秋元氏もビックリ? 愛国アイドル化する元AKB48「契約違反」中国姉妹グループ

秋元氏もビックリ? 愛国アイドル化する元AKB48「契約違反」中国姉妹グループ

『ビリビリ動画』より

 契約違反問題で昨年AKBグループから独立した?中国・上海発のSNH48が愛国アイドル路線を爆走中。オタクを愛国戦士に“フライングゲット”したい習近平政権の愛国キャンペーン最前線をルポライターの安田峰俊さんがレポート。

 ◆◆◆

 今年10月1日、中国は68回目の国慶節(建国記念日)を迎えた。同月の18日に第2期習近平政権の顔ぶれを決める共産党大会が予定されていることから、今年は特に露骨な愛国キャンペーンが展開されている。

 例えば国営放送CCTVは国慶節に合わせて『至Q了、我的国(スゲえぞ、わが国)』と題した中国スゴイ番組を大々的に放送。内容は高速鉄道建設やイノベイションなど各方面における中国の偉大さを自画自賛するものだ。

 この波は社会全体に及んでいる。例えば上記の番組中で紹介されたシェアサイクル大手のofo社とモバイク社は、タイヤに「スゲえぞ、わが国」と書かれた国慶節バージョンの自転車車両を中国全土の160以上の都市で大量に配置するという、別な意味で中国スゲえと思わせる行動に出ているほどだ。

 中国スゲえの愛国キャンペーンに乗っているのはシェアサイクル業界だけではない。かつてAKB48の姉妹グループで、昨年6月に独立したSNH48も同様だ。彼女らはもともと2012年に秋元康のプロデュースによって上海で結成されたアイドルグループで、かつてはSKE48やAKB48と兼任する形で宮澤佐江・鈴木まりやの日本人メンバーも参加、日中エンタメ交流の一角を担う存在だった。

 だが、やがてSNH48の中国側運営会社が、秋元康のチェックを経ない中国国内オリジナル楽曲をリリースしたり、BEJ48(北京)やGNZ48(広州)などの姉妹グループを日本側運営会社AKSの許可を得ず設立するなどしたことで、AKSは「契約違反」であると激怒。昨年6月10日にSNH48は独立を宣言し、これに先立ち宮澤・鈴木の日本人メンバーも上海を去った。(※上記の「契約違反」については双方の見解が異なるため、本記事では詳述しない)

 その後の彼女らは中国の地場アイドルグループとして、AKSグループ時代以来の専用劇場・SNH48星夢劇院を拠点に活動を続行。やがて独立騒動の火種となったBEJ48やGNZ48に加えて、SHY48(瀋陽)・CKG48(重慶)・CGT48(成都、結成準備中)といった独自の姉妹グループをどんどん展開する。さながら水をぶっかけられたグレムリンのごとく、謎の大量増殖と独自の進化を繰り広げるようになったのである。

https://youtu.be/WfWU9KuifzM
※AKSとの手切れ以前のSNH48メンバーが歌っていた『ポニーテールとシュシュ』の中国語版『馬尾与髪圏』のMV。歌唱のレベルやカメラワークはAKB48の本家MVよりも数ランク落ちる印象だ。

 SNH48はこの「脱日本化」事件以降、中国の純国産アイドルとして国内市場を見据えたマーケティングを開始するようになった。その一環としておこなわれはじめたのが、現代中国に吹き荒れる愛国ブームへの接近だ。

■愛国ブームの風は吹いている

 日本国内の非公式ファンサイト『 SNH48分室 Unofficial 』によれば、SNH48は昨年10月の国慶節にも、『我和我的祖国(私と私の祖国)』という1985年の愛国歌のカバー版のMVを発表している。時系列から見れば、同年6月の日本との手切れ後、さっそく愛国ブームに乗る準備をはじめたのだろう。

 余談ながら、姉妹グループのGNZ48が国慶節ライブで同曲を歌ったところ音程が壊滅的に崩壊していたため、ファン以外のネット民から「祖国をナメるな」とフルボッコに遭うという事件も起こった。

https://youtu.be/WuZmueUxWkU
※昨年10月にGNZ48が歌った『我和我的祖国』。動画の0:33あたりから阿鼻叫喚の宴がはじまる。ちなみに日本のネット用語で言う「放送事故レベル」は中国語では「車禍(交通事故)」と呼ぶ。

 とはいえ、たとえ「炎上」しても愛国主義の波に乗るマーケティングは効果があったらしく、SNH48は今年の国慶節でも愛国歌の『歌唱祖国(祖国を歌い上げる)』をカバーしたMVをリリースした。昨年の曲は愛国歌のなかでは比較的マイナーだったが、1950年の第1回国慶節に発表された『歌唱祖国』は、中国において準国歌として見なされる超重要曲だ。

 MVの内容も、昨年の『我和我的祖国』のSNH48メンバーは白と黒のドレス姿で、特に歌詞を示されなければ愛国歌であることすら読み取れない構成だった。だが、今年の『歌唱祖国』ではメンバーが中国国家のイメージカラーである赤いドレスを着用。さらに共産主義青年団(共青団)の下部組織・少年先鋒隊の赤いスカーフ(紅領巾)を着用した少年少女が始終登場するなど、明らかに政治的にオフィシャルな匂いを漂わせるようになっている。

 SNH48の「愛国化」はこの1年で大きく前進したようだ。

https://youtu.be/Z0PP9fcQ1Ys
※2017年SNH48版『歌唱祖国』。そもそも『歌唱祖国』を歌うことが許可された時点で、政治的に少なからぬプッシュがあったと判断していい。

■血塗られた革命の「神曲(かみきょく)」をかわいくする

 ちなみに『歌唱祖国』はもともと、日中戦争や国共内戦の記憶も鮮明な毛沢東時代に作られた楽曲だ。ゆえに1964年に整えられた標準版の2番以降の 歌詞 は、現代的な目で見ると結構ヤバい。例えば以下のような感じだ。

・我們愛和平、我們愛家郷、誰敢侵犯我們就叫他死亡!
(われらは平和を愛する。我らは故郷を愛する。敢えてわれらを侵略する者は誰であろうと死亡させる!)

・東方太陽、正在升起、人民共和国正在成長
(東方の太陽は昇りつつある。人民共和国は成長しつつある)

・我們領袖毛沢東、指引著前進的方向。
(われらの指導者毛沢東は前進の方向を指し示す)

 思わず「平和を愛するのに敵は死亡させてええんか?」と言いたくなるが、とにかく『歌唱祖国』はそういう曲であり、これまで全中国人民の間で脈々と歌い継がれ、いたいけな幼稚園児から山奥の少数民族にいたるまで歌詞とメロディが頭に刻み込まれてきたのである。

 もっとも2008年の北京五輪の際に、平和の祭典でこの歌詞はさすがにマズいということか「親愛なる故郷」を「かわいい故郷」と言い換え、「英雄的人民は立ち上がった!」という部分に「われらは平和を愛する」を持ってきて、ヤバい後半の歌詞もばっさり切り捨てたマイルドなヴァージョンが作られた。MVを見る限り、今回SNH48が歌ったのもこちらの新歌詞のほうだ。以下に日本語訳だけ載せておこう。

 ーーー

五星紅旗が風を受けてはためいている。勝利の歌声はかくも大きい。
われらが親愛なる祖国を歌い上げよう。これより繁栄と富強に向かうのだ。

高山を越え、平原を越え、ほとばしる黄河と長江をまたぎ越えよう。
広大にして美しき土地は、われらがかわいい故郷である。
われらは平和を愛する。われらは故郷を愛する。
われらの団結と友愛の強さは鋼のごとし。

五星紅旗が風を受けてはためいている。勝利の歌声はかくも大きい。
われらが親愛なる祖国を歌い上げよう。これより繁栄と富強に向かうのだ。
われらが親愛なる祖国を歌い上げよう。これより繁栄と富強に向かうのだ!

 −−−

 マイルド版とはいえ、充分に愛国的ではある。ちなみにSNH48の『歌唱祖国』カバーは国営通信社・新華社も報じており、完全に中国当局のお墨付きであると考えてよい。

■オタクを愛国戦士にフライングゲットしたい習政権

 中国共産党は2012年の習近平政権の成立前後から、国内のネット世論やオタク層に向けても政治宣伝の幅を広げるようになり、ネットスラングを使ったプロパガンダやネットミームを使った「バズり」型の情報拡散を積極的におこなうようになった。

 一時期、習近平のネットスラング風のあだ名「習大大」の流行が図られたり、ネット上の神動画職人を装った「朝陽工作室」なる組織が習政権の腐敗摘発キャンペーンを描いたアニメ動画を投稿してバズらせたり、党中央党校が 習近平礼賛アプリ をリリースしたりしたのがこの典型だ。本記事冒頭のCCTVの特集番組『スゲえぞ、わが国』も、全体的に同様の文脈を意識しているきらいがある。

 SNH48の『歌唱祖国』カバーも、こうした中国共産党のオタク取り込み作戦と、AKSとの手切れ後に中国国内市場での生き残りを賭けた運営会社の思惑が一致し、生み出されたものと見ていいだろう。

 ところで、愛国プロパガンダに熱心な習近平政権の工作対象たる中国のSNH48ファンはどんな人たちなのだろうか? 今年7月ごろに上海のSNH48星夢劇院にチームXのライブを見に行った日本人駐在員のF氏は、筆者の取材にこう語る。

「30代くらいの男性が多い感じでした。ファッションは上海の街を歩いている同年代の中国人よりもダサい印象で、体型も小太りの人が多くて汗臭い感じ。日本のAKB48の握手会の動画などで見る人たちと、そっくりなイメージの人が多かったですね」

「彼らは日本は好きな人たちみたいです。壇上のメンバーもお客さんも全員が中国人なのに、曲の合間の合いの手が『かわいい、かわいい、超かわいい!』と日本語だったのはびっくりしました。起立禁止や撮影禁止といった会場ルールはみんなしっかり守っていて、着席のままで『オタ芸』をやっていた。マナーはすごくよかったですね」

 アイドルオタクは万国共通。愛国戦士になるにはモヤシっ子すぎる気がしてならないのだが、そんな平和的極まりない人たちにもプロパガンダの矛先を向けるのが、現代の中国共産党の容赦のなさであると考えるべきかもしれない。

 推しメンバーを愛するのと同じくらいのテンションで、「スゲえ祖国」を愛することができるのか? 中国のアイドルオタクたちの未来に注目である。

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)