江戸川乱歩も推理? “大森銀行ギャング事件”の首謀者は本当に共産党員だったのか

江戸川乱歩も推理? “大森銀行ギャング事件”の首謀者は本当に共産党員だったのか

大森銀行ギャング事件発生を報じた東京朝日新聞

■解説:共産党が銀行ギャング?  闇の事件の真相とは

 日本共産党は7月の参院選でも1人区では野党共闘に加わるなど、一時に比べ柔軟な路線をとっている。ただ、1922年に非合法下で結成されて以来、進む路線は紆余曲折を繰り返した。一時は組織の一部が武装闘争に走った時期も。白昼、メンバーがピストルを手に銀行に押し入り、大金を奪ったこの事件は、「大森銀行ギャング事件」「赤色ギャング事件」とも呼ばれ、世間に衝撃と、共産党への根強い不信感を与えた。組織内部に潜入した警察スパイによる挑発、というのがほぼ定説だが、核心部分の真相はいまも闇に包まれている。

■アメリカ映画ばりの大胆な犯行

「大帝都にギャングの脅威 三人組ピストル強盗 白昼悠々銀行を襲う」「周到を極めた計画的の犯行」(1932年10月7日付東京朝日朝刊)、「白昼大森の銀行(川崎第百支店)に三人組ピストル強盗 三万円余強奪して逃走 大東京『恐怖時代』出現」(同東京日日朝刊)――。アメリカ映画ばりの大胆な犯行がいかにショッキングだったか、新聞の見出しから分かる。続報では「捜査は五里霧中」「正体つかめず 無謀な不良とにらむ」などと、どんなグループの犯行なのか、捜査当局が絞り切れなかったように読める。10月8日付東京日日朝刊は、「犯人は何者?」という見出しで“推理合戦”を展開しているが、「案外近所の者か」(探偵作家・大下宇陀児)、「左翼でない」(元警視庁捜査係長)、「活動かぶれ」(女探偵)とバラバラ。探偵作家・江戸川乱歩も登場しているが、紙面が違うのか、本編で書かれているのとは異って「ギャングという気がする。極左の者は秘密資金を集めこそすれ、こんな凶行を演ずるほどの力を持ち合わせていないのじゃないかと思う」と語っている。

 ところが、事件4日目の9日、事件は急展開する。「銀行ギャング三名逮捕 二十時間で急転一網 中に加わる全協一名」(10日付東京日日号外)、「銀行襲撃のギャング 全部三名捕縛さる 共産系が資金集めの犯行」(11日付東京朝日夕刊)。銀行ギャングとは別件の武器購入事件が解決の発端とされたが、それにしても展開がいかにも妙だ。以後新聞は、共産党の犯行がいかに計画的で反社会的だったかと、それを打ち破った“頼りがいのある”警察への信頼感を繰り返し強調した報道を続ける。「無軌道共産党に大弾圧を決意す」「女党員を家政婦にし 富豪邸へ住み込ます」「赤露記念日を期し 蜂起の陰謀発覚 恐るべき赤色テロ一味」……。

■「日本共産党の名誉を傷つけることまでやってのけました」

 そして、事件の歴史的な評価はどうだろう。「このギャング事件は、コミンテルン極東部が上海で検挙されたため、資金提供の途が絶えたことと、国内のシンパ網の相い次ぐ検挙によって極度の資金難に陥った共産党中央部が、非常手段による大量資金獲得を計画したもので……」。これは「警視庁史 [第3] 昭和前編」の「大森銀行ギャング事件」についての記述だ。これに対し、日本共産党の「正史」といっていい「日本共産党の八十年1922〜2002」にはこうある。「天皇制政府は、日本共産党を弾圧するために、スパイを・挑発者を潜入させました。多くの党員がスパイの手引きで逮捕され、殺されました。かれらの手口はきわめて卑劣で、おくりこまれたスパイが党の幹部になり、『大森ギャング事件』とよばれた銀行襲撃を計画してそれに党員を動員し、日本共産党の名誉を傷つけることまでやってのけました」

 これは本編で「松村某」とされた当時の党幹部の正体と大きく関係する。実際、この事件について書かれたものの多くは「スパイ挑発説」をとっている。「弾圧下の日本共産党が党内に潜入したスパイの工作により党資金獲得のため東京・大森の銀行から大金を強奪した事件」(「日本近現代史辞典」)。「貧乏物語」で知られたマルクス経済学者で、この事件と密接な関連があった河上肇も、「自叙伝」で「日本ではかつて例のない事ではあり、その行動の大胆さと手際のよさは満都を驚倒せしめ、新聞紙の上では警視庁の度肝をも抜いたもののように報道されたものだが、実は、それは日本共産党の仕事だったし、しかも警視庁と緊密な連絡をとっていた官憲のスパイが党の要部に食い込んでいて、一挙に党の信用を破壊せんがため、かねてより計画的に用意した事件だったのである」と述べている。

 当時、河上は地下に潜った直後で、共産党が指定したアジトに姿を隠していた。そこで、河上は大森ギャング事件後に「松村」とも会っている。「新しく入ってきた男は、小ざっぱりした洋服を着た三十がらみの、気の利いた顔付はしているがインテリゲンツィアとも労働者出身とも、私の目には見分けがつきかねた。ただ、私のすぐに気づいたことは、もう四十近くになっている大塚(有章)が、ずっと年下のこの男に対し、目立って丁寧な応接をしていることであった」「この男は中央委員に相違ないと、すぐ気づいた。ずっと後になって暴露したことだが、この男が前にも度々引き合いに出した中央常任執行委員としてスパイの頭領たる役割を演じていた松村で」「松村はポケットから百円札を一枚出し、当座の生活費だといって私にくれた。私はこの札も大森事件の断片だろうと思ったので、折り目のついた古い札ではあったが、封筒に入れて別にしまい込んだ」(「自叙伝」)

■「いろいろな人から本名、経歴を聞いたが特に秘したい」

 事件の主犯格だった大塚有章は河上の妻秀子の弟。秀子も大塚らに支援の金を運んだほか、河上の二女芳子は、奪った金を国鉄大森駅で移し替えた車にウエディングドレス姿で乗り込んでいたという。同乗していた大塚はモーニング姿で、非常線を突破するための変装だった。芳子も同乗の友人女性(元京都市長の娘)と共に実刑判決を受けた。さらに、大塚は河上が地下に潜るに当たってアジト探しに尽力。連絡などのため、頻繁にアジトに姿を現していた。大塚は逮捕後、特高にアジトを漏らし、「それが最善と思った」とした手紙を河上に書いた。特高刑事からその手紙を渡された河上はその場で検挙された。

 この事件の裁判では、松村の部下だった久喜勝一が党の家屋資金局長として事件の主謀者とされ、逮捕されたメンバーの中で最も重い懲役15年の実刑判決を受けた。一方で、本編の筆者が「いろいろな人から本名、経歴を聞いたが特に秘したい」とした「松村」は、その部下とみられる「百瀬」とともに、判決文に名前が登場するものの、被疑者としては一切登場しなかった。

■歴史の舞台から消え去ったスパイ“M”

 大塚は戦後の手記「未完の旅路」で「中央特別資金局財政部長で中央委員のM=松村」とし、逮捕されて警察に情報を提供して仲間を裏切ったと非難したが、以前からスパイだったことについては半信半疑だった。「松村はモスコーに派遣される前からのスパイで、十年以上も党内で挑発の機会を狙っていたのだというのである。私はこの説を肯定する材料は一つも持たないが、否定する材料はたくさんに持っている。いくら非常時下の党で、監督、検査が困難であったにしろ、警戒心は旺盛だったのだから、そんな悪質のスパイを中央委員会が長い間抱えていたとは想像できない。彼らは、逮捕されたとき、寝返ったのである」

 しかし、「昭和の35大事件」の別の「『武装メーデー』事件」の回で、日本共産党の活動家でのちに除名される神山茂夫は、「松村」のことを「(共産党の)国際・組織・軍事の各部長を歴任し、家屋資金局長だったフヨドロフあるいはM【エム】こと松村(本名は飯塚盈延という現役憲兵将校)」と書いた。それを受けて作家・松本清張は「昭和史発掘 第5」の「スパイ“M”の謀略」で詳しく追及している。松村昇。本名飯塚盈延。1925年ごろ、東京東部合同労組のメンバーとなり、渡辺政之輔(のち日本共産党中央委員長、台湾でピストル自殺)に認められて2年余り、モスクワの「東洋勤労者共産主義大学」(共産大学とも呼ばれた)に派遣された。帰国後、共産党の国際部長、組織部長、財政部長などを歴任。内部での大きな力を持っていた。現役の憲兵将校だったという説もある。戦争末期、符合する経歴を語る憲兵少佐と懇談したという証言もあるが、確証はない。敗戦を機にその姿は永久に歴史の舞台から消えた。

■「ギャングと共産党と結局同じもの」

 風間丈吉委員長や中央委員ら当時の党幹部が、ギャング事件の計画を知っていたと考えるのは難しい。しかし、影響は大きかった。橋川文三は「日本の百年7アジア解放の夢」で、「このいわゆる『赤色ギャング事件』は、党内外に大きな衝撃を与えた。新聞は共産党=ギャングのマイナス・シンボルをまきちらした」と書き、10月11日付東京朝日夕刊1面下の「今日の問題」というコラム記事を紹介している。それは「和製ギャング全部捕縛。幸い、ギャングは本場に及ばぬが、警察は彼を圧倒していることをたたえよう。ギャングと共産党と結局同じものということが分かる」という内容だった。「共産党はただちにギャング事件との無関係を声明し、関係者のうち百瀬幸夫、久喜勝一の二人を挑発者として除名した。しかし非合法共産党のそのような処置は、一般民衆の目には触れず、『殺人・強盗・詐欺・美人局(つつもたせ)』の集団という党への不信感と恐怖感は広く広がり、獄中にある共産主義者に『転向』の有力な口実を与えた」(「アジア解放の夢」) 

 結局、河上肇は検挙後の1933年7月、「一切の実際運動と絶縁する」という「獄中独語」を執筆。それは検事によって7月7日付朝刊で大々的に報じられた。そこで河上は「私は実際運動とは――合法的のものたると非合法的のものたるとを問わず――全く関係を絶ち、元の書斎に隠居するであろう。これが現在の私の決意である」と述べている。一方で、「私は依然としてマルクス主義を信奉する学者の一人としてとどまるものである」として、それ以前の佐野学、鍋山貞親らの転向とは性格を異にしていた。しかし、世間一般に与えた影響はやはり大きかったといえるだろう。以後、河上は「閉戸閑人」と自称して世間に出ず、敗戦から間もなく亡くなった。

本編 「ギャング共産党事件」 を読む

【参考文献】
▽警視庁史編さん委員会編集発行「警視庁史 [第3] 昭和前編」 1962年
▽日本共産党中央委員会出版局「日本共産党の八十年1922〜2002」 2003年
▽日本近現代史辞典編集委員会「日本近現代史辞典」 東洋経済新報社 1978年
▽河上肇「自叙伝」=「河上肇全集続6」 岩波書店 1985年所収
▽大塚有章「未完の旅路」 三一書房 1960年
▽松本清張「スパイ“M”の謀略」=「昭和史発掘 第5」 文藝春秋 1967年所収
▽橋川文三「日本の百年7アジア解放の夢」 筑摩書房 1978年

(小池 新/文藝春秋 増刊号 昭和の35大事件)

関連記事(外部サイト)