起した者は、共産党から直に除名

 さてはこの事件の批判は各方面から活発になされてきた様子であるが、佐野、鍋山氏も事件を契機として急転向したようである。転向声明中にも共産党が労働者農民の組織から遊離して小ブルジョア化し、破廉恥的行動に出るようになったことが指摘された上に、かような傾向の由って以って発生する根源は共産党の民族感情の無視と、具体的な日本の政治経済事情の認識不足から来た結果であると結論されていたようである。

 また当時の共産党からは、党は絶対に斯様な行動を指令せず、若し党の末端において斯様な事態を惹起した者があるとすれば、直に除名する旨の声明がなされたようである。

 事実当時の中央委員中の主要メンバーは風間丈吉氏、岩田義道氏と松村某と3人であった。

 この松村某は、ギャング事件後に熱海の党大会で、幹部が検挙された後も、姿を現さず、遂に共産党の公判にもその本名すら判らない謎の人物となっている。

 私たちが昭和10年判決を受け小菅刑務所に服役中にも、石井君等は風間丈吉君と『松村はどうした』と云う疑問を含む会話が交されていたことを側で聞いたことがある。

■銀行襲撃前に執行委員長から激励の言葉が

 果して謎の人物松村は当局のスパイであったであろうか。共産党の側からは松村が現れないことは、本事件が支配階級が共産党の信頼を失墜せしめるために党内に派遣した真正のスパイに依る活動であった、と責任を当時の敵に転稼せしめる有力な材料としているようである。しかしながらはたして松村以外の者が斯様な行動を是認し得たとすれば、その責は松村一人ではない。現に私が小菅刑務所に服役中、この事件に関し、当時の指導者達からの命令について聞いた処に依ると、事件前から既に党幹部はこれを知り、尚具体的には、銀行襲撃前に執行委員長自ら激励の言葉を与えたという事実すら耳にしたのである。

 この事件の風評上最も気の毒な汚名を蒙った者は、今泉善一君である。彼は松村と直接の連絡を取っていた上級幹部であったから本事件の最高責任者として最も重い刑を課せられていた。

 その上、戦後間もなく出版された河上博士の自叙伝中にも『今泉君は纏った学問をしたこともなく、言ふに足るべき闘争経歴も持ち合せて居らず……二十二歳の若さで党生活一ヶ年にも満ちて居なかったのであるが、一たび松村と連絡がついてからは、松村は彼の奸智に長けてゐる所を見込んで、この若者は大いに利用するに足ると考へぐんぐん重用し始めた。かくて彼は党の中央部の指導的地位にまで経登(のしあが)り、最後には中央委員の候補とされてゐた。……大森事件後最初に逮捕された党員が今泉であったと云ふことは、官憲にとって頗る好都合な運合(めぐりあわ)せであった。彼は意識的スパイとして這入ってゐた訳ではないが実際には最上のスパイたる役割を果し……本来のスパイ松村等をして其の仮面を脱ぐことを後々まで留保せしめることが出来た』と書かれてゐる。

■事件関係者のその後の消息は

 しかし、当時の検挙後の官憲の自白強要は甚だ強圧的であり、現に私が本事件で警視庁の留置所に拘禁されているその隣りの部屋に一人“ぼっち”で留置されていた中央委員岩田義道氏の如きは、実際に私の見ている前で死骸となって運び去られて行った程である。青年今泉君は恐らく四囲の事情止むを得ざることを悟ったと思われる。今泉君は小菅服役中も孜孜として勉学し、私に和辻博士の『原始仏教の実践哲学』を読むことを勧め、この書物の中に盛られている観念形態について実に深い洞察を下していたことがあったが、詳細は省略する。

 ついでに、その後の事件関係者の消息を語ることを許して頂けるならば、石井正義君は昭和16年ふとした風邪がもとで獄中他界し、中村経一君は出獄後、英文学と西洋史の翻訳に克明な筆をとって居ったが、数年前に亡くなった。

 大塚有章君は刑期満了後満洲に渡り、彼地で処を得て居られると聞いていたが、終戦10年未だ内地に帰還されていない。

 本事件のなかに謎の人物として登場した中央委員でスパイと云はれている松村某については、いろいろな人から本名、経歴を聞いたが特に秘したい。

(西代 義治/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)